クレジットカードの審査基準と審査に通らない理由・対策

クレジットカードの審査に通らなかった(落ちてしまった)人の中には、審査落ちの理由がわからないため、対策が打てずに困っている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、クレジットカードの審査基準と審査に通らない(審査落ちしてしまう)理由と審査対策について説明します。

審査基準を満たせていない

クレジットカード会社では、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「スコアリング」という手法で審査を行っています。
スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数などの項目と、個人信用情報機関に記録されている「信用情報」を確認して、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。

具体的に審査基準となる項目は以下です。

審査基準として重要度の高いのはクレジットヒストリー

カード会社は個人信用情報機関に記録されているクレジットカードやローンの利用履歴(クレジットヒストリー/クレヒス)を照会し、過去5年以内に支払いの延滞・滞納をしていないか、または10年以内に自己破産をしていないかなどを確認して信用度を判断しています。

もし、過去に複数回の延滞や、長期間の延滞の情報が個人信用情報機関に登録されていた場合は、スコアリングの点数がガクッと落とされてしまい審査落ちの原因になってしまいます。
逆に少額でもクレジットカードを使って毎月きちんと返済している信用情報が残っている場合は、スコアリングの点数が高く付き、審査通過の確立が上がります。

うっかり引き落とし口座にお金を入れ忘れた程度なら誰にでもあるので、少しくらいの遅延では延滞情報がつかないようにしてもらえますが、カード会社からの入金を催促する連絡を無視していたり、何度も延滞を繰り返す人は個人信用情報機関に異動情報(事故情報)が記録され、以降5年間は俗に言うブラックリストとして扱われて新しくカードが作れないので注意しましょう。

クレジットカード審査に通らない人は「クレヒス修行」をしてから再申し込み


欲しいクレジットカードに申し込んだけど審査に通らない方は、良いクレジットヒストリーが個人信用情報機関に残っていないため審査落ちした可能性が高いです。

欲しいカードの審査に通るためにはまず、クレジットヒストリーを重要な審査基準にしていない、他社とは違う独自の審査基準を採っているACマスターカードを作って、毎月少額でもカード利用をしてはきちんと遅延なく返済をする「クレヒス修行」を行って、良いクレヒスを半年から2年間ほど築き上げてから再申し込みをすることをおすすめします。

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 ポイントプログラムなし
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

「カード発行可能かすぐに診断できる3秒診断」はこちら

年齢

カード会社では、年齢による申し込み資格を定めていますが、要件を満たす年齢の中でも、特に20代~30代の場合に高く評価され、年齢が上がるにつれて健康上のリスクも大きくなるため、点数が下がります。
クレジットカードを持ったことが無いまま40代以上まで年齢を重ねて、クレジットヒストリーが全く無い「ホワイト」状態の人だと審査に通りにくい傾向にあります。

関連ページ ≫ クレジットカード審査に影響する年齢について

収入が安定する職業ほど高評価

職業の項目では、医者や弁護士、公務員、会社員といった、安定した職業が高く評価されます。
自営業者や派遣社員、パート、アルバイト・フリーターの場合は、評価の高い職業と比べると収入が安定していないと判断されるため、評価が低くなります。

専業主婦や学生は収入がないため職業としての評価は低くなりますが、学生の場合は社会人のような厳しい審査は行われないため、学生用のカードに申し込めば審査には通りやすいです。

関連ページ ≫ 無職でも審査に通るクレジットカードはあるのか

勤続年数が長ければ高評価

勤続年数は長いほど収入が安定しており、返済能力が高いと評価されるためスコアリングの点数が高くなります。
職業の項目と比較するとスコアリングの配点は高くないため、勤続年数が1年未満の場合でも審査に通ることはできます。

勤務先の規模が大きいほど高評価

勤務先の規模は、従業員数や資本金の額などで評価されます。
勤務先の規模が大きいほど経営が安定しており、申込者の収入も安定していて返済能力が高いとみなされるため点数が高くなります。

この項目は勤続年数よりもさらに配点が低く設定されているため、中小企業に勤めている人でも審査難易度の高いカードを作ることは可能です。

年収が高いほど高評価

年収は高ければ高いほど返済能力が高いと判断されるため点数も高くなります。
自己申告制なので、カード会社によって年収の高さよりも安定した収入が得られる職業かどうかの方が重要視することもあります。

借入額は少ないほど高評価

キャッシングやローンで現在いくらお金を借りているかでも返済能力を評価しています。
借入額と勤続先の規模や年収を見て、現在の返済能力では返済できない可能性があるとみなされた場合は審査に通りにくくなります。

住居形態の審査基準

住居形態は、自己名義の持ち家の場合が最も高く評価されます。
次いで家族名義の持ち家、社宅、賃貸、公営住宅の順に点数が高くなります。

居住年数は長いほど高評価

居住年数は長ければ長いほど点数は高くなりますが、居住年数の申告を求めないカード会社もありそれほど重視されていません。

貯金・預金額は多いほど高評価

カードによっては貯金(預金額)を記入して申し込むクレジットカードがあります。
この項目も必須ではないことも多い上に自己申告なので重要度は低いですが、貯金がある人の方が評価は高くなります。

ブラックリストに登録されている

俗にいう「ブラックリスト」に登録されている場合は審査に落ちてしまいます。
ブラックリストといっても実際にそのようなリストが存在しているわけではなく、個人信用情報機関に延滞情報や債務整理情報などの金融事故情報が登録されている状態を「ブラックリストに登録される」といいます。個人信用情報機関とは、カード会社や消費者金融などの金融機関から個人のクレジットやローンの利用履歴である「信用情報」を集めて管理している機関です。

申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。そのため、一度ある業者で延滞をして登録されてしまった延滞情報は、その後申し込みをする全てのカード会社に知られることになります。
カード会社では一度金融事故情報を起こした申込者を返済能力がないと判断するため、審査に通ることが難しくなるのです。

また、一度ブラックリストとして記録されてしまうと、国内にある3つの信用情報機関(CIC、JICC、KSC)で事故情報(異動情報)が共有されるので、どこのカード会社にもブラックであることが知られてしまいます。

関連ページ ≫ ブラックリストになってしまう条件

ブラックでも作れるクレジットカードに申し込む

個人信用情報機関にブラックリストとして記録されてしまうと、3つの個人信用情報機関で金融事故情報を共有する仕組みがあるため、基本的にどのクレジットカード審査にも通らなくなってしまいますが、他社とは違う審査基準を採っていてブラックリスト状態でも審査通過できたと言われているクレジットカードはあります。

ACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 ポイントプログラムなし
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

アコムが発行する「ACマスターカード」は、消費者金融系カードと呼ばれるクレジットカードで、ポイント機能や旅行保険の付帯がない代わりに「即日発行可能」で「収入がある人であればブラックでも審査OK」というカードです。
申し込みページには、カード発行可能かを3秒で診断してくれる機能もあるので、ブラックでクレジットカードを作れないで困っている方は一度診断してみてはいかがでしょうか。年会費無料(もちろん発行料金も無料)なので使わなくて損はしません。

アコムが発行するカードということで、お店で提示するカードとして恥ずかしいのでは?と思われる方もいるようですが、カード券面にはアコムが発行しているカードと分ることが書かれていないので心配いりません。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

審査難易度の低いカードとして有名なのがCMやネットでのキャンペーンでおなじみの「楽天カード」です。
ACマスターカードやアメックスは20歳以上でないと申し込めないのに対し、楽天カードは18歳から申し込め、ポイント還元率も通常で1%、楽天サービスの利用で倍以上、年会費永年無料という、審査難易度が低いとは思えない素晴らしい内容のカードです。

楽天カードを持っている人の口コミでは、「カード所持者に対して送られてくるメルマガがうざい」「カードデザインがダサい」という声もありますが、学生や主婦、正社員としてバリバリ働く方まで多くの人が持っているカードなので気にせず使ってください。

ただ、今回ご紹介したACマスターカードとアメックスと比較すると、審査難易度は高めかなと思います。(重視する項目はカード会社によって違うので一概には言えません。)

短期間に複数のカードに申し込んだ


短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査に通りにくくなります。申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人信用情報機関に登録されている状態のことです。

私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。
カード会社が審査中に個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。
審査基準はカード会社によって異なるため、申込情報が何件以上あると審査に落ちるという具体的な基準は一概には示せませんが、クレジットカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。

他社からの借入れが多い


カード会社では、審査の際に個人信用情報機関に登録されている他社からの借入れ状況を参照し、申込者の返済能力を調べます。その際に他社からの借入額や借入件数が多ければ、返済能力が低く、お金に困っている人だとみなされて審査に落ちてしまいます。

また、キャッシング枠を希望する場合は、貸金業者からの借入総額を年収の3分の1以下にしなければならないという決まりである「総量規制」の影響を受けるため、年収の3分の1以上の借入れがあると、審査に落ちる可能性があります。

関連ページ ≫ 他社からの借り入れ(借金)があるとクレジットカード審査に影響はあるのか

申込書の記載ミス

郵送で申し込む場合、申込書の記載ミス・記入漏れや文字が読み取れないことが原因で、審査に通らない場合があります。例えば本人確認項目である氏名・住所・生年月日を間違えると、本人確認ができないため審査に通ることはできませんし、勤務先の電話番号を間違えると、在籍確認(※)ができないため審査に落ちてしまいます。

また、審査の際に確認事項がある場合は電話や郵送で連絡がきますが、電話番号や住所が誤っていた場合、連絡がとれないため審査に落ちてしまいます。申込書を記入する際は、誤りや漏れのないように注意し、文字を丁寧に書くようにしましょう。インターネットで申し込む場合は、記入漏れや文字の読み取りができないケースを防ぐことができるため、おすすめです。

※在籍確認とは、申し込みの際に申告した勤務先に申込者が本当に在籍しているかを確認するために、申告した勤務先電話番号にカード会社が電話をして、申込者の在籍を確認することです。

再申し込みをして通過するための審査対策

一度審査に落ちてしまったクレジットカードに再度申し込んだ場合、上述した審査落ちの原因が全く解消されていなければ、同じ理由で審査に落ちてしまいます。
そのため、再申し込みをする場合は、以下のような対策をしなければ審査結果は変わりません。

  • 勤務先などの属性を変える
  • ブラックリストに登録されている場合はブラック情報が削除される5年間待つ
  • 申し込みブラックになっている場合は申込情報が削除される6カ月間待つ
  • 他社からの借り入れを減らす
  • 記入ミスをした箇所をなくす

また、個人信用情報機関にはカード申込者の信用情報だけでなく、申し込み履歴も6か月間記録されているので、直近6か月以内に自社のカードを申し込んで審査に通らなかった人は無条件に審査落ちとして処理している可能性があります。

一度審査に落ちてしまった場合は、落ちた原因を特定し、クレジットカード審査に通るコツと注意点で説明している対策をしてから6か月の期間を開けて再度申し込んでみましょう。

審査難易度の甘いカードを選ぶ

クレジットカードを再申し込みする際は、カード会社ごとの審査難易度を把握してから申し込むと良いでしょう。

■クレジットカードの審査難易度

発行会社の種類 審査難易度 特徴
消費者金融系カード 甘い 消費者金融系カード会社が発行するクレジットカード。今はACマスターカードのみ。
流通系カード 甘い スーパーやコンビニの運営を行う会社が発行するクレジットカード。ローソンpontaカードやファミマTカードなどがある。(楽天カードは信販系だけど審査は流通系カード並)
信販系カード ふつう 古くからクレジットカードやローンに関する事業を行う信販会社が発行するカード。代表カードはオリコカードやセゾンカード
鉄道系・交通系カード やや厳しい 飛行機系と言われるJALカードやANAカード、鉄道系と言われるビューカードや東京メトロTo Me CARDが代表的
銀行系カード 厳しい 銀行が発行するクレジットカード。三井住友VISAカード、MUFGカードなどが代表カード
外資系カード すごく厳しい アメックスやダイナースクラブカードなど外資系企業が発行するクレジットカード。返済力が審査基準として強く要求される。

審査難易度の高いカードに申し込む場合は、審査難易度の甘いクレジットカードでも良いので作って、カード利用をしてクレジットヒストリーを2年分ほどしっかり作ってから申し込むようにすることで審査通過できる可能性が高くなります。

誤字や脱字に注意して正しい情報で申し込む

クレジットカードの申し込みでは、誤字や脱字があると審査の際に評価が落とされてしまいます。
特に、自分の電話番号や、勤務先の電話番号等を間違えてしまうと、本人確認や在籍確認の電話ができないので注意しましょう。

また、勤続年数や居住年数、年収や他社からの借り入れ額など、すぐに思い出せないからと言って適当な数字を記入しないようにしましょう。
カード会社は、個人信用情報機関という個人情報やカードやローンの利用履歴を保存する機関から、あらゆる情報を照会して申込者を審査しているので、申込情報と登録されている個人情報や信用情報に差異があった場合は、嘘をついたわけじゃなくても嘘とみなされ、審査の評価を落とされてしまいます。

記入する項目は、正確な情報をきちんと調べてから申し込むようにしましょう。
なお、必須項目じゃなくても、基本的にはカード会社が知りたいと思っている情報なので、空欄がないよう記入するようにしましょう。

キャッシング枠を少な目に設定して申し込む

キャッシング枠とは、クレジットカードでお買い物をする際に利用する金額の上限である「ショッピング枠」とは別の、お金を借りるための上限金額のことです。

多くのクレジットカードは、申し込み画面で「キャッシング枠」の金額を設定できるのですが、ここでなるべく低めの設定金額で申し込むことで審査通過率が上がり、審査も早く完了します。(カードにもよりますが大体0円で申し込み可能です。)

なぜなら、ショッピング枠を得るための「割賦販売法」に基づく審査より、キャッシング枠を得るための「貸金業法」に基づく審査は、年収の3分の1以上借り入れをできない「総量規制」という法律に引っかかる可能性もあり、2種類の審査に通過する必要があるからです。

クレジットカードが手元に届いてからでも、キャッシング枠の増枠はインターネットや電話で可能なので、とりあえずクレジットカードの審査に通りたいという方は、まずキャッシング枠無しで申し込むことをおすすめします。

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.