クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

アコムACマスターカード(アコマス)の審査基準やメリット・デメリット

更新日:

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社(アコムの)基準を満たす方

アコムACマスターカード(通称:アコマス)は、消費者金融のアコム株式会社が発行している年会費永年無料のクレジットカードです。

ここでは、ACマスターカードの特徴について詳しく説明していきます。

ACマスターカードの審査基準、審査期間、審査通過のコツ

アコムACマスターカードの申し込みは、20歳~69歳で安定した収入があれば可能です。正社員の方だけではなく、契約社員、パート、アルバイトの方でも申し込み可能です。
何らかの収入があることが申し込みの条件となっているため、パートやアルバイトをしていない学生や専業主婦の場合は申し込むことができません。

独自の審査基準

アコムの審査基準は他のカード会社とは異なっており、独自のシステムで審査を行っているため、他のクレジットカードの審査に落ちてしまった方でも審査に通る可能性があります。

一般的なクレジットカードの審査では、個人信用情報機関に登録されている申込者のクレジットカードやローンの取引履歴である信用情報(クレジットヒストリー)を重視していますが、アコムでは申し込み時点での返済能力を重視しています。
そのため、申し込みの際に申告する年収や職業、雇用形態などから、申し込み時点で十分な返済能力があるとみなされれば、審査に通ることが可能です。

ただし、他と審査の判断基準が違うというだけで、必ず誰でも審査に通るというほど審査が甘いというわけではありません

ACマスターカードを作成したいけど、審査に通るか不安という方は、公式サイトに「カード発行可能かすぐに診断!3秒診断」というもので、簡単に結果がわかるので、事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

他社の審査に通らなかった人におすすめのクレヒス修行用カード

上で説明した通り、一般的なクレジットカード入会審査は、クレジットカードやキャッシングの利用履歴である「クレジットヒストリー」を審査基準として重要視しています。
この「クレジットヒストリー」(通称:クレヒス)は、毎月のクレジットカードやカードローンの利用履歴の積み重ねによって、「個人信用情報機関」に記録されていくもので、このクレヒスが貯まるほど、クレジットカード会社は「この人はお金を貸しても返済をしてくれる人」として信用してくれる信用度になり審査に通りやすくなります。
欲しいクレジットカードに申し込んだけど審査に通らなかった方は、良いクレジットヒストリーが個人信用情報機関に残っていない、または過去に支払いの延滞・遅延をしてブラックリスト扱いになってしまっているため審査落ちした可能性があります。

しかし、クレヒスを築いていくためにはクレジットカードかカードローンを作らなきゃいけない。もうクレジットカードはあきらめた方が良い?と、そんな人たちがクレヒスを築いていく「クレヒス修行」をしていくために申し込んでいるのが「ACマスターカード」です。
ACマスターカードは、現在唯一の消費者金融系カードということで、過去の支払い履歴ではなく現在の支払い能力があるかに焦点を当てた他社とは違う審査基準を採用しているので、クレヒスが無い人でも審査に通過できる可能性があります。

審査期間は最短30分回答

ACマスターカードの審査期間は最短で申し込みから30分で審査回答が届きます。
審査難易度の高い他社のクレジットカードだと、長くて1か月くらい審査期間がかかるカードもあることを考えれば、とんでもない早さであることがわかります。

審査回答後、全国にある自動契約機「むじんくん」でカードを受け取ることで即日発行も可能(土日や祝日も受け取り可能)で、郵送で受け取る場合でも最短で2日でカードを発送してもらえます。

※むじんくんの営業時間:8:00~22:00/年中無休(年末年始は除く)

即日発行の方法についての詳細はこちら

審査通過のコツ

ACマスターカードの審査に通過するためには、以下のような点に気を付けてみてください。

  • 記載ミスに注意
  • 在籍確認の電話に出る
  • 自分の収入を増やす

記載ミスに注意

審査に落ちる理由でよくある原因の1つに記載ミスがあります。
クレジットカードの申込書には、記入する項目が多いため、記載ミスがないように注意を払って記入するようにしてましょう。
特に、会社の番号や自分の電話番号など場合だと虚偽の申告とみなされ、審査に落ちてしまう原因となりますし、もちろん嘘の情報を記載することも、後からバレてしまうことなので絶対にしてはいけません。

また、記載する際の文字が汚すぎることも、審査に落ちてしまう原因の1つなるため、丁寧に記載するよう心がけてください。

在籍確認の電話に出る

アコムACマスターカードに申し込みをすると、必ず在籍確認の電話が職場にかかってきます。
申込書に記載した勤務先に、在籍しているかを確認するための連絡なので、もし自分が不在のタイミングで連絡があった場合であっても、別の担当者が出て不在であったり、公休である旨を伝えてくれれば問題ありません。

アコムの担当者は、会社名ではなく個人名を名乗って連絡してくれるので、同僚にばれてしまう心配はありませんので安心してください。

自分の収入を増やす

再申し込みで審査に通る可能性が一番高いのは、収入を増やすということです。
特に収入が安定していないアルバイトの人は、収入を増やしていくということが信用獲得のための鍵になってきます。

審査に通過するための方法として、カード会社側は年収を調べることができないという理由から、年収を多く記載することが審査に通るコツであると教えているサイトがありますが、数十万程度の誤差であるならまだしも、大幅に違う年収を記載して申し込んだ場合には、年齢や職業など消費者金融会社が抱える膨大なデータから傾向をとり、バレてしまう可能性が高いです。
申し込みの内容によっては、収入証明などの提出を求められる場合もありますので、そういった場合には確実にバレてしまいます。

年収200万円の人でも審査通過できたという事例もあるので、年収に自信がなくても真面目に正直な年収を記載するようにしましょう。

利用金額の0.25%がキャッシュバック

今までACマスターカードは、クレジットカードとしては珍しくポイントがつきませんでしたが、2017年3月20日からご利用金額から0.25%がキャッシュバックするサービスを開始しました。

例えば10万円カード利用をした場合、10万円の0.25%、つまり250円を差し引いた金額が請求金額になります。

ポイントがつくクレジットカードは0.5%が一般的なので、この0.25%という還元率は決して高いわけではないのですが、三菱東京UFJ-VISAデビットというデビットカードを利用した時の還元率も0.2%なので、キャッシュバックというサービスで考えると低すぎるわけではありません。

ACマスターカードは年会費永年無料

消費者金融が発行するカードということで、カードを発行することや年会費などで手数料がかかるイメージがあるかも知れませんが、ACマスターカードは発行手数料無料・年会費永年無料のカードのため、利用しなくても損をしません。

他社のカードだと、一般カードで1,000円以上~1万円を超す年会費がかかるものまであります。

利用限度額の上限は800万円と高額

アコムACマスターカードのショッピング枠の限度額は最高300万円、ショッピング枠とキャッシング(カードローン)枠を合わせた限度額は最高800万円と非常に高額です。
一般的なクレジットカードの場合、ショッピング枠の限度額は100万円まで、キャッシング枠の限度額は50万円までのクレジットカードが多いため、ゴールドカードを作らずに高額の利用をしたい方にはおすすめです。

アコムACマスターカードのカード利用上限は、ショッピング限度額とキャッシング限度額のどちらか高い方の金額になり、カード利用上限内でショッピングとカードローンを自由に組み合わせて利用できます。
例えばショッピング限度額が35万円、キャッシング限度額が15万円の場合カード利用上限は35万円になります。
この場合、ショッピングで10万円、キャッシングで10万円利用すると、カード利用限度額の残り15万円のうちショッピングは15万円まで、キャッシングは5万円まで利用することができます。

アコムACマスターカードの国際ブランドはMasterCard

mastercard

アコムACマスターカードの国際ブランドはMasterCard(マスターカード)です。
マスターカードはVISAに次いで加盟店が多く、国内はもちろん、世界中で使いやすいブランドです。

海外旅行損害保険は付帯していませんが、海外キャッシングやショッピングデスクでの電話サポートは利用可能なので、海外でも安心して利用できます。
また、カードフェイスもマスターカードが全面に押し出されたデザインで、「アコム」の文字は印字されていないため、どこで出しても恥ずかしくないカードです。

カードローン(キャッシング)の金利について

アコムACマスターカードを持っていると、最大800万円までカードローンを利用することができます。
高額の借り入れをしたい方にとっては便利ですが、当然金利も発生するため、利用の際は注意が必要です。

アコムカードローンの利息率

アコムのカードローンの金利は3.0%~18.0%で、大手消費者金融の一般的な金利です。
下限金利は3.0%と低いように見えますが、初めての借り入れの際はほとんどの場合が上限金利になるため注意しましょう。

なお、100万円以上の借り入れの場合、金利は15.0%までにしなければならないと法律で定められているため、100万円以上借りると金利は下がります。

支払い利息を少なくするために多めの返済を

初めてカードローンを利用する場合、金利は上限の18.0%になることがほとんどですが、実際に18.0%の金利で利息を支払うと非常に高額になります。
例えば、50万円を利息18.0%で借りて最低返済金額の15,000円ずつ返済する場合、利息の総額は約20万円になります。

一方最低返済金額の倍の30,000円ずつ返済する場合、利息の総額は約8万円になり、約12万円もお得になります。
支払う利息の総額を少なくするためには、毎月の支払金額できるだけ上げて、早めに返済してしまいましょう。

アコムが発行するカードとは分からない券面デザイン

アコムACマスターカード

消費者金融会社が発行するカードのため、カードにアコムが発行しているクレジットカードだと分かるデザインになっているのではないかと心配する方がいますが、券面デザインは「MasterCard」であることしか分からないようになっており、アコムのロゴなど、消費者金融会社が発行するカードとバレることが無いデザインになっています。

また、利用明細は自宅に郵送されないなどの配慮もあるので、家族にも消費者金融会社のカードを持っていることがバレにくくなっています。

アコムACマスターカードのデメリット

リボ払い専用カード

ACマスターカードは、毎月の支払い額をあらかじめ設定しておき、支払い額を超えた利用分は翌月以降の支払い残高として繰り越されていく支払い方法が強制的に適用される「リボ払い専用カード」です。
リボ払いは毎月支払う額が一定のため、毎月の支払い計画が立てやすいというメリットがある一方、残高に対して手数料がかかるというデメリットがあります。

アコムACマスターカードの場合、リボ払いの手数料率は10.0%~14.6%で、リボ残高×手数料率÷365日×利用日数の手数料を払う必要があります。

一括払いに設定すればリボ払い手数料はかからない

リボ払い専用カードのデメリットである手数料ですが、アコムACマスターカードの場合、毎月20日までのショッピング利用分を翌月6日までに支払えば、一般的なクレジットカードの一括払いと同様の扱いになり、リボ払い手数料はかかりません。

リボ残高が増えると手数料が高くなり、なかなか返済が終わらずに苦労するケースも多いため、インターネット、ATM(アコムATM、提携ATM)、店頭窓口、銀行振り込みのいずれかの方法で、なるべく早く支払うことをおすすめします。ただし、提携ATMと銀行振り込みの場合は支払の際に手数料がかかるため、注意しましょう。

ETCカードを発行できない

一般的なクレジットカードでは、有料または無料でETCカードを発行することができますが、ACマスターカードではETCカードの発行自体ができなくなっています。

そのため、「即日発行可能なクレジットカードを作ってETCカードもその日のうちに持ちたい」という方にはこのカードはおすすめできません。
即日発行可能でETCカードもその日のうちに作れるカードであれば、セゾンカードかエポスカードがおすすめです。

ショッピングの限度額を上げるにはカードローンを利用する必要がある

一般的なクレジットカードでは、普段からクレジットカードをよく利用してはきちんと返済していれば(利用実績を積めば)電話またはカード会員画面にログインしてショッピング枠の限度額を上げることが可能です。

しかし、アコムACマスターカードのショッピングの限度額は、カードローンの利用実績を積まなければショッピング枠を増額することが出来ません。
そのため、ショッピング枠を多めに欲しい人は、お金に困っていなくても普段からちょくちょくカードローン(キャッシング)を利用しておく必要があります。(お金を借りても今後の審査に悪い影響があることは無いので安心してください。)

未成年者は申し込み資格がない

他社の一般カードの場合、申し込み資格が18歳以上で本人に収入が無くても作れることが多いのですが、ACマスターカードの申し込み資格は20歳以上の収入がある人となっているので、未成年者や収入の無い学生は作ることが出来ません。

旅行保険の付帯がない

クレジットカードには旅行中のケガや病気、物品の破損などを補償してくれる「国内・海外旅行傷害保険」や、購入した商品の破損や盗難の金額を補償してくれる「ショッピング保険」が付いているカードもあります。(ついてないカードも多いですが。)
ACマスターカードには海外旅行傷害保険やショッピング保険といった保険が付いておらず、追加料金を払ってもつけることはできません。

そのため、海外旅行用にACマスターカードを作った方は、メインカードとして海外旅行傷害保険が付帯しているVISAカードなどの国際ブランドのカードを持ち、カードが使えなかった場合の補助としてMasterCardブランドのACマスターカードを持つという方法をおすすめします。
海外ではカードが使えないお店も多いので、海外旅行時にはクレジットカードの2枚持ちは一般的です。

ポイントプログラムがない

ACマスターカードは利用金額の0.25%がキャッシュバックという特典はあるものの、ポイントを貯めて商品やギフトカードと交換できるといった特典がありません。
2017年に入るまでは、キャッシュバックすらなかったことを考えると、特典が増えたことには変わりないのですが、一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%で、高還元率カードになってくると1.0%と、還元率を考えると他社のクレジットカードに劣ってしまいます。

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社(アコムの)基準を満たす方

-おすすめクレジットカード

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.