おすすめのクレジットカードを比較

ナンバーエイト

クレジットカード審査

クレジットカード審査に通らない理由(審査落ちの原因)

クレジットカードの審査に落ちてしまった人の中には、審査落ちの理由がわからないため、対策が打てずに困っている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、クレジットカードの審査に落ちてしまう理由について説明します。

審査基準を満たせていない

クレジットカード会社では、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「スコアリング」という手法で審査を行っています。
スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数などの項目と、個人信用情報機関に記録されている「信用情報」を確認して、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。

例えば勤続年数であれば、長く勤めるにつれて収入が上がり返済能力が高くなると推測できるため、長ければ長いほど点数が高くなります。
スコアリングの結果、各カード会社が独自に設定する基準点数を満たせていなければ審査落ちしてしまいます。

点数化する属性はカード会社によって異なりますが、安定した収入が得られる職業に就いているほど点数が高くなるという観点はどのカード会社も同じです。

また、発行するカードの種類やカード会社によって審査難易度は異なるので、どうしてもすぐにクレジットカードが作りたいという方はクレジットカード審査難易度の甘いクレジットカード・厳しいクレジットカードで説明している、審査難易度の低いクレジットカードを申し込むのをおすすめします。

ブラックリストに登録されている

俗にいう「ブラックリスト」に登録されている場合は審査に落ちてしまいます。
ブラックリストといっても実際にそのようなリストが存在しているわけではなく、個人個人信用情報機関に延滞情報や債務整理情報などの金融事故情報が登録されている状態を「ブラックリストに登録される」といいます。個人個人信用情報機関とは、カード会社や消費者金融などの金融機関から個人のクレジットやローンの利用履歴である「信用情報」を集めて管理している機関です。

申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。そのため、一度ある業者で延滞をして登録されてしまった延滞情報は、その後申し込みをする全てのカード会社に知られることになります。
カード会社では一度金融事故情報を起こした申込者を返済能力がないと判断するため、審査に通ることが難しくなるのです。

ブラックでも作れるクレジットカードはある

個人個人信用情報機関にブラックリストとして記録されてしまうと、3つの個人個人信用情報機関で金融事故情報を共有する仕組みがあるため、基本的にどのクレジットカード審査にも通らなくなってしまいますが、ブラックリスト状態でも審査通過できるクレジットカードはあります。

ACマスターカード

アコムACマスターカード
アコムが発行する「ACマスターカード」は、消費者金融系カードと呼ばれるクレジットカードで、ポイント機能や旅行保険の付帯がない代わりに「即日発行可能」で「収入がある人であればブラックでも審査OK」というカードです。
申し込みページには、カード発行可能かを3秒で診断してくれる機能もあるので、ブラックでクレジットカードを作れないで困っている方は一度診断してみてはいかがでしょうか。年会費無料(もちろん発行料金も無料)なので使わなくて損はしません。

アコムが発行するカードということで、お店で提示するカードとして恥ずかしいのでは?と思われる方もいるようですが、カード券面にはアコムが発行しているカードと分ることが書かれていないので心配いりません。

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)

アメリカンエキスプレスカード
アメリカンエキスプレスカード(通称アメックス)は、審査難易度が高いカードとして知られているクレジットカードですが、日本とは違い外資系カードのアメックスは過去の支払い滞納のことより、現在の属性(年収や職業、住居など)を重視する傾向があるためブラックリストでも審査通過可能にしています。
ACマスターカードと比較すれば、必要な年収はこちらの方が高くなりますが、大体年収300万円以上ある正社員であれば、アメックスグリーンだけでなく、アメックスゴールドも審査通過可能と言われています。

海外旅行保険や海外での各種サービスが売りのカードですが、年会費がアメックスグリーンで12,000円+税、アメックスゴールドで29,000円+税がかかるので、過去は経済的に苦しくてブラックになったものの、今はお金に余裕のあるという方にはおすすめです。

楽天カード

楽天カード
審査難易度の低いカードとして有名なのがCMやネットでのキャンペーンでおなじみの「楽天カード」です。
ACマスターカードやアメックスは20歳以上でないと申し込めないのに対し、楽天カードは18歳から申し込め、ポイント還元率も通常で1%、楽天サービスの利用で倍以上、年会費永年無料という、審査難易度が低いとは思えない素晴らしい内容のカードです。

楽天カードを持っている人の口コミでは、「カード所持者に対して送られてくるメルマガがうざい」「カードデザインがダサい」という声もありますが、学生や主婦、正社員としてバリバリ働く方まで多くの人が持っているカードなので気にせず使ってください。
ただ、今回ご紹介したACマスターカードとアメックスと比較すると、審査難易度は高めかなと思います。(重視する項目はカード会社によって違うので一概には言えません。)

短期間に複数のカードに申し込んだ

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査に通りにくくなります。申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人個人信用情報機関に登録されている状態のことです。

私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人個人信用情報機関に登録されます。
カード会社が審査中に個人個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。
審査基準はカード会社によって異なるため、申込情報が何件以上あると審査に落ちるという具体的な基準は一概には示せませんが、クレジトカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。

他社からの借入れが多い

カード会社では、審査の際に個人個人信用情報機関に登録されている他社からの借入れ状況を参照し、申込者の返済能力を調べます。その際に他社からの借入額や借入件数が多ければ、返済能力が低く、お金に困っている人だとみなされて審査に落ちてしまいます。

また、キャッシング枠を希望する場合は、貸金業者からの借入総額を年収の3分の1以下にしなければならないという決まりである「総量規制」の影響を受けるため、年収の3分の1以上の借入れがあると、審査に落ちる可能性があります。

申込書の記載ミス

郵送で申し込む場合、申込書の記載ミス・記入漏れや文字が読み取れないことが原因で、審査に通らない場合があります。例えば本人確認項目である氏名・住所・生年月日を間違えると、本人確認ができないため審査に通ることはできませんし、勤務先の電話番号を間違えると、在籍確認(※)ができないため審査に落ちてしまいます。

また、審査の際に確認事項がある場合は電話や郵送で連絡がきますが、電話番号や住所が誤っていた場合、連絡がとれないため審査に落ちてしまいます。申込書を記入する際は、誤りや漏れのないように注意し、文字を丁寧に書くようにしましょう。インターネットで申し込む場合は、記入漏れや文字の読み取りができないケースを防ぐことができるため、おすすめです。

※在籍確認とは、申し込みの際に申告した勤務先に申込者が本当に在籍しているかを確認するために、申告した勤務先電話番号にカード会社が電話をして、申込者の在籍を確認することです。

審査落ちしたカードと同じカードに再申し込みしたら審査に通るのか

一度審査に落ちてしまったクレジットカードに再度申し込んだ場合、上述した審査落ちの原因が全く解消されていなければ、同じ理由で審査に落ちてしまいます。
そのため、再申し込みをする場合は、以下のような対策をしなければ審査結果は変わりません。

  • 勤務先などの属性を変える
  • ブラックリストに登録されている場合はブラック情報が削除される5年間待つ
  • 申し込みブラックになっている場合は申込情報が削除される6カ月間待つ
  • 他社からの借り入れを減らす
  • 記入ミスをした箇所をなくす

また、個人信用情報機関にはカード申込者の信用情報だけでなく、申し込み履歴も6か月間記録されているので、直近6か月以内に自社のカードを申し込んで審査に通らなかった人は無条件に審査落ちとして処理している可能性があります。
一度審査に落ちてしまった場合は、落ちた原因を特定し、クレジットカード審査に通るコツと注意点で説明している対策をしてから6か月の期間を開けて再度申し込んでみましょう。

-クレジットカード審査

Copyright© ナンバーエイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.