楽天カードのメリット・デメリット

楽天カード

カードの特徴

8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは「楽天市場」や「楽天トラベル」で有名な楽天グループである楽天カード株式会社が発行するクレジットカードです。
CMや楽天市場内のキャンペーンで知名度が広まり、今や年間のカード発行者数は日本一のカードです。

ポイント還元率が高く、年会費無料(もちろん発行も無料)、貯めたポイントの使いやすさも優れていて、審査難易度も低いという弱点がないのが特徴です。

楽天カードのポイントについて

ポイントをもらって喜ぶ人
通常ポイントは、100円の利用で楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる、通常ポイントの還元率は1.0%のカードです。
平均的なクレジットカードの還元率は0.5%なので、通常ポイントだけでもかなり還元率は高めのカードです。
この楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として利用できます。

関連ページ ≫ 楽天カードの楽天スーパーポイントを効率よく貯める方法

楽天サービス以外でもポイントを貯められる

楽天スーパーポイントを貯めることができる主な場所は、楽天市場・楽天トラベル・サークルKサンクスがあげられ、それぞれで楽天カードを使ってのお買い物で貯められます。
その他、大丸デパートやプロント、ミスタードーナツなどもあり、ポイントが貯められる店舗は年々増えつつあります。

電子マネーの楽天edyを使ってもポイントを貯めることが可能

電子マネーの楽天edyを使っても貯めることができ、その場合はサークルKサンクス以外のコンビニや、カラオケなどでもポイント貯めることができます。

楽天スーパーポイントが使えるお店

貯まったポイントの使い道ですが、楽天市場でお買い物をする際に利用できるというのはもちろんのこと、楽天トラベルで利用し、宿泊費に充てるということもできます。
そのほか、サークスKサンクス・無印良品のネットショップで利用できたり、楽天Edyとしても利用できます。
また、ANAマイルやQUOカードなどの、商品券・金券にも交換することができ、多岐に渡って利用できる優れものです。

楽天サービス内ではさらにお得にポイントを獲得できる

楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をする場合、スーパーポイントアッププログラムが適用され、かなりお得にお買い物をすることができます。
楽天カードを使うだけでポイントが4倍、さらに楽天市場アプリからのお買い物で5倍、楽天プレミアムカードを使うことで5倍、さらに楽天モバイルを使うことで7倍になるというものです。
最大で、7.0%のポイント還元を受けることができるので、楽天カード保有者にはかなり有利な内容となっています。

ポンカンキャンペーンで最大4.0%のポイント還元

ポンカンキャンペーンと言われる、お得意様向けのキャンペーンにもエントリーが可能です。
楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、ケータイ版楽天市場、楽天GORA、楽天Koboのサービスのうち、3サービス利用で2倍、4サービス利用で3倍、5サービス利用で4倍、最大で4.0%のポイント還元を受けることができます。
スーパーポイントアッププログラムと併用してポイントアップも期待できるので、とてもお得です。

その他、居酒屋やレストランなど飲食店の情報を掲載している楽天ダイニングに掲載している店舗で、楽天カードを使って支払いをすると楽天ポイントが2.0~3.0%つきます。
タイミングによっては、最大で10.0%の還元を受けられる場合もあります。

楽天カードは年会費永年無料

楽天カードの年会費は、嬉しい永年無料です。
また、家族カードを発行することもでき、こちらも年会費は永年無料です。
家族カードでもお買い物で利用した分に応じて、楽天スーパーポイントを貯めることができるので非常にお得です。

ETCカードは年会費がかかるの注意

ETCカードも発行が可能ですが、こちらは年会費が500円(税抜)がかかります。(発行手数料は無料)
クレジットカードによってはETCカードも年会費無料ということもあるので、無料だと思って普段あまり使わないのにETCカードを発行しないように注意しましょう。
ETCカードを作るのであれば、オリコカードザポイントのようなETCの年会費無料のカードで作るのをおすすめします。

ETCカードの利用分でも、通行料が100円につき楽天スーパーポイントを1ポイント貯めることができます。

楽天カードは海外旅行傷害保険が付帯

楽天カードには、海外旅行傷害保険が付帯されています。
傷害死亡後遺症の場合では、最高2,000万円、疾病治療費用として最高200万円、賠償責任が生じた場合最高2,000万円など年会費が無料のカードの中では、手厚い保険の内容となっています。

保険の適用条件には、利用付帯と自動付帯の二種類があり、楽天カードの保険は「利用付帯」です。
利用付帯の場合は、海外へ渡航する前に公共交通機関の料金であったり、ツアーの旅費などを対象のカードで払っておく必要があります。
これは、海外に行ってからの交通費では対象にはならず、出国する前の交通費という制約があります。

これに対して、自動付帯についてはそういった条件はなく、補償を利用できるという点で大きな違いがあります。
あくまで、利用付帯の適用条件になるので、実際に利用したい保険の内容が適用になるかどうかについては、事前に楽天カード側に確認しておく必要があります。

楽天カードの審査について

申し込み資格と審査難易度

楽天カードの申し込み方法はオンラインのみとなっています。
申し込みの条件としては、高校生を除く18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)と記載されており、正社員でなくとも申し込み資格があり、専業主婦であっても申し込みができます。
楽天カード側としては、メインサービスとなる楽天市場での利用者を増やしたいという思惑があり、主に利用頻度の高い層として、主婦や学生・フリーターがあげられるため、審査難易度は低いとされています。
年収が100万円以下であったり、ブラックでも作成することができたという口コミも目にするので、審査はかなり通りやすいようです。

審査結果が届くまでの期間

楽天カードをオンラインで申し込みすると、審査の結果はメールで通知されます。
審査結果が出るまでの所要時間は、個人差もありますが最短では15分程度で回答があるようです。
平均的なスピードとしては、1営業日中といわれており、かなり早めです。

審査結果の連絡が遅くなってしまう場合は、いくつかの理由が考えられます。
多く当てはまる理由として考えられるのは、営業時間外での申し込みです。
オンライン申し込みなので、24時間申し込み自体は可能ですが、楽天の営業時間は9:30~17:30であるため、営業時間以外に申し込みをした場合には、審査結果が翌営業日以降となってしまうのです。

さらに、土日祝日中の受付の場合だと、休み明けの受付となるため、その分結果までの時間が伸びますので、予め注意しておきましょう。
それ以外にも、楽天側のキャンペーンでカードを作成して得られるポイントが増額している時などは、申し込みが増加するため、審査自体が混雑してしまいます。
そうなった場合は審査に通常よりも時間がかかってしまいます。

最後にあげられるのは、信用情報に問題がある場合です。
楽天カードの審査方法は、申し込みの際に入力された情報を自動で審査していく方法を取っていますが、信用情報に問題がある場合は個別審査となるため時間がかかります。
この場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

楽天カードのデメリット

メルマガが多い

楽天カードに対して、多くの方が不満を抱えている部分としては、メルマガが多いという点があげられます。
楽天カードに申し込みの際、メールアドレスを入力しますが、そのメールアドレス宛に連日のように広告のメールが多数送られてくるため、煩わしくなってしまうようです。

ただし、メール自体の受信設定はe-NAVIというところで変更でき、重要なメールのみを受けられるように設定できます。
変更の手間はありますが、そこまで大きなデメリットとはならないようです。

ブランドイメージが良くないので人前で出すのが恥ずかしい

次に、カードのイメージ自体が良いとはいえないという点です。
審査難易度がさほど高くない、というのを知っている方は非常に多く、社会的信用が低いという印象を持たれてしまうことが考えられたり、TVやCMでよく目にするように、ポイントを貯めるという印象が非常に高いので、ビジネスの場など人前で出すのは恥ずかしいと考えてしまう方も多いようです。

また、与えるイメージのほか、そもそもの券面のデザインが好きではないので、人前では使えないと思う方もいるようです。
デザイン自体は好みの問題があるので一概には言えませんが、そう考えてる方は一定数いるようです。

サポートセンターの対応が良くない

サポートセンターの対応が良くないとも言われています。
用事があってかけても、混雑していてなかなか電話が繋がらなかったり、オペレーターの質が低いというような口コミも多く目にします。
また、サポートセンターの番号が有料である、という部分も評価の低い原因の一つのようです。

楽天カード

カードの特徴

8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

-おすすめクレジットカード

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.