メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「審査を待たずにすぐクレジットカードが欲しい」という人は、できれば審査なし(無審査)で手っ取り早く簡単にカードが発行できたらいいと思いますよね。 残念 ...

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

blank

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても1〜2週間、長ければ1ヶ月ほどかかってしまいます。 しかし、「急いで購入したい ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

ブラックリストからクレジットカードを作れるようになるまでの方法

更新日:

ブラックリスト

ブラックになると5年間~10年間は信用情報機関に情報が登録されてしまいクレジットカードが作れなくなってしまいます。
実はインターネット上で「超ブラックでも作れるクレジットカード」として紹介されているカードの中には、ほとんど審査に通らないものがあります。ただし支払いの延滞などを起こしたことがあり、自分はブラックだと思い込んでいても実際はブラックではない人であればクレジットカードを作ることが可能です。

ここでは、自分がブラックリストかを確認する方法や、クレジットカードを作れない人がカードを作れるようになる方法などをまとめました。

▼関連記事

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ
審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「審査を待たずにすぐクレジットカードが欲しい」という人は、できれば審査なし(無審査)で手っ取り早く簡単にカードが発行できたらいいと思いますよね。 残念 ...

続きを見る

クレジットカードを作れない人がカードを作れるようになる方法

blank

クレジットカードが作れない人は俗に言うブラック(ブラックリスト)の状態になっている可能性があります。
ブラックリストとは、繰り返しの支払いの遅延や、自己破産などの債務整理を行った場合に信用情報機関に記録が残ってしまっている状態のことを指します。「ブラックリストに載っている」などという言い方をされている場合もありますが、実際にはブラックリストというリスト(資料)にあたるものは存在していません。
ブラックになってしまった人が新しくクレジットカードを作りたい場合はどうしたらいいのでしょうか。いくつかの方法をご紹介します。

完済してブラックが消える「喪明け」を待つ

ブラックリストとなった場合、自分でブラック情報を消すことはできないため、まずははやめに完済し「喪明け」と呼ばれるブラックリストから情報が消えるのを待ちましょう。
滞納のブラック情報が消えるのは契約終了後5年間となるため、完済して滞納を解消しなければ更にブラック期間が延びてしまいます。

例えば、滞納を起こしてブラックとなってしまった際にすぐ滞納を解消すれば約5年間で「喪明け」となりますが、ブラックとなった後も更に1年間滞納を続けていた場合はブラック解消までに6年間かかるということになります。

完済が無理なら弁護士に相談する方法も

滞納していて完済が難しい、無理という場合は弁護士に相談して任意整理や自己破産をする選択肢もあります。
インターネットからおおまかに現在の状況を入力することで無料相談できるものや、女性が電話対応してくれる女性向けのものもあるので一度相談をしてみるのもひとつの手段です。

任意整理とは

任意整理とは、弁護士が貸金業者と交渉し債務額を減額したり、高すぎる利息をカットして毎月の支払い金額を減額してもらえる手続きです。

任意整理をすると複数のクレジットカードやローンなど各社の返済期日がバラバラで大変という場合や、利息が高すぎて返済してもほとんど減っていないという場合に、任意整理をすること一定の期間で確実に返済できる金額を相談しながら月に1度の返済にまとめてもらうこともできます。

任意整理をすると、返済が滞っていた場合でも一旦督促状などがストップします。また、自己破産のように裁判所を通す必要がなく官報に名前が載ってしまうこともありません。

任意整理した場合には信用情報はブラックになり、完済から5年間は新しくクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることはできなくなります。

自己破産とは

自己破産とは、支払いができないと裁判所で認められた場合に免責となり、債務の支払いが免除される制度です。
自己破産を行った場合、保証人になっていない限り家族に影響が出ることはありませんが、生活に必要と認められた物を除き、20万円を超える価値のある財産は差し押さえとなるため注意してください。

ただし、同時廃止という自己破産であれば債権者への配当は行われないため財産を手元に残すことができます。自己破産を行うと、以下のようなデメリットがあるため要注意です。

  • ブラックとなり10年間カードやローンの審査に通らなくなる
  • 財産の差し押さえが行われる
  • 職業や資格が制限される
  • 住所や氏名が官報に掲載される

自己破産したいという場合でも、必ずしも自己破産が認められるとは限りません。
例えば、ギャンブルによる浪費や、株やFX投資による損失、高額なショッピングによる浪費などの理由では自己破産が認められないので注意が必要です。

自己破産を行う場合は、弁護士事務所で弁護士と相談の上、手続きを行います。
自己破産を行うにも20万円~30万円の費用がかかりますが、一時的な立て替え制度が利用可能です。
自己破産をして仕事をクビになることはありませんが、自己破産をすることで職業に制限がでるため、弁護士や警備員、生命保険などの業種は自己破産後まで就業することができなくなります。

家族カードを作ってもらう

ブラックでも確実にクレジットカードを作りたいという方は、クレジットカードを所有する家族に「家族カード」を作ってもらう方法があります。
家族カードとは、所有するクレジットカードと同様の機能を持つカードを家族に対してのみ発行できるというサービスです。

ブラックでカードが作れない状態でも、クレジットカードを所有している本人会員が支払いの滞納をしていない限りほぼ確実に作ることができるカードです。

家族カードのメリットは、

  • ブラックでも発行可能
  • ポイントを一緒に貯めることができる
  • 年会費が高いカードでも家族カードは割安になる場合がある

などといった点があります。

逆にデメリットの点といえば、

  • 請求が一緒になってしまうため家族に利用履歴が知られてしまう
  • 利用金額などを家族に相談しながら使う必要がある
  • クレジットヒストリーが家族カードの持ち主には蓄積されない

などといったデメリットがあります。
家族カードを利用して毎月返済を行ったとしても、クレヒスが積めないので将来クレジットカードが作りやすくなるなどということはありません。

家族カードの作り方

信用情報がブラックとは

信用情報がブラックとは

ブラック(ブラックリスト)とは、支払い滞納や金融事故を起こして信用情報機関に「異動」という記録が残っている状態のことです。
クレジットカードやローンを利用した際の情報は、個人信用情報機関という機関によって記録されていて、新たにカードやローンを申し込んだ際には信用力や返済能力(支払い能力)の調査のために照会されます。

審査の際に「異動」という記録が残っていると、信用力や返済能力に問題があるとされて審査落ちの原因となってしまいます。

ブラックになってしまう原因

信用情報機関に「ブラック」として登録されてしまう原因は以下です。

  • 61日以上または3か月以上の滞納(延滞)を起こした場合
  • クレジットカードが強制解約となった場合
  • 自己破産などの債務整理を行った場合

「61日以上または3か月以上」に該当しない滞納の場合は、支払い遅延という記録が残ることはありますが、異動という記録は付かないためブラックにはなりません。

クレジットカードやローン(キャッシング)の他にも、スマートフォンなどの端末代を分割払いにしていて滞納した場合もブラックとなります。端末代の支払いを親が支払いをして契約者が子供の名義になっている場合は、契約者名義となっている子供の信用情報がブラックになってしまうため要注意です。

端末代を一括購入して月々の利用料金を口座振替している場合には滞納してしまってもブラックになることはありません。

▼ブラックになる条件一覧は以下ページをチェック

ブラックリストに載る条件

ブラックになる期間

ブラックになった場合のブラック解消までの期間は以下の通りです。

  • 延滞:5年
  • 強制解約:5年
  • 自己破産:10年

国内には「CIC」「JICC」「KSC(全銀協)」という3つの信用情報機関があり、情報の登録期間が異なる場合もありますが、3社間ではネットワークによる情報の共有が行われているため、自己破産を起こすと最長10年間カードやローンの審査に通らなくなります。

カード会社の「社内ブラック」に注意

信用情報機関のブラックが解消されても、トラブルを起こしたカード会社では半永久的にカードを作れないケースもあるため注意が必要です。

一度金融事故を起こした場合は社内独自のデータベースに記録されてしまう場合があり、社内ブラックと呼ばれる状態になります。
系列会社にも情報が共有されていて審査に影響が出る恐れがあるため、過去にトラブルを起こしたカード会社や、その系列会社は避けて申し込んだ方が無難です。

滞納してもブラックにならない支払い

滞納してもブラックにならない支払いは以下の通りです。

  • 税金
  • 公共料金
  • 家賃
  • プロバイダ料金

税金や公共料金など、上記の支払いは信用情報には記録されないため理由があって滞納してしまった場合もブラックにはなりません。
これらの支払いをクレジットカード払いにしていて滞納した場合はカードの滞納と同様に扱われるためブラックとなります。

本当にブラック?ブラックかどうか確認する方法

本当にブラック?ブラックかどうか確認する方法

自分がブラックリストかを確認したい場合は、各信用情報機関に信用情報(クレジットヒストリー)の開示請求をすることができます。

1,000円程度の手数料を支払う必要はありますが、本人の申し出によって信用情報は開示できるため、現在自分がブラックかどうかを確認することが可能です。
クレジットカード会社が多く加盟しているのは「CIC」と「JICC」の2社で、「KSC(全銀協)」の加盟会員は銀行がメインですが、CICとJICCのように複数の信用情報機関に加盟しているカード会社もあります。
各信用情報機関のサイトでは加盟会員の検索をすることもできます。各信用情報機関によって開示請求の手続き方法が異なるため、自分に合った開示方法で利用しましょう。

  • CIC:パソコン・スマートフォン・郵送・窓口
  • JICC:スマートフォン・郵送・窓口
  • KSC(全銀協):郵送のみ

例えば、CICではスマートフォンやパソコンから即時開示をすることができますが、手数料をクレジットカードで支払いをする必要があり支払いに利用できるカードは一部のカードに限定されています。
郵送の場合は10日程度の時間はかかりますが、郵便局で購入できる定額小為替証書を同封して送ることで後日自宅に開示情報が届きます。

CICとJICCであれば近くに窓口があれば指定の本人確認書類を持参の上、直接足を運んで情報開示手続きを行うことも可能です。

ブラックリストの確認方法の詳細な記事はこちら

個人信用情報機関の「CIC」に信用情報開示請求をする手順と見方【ブラックリスト確認方法】


信用情報機関の「JICC」に信用情報開示をする方法と見方【ブラックリスト確認方法】


信用情報機関の全国銀行協会(JBA・KSC)に信用情報開示をする方法と見方【ブラックリスト確認方法】

できるだけ審査通過するための対策

審査通過のための対策

ブラック期間を乗り越えて「喪明け」に新しくクレジットカードを作る場合や、なぜか審査が通らなくて自分がブラックだと思い込んでしまっていた人がカードを申し込みする際に気をつけることで審査に通りやすくするいくつかの対策をご紹介します。

キャッシング枠は0円で申し込む

クレジットカードでお金を借りられる「キャッシング枠」を希望すると、貸金業法の審査が加わるため審査難易度が上がってしまいます。

いつか必要になるかもしれないからという理由で希望したくなる気持ちもありますが、利用する予定がなければ0円で申し込むのがいいでしょう。あとから必要になった場合もキャッシング枠はカードを発行した後からでも審査を受けて設定することが可能です。

申し込み内容は嘘を記入しない

審査に通るために年収や勤務先に嘘を記入してしまうと、信用度が下がって審査落ちの原因になります。
過去に申し込んだ履歴から勤務先情報なども信用情報機関では履歴として確認できるため、勤務年数や勤務場所について偽りがあるとすぐにバレてしまいます。また、嘘の勤務先を記入しても在籍確認などにより勤務していないことがバレてしまうと審査には通りません。

入力間違いであっても嘘とみなされてしまうこともあるので、申し込みする際は内容を確認してから申し込みをする必要があります。

短期間に複数のカードを申し込まない

冒頭でもご説明した通り、短期間に複数のカードやローンを申し込むと、借り入れや現金化、キャンペーン目的での入会を疑われて「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまい審査落ちするケースがあります。複数のクレジットカードに申し込みした履歴は信用情報機関に6か月間もの間残ってしまうため、カード会社が照会を行うとすべて見られて怪しまれる原因となります。

申し込みブラックになった恐れがある時は、6か月以上の期間を開けてから改めてカードを申し込みするようにしましょう。

審査難易度が低いカードを申し込む

クレジットカードの審査難易度はカード会社の系列やカードのグレードによって大きく異なります。
先ほどご紹介したように、消費者金融系カードや外資系カードであればブラックでも作れる可能性は残っていますが、審査が厳しいとされる銀行系カードを申し込むのは避けた方が良いでしょう。

ゴールドカードやプラチナカードになると収入面でもハードルが上がるので、申し込むなら一般向けのカードにするのがおすすめです。

こんな「ブラックでも作れるクレジットカード」に要注意!

ブラックでも作れるカードはほとんど存在しない

「ブラックでも作れるクレジットカード」としてインターネットで紹介されているカードの中には、実際はブラックの人が申し込むとほとんど審査に通らないカードです。

例えば、楽天カードヤフーカードライフカード(年会費あり)
といったカードは比較的審査難易度が低く、ブラックでも作れると紹介されているサイトも多いのですが、これらのカードは本当にブラック状態の人であればまず審査には通過することができません。

なぜインターネット上では「ブラックでも審査に通った」などという書き込みが見られるのかというと、支払いの遅延(滞納)をしてしまったなどの理由で、自分はブラックだと思い込んでいるが実際にはブラックになっていないケースがあります。

審査に通るケース:実際はブラックではない人
審査に通らないケース:本当にブラックの人

ライフカード(Ch・年会費あり)の場合は、独自の審査基準を設けており、「過去に支払いを延滞した方でも持てるカード」として公式サイトでも紹介されていますが、実際の審査通過率は低いため注意が必要です。

とりあえず申し込むのは申し込みブラックの危険性がある

クレジットカードを申し込みするのは簡単なので、ブラックでも作れると聞けばとりあえず順番に申し込みしてみようかと思う人もいるかもしれませんが、カードの申し込み履歴は6ヶ月間信用情報機関に記録されてしまいます。

一ヶ月に3社以上のカードを申し込んで審査落ちの履歴があれば「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、さらに信用情報を悪くしてしまうことになりかねません。

ブラックだと思い込んでしまう原因になる

1〜2度引き落とし日を忘れてしまったなどの理由で延滞をしてもすぐにブラックになるということはありません。

しかし、ブラックだと思い込んでいた人が審査難易度の低いと言われるカードに申し込みをして審査に通るケースがよくあるため、ブラックでも作れるカードなどというように紹介されていることが少なくありません。

ブラックでも作れるカードなら審査が甘いと思い一気に申し込みしてしまったことで「申し込みブラック」になり”カードの審査に通らなかった=自分はクレジットカードが作れない状態”と思っている人も多いことでしょう。

申し込みブラックが理由で審査に通らない可能性のある人は申し込み履歴が消える6ヶ月の間はカードの申し込みは避け、申し込み履歴が消えるのを待って申し込みすることで審査に通過する可能性があります。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-ブラックリスト

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.