クレカの作り方からお得に使いこなす方法まで徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)のメリット・デメリット

更新日:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)は、アメリカ合衆国に拠点を置く「アメリカン・エキスプレス」(通称Amex・アメックス)が発行するクレジットカードです。1850年に運送業者としてスタートしたのを皮切りに金融業へも事業拡大し、現在では世界各国にクレジットカードが発行されている国際的にも名の知れたステイタスカードでもあります。

アメックスでもベーシックなカードであるアメックスグリーンも、同じようにトラベル関連のサービスや旅行保険が付帯されていますが、海外旅行傷害保険が自動付帯になるなどアメックスゴールドの方が、より充実したサービス内容になっています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ステータス性・信頼性も抜群であり、カード利用額に制限が設けられていないのも魅力です。

目次

年会費について

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は29,000円(税抜)です。他社ゴールドカードの年会費は5,000円~10,000円前後であり、比較的やや高めといえるでしょう。年会費が高い理由はトラベル関連のサービスが非常に充実していること、家族特約付きの旅行障害保険が付帯されていて最高1億円までを補償してくれることなど、さまざまなサービスが付帯していることにあります。

純粋にカード支払いをするだけでなく、持っているだけで充実したサービスを受けられるとあって、年会費以上のお得さがあります。

ETCカードの年会費

ETCカードを追加カードとして発行した場合、年会費無料ですが、新規発行手数料は850円(税抜)がかかります。発行枚数は、本会員の場合1人につき5枚まで、家族(追加カード)会員の場合1人につき1枚発行することが可能です。

請求はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード利用分と合算になり、請求書が複数になることはありません。

家族カードの年会費

家族カードは1枚目の年会費は無料、2枚目以降は12,000円(税抜)の年会費がかかります。家族カードの場合、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードまたはアメリカン・エキスプレス・カードのどちらかを選択することが可能です。2枚目の年会費については、どちらを選択しても同額になります。

1枚目が無料ということは、本会員カードと家族カードの合計2枚持てば、1枚当たりの年会費が14,500円(税抜)という計算になります。充実したサービスが付帯していることもあり、家族がいる方はぜひ家族カードも作っておくことをおすすめします。

カードの申し込みはこちら

レジャー・ダイニングなどで活躍する豊富な割引特典

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、レジャー・ダイニングなど各種エンターテイメントシーンで活用できる特典が豊富にそろっています。会員限定メニューやお得な割引優待など、以下でご紹介していきます。

「ゴールド・ダイニング by 招待日和」

国内外約200の提携レストランで所定のコースを2名以上で予約した場合、1人分のコース料金が無料になるという何とも贅沢なサービスです。なお、1店舗につき半年に1回の利用(4月1日~9月30日・10月1日~3月31日)が可能です。2人以上が条件であり、2人ともカード会員であっても1人分の無料扱いです。

年末年始など利用できない日程も一部あり、ディナータイムでの利用が対象です(店舗によってはランチタイムも利用可)。1年以上「ゴールド・ダイニング by 招待日和」サイトにログインがない場合、予告なしで会員登録の削除をされてしまうため、できれば定期的に利用したいサービスのひとつです。

American Express Invites (レストラン優待)

厳選された400以上の対象レストランで飲食代金20割引や前菜・ワインボトルの無料サービスを受けることができます。対象店舗と利用条件をサイト内で確認したうえで店舗へ予約をし、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの会員であることを伝えれば利用できるお得な特典です。

GOLDEN MOMENTS

期間限定で開催されているイベントに参加ができます。過去には親子で電気を学ぶイベント・パーティーでアットホームなディナーをホテルシェフから学ぶイベントなど、ユニークな企画特徴があります。

チケット・アクセス

e+(イープラス)との提携で、音楽・演劇・スポーツなどさまざまなエンターテインメントのチケットを購入できるサービスです。おすすめ情報とともに先行予約を受付、公演によっては前方ブロック席などをカード会員限定で利用することができます。また公演によっては、カード会員限定でドリンクチケット・食事などの特典が用意されているのも魅力的です。

ゴールド・ワインクラブ

ワインの直輸入・販売を手がけるエノテカ・オンラインのサポートを受けたサービスです。希少価値の高いワイン・季節のワインなどの紹介・購入することができます。ワインについての知識などについても質問・相談できるので便利ですカード会員限定特典として、ギフトボックス無料サービス・10,000万円(税抜)以上の購入で送料無料の2つがあります。

コットンクラブ

大人が楽しめるライブ・レストラン「COTTON CLUB」で、毎週金曜日にカード利用代金について1人1,000円割引となる特典です。このほかにも期間限定特典が用意されています。

新国立劇場

オペラ・バレエなどハイクオリティーな舞台を楽しむことができる新国立劇場では、カード会員限定で4つのサービスが用意されています。新国立劇場ボックスオフィスで電話予約すると、ドリンク券の無料プレゼント、一般発売に先がけて先行購入することができ、チケットの郵送無料になります。またオペラトーク当日にカードを提示することで、無料で楽しむことができます。

メンバーシップ・プレビュー

公開前の映画試写会をカード会員限定で開催されています。期間によって詳細が異なりますが、映画好きには必見のお得なサービスです。

ポイントについて

ポイント

アメックスでは「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラム制度があります。家族カードを持っている場合貯まったポイントは合算できるため、効率的に貯めることができるでしょう。100円につき1ポイント貯まり、1,000ポイント貯まるごとに交換することが可能です。電気料金、ガス料金、水道料金などの公共料金の引き落としの場合、200円で1ポイント貯まります。還元率は交換先によって異なるため、おおむね0.3~1.0%となっています。

ポイントの有効期限は通常ですと初回3年間です。しかしポイントを一度でも交換すると、それ以降は無期限となります。ポイントを貯めたまま忘れてしまう心配もなく、しっかり貯めて好きなタイミングで利用できるのも魅力のひとつです。

ボーナスポイント・パートナーズ提携店での利用ならポイント還元率アップ!

ボーナスポイント・パートナーズ提携店でカードを利用した場合、通常の2~10倍もポイントが貯まるお得なサービスです。事前登録の必要はありませんので、よく利用する店舗が提携店だった場合、ぜひカードを利用しておきたいです。

還元ポイント(100円あたり) ポイントの内訳 ポイント還元率
2ポイント 通常1P+ボーナス1P 2.0%
3ポイント 通常1P+ボーナス2P 3.0%
5ポイント 通常1P+ボーナス4P 5.0%
10ポイント 通常1P+ボーナス9P 10.0%

じゃらん・Oisixなどのネット通販・レストラン・ホテルや旅館などさまざまな店舗が提携先になっており、カードを利用してうまくポイントを貯めることができるでしょう。

ぐるなびネット予約でもポイントが貯められる

ぐるなびネット予約の対象店舗に予約・来店するとポイントが貯まる便利なサービスです。「ぐるなびネット予約」をはじめ、「ぐるなびスーパーらくらく幹事さん」、「こちら秘書室」の利用について来店人数×100ポイントが貯まります。

「ご紹介プログラム」で嬉しいポイント・マイルプレゼント

知人を紹介し、カードに入会した場合、カードの券種に応じてポイントやマイルがプレゼントされます。入会者にもプレゼントされるので、個人で入会するよりも双方がお得になるため、ぜひ活用したプログラムです。

ポイントの交換先

ポイントの交換先は多岐にわたります。ヨドバシカメラ・高島屋をはじめ、各種有名ブランドショップで利用可能な商品券へ交換、飲食店のお食事券への交換も可能です。Tポイントや楽天スーパーポイントへの移行やマイル交換など、それぞれのライフスタイルに合わせて選択することができます。

その他では、ポイントフリーダムのサービスを利用してすでに貯まったポイントでの支払い、オリジナルイベントへの参加、有名ホテルの宿泊券などの特別アイテムへの交換なども可能です。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば交換レートがお得になる

メンバーシップ・リワードでは、オプションプログラムとしてメンバーシップ・リワード・プラスが用意されています。年会費は3,000円(税抜)で、2年目以降は自動更新です。登録することでポイント有効期限が無期限になるだけでなく、旅行やマイルへの交換の際にお得なレートを使って交換できるのが魅力です。

カード利用内容 換算レート(メンバーシップ・リワード・プラス登録時) 換算レート(メンバーシップ・リワード・プラス未登録時)
ポイントで支払い
(ポイントフリーダム)
1P=0.5~1.0円 1P=0.3円
ヨドバシカメラ・高島屋 2,000P=1,000円分
商品券
3,000P=1,000円分
商品券
ポイント移行(Tポイント・楽天スーパーポイント) メンバーシップ・リワード3,000P=提携先P1,500P メンバーシップ・リワード3,000P=提携先P1,000P
ANAマイレージクラブ 1,000P=1,000マイル 2,000P=1,000マイル
その他航空パートナー 1,250P=1,000マイル 2,000P=1,000マイル
ヒルトンHオナーズ 1,000P=1,250Hオナーズポイント 2,000P=1,250Hオナーズポイント
スターウッドホテルプリファードゲスト 1,000P=330スター・ポイント 2,000P=330スター・ポイント
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインでの利用 1P=1.0円 1P=0.4円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク・日本旅行の対象店舗での利用 1P=0.8円 1P=0.4円

特にマイルやトラベル関連では倍近い還元率の変動があり、登録料金がかかっても十分に元がとれるくらいお得です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

旅行の際に利用できる魅力的なサービスの数々

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは世界に通用するステイタスカードでも知られ、国内に限らず海外でも大いに役立つサービスがそろっているのも特徴です。特に旅行関連での充実したサービスが目を引きます。ここでは、旅行時に大いに役立つアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサービス内容についてご紹介していきます。

「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」

カード会員専用の旅行予約サイトで、オンラインで好きな時に予約や各種手配ができます。
グローバルに展開しているアメックスだからこその多彩な選択肢がラインナップされており、それぞれの状況に応じて便利に活用できます。優待料金での利用・ポイント特典などカード会員限定の特典も用意されており、メンバーシップ・リワードで貯まったポイントを支払いに利用することも可能です。

「一休.com」でチェックしておきたい会員限定特典2つ

国内約1,400ものホテルや旅館の予約で便利な一休.comを、よりお得に利用できます。アメックスの公式HPを経由して一休.comで予約し、カード決済すると、カード会員限定特典付きのプランを予約することができます。毎月先着100名限定で3,000円オフになるクーポンコードがプレゼントされるので、旅行予約の際にはこれらの特典も要チェックです。

「特選の宿」が5%OFF

日本旅行が発行しているパンフレット「特選の宿」を予約する際、5%割引で利用できます。予約方法は電話で、予約する際にカード会員であること、割引コードを伝えることで5%割引になります。予約時に伝えないと後日割引にはならないため、忘れないようにしておきましょう。

世界最大級旅行予約サイト「エクスペディア」での会員限定特典2つ

「Expedia(エクスペディア)」は世界3万都市のホテル、100社以上の空港会社と提携していることもあり、自分にマッチするツアーを厳選して楽しむことができます。主な会員限定特典として、ホテル代金の8%割引(一部対象外)、15万円(税抜)以上の海外ツアー料金3,750円割引の2つがあります。

通常価格より5%オフ「アップルワールド.com」

カード会員限定で「アップルワールド.com」サイト上から予約すると、掲載されている全ホテルが5%割引になるサービスです。支払いはカード決済になります。

例えば、海外ホテル予約サイト「Hotelista」で、アメックスのHPを経由して予約をすれば5%OFFになります。世界約10万軒のホテルをより一層お得に利用できます。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行では多くの荷物に悩まされる場合も少なくありません。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、会員1人につきスーツケース1個を無料配送してくれます。出発時(自宅→空港)、帰国時(空港→自宅)の往復分利用することが可能です。対応可能な空港は、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港・羽田空港(国際線利用)となっています。

エアポート送迎サービス

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで、日本発着の国際航空券、海外パッケージ・ツアーを予約した場合に利用できるサービスです。提携タクシー会社であるMK株式会社の車をチャーターし、利用可能地域内の指定場所1ヶ所から空港間の送迎を格安定額料金で利用できます。

出発時・帰国時に年2回(片道を1回と計算)利用可能で、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港・羽田空港(国際線利用)が対象空港となっています。荷物は1名につきスーツケース1個であるものの、荷物が多い時や家族旅行の際に自宅⇔空港間の交通費を節約できる優れたサービスです。

空港ラウンジの利用

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと当日の搭乗券を提示すれば、国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを利用できます。カード会員本人と同伴者1名まで無料なので、友人や家族との旅行にも便利です。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス・メンバーシップに登録しておくことで、国内外1,000カ所以上の空港VIPラウンジが利用できます。基本カード会員、家族カード会員ともに年会費無料で登録できるのも魅力的です。1回の利用ごとに27$料金がかかりますが、年間2回までは無料となっているので、ぜひ有効活用したいですね。

空港クロークサービス

乗り継ぎなどの関係で、空港での待ち時間が発生することもあります。そんな時は、手荷物預かり所にて荷物を無料で(会員1人につき2個まで)預かってくれるサービスを有効利用しましょう。利用可能空港は、中部国際空港となっています。

空港パーキング

成田国際空港・関西国際空港・羽田空港・福岡空港で利用できるサービスです。出発2日前までに対象パーキングへ直接予約しましょう(ネットサイト・電話)。100円割引から40%割引まで空港・パーキングによって割引内容は異なります。車種によっては利用できない場合もありますので、予約時に確認しましょう。

無料ポーターサービス

成田国際空港・関西国際空港で利用できるサービスで、駅改札口やバス停⇔チェックインカウンター間を専任スタッフが無料で荷物を運んでくれます。利用前日日までにJALエービーシーへ予約の電話を入れておきましょう。なお、成田国際空港第3ターミナルは対象外となっている点に注意です。

エアポート・ミール

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで、搭乗の1週間前までに羽田・伊丹空港発国内線航空券(JAL・ANA)を購入した際にエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)がもらえる特典です。羽田空港第1・第2ターミナルレストラン、伊丹空港の対象レストランで利用ができます。尚、搭乗当日のみ利用可能で、乗継便の国際航空券は対象外となっています。

プリファード・ゴルフ

ゴルフ好きの方には必見の特典であり、世界70以上の提携ホテルで2泊以上した場合、ゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名分)が無料になります。このプログラムは通常年会費295$かかるのですが、カード会員限定で無料になるのも魅力的です。ハワイ・カリフォルニア・フロリダなどの提携ホテルで利用ができます。

カーシェアリングサービス「タイムズ カープラス」

タイムズの車を24時間借りられる、タイムズカープラスは会員カード発行手数料1,550円(税抜)がかかりますが、アメックスのHPを経由し、申し込みを行うことで無料となります。全国各地に駐車場を持っているので、大変便利です。

海外用レンタル携帯電話特別割引

成田国際空港関西国際空港・羽田空港(国際線ターミナル)で利用できる特典です。JAL エービーシーで海外用レンタル携帯電話をレンタルし、カード支払いした場合、レンタル料金が半額(1日250円→125円)になり、通話料は10%割引で利用することができます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査について

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは1980年に国内で初めて発行されたゴールド・カードです。他のクレジットカードのワンランク上をいく歴史・品格を兼ね備えています。ここではアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査について解説していきます。

申し込み資格

申し込み資格は、主に以下の条件があります。

  • 25歳以上
  • 安定した収入を得ている
  • 日本国内に定住所がある

パートやアルバイト収入では申し込みをすることは難しいでしょう。しかし、他社のカードやローンで滞納や延滞があっても入会できる場合があります。アメックスが外資系ということもあり、審査基準が日本国内とは多少異なるのが理由のようです。過去よりも入会申し込み現在の状況を重要視しています。ただし、やはり滞納・延滞がない方が審査に通る可能性は高いです。

審査難易度

ゴールドということで審査難易度が高いイメージがあるかもしれませんが、現状ではそれほど難易度は高くなく、他のゴールドカードと比べても比較的入会しやすいといえるでしょう。というのも、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの上位カードがあるため、一昔前のように最上位だったゴールドカードの難易度が下がってきているのが理由にあります。

現在のアメックスカードの最上位はアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(アメックスブラック)です。次にアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードがあり、その次にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードという順番になります。アメックスはステイタスカードであるものの、今やアメックスブラック(アメックスセンチュリオン)が最高峰だといえるでしょう。

また、アメリカン・エキスプレス・グリーン・カードよりもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの方が、難易度は低くなっているという話も聞かれます。年会費が高いゴールドの方を多く発行したいという思惑が理由ともされますが、審査難易度はそれほど大差がないようです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション(招待状)をもらう方法

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの上位にあります。ゴールド・カードやグリーン・カードのように直接申し込む方法では入会することができない特別なカードです。年会費も130,000円(税抜)となっており、ゴールド・カードの29,000円(税抜)よりかなりランクアップしている印象です。

入手方法は、まずアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持ち、利用実績を積んでいくことが重要になります。アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに入会することを認められた場合、アメックスからインビテーション(招待状)が届きます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションをもらえる基準は?

インビテーションをもらう基準としては、毎月延滞なく支払を継続できていることが大変重要です。クレヒスを積んで、アメックスに認めてもらえるように努めましょう。また、年間利用額が500万円・1,000万円など高額でないかといえば、そうでもありません。なかには100万円・200万円でインビテーションが送付されたという場合もあります。

年収についての基準は定かではありませんが、年会費130,000円(税抜)を支払うことができる収入状況であることが想定できるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを手に入れる裏技?!

アメリカン・エキスプレス・カードからのインビテーションが欲しい場合、自分からアプローチをするという方法もあります。ここではアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに入会できる裏技をご紹介します。

自分から催促してみる

アメックスに電話をして招待状をもらえないだろうか、と直接相談してみるのが1つの方法です。半年ほど利用履歴があり、支払もきちんと行われているようであれば、チャンスも広がります・

最上位の次にあたるアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、近年では審査基準が下がっている傾向にあるため、通る可能性も高いでしょう。また、職業が医者や弁護士などのステータスの高い職業の方々であれば、3ヶ月程度であっても招待状を手に入れられる可能性が高いですが、延滞なく支払われていることが重要になります。

経済誌を定期購読する

日経ビジネス・プレジデントなどの経済誌を定期購読していると、まれにインビテーションを送付することがあるようです。経済紙を定期的に読んでいることでビジネスマンとして高評価・高収入というイメージによって判断されているのでしょう。ただし送付されるのは頻繁にではないので、わざわざインビテーションが欲しいためだけに定期購読するという方法はおすすめできません。

センチュリオン・カード保有者にお願いする

上記でもご紹介したように、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードはアメックス最高峰のカードです。センチュリオン・カード保有者はアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションを送る資格を持っているので、直接お願いするというのもおすすめ方法です。

ただしセンチュリオン・カードは、有名芸能人など保有者は非常に少ないです。年会費も350,000万円(税抜)と驚きの価格であり、身近にセンチュリオン・カードの保有者を探す必要もあります。

カードの申し込みはこちら

電子マネーについて

2017年3月よりApple Payが利用できるようになりました。全国のクイックペイ・クイックペイプラス対応のお店で利用可能です。主な手順として、Walletアプリを起動してカードの読み取りを行い、内容登録をします。登録の際にはApple Pay対応のiPhone、Apple Watchであることが前提となります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは旅行障害保険がすごい!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのすごさは、保険内容を見るとよくわかります。海外旅行にとどまらず、国内旅行でも安心の充実したサービス内容が魅力的です。

海外旅行傷害保険について

航空券やツアーの代金をアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払う「利用付帯」だと最高1億円の補償、旅行代金をカード決済しない「自動付帯」だと最高5,000万円になります。

また、家族特約がついているのも魅力のひとつです。生計をともにする配偶者をはじめ、子ども・両親も補償の対象となっています。最高1,000万円までの補償を受けることができるので安心です。

補償内容 利用付帯(基本カード会員) 自動付帯(基本カード会員) 家族特約(カード会員の家族)
傷害死亡・後遺障害保険 最高1億円 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円 最高200万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円
賠償責任保険 最高4,000万円
携行品傷害保険 年間限度額100万円(1旅行中最高50万円/免責3,000円)
救援者費用 最高400万円 最高300万円 最高300万円

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの最大の魅力ともいえるのが、最高1億円の傷害死亡・後遺障害保険といえるでしょう。さらに家族特約があるのも、他のゴールドカードでは見かけられない充実した補償です。

ショッピング保険が最高500万円というのも魅力的です。海外旅行によく出かける人にとっては、持っていて損はないお得なクレジットカードです。

航空便遅延費用補償(海外旅行)について

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力は、航空便遅延費用補償が充実している点にもあります。海外旅行では天候などさまざまな事情で航空便の遅延が発生することもありますが、この場合の費用は意外に大きな負担となります。

遅延によって発生した臨時費用の一部を補償してくれるので、ぜひ活用したい補償サービスです。また、手荷物の到着地縁・紛失などで負担費用が発生した場合にも補償されます。

保険金種類 金額と詳細
乗継遅延費用 最高2万円(到着便の遅延1回について)
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 最高2万円(出向遅延、欠航、運休、搭乗不能1回について)
受託手荷物遅延 最高2万円(受託手荷物の遅延1回について)
受託手荷物紛失 最高4万円(受託手荷物の紛失1回について)

保険金支払の条件として、航空機の到着時刻からの遅延経過時間や、手荷物の到着経過時間など各種定めがありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

国内旅行傷害保険について

国内旅行傷害保険は、旅行代金をカード決済した場合のみ適用される「利用付帯」です。

補償内容 利用付帯(基本カード会員・家族カード会員) 家族特約(カード会員の家族)
傷害死亡保険 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害後遺障害保険 最高5,000万円 最高1,000万円

利用付帯とはいえ、家族特約が最高1,000万円というのは大きなメリットといえるでしょう。海外旅行よりも国内旅行に出かける頻度が多い人には便利で安心できるポイントです。

デメリットについて

誰もが一度は持ってみたいと思うあこがれのアメックスカード。これまでさまざまな特典・カードの魅力について解説してきましたが、デメリットがないわけではありません。ここでアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットについて主に2つご紹介します。

電子マネーチャージでポイントを貯めることができない

現在ではクレジットカードと電子マネーを併用して使いこなすことで、ポイントをうまく貯めることができるカードがいくつかあります。例えばイオンカードセレクトなど、WAONチャージでポイント二重取りをすることも可能です。

しかし、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合、電子マネーチャージはポイント付与対象外です。電子マネーをよく利用する人はもう1枚電子マネー対応用にカードを持つとお得に貯められるでしょう。複数カードを使いこなすという煩雑さが苦手な人には不便に感じるかもしれません。

年会費が高額

現在では年会費無料で入会しやすいクレジットカードもたくさんあります。ステータス・旅行関連などの特典の充実差もあり、年会費が高額であっても持って損はないカードだとはいえます。
しかし、カードの特典をうまく使いきることができない場合、他のカードと併用している場合など使い方次第ともいえるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

-おすすめクレジットカード
-, , , ,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.