クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

アコム(カードローン)の審査基準と審査が通らない理由・対策

更新日:

お金を借りたい時に便利なアコムのカードローンですが、申し込みの際にはアコムによる審査があり、審査に通らなければお金を借りる事はできません。アコムのカードローンを申し込んで審査落ちした場合、その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

今回はアコムのカードローンの審査基準と審査落ちの理由、審査落ちした時の対策、審査落ちしないための対策を解説していきます。

アコムのカードローンの特徴

アコムカードローン

カードの特徴

「はじめてのアコム♪」でおなじみの消費者金融会社。大手消費者金融会社の中でも最も利用者が多く、無人契約機の数も多いため借りやすい

実質年率 年3.0%〜年18.0% 借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 申し込みOK

アコムは業界No.1の利用者数を誇る消費者金融の大手です。三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているアコムは30日間金利0円サービスなど、カードローンの利用が初めてという方にも好評のサービスを展開しています。

アコムのカードローンは使途が自由で利用限度額の範囲内なら繰り返しお金を借りる事ができるのが特徴です。限度額は最高800万円となっていて、まとまったお金が急に必要になった時も即日借り入れが可能のため強い味方になってくれるでしょう。

アコム(カードローン)で行われる審査とは?

アコムに限らず、どのカードローンでも申し込み時の審査は必須となっていますが、カードローンの審査で重視されるのは「属性」と「信用情報」です。

クレジットカードの申し込み時の審査と同様に、申込者の年齢や職業・年収・勤続年数といった「属性」と、これまでのクレジットカードやローンの利用履歴である「信用情報」の様々な項目を点数化した「スコアリング方式」で審査が行われます。

アコム(カードローン)の審査基準

借り入れの可否が一瞬で分かる「3秒診断」

審査でチェックされる項目は会社によってまちまちですが、アコムが提供している「3秒診断」というサービスから重視されている項目をある程度は知る事が可能です。
アコムの公式サイトでは「年齢」「年収」「他社からの借り入れ状況」の3点を入力するだけで借り入れができるかどうかを今すぐ判定してくれる「3秒診断」という簡易診断サービスが提供されています。

アコム公式サイトにある「よくあるご質問」の契約に関する質問にも「契約の基準は20歳以上で安定収入と返済能力があり、当社の基準を満たす方」と回答している事から、年齢・収入・返済能力は審査時に重視される項目だという事が分かります。

年齢

アコムのカードローンは、申し込みができる年齢は20歳以上、69歳までの方が借り入れ可能とされています。20歳未満の未成年の方や70歳以上の方は申し込む事ができないので注意しましょう。

年収

カードローンの審査では返済能力が問われるため年収も重要な項目です。アコムでは安定収入があればパートやアルバイト、派遣社員の方でも申し込めるとされていますが、毎月コンスタントに収入がある事が重視されます。

アコムの2018年3月期「データブック」によると、アコムのカードローンを利用する方のうち、9割の方が年収500万円以下で、年収200万円以下の方も25.3%いる事から、年収200万円以下でもカードローンの審査に通る事がうかがえます。
ただし、生活保護費や年金収入は年収として認められません。

他社からの借り入れ状況は借り入れ総額が制限される「総量規制」に注意

アコムを始めとする消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングを申し込む際は、他社との借り入れ総額が年収の3分の1までに制限される貸金業法の「総量規制」に注意が必要です。

このため、3秒診断で他社からの借り入れ欄に年収の3分の1の金額を入力すると「借入可能の判断ができませんでした」と表示されます。

アコムのカードローンで審査落ちする理由とは?

記載事項に嘘や間違った情報が含まれている

カードローンの審査では年収が重視されますが、申込時に嘘をつくのは厳禁です。年収を多く申告していても会社の規模や勤続年数などからある程度年収は推測できるので正直に申告するのが賢明です。

基本的な事ですが、必要事項に誤りがあると審査落ちしてしまう事もあるので注意しましょう。カードローンの申し込みで大事なのは情報の正確性です。

他社からの借り入れ金額や借り入れ件数が多い

すでに他社からの借り入れがある場合、総量規制により審査が厳しくなります。新たにアコムのカードローンを申し込む際にアコムで50万円以上の限度額を希望する場合や、他社との借入金額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が求められるので要注意です。

また、現在4件以上の借り入れがある場合も審査通過が難しくなります。

過去にブラックリスト入りして信用情報に傷がついている

カードローンやクレジットカードの審査では、個人信用情報機関という機関に過去のローンやクレジットカードの利用履歴(クレヒス)を照会して信用能力を調査します。この時、過去にブラックリスト入りするようなトラブル(事故情報)が発覚すると審査落ちの恐れが高まってしまいます。

例えば、過去に延滞を起こした事がある場合は延滞の解消から5年間は事故情報が残っているため、この間にカードローンを申し込んでも審査通過は難しいでしょう。同様に債務整理などを行った場合も注意が必要です。

アコムでは「JICC」と「CIC」というふたつの信用情報機関に加盟していますが、JICCには三井住友カード、CICにはオリコなど多くのクレジットカード会社も加盟しているため、クレジットカードの延滞にも注意しましょう。

短期間に複数の業者に借り入れを申し込んだ(申し込みブラック)

短期間に複数の業者に借り入れを申し込むと「金策に走っている」とみなされて申し込みブラックとなり審査落ちの可能性が高まってしまいます。カードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングも申し込みブラックの対象となるので要注意です。

アコムのカードローンで審査落ちしないための対策

申し込み時の記載内容や在籍確認は正確に

申し込み時の記載内容を正確に記載する事も審査通過のコツです。カードローンの審査では、必ず勤務先に在籍確認の電話が入ります。この時に申込者が実際に勤務していない事が分かると審査落ちとなるので、嘘をついたり現在は休職や退職をしている方が以前勤めていた職場を記載すると審査通過が厳しくなります。

他社からの借り入れがある場合は減らしてから申し込む

他社からすでにお金を借りている場合は審査が厳しくなるので、可能な限り返済するか借り入れ件数を減らしてから申し込みましょう。

クレヒスが心配な場合は個人信用情報機関に情報開示請求をする

延滞を起こした事があるなど、過去のクレヒスに傷がついている恐れがある場合は個人信用情報機関に情報の開示請求をするのもひとつの方法です。

個人信用情報機関では、手数料を支払うと契約内容や支払い状況など、自分の信用情報を確認する事ができます。開示請求は窓口や郵送、パソコン、スマホなど様々な申し込み方法が用意されているので手軽に利用できます。

たとえ個人信用情報機関の事故情報が消えても、過去にアコムでトラブルがあった場合は社内ブラックとなっている恐れがあるため注意が必要です。

申し込みブラックを避けるため一か月の申し込みは4社までにする

申し込みブラックを避けるためには、一か月に申し込むカードローンやキャッシングは4社(4回)までに抑えておくのが無難です。カードローンやクレジットカードの申し込みに関する情報も個人信用情報機関に記録されて6か月間残るので、むやみに申し込むのはやめましょう。

アコムカードローン

カードの特徴

「はじめてのアコム♪」でおなじみの消費者金融会社。大手消費者金融会社の中でも最も利用者が多く、無人契約機の数も多いため借りやすい

実質年率 年3.0%〜年18.0% 借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 申し込みOK

-キャッシング・カードローン

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.