おすすめのクレジットカードを比較

ナンバーエイト

クレジットカード審査

専業主婦のクレジットカード審査について

アルバイトやパートをしていない専業主婦の方の中には、クレジットカードを作りたいけれども、収入のない専業主婦でもクレジットカードの審査に通ることができるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、専業主婦でもクレジットカードの審査に通ることができるのか、専業主婦が審査に通るにはどうすればいいのかについて詳しく解説していきます。

専業主婦はクレジットカード審査に通りにくい

収入のない専業主婦はクレジットカード審査に通りにくいと言われますが、それはなぜなのか、また、専業主婦でも審査に通ることは可能なのかについて解説します。

専業主婦がクレジットカード審査に通りにくい理由

クレジットカードは、カード会社が商品の代金を一時的に立て替えて、後日利用者が商品代金をカード会社に返す仕組みです。

カード会社にとっては、立て替えたお金を返してくれる人でなければカードを作らせるわけにはいきません。
そのため、審査をして立て替えたお金を返してくれる人かどうかを見極める必要があります。
専業主婦は収入がないため、カード会社からみれば立て替えたお金を返せるかどうか不安な人ということになり、専業主婦はクレジットカードの審査が厳しくなります。

配偶者に収入があれば審査に通るカードもある

クレジットカードの中には、「収入がない方は申し込み不可」という申し込み条件があり、専業主婦が申し込むことができないカードもありますが、「本人または配偶者に安定収入があれば申し込み可能」「18歳以上であればだれでも申し込み可能」といった条件のカードも多くあります。
この場合、本人に収入がない専業主婦でも審査に通ることができます。

専業主婦のクレジットカード審査の方法

では、実際に専業主婦に対するクレジットカード審査はどのように行われているのでしょうか。

年収を利用した審査は法律で義務付けられている

クレジットカード会社が守らなければならない「割賦販売法」という法律では、申込者の年収を利用して「支払可能見込額」を調査することが義務付けられています。
支払可能見込額は、年収から申告した住宅ローン有無や世帯人数から推測される生活維持費と年間請求予定額を引いて計算します。

法律では支払可能見込額を上回るショッピング枠を付けてはならないとされているため、年収がなければ支払可能見込額もゼロになってしまい、カードの審査に通ることはできません。

専業主婦の場合は配偶者の年収を利用できる

では、年収がゼロである専業主婦は絶対にカードを作ることができないかというと、そうではありません。
割賦販売法では、支払可能見込額の計算に配偶者の年収を使ってもいいと定めています。

申し込みの際に配偶者の年収を申告するカードがありますが、その場合は申告した配偶者の年収を使って審査が行われるため、専業主婦でも審査に通ることができます。

ショッピング枠が30万円以下の場合は年収を利用した審査の対象外

配偶者の年収を申告する欄がないカードの場合、専業主婦は審査に通らないかというとそうではありません。
割賦販売法では、ショッピング枠が30万円以下の場合、年収を利用した支払可能見込額の調査義務の対象外であるとしています。

そのため、専業主婦であっても、ショッピング枠が30万円以下の場合は、配偶者の年収を申告することなくカードを作ることができます。

専業主婦がクレジットカード審査に通るコツ

では、専業主婦がクレジットカード審査に通るためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

ここからは、専業主婦がカード審査に通るためのコツについて説明していきます。

申告項目に誤りや漏れ、虚偽がないようにする

郵送で申し込む場合、申込書の記載ミス・記入漏れや文字が読み取れないことが原因で、審査に通らない場合があります。
申込書を記入する際は、誤りや漏れのないように注意し、文字を丁寧に書くようにしましょう。

また、審査に通りやすいようにと申告内容を偽って申し込んでも、審査の中で行われる信用情報機関(※)の参照などによりすぐにばれてしまいます。
虚偽の申告がばれると不審な申し込みとみなされて審査に通る可能性が下がるため、申し込みの際は虚偽の申告をしないようにしましょう。

※個人信用情報機関とは、カード会社や消費者金融などの金融機関から個人のクレジットやローンの利用履歴である「信用情報」を集めて管理している機関です。申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。

キャッシング希望額をゼロにして申し込む

クレジットカード会社が守らなければならない「貸金業法」という法律では、年収がない人へのキャッシングは禁止されています。そのため、専業主婦は原則キャッシングを利用することができません。

キャッシングを利用できない専業主婦がキャッシング枠を希望すると、カード会社によっては審査に通る可能性が下がってしまいます。キャッシング枠が必要ない場合は、キャッシング希望額をゼロにして申し込みましょう。
どうしてもキャッシング枠が必要な場合は、貸金業法の制限を受けない、銀行が発行しているクレジットカードに申し込みましょう。

複数のカードに申し込まない

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査に通りにくくなります。申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人信用情報機関に登録されている状態のことです。
私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。

カード会社が審査中に個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。

審査基準はカード会社によって異なるため、申込情報が何件以上あると審査に落ちるという具体的な基準は一概には示せませんが、クレジットカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。

審査に通らない場合は家族カードがおすすめ

上記のコツを実践してもどうしても審査に通らずに困っている方は、家族カードを作ることをおすすめします。

家族カードとは、契約者である本会員の家族に発行されるカードで、家族カードの利用代金も本会員が支払うため、家族会員に返済能力がなくても、本会員に安定した収入と返済能力があれば作ることができます。家族カードの契約者は本会員なので、家族会員に対する審査はほとんどありません。
すでに本会員がカードを持っている場合は、本会員に滞納などがなければ家族カードは発行されます。

-クレジットカード審査

Copyright© ナンバーエイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.