ブラックリストでも作れるクレジットカード

クレジットカード会社では審査の際に必ず個人信用情報機関の情報を参照しており、その際に異動情報(ブラック情報)があることがわかってしまうと基本的にはクレジットカード審査に通ることができません。

ただ、カード会社によって審査基準が異なり、過去に支払いの延滞や滞納を行ったブラックリスト状態の人でも、全ての返済を終えた上で、安定した職業に就いていて支払い能力があると見なされれば作れるクレジットカードはあります。

今回はブラックリスト状態の人でも審査通過可能なクレジットカードを紹介します。

ブラックでもデビットカードなら発行できる

「ブラックでも作れる可能性のあるクレジットカード」でご紹介したカードの審査に落ちてしまった方は、信用情報機関から事故情報が消えるまでクレジットカードを持つことはできないと考えておいたほうがいいでしょう。

それでもどうしてもカードを持ちたいという方は、デビットカードを作ることをおすすめします。
デビットカードとは、銀行が発行するカードで、銀行口座に紐付け、使った瞬間に銀行口座から代金が引き落とされます。

そのため銀行口座にある残高が利用可能枠になり、発行する銀行にとっては延滞等のリスクがないため、ブラックの状態でも作ることができます。
クレジットカードとは違い、後払いや分割払いはできませんが、銀行口座にある金額分しか使えないため、カードの使いすぎを防止できるというメリットもあります。
クレジットカードの審査に通らなかった方は、ブラック状態でなくなるまでデビットカードを使用することをおすすめします。

家族カードならクレジットカードを作れる

クレジットカードには、生計を共にする家族と全く同じ機能のカードを追加カードとして発行できる「家族カード」というものがあります。
家族カードは、請求書やポイント、利用限度額が本会員のものとしてまとめられてしまうというデメリットはありますが、家族会員も本会員と同じように海外旅行傷害保険やラウンジの利用などの特典を受けることが可能です。

家族カードは家族会員の信用情報は見られず、すでにカードを持っている人(本会員)の信用情報で審査されるので、よっぽど利用状況が悪くない限り、ほぼ審査には通ります。

自分がブラックでも配偶者や両親と一緒に同居していて、家族がクレジットカードを持っているなら家族カードを作ってもらって、カードを持つのはいかがでしょうか。

ブラックリストに載ってしまう条件

それでは、個人信用情報機関に「ブラックリスト」として記録・登録されてしまう条件を解説します。

支払い金額の延滞や遅延

キャッシング・ローンなどの借り入れ、クレジットカード代金、携帯電話本体代金を分割払いにした場合の携帯料金、奨学金の支払いを2~3ヶ月以上滞納した場合、ブラックリストに載ってしまいます。
口座にお金が入っていなかったり、給料日の関係で遅れてしまったという場合、後日なるべく早めに返済をすれば記録に残ることはありません。

※電気代・水道代などの光熱費や税金の支払いを延滞してもブラックにはなりません

債務整理を行った

支払いが遅れるという以外では、債務整理を行った場合ブラックリストに載るといわれており、債務整理は民事再生や自己破産、任意整理という方法がありますがこのどれかを行った場合はブラックリストに載ってしまいます。

そのほか、代位弁済という契約をした本人が返済することができず、連帯保証人などの本人以外に弁済が切り替わった場合にもブラックリストに載ってしまいます。

強制解約

滞納を繰り返したり長期間滞納をした場合や、クレジットカード会社の利用規約違反にあたる、クレジットカードやショッピング枠の現金化を行うなどの不正利用をしたなどの理由で強制解約となった場合、この記録がクレジットカード会社が独自に管理するブラックリストに事故情報が載ってしまいます。

ブラックリスト状態が続く期間・時効

一度ブラックリストに載ってしまうと、どれくらいの期間事故情報が残るのでしょうか。
個人信用情報機関ごとに説明していきます。

  延滞※1 債務整理※2 強制解約※2
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年 10年 5年
JICC 1年 5年 5年
CIC 5年 5年 5年

※1 延滞解消後からの期間
※2 取引終了後からの期間

ブラックリストかは個人信用情報機関に信用情報開示請求をすることで調べられる

過去に延滞をしたことがあって自分がブラックかどうか不安、という方は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をすることで、自分がブラックリストに載っているかを調べることができます。
郵送の場合は1,000円、窓口の場合は500円の手数料を払えば簡単に情報を開示できるので、心配な方は確認してみましょう。

審査が不安な方におすすめのカード

アメリカンエキスプレスカード

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降12,000円(税抜) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

比較的厳しい申し込み条件や高い年会費からもわかるように、審査基準が国内のカードよりも高いことが推測できます。
しかし、外資系カードは過去の情報よりも申し込み時の支払い能力を重視する傾向があり、申し込み時点で十分な収入があり、支払い能力があるとみなされれば審査に通る可能性があります。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 ポイントプログラムなし
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

アコムACマスターカードは、消費者金融会社のアコムが発行するクレジットカードです。

消費者金融が発行するカードは一般的に審査が甘いと言われていますが、誰でも審査が通るわけではなく、申し込み時に安定した収入があり、支払い能力が十分にあると判断してもらえれば、審査が通る可能性があります。

ACマスターカードには、ポイントプログラムや各種保険が付いておらず、ETCカードも発行できませんが、ブラックの期間が時効を迎えた時に、個人信用情報機関にカードの利用履歴(クレジットヒストリー)を作っておくためのクレヒス修行用のカードとして利用されることが多いです。

毎月少額でも利用してきちんと返済することで、良いクレジットヒストリーが個人信用情報機関に記録されていき、今後使いたいクレジットカードを申し込むときの審査でプラスに働きます。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

CMなどでおなじみの楽天カードは、一般的に審査が甘いことで知られているカードです。

楽天カードは審査が甘いと言われていますが、アコムACマスターカード同様、誰でも審査に通るわけではありません。
申し込み時に安定した収入があり、延滞や債務整理の可能性がほとんどなく、支払い能力が十分にあると判断してもらえれば、ブラックであっても審査に通る可能性があります。

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.