アメリカンエキスプレスカード(アメックス)のメリット・デメリット

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降12,000円(税抜) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降は29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカンエキスプレスカード(アメックスカード)にはいくつかの種類があり、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードやエムアイカード・アメリカン・エキスプレス・カードなど、他社のカード会社と提携して発行しているものと、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードなどアメックス自身で出しているプロパーカードがあります。

ここではアメックスのプロパーカードについて紹介していきます。

アメリカンエキスプレスカードの種類

アメリカンエキスプレスカードのプロパーカードには、法人カードを除き、4種類のカードがあります。

アメックスグリーン < アメックスゴールド < アメックスプラチナ < ブラックカードの順番でグレードが上がっていきます。
上に行くほど年会費も高くなりますが、優待特典もどんどんランクアップしていきます。

特にプラチナとブラックは、インビテーションカードと言い、申し込み窓口が存在しません。
カード発行をしている会社側から「ワンランク上のカード会員になりませんか」という招待がなければ入会することができないのです。
新たにアメックスカードを作成したいという方は、グリーンかゴールドのどちらかを選択することになります。

アメリカン・エキスプレス・カードの年会費が高い理由

アメリカン・エキスプレス・カードのグリーンとゴールドの年会費はそれぞれ、

  • アメックスグリーン→初年度:無料 2年目以降:12,960円(税込)
  • アメックスゴールド→初年度:無料 2年目以降:31,230円(税込)

と、年会費の部分だけを見ると、他社カードを比較してかなり高い印象を受けますが、アメックスはステータス性が非常に高く、付帯サービスが豊富についており、国内や海外での旅行障害保険も充実しています。
アメックスにしかない付帯サービスを利用したいという方には年会費を支払うだけの価値があるのです。

アメリカンエキスプレスカードのメリット

トラベルサービスが充実している

アメックスを持つ上で、一番のメリットと言えるのは、トラベルサービスが充実していることがあげられます。
国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを本人のみならず、同伴者1名まで無料で利用できたり、手荷物を無料で配送してくれるサービスが利用できます。
その他、カード会員専用の旅行サイトがあり、ツアー代やホテルの料金が割引になったりたり、海外旅行先での日本語サポートが24時間無料で利用できるなど、嬉しいサービスが多数あります。

海外旅行傷害保険が充実

旅行障害保険は、海外旅行ではゴールドで最大1億円、グリーンでは最大5000万円の補償が利用付帯していたり、国内旅行ではそれぞれ最大5000万円の補償が自動付帯されていて、とても充実しています。

ポイント有効期限が無い

アメックスのポイント制度には有効期限がありません。
長期に渡ってポイントを貯めておいて、いざ自分の使いたいタイミングで使える、というのも魅力の一つです。
利用できるカードブランドが限定的な、コストコでもアメックスは利用することができます。
ポイントもしっかり貯まるので、コストコによく行く人でカード作成を考えている人には、アメックスを選ぶ価値が大いにあると言えるでしょう。

アメリカンエキスプレスカードの審査について

申し込み資格

アメックスの申し込み資格は「年齢が20歳以上の方(ゴールドは25歳以上)で、日本国内に定住所・定職があり、他社のクレジットやローンがある場合に延滞がない人」が、申し込みの条件です。
パートやアルバイトの人や、延滞がある人は条件を満たすことができません。

アメックスの審査難易度は甘くない

アメックスカードは、ブラックでも作れるクレジットカードなことから審査が甘いという噂がありますが、審査難易度は決して甘くありません。
かつてアメックスゴールドは、医者や弁護士などの職業でなけば持つことができませんでしたが、現在は一般の会社員でも審査通過ができることから、審査が甘いと思われているようです。

アメックスに申し込むと、クレジットカード審査の際に個人情報信用機関であるCIC・JICC・KSCの3つ全てで信用情報を確認しています。
通常のカードであれば、この機関に自己破産やクレジットカードやローンの支払い滞納といった金融事故情報が載っている間は、確実に審査に落ちてしまいますが、アメックスは外資系カードなのでその審査基準は独特で、自己破産や滞納の事故情報があったとしても、滞納した金額が返済完了となっていることをアメックス側で確認したうえで、申し込み時に年収がある程度あると分かればブラックでも審査通過が可能なようです。

ブラックでも通るということで、審査が甘いという噂が流れているようですが、実際には年収が大幅に上がっているなどの条件付きであるので、ブラックでも必ず作れるということではありません。

アメリカンエキスプレスカードのデメリット

ポイント還元率が低い

アメックスカードの最大のデメリットは、ポイント還元率が低いことにあります。
100円の買い物につき1ポイントポイントを貯められますが、貯まったポイントを商品券に交換すると、1ポイントで約0.3~0.5円の価値になるので、最大でも還元率は0.5%。
一般的なクレジットカードの大体平均値ほどとなります。

さらに、電子マネーでのチャージはポイントを貯まりません。
そのため、クレジットカードをポイントを貯める目的で作りたい方には、あまりオススメはできません。

貯まったポイントは、マイルに交換すると還元率が1.0%~2.0%とお得なので、旅先での特典も充実していることから、頻繁に旅行に行かれる方であればお得に利用できるカードです。

年会費が高い

やはり、特典が多いとはいえ、

  • アメックスグリーン→初年度:無料 2年目以降:12,960円(税込)
  • アメックスゴールド→初年度:無料 2年目以降:31,230円(税込)

この年会費は「高い」と言えるでしょう。
海外に行かない人ではどうでしても年会費に対してのメリットを感じることが少ないカードでしょう。

審査難易度が高い

また、申し込み資格の部分でも少し触れましたが、パートやアルバイトの場合は申し込み資格自体がないという点と、他社のカードに比べると審査難易度自体が高いので、簡単には作れないというところもデメリットの一つとしてあげられます。

国際ブランドがAmericanExpressに限られてしまうため、使える加盟店が少ない

その他、VISAなどに比べると、アメックス自体を使える加盟店が少ないので、海外旅行に行く際など1枚では不安という方は、サブカードを作っておく必要があります。

アメックスグリーンの特徴

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降12,000円(税抜) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメックスゴールドの特徴

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降は29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

-おすすめクレジットカード

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.