クレジットカード会社が審査基準にしている「3C」と「スコアリング」とは

クレジットカード会社は、申込者が申し込み時に記載した職業や年収、年齢や居住年数といった「属性」と呼ばれる情報と、個人信用情報機関に記録されている「信用情報」をもとに、Character、Capacity、Capitalからなる「3C」という3つの評価軸で申込者の返済能力をコンピューターで自動的にスコアリング(点数化)する方法で、審査基準を満たしているかを見極めて合否を決めています。

ここでは、クレジットカード会社が審査基準にしている「3C」がそれぞれ何を評価しているのか説明していきます。

Character(性格)とは

クレジットカードの審査で最も重視しているCharacterの評価軸では、申込者の性格面を評価します。
性格面というといまいち分かりづらいですが、簡単に言うと、「申込者が毎月決められた日までにお金をきちんと返すことができる人か」、「決められた日までにきちんと返済できない、お金にルーズな人じゃないか」を審査基準として重視しています。

審査基準として重要度の高いクレジットヒストリーとは

カード会社がどうやって申込者の性格面を見極めているのかと言うと、個人信用情報機関に記録されているクレジットカードやローンの利用履歴(クレジットヒストリー/クレヒス)を照会し、過去5年以内に支払いの延滞・滞納をしていないか、または10年以内に自己破産をしていないかなどを確認して信用度を判断しています。

もし、過去に複数回の延滞や、長期間の延滞の情報が個人信用情報機関に登録されていた場合は、スコアリングの点数がガクッと落とされてしまい審査落ちの原因になってしまいます。
逆に少額でもクレジットカードを使って毎月きちんと返済している信用情報が残っている場合は、スコアリングの点数が高く付き、審査通過の確立が上がります。

うっかり引き落とし口座にお金を入れ忘れた程度なら誰にでもあるので、少しくらいの遅延では延滞情報がつかないようにしてもらえますが、カード会社からの入金を催促する連絡を無視していたり、何度も延滞を繰り返す人は個人信用情報機関に異動情報(事故情報)が記録され、以降5年間は俗に言うブラックリストとして扱われて新しくカードが作れないので注意しましょう。
また、一度ブラックリストとして記録されてしまうと、国内にある3つの信用情報機関(CIC、JICC、KSC)で事故情報が共有されるので、どこのカード会社にもブラックであることが知られてしまいます。

不安な人は個人信用情報機関に信用情報開示請求をする

「もしかしたら支払いの延滞をしたかも知れない」「ブラックリスト状態かも知れない」と思う方は、「(株)シー・アイ・シー(CIC)」「(株)日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」のいずれかの個人信用情報機関に信用情報の開示請求をすることで調べることが可能です。

クレジットカードの利用履歴が確認したい方は、「(株)シー・アイ・シー(CIC)」に、消費者金融会社(消費者金融系)との取引履歴を確認したい方は、「(株)日本信用情報機構(JICC)」に、銀行や信用金庫(銀行系)との取引履歴を確認したい方は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」に信用情報開示請求を行ってください。

もし、ブラックだと分かったとしても、クレジットカード審査を諦める前に「ブラックリストでも作れるクレジットカードはある」のページを見てもらえれば救済になるかも知れません。

Capacity(返済力・資力)とは

クレジットカードの審査でCharacter(性格)の次に重要なCapacityの評価軸では、申込者の年齢や職業、勤続年数といった「属性」から返済能力・資力を評価します。
毎月きちんと返済できるような安定した職業に就き、安定した収入がなければ、返済能力が低いと判断され、審査に通る可能性が低くなります。

具体的には以下の基準で評価しています。

年齢

カード会社では、年齢による申し込み資格を定めていますが、要件を満たす年齢の中でも、特に20代~30代の場合に高く評価され、年齢が上がるにつれて健康上のリスクも大きくなるため、点数が下がります。
クレジットカードを持ったことが無いまま40代以上まで年齢を重ねて、クレジットヒストリーが全く無い「ホワイト」状態の人だと審査に通りにくい傾向にあります。

職業

職業の項目では、医者や弁護士、公務員、会社員といった、安定した職業が高く評価されます。
自営業者や派遣社員、パート、アルバイトの場合は、評価の高い職業と比べると収入が安定していないと判断されるため、評価が低くなります。
専業主婦や学生は収入がないため職業としての評価は低くなりますが、学生の場合は社会人のような厳しい審査は行われないため、審査には通りやすいです。

勤続年数

勤続年数は長いほど収入が安定しており、返済能力が高いと評価されるためスコアリングの点数が高くなります。
職業の項目と比較するとスコアリングの配点は高くないため、勤続年数が1年未満の場合でも審査に通ることはできます。

勤務先の規模

勤務先の規模は、従業金数や資本金の額などで評価されます。
勤務先の規模が大きいほど経営が安定しており、申込者の収入も安定していて返済能力が高いとみなされるため点数が高くなります。
この項目は勤続年数よりもさらに配点が低く設定されているため、中小企業に勤めている人でも審査難易度の高いカードを作ることは可能です。

年収

年収は高ければ高いほど返済能力が高いと判断されるため点数も高くなります。
自己申告制なので、カード会社によって年収の高さよりも安定した収入が得られる職業かどうかの方が重要視することもあります。

借入額

キャッシングやローンで現在いくらお金を借りているかでも返済能力を評価しています。
借入額と勤続先の規模や年収を見て、現在の返済能力では返済できない可能性があるとみなされた場合は審査に通りにくくなります。

Capital(資産)とは

最も重要度の低いCapitalの評価軸では、申込者が保有している資産を評価します。
申込者が住居や貯金などの資産をどの程度持っているのかを調べます。保有する資産が多いほど評価が高くなります。

具体的には以下です。

住居形態

住居形態は、自己名義の持ち家の場合が最も高く評価されます。
次いで家族名義の持ち家、社宅、賃貸、公営住宅の順に点数が高くなります。

居住年数

居住年数は長ければ長いほど点数は高くなりますが、居住年数の申告を求めないカード会社もありそれほど重視されていません。

貯金・預金額

カードによっては貯金(預金額)を記入して申し込むクレジットカードがあります。
この項目も必須ではない場合もあるため重要度は低いですが、貯金がある人の方が評価は高くなります。

クレジットカード会社によって審査基準は異なる

ここまで、クレジットカード審査基準となっている「3C」について説明してきましたが、審査基準はカードを発行する会社によって異なります。
中でも、消費者金融系カードの「ACマスターカード」と、外資系カードの「アメリカンエキスプレスカード」は、どちらもCharacter(性格・クレジットヒストリー)の重要度が一般的なクレジットカードよりも低く、Capacity(返済能力・資力)を特に重要視していると言われています。

そのため、何度も延滞して悪いクレジットヒストリーが記録されているのが原因で審査落ちした人でも、正社員として会社で働いていて返済能力が平均的(年収300万円くらい)の人は上記2枚のカードであれば審査通過の可能性があります。
まずは作れるクレジットカードから作って、毎月カード利用しては返済するのを繰り返して、個人信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーを良いクレヒスに塗り替える「クレヒス修行」をおこなってみるのをおすすめします。

審査が不安な人にはACマスターカードがおすすめ

審査落ちしてしまいそうで不安という方には、消費者金融系カードの「ACマスターカード」がおすすめです。

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 ポイントプログラムなし
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

ACマスターカードは、クレジットカード各社が行う審査とは違って独自の審査基準をとっているため、20歳以上の働いている人であれば属性が多少悪かろうと、審査通過できる可能性があるカードです。

そのため、なるべくすぐにクレジットカードが欲しいという人や、より確実に審査通過したいという人におすすめのカードです。

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.