クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の特徴

更新日:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)は、ステータスカードとしても人気が高いアメックスのゴールドカードです。最高1億円補償の海外旅行傷害保険が付帯し、国内旅行傷害保険も最高5,000万円補償と手厚くなっています。空港ラウンジが無料で利用できたり、手荷物無料宅配サービスもあるため、旅行の際にも重宝するでしょう。

今回は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力と特徴、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。

目次

年会費について

アメックスゴールド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は、税抜29,000円です。ゴールドカードの年会費の相場は1万円台なので高額な部類に入りますが、その分旅行保険などの特典やサービス内容はワンランク上のものになっています。

ETCカードの年会費

ETCカードは年会費無料ですが、新規発行手数料として税抜850円がかかります。ETCカードは本会員1人に対して5枚まで発行でき、家族会員がETCカードを発行する場合は1人に対して1枚まで発行可能です。請求書はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの利用分にまとめられます。

家族カードの年会費

家族カードの年会費は、1枚目は無料で2枚目以降は税抜12,000円の年会費が発生します。
家族カードを追加発行する際には、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのほかにアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)を選ぶこともできます。アメックスゴールドを選んでも、アメックスグリーンを選んでも2枚目の年会費は同じなので、保険やサービスが充実しているゴールドを選ぶのがおすすめです。

例えば、家族カードの年会費は1枚目であれば無料なので、夫婦2人でアメックスゴールドを持てば1人あたりの年会費は税抜14,500円に抑えられるという考え方もできます。家族カード・追加カードは最大6枚まで発行可能で、18歳未満の高校生でも留学する場合は家族カードを発行できるケースがあります。

レジャー・ダイニングなどで活躍する豊富な割引特典

アメックスゴールドを持っていることで様々な特典を受けることができます。
以下で特典の詳細について説明します。

ゴールド・ダイニング by 招待日和のサービス内容

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、国内外にある約200店のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービスがあります。

対象となるのは年末年始など一部の時期を除くディナータイムで、お店によってはランチタイムに利用することも可能。ひとつのお店につき半年に一度の利用(4月~9月末・10月~3月末)ができます。

一年以上「ゴールド・ダイニング by 招待日和」のサイトにログインしないと予告なく会員登録が削除されることもあるので、定期的に利用するのが良いでしょう。

American Express Invites (レストラン優待)のサービス内容

世界中にあるレストランの中から厳選された400以上のお店で優待が受けられるのが「American Express Invites」です。飲食代金が20%割引になったり、ボトルワインのサービスがあるなど、いつもより少しリッチな食事が楽しめます。

利用方法は、予約時にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの会員であることと、American Express Invitesを利用するという旨を伝えるだけでOKです。

チケット・アクセスのサービス内容

プレイガイドのe+(イープラス)と提携して、コンサート・演劇・スポーツなど色々なチケットが購入できるのが「チケット・アクセス」です。一般に先がけた先行予約の受付や、会員限定で前方ブロックなどの良席が割り当てられることもあります。

また、公演によってはドリンクチケットや食事などの特典があり、不正使用の際には全額補償してくれる「オンライン・プロテクション」も適用されるのでオンラインでの購入も安心です。

ゴールド・ワインクラブのサービス内容

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはワイン好きの方にもぴったりのクレジットカードです。
最高品質ワインの直輸入・販売を手がけるエノテカ・オンラインの協力による「ゴールド・ワインクラブ」というサービスでは、ワインにまつわる様々なサービスが会員限定で提供されていて、入手困難なワインが購入できたり、ワイン選びの相談にソムリエやバイヤーが答えてくれる電話サービス(ゴールド・ワインデスク電話番号:0120-345-441)もあります。

カード会員特典でプレゼント用のギフトボックスが無料サービスとなり、10,000円以上の利用は送料無料となります。

コットンクラブでの特典

東京・丸の内にあるエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB」でウェルカム・ドリンクのサービスや、期間限定特典が利用できます。COTTON CLUBは、目の前で繰り広げられる生演奏と本格的な食事やお酒が楽しめるライブ・レストランで、大切な方と過ごす記念日にもぴったりです。

新国立劇場の特典

オペラやバレエ・現代舞踊・演劇といった様々な舞台を鑑賞できる新国立劇場では、一般発売の前々日に会員限定の先行購入日が設けられているほか、チケット送料無料、ドリンク券の無料サービス、芸術監督や指揮者・演出家などが出演するオペラトークの無料鑑賞という嬉しいサービスが受けられます。

メンバーシップ・プレビュー

公開前の映画の試写会に参加できる「メンバーシップ・プレビュー」は、映画好きにはたまらないお得なサービスです。開催時期などの詳細はアメックスの公式サイトにあるイベント・キャンペーンのページで随時告知されているのでチェックしてみましょう。

カードの申し込みはこちら

ポイントについて

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用すると、100円につき1ポイントが貯まります。1か月間の利用合計金額ではなく利用1件ごとの金額で換算され、100円未満の利用ではポイントが貯まりません。

また、公共料金の引き落としなど一部は200円につき1ポイントとなるので注意しましょう。家族カードのポイントは本会員のポイントとまとめられるため、家族でカードを使うとより多くのポイントを貯めることが可能です。アメックスゴールドのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」といいます。

ポイント還元率

ポイント還元率はポイントの交換先によって異なりますが、約0.3%~1.0%です。100円の利用で付与された1ポイントを1円相当のものに交換して、初めて還元率が1.0%となります。

ポイントの有効期限

ポイントの有効期限は最大3年間ですが、一度交換するか、メンバーシップ・リワード・プラスに登録(有料:税抜年3,000円)をすると有効期限が無期限になるのが特徴です。

ボーナスポイント・パートナーズ提携店での利用ならポイント還元率アップ!

アメックスゴールドでより多くポイントを貯める方法が、ボーナスポイント・パートナーズ提携店の利用です。提携店なら2倍~最大10倍のポイントが貯まるため、頻繁に利用するお店が提携店であればポイントがザクザク貯まります。

事前登録不要で、カードを利用するだけで通常より多くのポイントが貯まるので使わない手はありません。

100円あたりの還元ポイント ポイントの内訳 ポイント還元率
2ポイント 通常1P+ボーナス1P 2.0%
3ポイント 通常1P+ボーナス2P 3.0%
5ポイント 通常1P+ボーナス4P 5.0%
10ポイント 通常1P+ボーナス9P 10.0%

旅行サイトのじゃらん、Oisixといった人気のネット通販やレストラン・ホテルなど数多くの提携店があるので利用しやすい点もメリットです。期間限定特典も見逃せません。

ぐるなびネット予約でもポイントが貯められる

飲食店情報サイトの「ぐるなび」にアメックスゴールドのカード番号を登録して、インターネット予約・来店を行うとカードのポイントが貯まるのをご存知ですか?対象サービスは「ぐるなびネット予約」「ぐるなびスーパーらくらく幹事さん」「こちら秘書室」の3つで、来店人数×100ポイントが貯まります。

ポイント付与対象のお店は、店名の下に「ポイント貯まるOK」というアイコンが付いているのでチェックしてみて下さい。

「ご紹介プログラム」で嬉しいポイント・マイルプレゼント

紹介した知人がカードを申し込んだ時に、あなたと紹介者の両方にポイントがプレゼントされるのでお得です。

例えば、アメックスゴールドを申し込んだ場合はあなたに15,000ボーナスポイントがプレゼントされ、紹介者には基本カードの初年度年会費無料+合計17,000ボーナスポイントがプレゼントされます。周りにカードの申し込みを検討している方がいればぜひ誘ってみましょう。

ポイントの交換先

カード利用で貯まったポイントは1,000ポイント貯まるごとに交換可能です。
主な交換先は、アイテムや体験メニューへの交換・航空会社のマイルへの移行・カード請求金額への充当となっていて、アイテムや体験メニューは500以上の家電製品・グルメ・ファッション・ホテル・レストラン・商品券・オンラインショッピングで使えるEメールクーポンなど多彩なラインナップで、高級車のベンツまで用意されています。

体験メニューでは清水寺の貸し切り夜間特別拝観や、プロゴルファーと回るラウンドプレーなど様々なイベントが企画され、航空会社のマイルへの移行であればANAのマイルや、提携航空パートナーである15の航空会社のポイントへ移行できます。

その他にもヒルトンなど提携ホテルのポイントや楽天ポイント、Tポイントへの移行も可能。ポイントの交換方法は、オンライン・サービスに登録後、アメックス公式サイトの「メンバーシップ・リワード・カタログサイト」にログインして行う形となっています。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば交換レートがお得になる

アメックスのカードには、ポイントの交換レートがお得になる有料のプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」があります。
年間参加費(年会費)は税抜3,000円で、2年目以降は自動更新となり、登録を行うとポイントの有効期限が無期限となるほか、ポイント交換時の交換レートがお得になるのが特徴です。

カード利用内容 換算レート(メンバーシップ・リワード・プラス登録時) 換算レート(メンバーシップ・リワード・プラス未登録時)
ポイントで支払い
(ポイントフリーダム)
1P=0.5~1.0円 1P=0.3円
ヨドバシカメラ・高島屋 2,000P=1,000円分
商品券
3,000P=1,000円分
商品券
ポイント移行(Tポイント・楽天スーパーポイント) メンバーシップ・リワード3,000P=提携先P1,500P メンバーシップ・リワード3,000P=提携先P1,000P
ANAマイレージクラブ 1,000P=1,000マイル 2,000P=1,000マイル
その他航空パートナー 1,250P=1,000マイル 2,000P=1,000マイル
ヒルトンHオナーズ 1,000P=1,250Hオナーズポイント 2,000P=1,250Hオナーズポイント
スターウッドホテルプリファードゲスト 1,000P=330スター・ポイント 2,000P=330スター・ポイント
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインでの利用 1P=1.0円 1P=0.4円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク・日本旅行の対象店舗での利用 1P=0.8円 1P=0.4円

ANAのマイルに移行した場合は未登録と比較すると2倍のレートとなり、アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインで利用した場合は2倍以上のレートとなる点が注目です。この方法ならよりお得に旅行を楽しむことができるでしょう。

登録するとポイントの有効期限が無期限となり、失効してしまうポイントがなくなるので3,000円の年間参加費を支払っても元を取れる可能性は十分にあります。

旅行がお得になるサービス・特典

ラウンジ

「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」

アメックスゴールドには会員専用の旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」で、国内外のホテルや航空券、レンタカーの予約ができるサービスが付帯しています。優待やポイントの特典もあり、カードで貯めたポイントで支払うことも可能です。

さらに「一休.com」ではカード会員の限定特典付きプランが予約でき、毎月先着100名は3,000円割引のクーポンコードがもらえます。

日本旅行の「特選の宿」は予約時にカード会員である旨を伝えると5%オフになり、「Expedia(エクスペディア)」では8%オフもしくは15万円以上の海外ツアー料金が3,750円引きとなるほか「アップルワールド.com」でも全てのホテルが5%オフになるので旅行好きの方は必見です。

手荷物無料宅配サービス

会員1人につき1個のスーツケースを無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」は荷物が多くなっても安心の特典です。

出発時と帰国時のどちらも利用でき、出発の7日前までにインターネットまたは電話(0120-989-509)で予約しておくと成田空港・中部国際空港・関西国際空港・羽田空港の国際線でサービスが受けられます。

エアポート送迎サービス

「H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス」で国際航空券や海外パッケージツアーを購入すると、提携タクシー会社の車をチャーターして指定の場所から空港までの送迎を割安の定額料金で利用できます。

荷物は1人につきスーツケース1個まで、片道が1回の計算で出発時・帰国時に年2回利用でき、料金は東京都内23区から成田空港までの送迎が10,000円です。こちらも成田空港・中部国際空港・関西国際空港・羽田空港の国際線でのサービスとなっています。

空港ラウンジの利用

アメックスゴールドと搭乗券を提示するだけで国内にある28の空港と海外の2空港(ハワイ・韓国)で空港ラウンジが利用できる特典です。会員本人と同伴者1名までが無料となり、出発前のひと時をゆったりと過ごすことができます。

プライオリティ・パス

国内外にある1,200以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に会員と家族会員は年会費無料(通常99米ドル)で登録できます。1回27ドルの利用料も年間2回まで無料となるお得なサービスです。

空港クロークサービス

中部国際空港で乗り継ぎをする時に便利なのが、手荷物を無料で預かってくれる「空港クロークサービス」です。会員1人につき2個までの荷物を預けることができ、身軽にショッピングや食事ができます。

空港パーキング

出発の2日前までにインターネットまたは電話で予約しておくと空港の近くにあるパーキングを最大40%引きの割引価格で利用することができます。対象となるのは成田国際空港・羽田空港・関西国際空港・福岡空港です。一部車種は利用できないことがあるので予約の際に確認しておくと安心です。

無料ポーターサービス

出発時・帰国時に無料で利用できるポーターサービスです。成田空港と関西国際空港で利用でき、利用日の前日までに空港窓口(JALエービーシー)に電話で予約しておくと駅改札口やバス停からカウンターまで荷物を運んでくれます。ただし、成田国際空港の第3ターミナルでは利用できないので注意しましょう。

エアポート・ミール

「H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」で搭乗の一週間前までに対象の国内線航空券を購入すると、羽田・伊丹空港の対象飲食店で搭乗日当日に使える1,000円分のエアポート・ミール・クーポンがもらえます。同伴者はカード会員と一緒であれば利用可能で、乗り継ぎ便の国際航空券は対象外となるので注意しましょう。

プリファード・ゴルフ

通常年会費295米ドルの「プリファード・ゴルフ」は、世界50か所以上の提携ホテルを2泊以上で利用すると、ホテルが契約しているゴルフ場のプレー代が1名分無料となります。

カーシェアリングサービス「タイムズ カープラス」

カーシェアリングの「タイムズ カープラス」の会員カードは、発行手数料として通常は税抜1,550円がかかりますが、アメックスの公式サイトから申し込むと無料でカードを発行できます。

海外用レンタル携帯電話特別割引

事前に電話予約をしておくと海外用レンタル携帯電話のレンタル料金が半額の125円(/日)で利用できて、通話料も10%割引になります。成田国際空港・関西国際空港・羽田空港の国際線ターミナルで利用でき、カード決済にすることが条件です。

カードの申し込みはこちら

審査について

申し込み資格

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込み資格は以下のようになっています。

  • 20歳以上
  • 安定収入のある方
  • 日本国内に住んでいる方

以前は25歳以上でないと申し込めませんでしたが、現在は20歳以上であればアメックスゴールドを申し込むことができます。パートやアルバイト、無職の方は申し込めませんが、学生や専業主婦でも審査に通る可能性はあります。

アメックスは外資系のカードなので、カードやローンの利用履歴を記録している個人信用情報機関のクレジットヒストリー(クレヒス)に傷があっても審査に通るケースもありますが、クレヒスに傷がない方が審査では当然有利です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション(招待状)をもらう方法

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの申し込みはインビテーション(招待制)のため、通常のカードのように自分で申し込むことはできません。年会費は税抜130,000円と高額ですが、ホテルのアップグレードなど豪華な特典も多く人気があるカードです。

アメックスプラチナのインビテーション(招待状)を入手する方法は、まずアメックスゴールドを延滞なくコンスタントに使って利用実績を積むことです。すると、アメックスに認められた場合に招待状が送られてきます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションをもらえる基準は?

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを手に入れるには、良い利用実績を積み上げることが重要です。高額な支払いを行う必要はなく、100万円~200万円程度の利用でもインビテーションが届いたという例もあります。

年収などの条件は明かされていませんが、年会費の支払いに困らない程度の年収は求められるでしょう。職業についても、医師や弁護士などであれば審査で有利になります。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを手に入れる裏技?!

実は、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを手に入れる裏技があります。それは、アメックスに直接電話をしてアプローチするという方法です。半年程度利用していて、滞りなく支払いを行っていればプラチナカードを持てる可能性はあるでしょう。

また、日経ビジネス・プレジデントといった経済紙を定期購読している場合にインビテーションが送られてくるというケースも稀にですがあります。最終手段はセンチュリオン・カード(ブラックカード)保有者にインビテーションの送付をお願いする方法です。

センチュリオン・カードを持っている人はプラチナカードのインビテーションを送ることができるので、直接お願いするのです。ただ、センチュリオン・カードを持っている方は非常に少ないのでカード保有者を探すのは至難の業でしょう。

電子マネーについて

アメックスゴールドで使える電子マネーは以下の通りです。

  • Apple Pay(QUICPay)
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
  • おサイフケータイ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの国内・海外旅行傷害保険

アメックスゴールドは補償が充実した旅行保険が魅力で、海外旅行傷害保険の最高補償額は1億円となっています。国内旅行についても補償があるので、旅行好きの方は持っていて損のないカードでしょう。補償期間は90日となっているため長期間の旅行も安心です。

海外旅行傷害保険について

海外旅行傷害保険の最高補償額は1億円ですが、これはツアー代金や航空券をカード払いにした場合の「利用付帯」の補償額となり、旅費の支払いにカードを使っていない場合にも適用される「自動付帯」の場合は、最高補償額は5,000万円となります。

海外旅行傷害保険には本会員の家族に対する「家族特約」も付いているため、生計を共にする配偶者・子供・両親も最高1,000万円までの補償があります。

■海外旅行傷害保険の補償額
※補償金額はいずれも最高補償額となっています。

自動付帯分 利用付帯分
本会員 本会員の家族 家族会員 本会員 本会員の家族 家族会員
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円 1,000万円 補償なし 1億円 1,000万円 5,000万円
傷害治療費用 200万円 300万円 200万円 300万円
疾病治療費用 200万円 300万円 200万円 300万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円
携行品損害 50万円
(1旅行中最高50万円/免責3,000円)
50万円
(1旅行中最高50万円
/免責3,000円)
救援者費用 300万円 400万円 300万円 400万円

これらの海外旅行傷害保険に加えて、最高500万円まで補償されるショッピング保険も付帯しています。

航空便遅延費用補償(海外旅行)について

海外旅行で航空機が遅延(または搭乗不能・欠航)した際に発生した宿泊費や食費や、手荷物の到着遅延や紛失により発生した衣類や生活必需品の費用を補償してくれるのが「航空便遅延費用補償」です。

保険が適用されるのは基本カード会員の本人で、飛行機や手荷物の遅延は最高2万円・手荷物紛失は4万円まで補償があります。ただし到着時間の条件等があるので、全ての遅延が必ずしも補償される訳ではありません。

国内旅行傷害保険について

国内旅行傷害保険はツアー代金や航空券をカードで支払った場合に適用される「利用付帯」となり、傷害死亡と傷害後遺障害のみの補償となっています。国内旅行傷害保険にも家族特約が付いているので、家族に対する補償もあるのはメリットです。

■国内旅行傷害保険(利用付帯)の補償額
※補償金額はいずれも最高補償額となっています。

本会員 本会員の家族 家族会員
傷害死亡 5,000万円 1,000万円 5,000万円
傷害後遺障害 5,000万円 1,000万円 5,000万円

カードの申し込みはこちら

アメックスゴールドのデメリット

電子マネーチャージでポイントを貯めることができない

イオンカードセレクトのように電子マネーをチャージした際にポイントが貯まるクレジットカードもありますが、アメックスゴールドは電子マネーのチャージはポイント付与の対象外です。またnanacoやiDは使えないため、これらの電子マネーを使いたい場合や、チャージでポイントを貯めたい場合は別のクレジットカードを持つ必要が出てきます。

年会費が高額

充実した旅行保険や空港ラウンジサービスが付くとはいえ、年会費税抜29,000円というのはゴールドカードの中でも安くはないため、使い方によっては年会費の元を取れない可能性もあります。海外旅行によく行く方や、優待サービスを使いこなせるのであれば年会費を支払ってでも持つ価値のあるカードです。

USJとの提携スタート!貸切やアトラクションを優先的に楽しめる特典も

ユニバーサルスタジオ

アメリカンエキスプレスとUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)が提携し、アメリカンエキスプレスゴールドカードとアメリカンエキスプレスビジネスゴールドカードを持っている方を対象に、以下特典を受けられるサービスが開始しました。

  • ユニバーサルVIPツアー
  • ロイヤル・スタジオ・パス
  • ユニバーサル・トラベル
  • パーティ・プラン
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン貸切招待

サービスの詳細は以下ページをご確認ください。

【公式サイト】アメリカン・エキスプレスのカード会員さまに向けた特別なサービスのご紹介

アメックスがUSJと提携スタート!貸切や優先的にアトラクションを楽しめる限定特典が豊富

カードの申し込みはこちら

アメックス・ゴールドとダイナースクラブカード比較

ステータスカードの中でもアメックスゴールドと並んで人気があるのがダイナースクラブカードです。ここではアメックスゴールドとダイナースクラブカードを比較してみました。

年会費の違いを比較

アメックスゴールドの年会費は税抜29,000円ですが、ダイナースクラブカードの年会費は税抜22,000円です。アメックスゴールドは家族カードの年会費は1枚無料ですが、ダイナースクラブカードは税抜5,000円かかります。

海外旅行保険の充実度を比較

アメックスゴールドとダイナースクラブカードのどちらも海外旅行傷害保険は最高1億円ですが、ダイナースクラブカードは自動付帯分の傷害治療・疾病治療費用が300万円とアメックスゴールドより100万円アップした補償額となっています。

家族会員の傷害死亡・後遺障害についてもアメックスゴールドは1,000万円ですが、ダイナースクラブカードは本会員と同様の補償が受けられるため、ダイナースクラブカードの方が補償額は充実しています。

カードの使いやすさを比較

アメックスもダイナースクラブもJCBと提携していてJCB加盟店のほとんどで使えるため、国内での使い勝手に差はありません。海外ではシェアの関係でアメックスはヨーロッパで強く、ダイナースクラブはアメリカや北米で強いといわれています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

-おすすめクレジットカード
-, ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.