クレジットカードが作れない人はブラックリストの条件を調べてみよう


欲しいクレジットカードに申し込んだのに審査落ちしてしまった審査落ちしてしまったけど、なぜ審査に落ちてしまったのか原因がわからない方も多くいます。
審査落ちしてクレジットカードが作れない人の原因として多いのは、消費者金融などでお金を借りすぎているか、個人信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されてしまっている人です。

今回は、この「ブラックリスト」に載ってしまう(登録されてしまう)条件について説明していきます。

支払い金額の延滞・滞納をするとブラックリストに載る

クレジットカードやカードローン(キャッシング)を利用した支払いの返済をせずに61日以上の延滞・滞納をするとブラックリストに金融事故情報(異動情報)が載ってしまいます。
また、3ヶ月連続で返済が遅れることでもブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカードを利用した支払い分が引き落としされる銀行口座に、入金されている金額が足りなかったり、うっかり入金し忘れることは誰にでもあることなので、支払いが数日程度遅延したくらいではブラックリストに載りません。
ただ、短期間であろうと何度連続で支払いの遅延をしているとブラックリストに載ってしまうので、少額でもきちんと返済するようにしましょう。

奨学金の返済を延滞・滞納するとブラックリストに載る

返済が遅れたことでブラックリストに載ってしまうものについてはキャッシング・カードローン・クレジットカードのほかに、奨学金の返済があげられます。

奨学金は、あまりブラックリストとは縁がないような印象を受けますが、奨学金は日本学生支援機構からキャッシングやローンと同じようにお金を借りている状態です。
3ヶ月以上連続で支払いが遅れると個人信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうので注意が必要です。

奨学金を貸している「日本学生支援機構」の公式サイトにも以下のように記載されています。

個人信用情報機関に延滞者として登録されると、その情報を参照した金融機関等がその人を「経済的信用が低い」と判断することがあります。それによって、クレジットカードが発行されなかったり、利用が止められたりすることがあります。そのため、各種料金(公共料金や携帯電話等)の引落し、ショッピング(インターネット含む)やキャッシング等ができなくなる場合があります。
また、自動車ローン及び住宅ローン等の各種ローンが組めなくなる場合があります。

引用元:個人信用情報機関への個人情報・個人信用情報の登録 - JASSO

一度ブラックになると、自動車ローンや住宅ローンまで借りられなくなってしまう可能性があるので注意したいですね。

携帯電話本体を分割購入した代金を延滞した場合もブラックリストに載る

携帯電話は高額なので、昨今はほとんどが機種を分割で購入し、毎月の料金の中に機種代金が含まれている場合が多いです。
携帯電話本体を分割購入した料金はローンと同じ割賦契約にあたるので、毎月の携帯電話料金の支払いを延滞・滞納するとブラックリストに載ってしまいます。

関連ページ ≫ 携帯電話の機種代金を延滞・滞納してもブラックリストに載る

延滞・滞納してもブラックリストにならない支払い

以下の支払いに関しては、支払い設定をクレジットカードからの引き落としにしていなければ、延滞・滞納しても個人信用情報機関にブラックリストとして登録されません。

  • 住民税の支払い
  • 所得税の支払い
  • 国民年金の支払い
  • 健康保険の支払い
  • 公共料金の支払い
  • 家賃の支払い
  • NHKの受信料
  • プロバイダー料金
  • 新聞購読料の支払い

公共料金の支払い滞納は支払い方法によってはブラックになる

公共料金の支払いですが、支払い方法にクレジットカードを使っているという方は要注意です。
口座振替などで支払っているという場合だとブラックリストに載ることはありませんが、支払い方法をクレジットカード引き落としに設定している場合は、公共料金の支払いであっても延滞・滞納自体はクレジットカード会社側になるので、ブラックリストに載ってしまいます。

債務整理を行った場合もブラックリストに載る

支払いが遅れるという以外では、債務整理を行った場合ブラックリストに載るといわれており、債務整理は民事再生や自己破産、任意整理という方法がありますがこのどれかを行った場合はブラックリストに載ってしまいます。

そのほか、代位弁済という契約をした本人が返済することができず、連帯保証人などの本人以外に弁済が切り替わった場合にもブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカード現金化など利用規約違反をしてもブラックリストに載る

クレジットカード会社の利用規約違反にあたる、クレジットカード現金化やショッピング枠の現金化を行うなどの不正利用をしたなどの理由で強制解約となった場合、個人信用情報機関(JICC)に強制解約になった情報が送られるのでブラックリストに載ってしまいます。

また、個人信用情報機関で管理しているブラック情報とは別に、カード会社ごとに管理するブラックリストがあり、同社の発行するクレジットカードは二度と作れなくなります。(カード会社によって管理方法が異なるので絶対に作れないとは限りません)

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合もブラックになる

短期間にクレジットカードや消費者金融などに手当たり次第何社にも申し込みをした場合、半年という短期間ではありますが「申し込みブラック」という扱いになり、審査に通らなくなってしまいます。

カード会社によってブラックになる申し込み枚数(件数)は異なりますが、基本的には1か月の間に3枚以上申し込むとアウトと言われています。

同姓同名の人と間違われてブラックリストになるケースもある

ごくごく稀にあることですが、同じ生年月日の同姓同名の方と混同され違う人物なのに、ブラックリスト認定されてしまうということもあります。
もし、よくある名前の方でこれまでの条件に身に覚えあればこの理由も疑ってみてもいいかもしれません。

個人信用情報機関のCICやJICCに問い合わせることで確認が可能です。

ブラックリストに載っているか調べる方法

国内にある3つの個人信用情報機関に信用情報の照会申請をすることで、ブラックリストに載っているか調べることが可能です。

個人信用情報機関は下記の3つがあります。

  • CIC(㈱シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

調べたい情報によって問い合わせ先が異なり、CICの場合はクレジットカードや携帯電話会社、JICCは消費者金融や信販会社、KSCは銀行や信用金庫となっています。

CICに開示請求を行う場合

CICへ個人信用情報の開示請求を行いたい場合、調べる方法が3つあり、インターネット(PC、スマホ、携帯)・郵送・窓口(管轄地域の開示相談室)です。
早く情報を取り寄せたい方は、インターネットが一番早く確認することができます。

郵送の場合は10日前後かかり、窓口の場合は直接出向かなければいけないので、自宅の最寄に無い場合時間がかかってしまいます。
インターネットの場合は、最短で当日確認することができます。
CICのHPにアクセスし、クレジット・携帯電話契約の際の電話番号から電話をかけて受付番号を取得、その番号をフォームに入力すれば開示報告書をダウンロードできるようになります。

指定信用情報機関のCIC

この手続きを行うためには、手数料があり窓口であれば現金で500円、インターネットがクレジットカード(一括払い)で1000円、郵送が定額小為替で1000円それぞれかかります。

JICCに開示請求を行う場合

JICCへ個人信用情報の開示請求を行いたい場合、方法が3つありスマホ・郵送・窓口です。
やはりこの場合も、スマホが最短となりますが、アプリのダウンロードの必要があること結果はCICと違って、自宅へ郵送になるため、少々時間がかかります。
JICCのHPへアクセスし、書類送付アプリをダウンロード、所定のフォームに個人情報を入力し、運転免許証などの本人確認書類をアップロードし、支払い方法を決めるなどの操作をすると自宅に結果が郵送されるという流れです。

JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)

こちらも手数料がかかり、スマホは1000円で、クレジットカード(一括払い)・コンビニ・ATM・オンラインバンキングから支払い方法を選べます。
クレカ一括以外は支払い手数料(161円)が発生します。
郵送開示請求は1000円、クレカ一括か定額小為替での支払いになります。窓口ならCICと同様、現金で500円支払います。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)に開示請求を行う場合

KSCに個人信用情報の開示請求を行いたい場合は現在のところ、方法は郵送のみとなります。

全国銀行個人信用情報センター - 全国銀行協会

HP上から、申込書をダウンロードし、運転免許証のコピーなどの本人確認書類と手数料1,000円分の定額小為替証書を同封し、郵送します。
郵送のやりとりのため、1~2週間ほどの時間がかかることを念頭においておき、早めに対応するようにしましょう。

ブラックリストにどれくらいの期間載っているか

ブラックリストには載っている期間が決まっており、個人信用情報機関やブラックになった条件によって長さが異なります。

一定の期間を過ぎれば、情報自体は抹消されるので、またクレジットカードを作ったりできますが金融事故を起こした会社には、半永久的に情報が残り続けてしまうので、審査に通らない可能性が高いです。
クレジットカードを作ったり、借入を行いたい場合には、しっかり会社を選定するようにしましょう。

CICの掲載期間

61日以上の延滞:5年
3ヵ月連続の延滞:5年
任意整理・特定調停・個人再生:5年
自己破産:7年

JICCの掲載期間

61日以上の延滞:1年
3ヵ月連続の延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理・特定調停・個人再生:5年
自己破産:5年

KSC(全国銀行個人信用情報センター)の掲載期間

61日以上の延滞:5年
3ヵ月連続の延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理・特定調停・個人再生:5年
自己破産:10年

審査が不安な方におすすめのクレジットカード

ACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 ポイントプログラムなし
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

アコムが発行する「ACマスターカード」は、消費者金融系カードと呼ばれるクレジットカードで、ポイント機能や旅行保険の付帯がない代わりに「即日発行可能」で「収入がある人であれば申し込みOK」というカードです。
申し込みページには、カード発行可能かを3秒で診断してくれる機能もあるので、ブラックでクレジットカードを作れないで困っている方は一度診断してみてはいかがでしょうか。年会費無料(もちろん発行料金も無料)なので使わなくて損はしません。

アコムが発行するカードということで、お店で提示するカードとして恥ずかしいのでは?と思われる方もいるようですが、カード券面にはアコムが発行しているカードと分ることが書かれていないので心配いりません。

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降12,000円(税抜) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカンエキスプレスカード(通称アメックス)は、審査難易度が高いカードとして知られているクレジットカードですが、日本とは違い外資系カードのアメックスは過去の支払い滞納のことより、現在の属性(年収や職業、住居など)を重視する傾向があるためブラックリストでも審査通過可能にしています。
ACマスターカードと比較すれば、必要な年収はこちらの方が高くなりますが、大体年収300万円以上ある正社員であれば、アメックスグリーンだけでなく、アメックスゴールドも審査通過可能と言われています。

海外旅行保険や海外での各種サービスが売りのカードですが、年会費がアメックスグリーンで12,000円+税、アメックスゴールドで29,000円+税がかかるので、過去は経済的に苦しくてブラックになったものの、今はお金に余裕のあるという方にはおすすめです。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

審査難易度の低いカードとして有名なのがCMやネットでのキャンペーンでおなじみの「楽天カード」です。
ACマスターカードやアメックスは20歳以上でないと申し込めないのに対し、楽天カードは18歳から申し込め、ポイント還元率も通常で1%、楽天サービスの利用で倍以上、年会費永年無料という、審査難易度が低いとは思えない素晴らしい内容のカードです。

楽天カードを持っている人の口コミでは、「カード所持者に対して送られてくるメルマガがうざい」「カードデザインがダサい」という声もありますが、学生や主婦、正社員としてバリバリ働く方まで多くの人が持っているカードなので気にせず使ってください。
ただ、今回ご紹介したACマスターカードとアメックスと比較すると、審査難易度は高めかなと思います。(重視する項目はカード会社によって違うので一概には言えません。)

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.