クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

ブラックリストでクレジットカードが作れない期間は何年?

更新日:

クレヒスに傷が付いた「ブラックリスト(異動)」の状態は、クレジットカードの審査落ちの原因で多いとされています。もしブラックリスト入りしてしまった場合、その情報はいつ消えるのでしょうか。

今回は、ブラックになるとどうなるのかや、回復までの期間など気になる点や不安を抱きやすい点について分かりやすく解説します。

「ブラックリスト」とは?

ブラックリスト
ブラックリストとは、個人信用情報機関に記録される事故情報(ネガティブ情報)の事です。クレジットカードやローンの契約中にトラブルがあると「異動」というネガティブ情報が記録され、一定年数が経過するまで保管されます。

よく「ブラックリスト入りする」という言葉は見聞きしますが、呼び名は通称なので実際には「ブラックリスト」そのものは存在しません。個人信用情報機関に記録される情報はクレヒス(クレジットヒストリー)とも呼ばれています。俗にいうブラックリスト入りした状態になると、異動情報が残っている間はクレジットカードやローン(キャッシング・住宅ローンなど)の審査に通りづらくなってしまうので要注意です。

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関とは、クレジットカードやローン、割賦販売を扱う企業が加盟している信用情報機関です。日本国内にはCIC・JICC・KSCという3つの信用情報機関があり、クレジットやローンにまつわる属性・契約内容・支払い状況などの信用情報を各企業から集めて、クレジットやローンの申し込みがあると情報を提供して信用情報を照会できるようになっています。このため、カードやローンの申し込み時には個人信用情報機関に登録されている信用情報が審査のカギを握っているのです。

CICはクレジットカード会社が多く加盟していて、JICCは消費者金融、KSCは銀行が多く加盟しているのが特徴ですが、CICとJICCの両方に加盟している場合もあり、JICCにも多くのカード会社が加盟しているので複雑です。個人信用情報機関の公式サイトでは加盟会員(企業名)を調べる事ができるので、利用してみるのも良いでしょう。

ブラックリスト入りする原因とは?

個人信用情報機関に「異動」と記録されてブラックリスト入りする主な原因は以下の通りです。

  • 延滞
  • 強制解約
  • 債務整理(破産)

延滞

クレジットカードやローンだけでなく、携帯電話本体代金を分割払いで購入して延滞した場合もクレヒスに残ります。延滞は金額を問わないので、たとえ100円でも延滞は延滞です。

強制解約

延滞を繰り返したり、クレジットカードを現金化など本来の目的以外で使用した場合などには、カード会社から強制解約という重いペナルティが課せられて異動情報が記録されます。この場合、カード会社独自の「社内ブラック」にもなり、永久的に同じ会社でカードが作れなくなるので注意しましょう。

債務整理(破産)

過払い金請求や自己破産などの債務整理を行った場合も異動情報が記録され、保証人などの第三者が返済を行う代位弁済でも異動情報が記録されます。

延滞を起こしても必ずブラックリスト入りする訳ではない

カードやローンで延滞を起こしてもすぐにブラックになる訳ではないのです。ブラックとなる恐れが出てくるのは、支払日から61日以上経っても返済を行わなかった場合や、3か月以上の延滞がある場合となっています。

ただし、3か月に満たない場合でも繰り返し延滞を起こすなど悪質と判断された場合はブラックリスト入りの恐れがあるため注意しましょう。

▼ブラックリスト入りする条件についてさらに詳しくはこちら

信用情報機関のブラックリストに載る条件は?異動情報(ブラック)かを調べる方法も

ブラックリスト(異動)の情報はいつ消える?信用回復までの期間

ブラックリスト(異動)の情報がいつまで残るかは、どのような問題を起こしたかによっても異なり、各信用情報機関によっても回復までの期間が異なります。

クレジットカードの場合、延滞・強制解約・債務整理(破産)で個人信用情報機関に記録が残る期間はこのようになっています。

CIC JICC KSC
延滞 延滞解消後5年 延滞解消後1年 延滞解消後5年
強制解約 -(記載なし) 5年 5年
債務整理 5年 5年 10年

延滞に関する異動の記録はいずれも「延滞解消後」となります。間違えやすい点ですが延滞の発生日ではありません。その他の項目も発生日からではなく、問題が解消(契約終了)してからの期間となっています。

多重申し込みによる申し込みによる「申し込みブラック」も存在する

クレジットカードやカードローンを短期間に複数申し込むと、入会特典目的や金策を疑われて審査落ちする「申し込みブラック」という状態になります。申し込みブラックになった場合は6か月間情報が残ってしまうので要注意です。

申し込みブラックを避けるには、一か月間に申し込むカードの枚数を2枚までにとどめておきましょう。

クレジットカードを多重申し込みすると審査落ち?申し込みブラックとは

一度記録された異動情報は消せない

間違って記録された場合を除いて一度記録されたブラックリストの情報を自分で消す事はできません。不用意にブラックリスト入りしないよう、クレジットカードで延滞しないように引き落とし口座には十分な残高を確保しておく事や、スマホ代を延滞しないなどの基本的な対策を取る必要があります。

信用情報は開示請求できる

個人信用情報機関では自分の信用情報(クレヒス)の開示請求を行う事ができます。例えばCICの場合、新規でカードを作る際の申込内容・過去のクレジット利用履歴・現在の契約内容・支払い状況(残債額)といった項目を見る事ができます。

確認できるのは保有期間内の情報のみで、それ以前の記録については見る事ができません。開示請求は本人が行い、窓口や郵送の他にもスマートフォンやパソコンを使ってインターネットからも申し込めます。ネットの場合は手数料がクレジットカード払いとなっていますが、デビットカードでもOKです。

個人信用情報機関の「CIC」にブラックリスト(金融事故)か確認する方法

ブラックになった後は「ホワイト」になる

問題なくクレジットカードを使い続けている場合は最長5年間のクレヒスが個人信用情報機関に残っていますが、ブラックになってカードが利用できなくなった場合、回復後はクレヒスが残っていない「ホワイト」という状態になります。よく似た言葉に「スーパーホワイト」という、今まで一度もカードやローンを利用した事がない状態がありますが、利用の有無と異動情報の有無という点でホワイトとは違います。

ブラックの状態が明けてホワイトになったら比較的審査難易度の低いクレジットカードを申し込んで、延滞なく使い続ける事で再びクレヒスを積む事が可能です。上位カードや審査難易度が高いといわれるクレジットカードを申し込みたい場合はクレヒス修行が必須となります。

スーパーホワイトだとクレジットカードの審査に通らない?ホワイトでも作れるカードも

ブラックになっても審査基準が違うカードなら持てる可能性がある

ブラックになっても、一部の消費者金融系クレジットカードでは過去のクレヒスよりも現在の支払い能力を重視するため審査通過の可能性はありますが、ブラックのうちに一般的なカード会社のクレジットカードを作る事は難しいでしょう。

やみくもにカードを申し込むと、申し込みブラックになる恐れもあるため要注意です。

ブラックになると家族のカード審査に影響が出る場合も

ブラックになると家族に迷惑をかけてしまうのでは?と心配される方もいますが、家族のクレヒスに自分のブラック情報は関係ありません。影響が出るとすれば、未成年で学生の子供がクレジットカードを作る場合です。学生で収入がない未成年のクレジットカード審査では親の信用情報がチェックされるので、この時にブラックである事が判明すると審査落ちの対象となるため注意しましょう。

子供が成人している場合は親権者の同意が必要ないので、親の信用情報はチェックされません。

クレヒス修行におすすめのクレジットカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入(アルバイトOK)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

すでにクレジットカードや利用中のローンがある方であれば、手持ちのカードでクレヒスを築いていくのがおすすめですが、クレヒス修行をしようと考えている人は、クレジットカード審査やローンの審査に落ちたという人が多いと思います。

ゴールドカードなどの審査難易度の高いカードであれば、審査基準が甘い一般カードなどにランクダウンすれば問題ないと思いますが、一般カードで審査に落ちたという人であれば他のカードに申し込んでも、また審査に落ちる可能性は高いでしょう。

一般カードで審査に落ちたという方は、クレヒス修行用カードとして人気の高いACマスターカードがおすすめです。
ACマスターカードは、一般的なカード会社が審査基準としてクレヒスを重視しているのに対し、収入があるかどうかに比重を置いているため、他社のカード審査に落ちた人でも審査通過できる可能性があります。

アコムACマスターカード(アコマス)の特徴【審査基準・年会費・限度額など】


アコムACマスターカードを即日発行する流れと注意点

カードローンの利用でもクレヒス修行になる

アイフル

アイフルの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン。

キャッシングローンの金利 3.0%~18.0% かりかえMAX・おまとめMAXの金利 3.0%~17.5%
審査時間 最短30分 即日融資 可能
限度額 キャッシングローン / かりかえMAX / おまとめMAX
最大800万円まで
担保・保証人 不要

カードローンの利用でも、クレジットカードの利用と同様にクレヒス修行になります。
クレジットカードの審査に通らないという方であれば、クレジットカードよりも審査が通りやすいカードローンをまず利用してクレヒス修行を行うのもおすすめです。

カードローンは「借金」という印象があるため、家族や会社に利用がバレたくない。という方もいるかと思いますが、Webでの申し込みなら会社への在籍確認なし、自宅に郵便物が届く心配もなしで契約・利用することができます。

年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力するだけで、融資可能かを診断できる「1秒診断」もあるので、審査が不安な方は試してみてください。

アイフルの申し込み方法と借り方

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.