クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

イオンカードを即日発行してカードを受け取るまでの流れ

投稿日:

イオンカードはイオンのお店で割引が受けられるお得なクレジットカードです。
即日発行に対応しているため、申し込んだその日から割引価格で買い物ができますが、即日発行のカードは機能が限定されているため注意しなければいけません。

そこで今回は、イオンカードを即日発行してカードを受け取るまでの流れやイオンカードの特徴、イオンカードの発行方法などを分かりやすくまとめました。

イオンカードで発行できるのは「仮カード」

イオンカードは即日発行ができるカードですが、申し込み当日に店頭で受け取れるのは「即時発行カード」と呼ばれる仮カードです。

仮カードとは、電子マネーのWAONやキャッシュカード機能(イオンカードセレクトのみ)、VISA・MasterCard・JCBといった「国際ブランド」が付いていないカードで、イオンマークのカードの加盟店でしか使用できません。
正式なクレジットカードには国際ブランドが付いているので各国際ブランドの加盟店でも使えますが、仮カードはあくまでも正式なカードが届くまでの間イオンのお店のみ使えるカードです。

店頭で即日発行のカードが受け取れる「カード店頭受取りサービス」は、以下のカードが対応しています。

  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)

いずれのカードもディズニー・デザインを含むカードが対応していますが、カード店頭受取りサービスは満20歳以上の方が対象のサービスなので、20歳未満の方はイオンカードを即日発行することはできません。
イオンカードは18歳以上の方が申し込めるカードですが、未成年者が申し込んだ場合は親権者の同意確認としてカード会社から後日電話が入ります。

正式なクレジットカードが届くまで何日かかる?

イオンカードの申し込み後、国際ブランドが付いた正式なカードの発行までの日数は約2週間となっています。

正式なカードが発行されるのは、仮カードの受け取り後または仮カードの受け取り期限(一週間)が経過した後となるので、仮カードを速やかに受け取るのが正式なカードを早く受け取るためのポイントです。
仮カードを受け取らなかった場合は、自動的に正式なカードが自宅へと送られてきます。

申し込み方法別イオンカード発行までの日数

イオンカードは申し込み方法によってカード受け取りまでの日数が異なるため、目安を以下にまとめました。

申し込み方法 カード受け取りまでの日数
店頭(即時発行申し込み) 来店時
店頭(郵送での通常申し込み) 申し込み後約2~3週間
インターネット(WEB完結の通常申し込み) 申し込み後約2~3週間
インターネット(カード店頭受取りサービス) 申し込み後30分以内
インターネット(郵送手続き) 申込書到着後約3週間~1か月
申込書(郵送) 申込書到着後約3週間~1か月

申込書を電話やインターネットで取り寄せる場合は一週間程度の時間がかかってしまいます。
急ぎの場合はカード店頭受取りサービスを利用したインターネット申し込みがおすすめです。

イオンカードセレクトの店頭受取りには運転免許証が必要

ディズニー・デザインのカードを含むイオンカードセレクトを店頭受取りサービスで申し込むには運転免許証を持っている必要があり、新たにイオン銀行口座を開設しなければいけないので、すでにイオン銀行のキャッシュカードや、キャッシュ+デビットカードを持っている方は利用できません。

ETCカードは即日では作れない

イオンカードはクレジットカードの即日発行には対応していますが、ETCカードの即日発行はできません。
店頭でETCカードを申し込んだ場合、すでにイオンカードを持っている方であれば30分から1時間程度で発行可能です。
インターネット申し込みの場合、ETCカードを申し込んでから届くまでの日数は「最短翌日発送」となっています。

記入ミスがあった場合や、連休などを挟むと発行までの日数が延びる場合があるので注意しましょう。
ETCカードを即日発行したいのであれば、セゾンブルーアメックスのようにETCカードの即日発行に対応しているカードを選ぶのもひとつの方法です。

即日でキャッシングもできない

即日発行できるイオンカードの仮カードは、機能が制限されているためキャッシングは利用できません。
飲み会の会費や公共料金の補填など、どうしても申し込んだ当日中にお金を借りる必要があるなら、アコムACマスターカードやセゾンカードインターナショナルのように即日キャッシングができるクレジットカードを選ぶしかありません。

基本的に、即日発行は仮カードとなるクレジットカードは即日キャッシングに対応していないので、キャッシングを利用したい場合は本カードが即日発行されるクレジットカードを選びましょう。

仮カードを即日発行してカードを受け取るまでの流れ

イオンカードの受け取りまでの流れは、申し込み後に審査があり、審査結果のメールが届き、審査に通過していれば本人確認書類を持参して店頭で受け取りとなります。

店頭でのカードの受け取り可能時間は10時~18時の間となり、審査は通常30分程度なので、余裕をみて遅くても17時までに申し込むのが即日発行の条件です。
イオンの店頭で入会キャンペーンが実施されていることもありますが、インターネットにはWEB限定の入会キャンペーンがあり、24時間いつでも申し込めます。

インターネットで申し込む場合は、申し込みフォームに必要事項を入力の上、受け取り方法の欄で「店舗で受取ります」を選び、希望する受け取り店舗を指定しましょう。
申し込み後に受け取り方法や店舗の変更はできないので、予め受け取り店舗を決めておく必要があります。

イオンカードの受け取りに必要なもの

イオンカードはイオン店内にある「イオン銀行」または「イオンクレジットサービスカウンター」で受け取りができますが、カード受け取りの際には以下のいずれか1点の本人確認書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のもの)
  • 住民基本台帳カード(写真付きのもの)
  • パスポート(日本政府発行のもの)

いずれの本人確認書類を提出する場合も、申し込み時に記載した住所・氏名・生年月日と一致している必要があるので要注意です。

なお、カードは本人以外の家族などは受け取れないので、必ず本人が受け取りましょう。

イオンカードの特徴

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

カードの特徴

イオングループでのカード利用で20日、30日は5%OFF、毎月5日・15日・25日はポイント2倍、毎月10日はポイント5倍とお得に利用できるカード

発行会社 イオンクレジットサービス株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 カード盗難保障無料付帯
電子マネー WAON ポイント WAONポイント、ときめきポイント

イオンカードセレクトは、キャッシュカード・クレジットカード・WAON(電子マネー)が1枚になった便利な年会費無料カードです。

イオン銀行のATMなら365日24時間入出金手数料が無料となり、他行宛ての振込手数料も最大で月に5回無料になる特典があります。

通常ポイント還元率は0.5%、イオングループの対象店舗はいつでも2倍の還元率1.0%となり、ときめきポイントTOWNというポイントサイト経由のネットショッピングなら最大21倍のポイントが獲得可能。
毎月20日と30日(55歳以上の方は15日も)イオン系列のお店が5%割引になる人気の特典も利用可能です。

キャッシュカード機能が付かない「イオンカード(WAON一体型)」もあり、どちらのカードもWAONのチャージや利用でWAONポイントが貯まります。
ETCカード・家族カードの発行にも対応していて、条件を満たせば無料でゴールドカードを持てるのもイオンカードのメリットです。

イオンカードセレクトの特徴【ポイント還元率や審査、デメリットも】

-即日発行可能・スピード発行可能なクレジットカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.