クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

イオンカードETCカードの作り方・申し込みの流れ

投稿日:

ETCゲート

イオンカードのETCカードは発行手数料・年会費無料で作れる人気のETCカードです。
ETCゲートに衝突した場合の車両損傷お見舞金制度が付いている上にイオンカードはクレジットカードも年会費無料のため、ETCカードの維持費を抑えたい方にもぴったりです。

そこで今回は、イオンカードETCカードの作り方やカードの種類、申し込みの流れなどを分かりやすく解説していきます。

イオンカードで発行できるETCカードの特徴・メリット

年会費無料で発行できる

イオンカードのETCカードは、発行手数料無料・年会費無料で持てるのが魅力です。
楽天カードのように、クレジットカードの年会費は無料でもETCカードは年会費がかかるケースもあるため、ETCカードの維持費を抑えたい方にも向いています。

高速道路会社が共同発行している「ETCパーソナルカード」は申し込みの際にデポジットという保証金を預ける必要があるため、無料でETCカードを作りたい方はカード会社が発行しているETCカードを選ぶと良いでしょう。

なお、ETCカードを発行できるのはクレジットカードだけで、デビットカードではETCカードを発行できないので注意しましょう。

ETCゲート車両損傷お見舞金制度付き

イオンカードで発行できるETCカードの最大の特徴は、ETCゲート車両損傷お見舞金制度が付いている点です。
ETCゲートを通過する際に開閉バーに衝突した場合、車両の損傷に対して年に一度、一律で5万円のお見舞金が支払われます。

カード会員が運転していた場合はもちろん、同乗していた場合にも補償があるのがメリットです。

クレジットカードのポイントが貯まる

イオンカードのETCカードは、ETC利用でもクレジットカードの「ときめきポイント」が貯まります。
200円につき1円相当のポイントが貯まり、ポイント還元率は0.5%です。

イオンカードで発行したETCカードを使って高速道路会社の「ETCマイレージサービス」に登録すると、ときめきポイントとETCマイレージサービスのポイントの二重取りができます。
ETCマイレージサービスでは、NEXCOを利用した場合に最大10%の還元率となるため、ETCカードを作ったら忘れずに登録しておきましょう。

イオンカードETCカードの種類

イオンカードには、ETCカードの発行形態が3パターンあります。

  • 追加発行型
  • 自動付帯型
  • ETCカード一体型

イオンカードセレクトなど、ほとんどのイオンカードではETC専用カードを「追加発行」という形で発行することができます。「自動付帯」のカードは、以下の4種類のカードです。

  • イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)
  • イオン首都高カード(WAON一体型)
  • イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)
  • イオン THRU WAY カード(WAON一体型)

上記の4つのカードを申し込むと、自動的にETCカードが発行されます。
いずれのカードもクレジットカードとETCカードは別々になっている「分離型」と呼ばれるカードです。
これらのカードは、高速道路やパーキングエリアなどでお得になる特典が付いています。

ETCカード一体型の「イオンETCカード」は、現在はインターネット申し込みができません。
イオンETCカードを申し込みたい場合は、コールセンター(電話番号0570-071-090)に問い合わせてみましょう。
ただし、一体型のETCカードは盗難のリスクやカードが破損しやすいというデメリットもあるので注意してください。

分離型のカードでも車内に放置した場合は盗難補償が下りず、夏場の高温になる車内では破損の恐れがあるため、車を降りる時は挿しっぱなしにせず、その都度取り出しましょう。

イオンETCカードの申し込み方法(作り方)

イオンカードのETCカードは、18歳以上で電話連絡ができる方が申し込めるカードです。
高校生は申し込めませんが、卒業年度の1月1日以降なら申し込みができます。

未成年の方がカードを申し込む場合は電話で親権者の同意確認が行われるので、予め了承を得ておいてください。

イオンETCカード申し込みの流れ

イオンETCカード申し込みの流れは、イオンカードを持っているか否かによって異なります。
イオンカードを持っていない場合は、クレジットカードを新規発行する必要があり、イオンカードを持っている場合はETCカード(ETC専用カード)を追加発行してください。

イオンカードを持っていない場合(新規申し込み)

イオンカードを持っていない場合は、新規申し込みが必要です。
イオンカードに限らず、カード会社が発行するETCカードは単独では発行できず、クレジットカードに紐付けされているため、クレジットカードとETCカードの両方を申し込むことになります。

イオンカードの申し込み方法は3通りです。

  • インターネット
  • 郵送
  • 店頭

インターネット申し込みなら入会キャンペーンも多く実施されていて、記入ミスによる審査落ちも防ぐことができるのでおすすめです。
郵送の場合は、申込書をインターネット・イオンの店頭・電話による資料請求で入手してください。
店頭申し込みはイオンのお店で行われていて、イオンモールなどの大型店ではカード申し込みカウンターがあります。

申し込みの際には以下のものが必要となるので、予め用意しておきましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • キャッシュカード

インターネット申し込みの際に支払い口座のオンライン設定(WEB完結)を行うと、カードの発行日数を2~3週間に短縮することができます。
郵送で口座設定を行った場合にはいつ届くかというと、申込書がカード会社に届いてから3週間~1か月程度の時間がかかるので注意しましょう。

イオンカードは店頭受取で仮カードの即日発行ができるカードですが、仮カードは国際ブランドが付いていないカードのため、イオンマークのあるお店でしか使えません。

インターネットで申し込む

インターネットでイオンカードを新規で申し込む場合は、イオンカードの公式サイトからETCカードの発行に対応したカードを選び、申し込みページへと進んでください。
ETCカードの同時申し込みを希望する場合はチェックを付けてから申し込みましょう。

申し込みフォームに必要事項を入力し、送信すると入会審査へと進みます。
この際に「在籍確認」といって勤務先へ確認の電話がかかってくることがあるので、速やかに応対しましょう。

次に、本人確認手続きの案内メールが届くので、案内に従って本人確認を行ってください。
本人確認の方法は、インターネットでの本人確認書類のアップロードを行うか、カード配達時の受取人確認サポート(佐川急便)を利用するかの2通りとなり、イオンカードセレクトを申し込む場合は受取人確認サポートに限られるので注意が必要です。

本人確認が完了すると、通常1週間~2週間程度でクレジットカードが郵送され、ETCカードは別に届きます。

郵送で申し込む

郵送でイオンカードを申し込む場合は、インターネット・イオン店頭・電話のいずれかで資料請求を行って申込書を手に入れる必要があります。

インターネットで申込書を請求する場合は、イオンカードの「暮らしのマネーサイト」の資料請求ページから手続きを行いましょう。
インターネットの場合は、1週間~2週間程度で申込書が届きます。

電話で資料請求を行う場合は、以下の電話番号(24時間年中無休)に電話をかけてプッシュホンを操作してください。

  • 携帯電話の場合…0570-064-750または043-331-0999(有料)
  • 固定電話の場合…0120-223-212(無料)

電話が繋がったら「0#」をプッシュして、次に以下のいずれかの番号をプッシュします。電話で資料請求ができるカードは限られ、新規入会時に利用できるのは3つのカードとなっています。

  • イオンカードセレクトの申込書…「2711#」
  • イオンカード(WAON一体型)の申込書…「2712#」
  • イオンSuicaカードの申込書…「2716#」

番号をプッシュしたら、音声案内に従って操作を行ってください。申込書が送られてきたら、必要事項を記入して返送しましょう。

イオンカードを持っている場合

すでにイオンカードを持っている場合は、ETCカードの追加発行が簡単にできます。
ETCカードの追加発行なら、土日祝日を除く平日の14時までに申し込むと最短翌日発送となり、インターネットまたは自動音声応答の電話から申し込みが可能です。

過去にイオンのETCカードを解約した場合はインターネット申し込みができないので、この場合は電話で申し込んでください。

インターネットで申し込む

インターネットでイオンカードのETCカードを申し込む場合は、イオンカードの公式サイトにある「ETCカードのお申込み」のページから手続きを行います。

規約の同意後、ページ下部にある「お申込み」から申し込みフォームへと進み、個人情報やカード情報といった必要事項を入力して、内容の確認を行って入力したメールアドレスに確認メールが届けば手続きは完了です。

電話で申し込む

電話の場合も、365日24時間いつでも申し込めます。
イオンカードを手元に用意の上、以下の電話番号のうちいずれかに電話をかけ、音声案内に沿って番号をプッシュしてください。

  • 携帯電話の場合…0570-064-750または043-331-0999(有料)
  • 固定電話の場合…0120-223-212(無料)

電話が繋がったら「0(ゼロ)#」をプッシュしてショートカットキーの「260#」をプッシュするとETCカードの申し込みができるので、案内に沿ってプッシュホンを操作してください。

イオンカードは家族カードが無料で3枚まで発行可能

イオンカードは本会員のカード1枚につき無料で3枚まで家族カードを発行可能です。
家族カードの発行基準は生計を共にする18歳以上の家族で、高校生は申し込むことができません。

家族カードは家族会員に対する審査がないため、本会員の利用状況に問題がなければ作れるのもメリットです。
イオンカードの家族カードの申し込みはインターネットで行います。
イオンスクエアメンバーのIDでログインをして、オンラインで申し込んでください。

家族カードでもETCカードを発行可能

家族カードを持つ家族会員も、1枚のクレジットカードに対して1枚のETCカードを発行することが可能です。
イオン首都高カードのように、本会員がETCカード自動付帯のイオンカードを持っている場合、家族カードでも自動的にETCカードが発行されます。

ETCカード発行におすすめのイオンカード

ここでは、イオンカードの中でも特に人気があるカードと、ETCカードが「自動付帯」となるカードをピックアップしてご紹介します。
まずは、各カードの基本的な特徴を一覧表で比較してみましょう。

イオンカード
(WAON一体型)
イオンカードセレクト イオン首都高カード(WAON一体型)
年会費 無料 無料 無料
ポイント還元率 0.5% 0.5% 0.5%
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB VISA・MasterCard・JCB VISA・MasterCard・JCB
ETCカード 追加発行可能 追加発行可能 自動付帯
イオン5%割引
電子マネーWAON
特典・特徴 JCBならディズニー・デザインのカードが選べる キャッシュカード一体型カード/ATM手数料無料 日曜日は首都高通行料金20%割引/PA・売店・レストランでポイント5倍

いずれのカードもポイント還元率や年会費・国際ブランドといった基本的な部分は同じですが、特徴が異なります。
続いて、それぞれのカードの特徴を解説していきます。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)は、イオンカードの中でも定番人気のカードです。
クレジット・ETCカードともに年会費無料、ETCカードの追加発行が可能。
クレジットカードと電子マネーのWAONが一体になっているためコンビニでも使いやすく、WAONポイントを貯めることもできます。

ポイント還元率は0.5%、イオングループのお店では常に還元率が2倍の1.0%となり、毎月10日はイオン以外のお店もポイント2倍に。
20日と30日(55歳以上なら15日も)はイオンのお店で5%割引となり、毎日のショッピングもお得です。

カード店頭受取サービスを利用すると仮カードが即日発行可能、その日から割引価格で買い物ができます。
人気のディズニー・デザインのカードが選べるのも魅力です。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーのWAONが一枚になった便利なカードです。

クレジット・ETCカードともに年会費無料、ポイント還元率0.5%、イオンではいつでも2倍のポイントが貯まります。
20日と30日(55歳以上は15日も)のイオン5%割引や毎月10日のポイント2倍デーなど、基本的なスペックはイオンカードと同じですが、全国に約55,000台あるATMで入出金手数料が無料となるのが大きな特徴です。

イオン銀行のATMなら365日24時間無料で入出金ができ、ゆうちょ銀行やみずほ銀行のATMなら所定時間内の引き出し・預入れが最大で月に5回まで手数料無料に。
他行宛の振込手数料が無料になる特典や、利用に応じて普通預金の金利が最大年0.12%になる特典もあります。
カードの支払いはイオン銀行口座からに限られますが、特典を考慮すれば利用価値のあるカードです。

イオン首都高カード(WAON一体型)

イオン首都高カード(WAON一体型)は、ETCカードが自動的に発行される「ETCカード自動付帯」のクレジットカードです。
ポイント還元率0.5%、クレジット・ETCカードともに年会費無料、毎週日曜日は首都高の通行料金が20%割引となるのが特徴で、首都高パーキングエリア・売店での買い物やレストランの利用がポイント5倍となります。

首都高カード会員限定で宿泊施設やレストラン・ショッピングの優待割引があり、コインパーキングのタイムズで首都高カードを使うとポイントも貯まるのが魅力です。
もちろん、20日と30日(55歳以上は15日も)のイオンの5%割引優待や、イオンのお店での還元率2倍の特典も利用でき、電子マネーのWAONも使えるので、車に乗る機会が多い方にはメリットの多いカードといえるでしょう。

-ETCカード, イオンカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.