クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

クレジットカードの「国際ブランド」とは?【VISA、Master Card、JCB、アメックスどこがおすすめ?】

更新日:

国際ブランド

国際ブランドとは、いつでも世界中のどこであっても利用可能な決済システムを提供している会社のことで、現在ある国際ブランドはVISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubが5大国際ブランドと呼ばれ、銀聯・Discoverを加えて全部で7社があります。

国際ブランドは大きく2つのタイプに分かれており、1つは決済機能の利便性にこだわった「決済カードブランド」と呼ばれるもので、VISA・MasterCardのことを指し、もうひとつは旅行先での保険などの会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」と呼ばれるもので、JCB・AmericanExpress・DinersClubが該当します。

日本のクレジットカードのほとんどがいずれかの国際ブランドを搭載しているので、世界中にある加盟店で利用することができ、ビジネスや旅行で海外に行く機会が多い方は、国際ブランド付きのクレジットカードを持っておくことで、安心感を確保できます。
ここでは、国際ブランドのそれぞれの特徴と、どの国際ブランドがオススメかを紹介していきます。

世界No.1シェアを誇るVISA(ビザ)

VISA
VISAカードは、Value Issuer Service Areaの頭文字をとったものがVISAの由来となっていて、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりです。
世界でNo.1のシェア率を誇り、使える国や地域から加盟店の数も世界一となっていて、VISAカードさえ持っていれば支払いに困ることはないというほど、世界で最も利用されている国際ブランドです。
日本国内でクレジットカードが利用可能な場所では、ほぼ間違いなくVISAは利用可能で、海外でも利用しやすいため、クレジットカードを初めて使うという方はVISAを選ぶという方が多いようです。

VISAはあくまでもブランドであり、VISAインターナショナルという機関が管理する決済機構であるため、独自でクレジットカードは発行しておらず、ライセンスを取得したクレジットカード会社が発行する仕組みになっています。
VISAといえば有名なのが、三井住友VISAカードですが、こちらもライセンスを受けた会社の1つとなります。

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAのポイント・年会費・旅行保険など

MasterCard(マスターカード)

mastercard
MasterCardは、VISAカードの次にシェア率が高く、世界No.2となっていて、VISAと同様に利用できる国や地域の数、加盟店の数が多く決済面で使いやすいことが特徴です。
以前MasterCardはヨーロッパ方面に強いといわれていましたが、現在ではVISAの利用できる範囲とほとんど変わりはありません。

日本国内でもVISAとの利用範囲にほぼ変わりはありませんが、MasterCardは「PRICELESS JAPAN」という、国内での旅行やエンターテイメントの場で優待を受けられるようなサービスを提供しています。
MasterCardもVISAと同様に決済機構で、自社でのクレジットカードは発行しておらず、ライセンスの発行のみに留まっています。

American Express(アメリカンエキスプレス)

アメックス
American Expressは、通称アメックスと呼ばれており、使える国や地域・加盟店数などではなく、ステータスの高さが人気の国際ブランドです。

年会費がやや高めでVISAやMasterCardほどの加盟店数はありませんが、サービスやサポートの質が高く、特に海外サービスが充実していて、ステータスに見合ったサービスを提供してくれるため、富裕層に人気があります。
利用できる加盟店が少ないのがネックですが、JCBと提携をしているためJCBカードの加盟店であればアメックスもほとんど利用できるという契約になっているので、国内でカード決済をする分には全く問題はありません。

しかし、JCBと直接契約をしていないお店では利用できないという例外もありますので、事前に確認しておく必要があります。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)の種類と特徴を比較

JCB(ジェーシービー)

JCB
国際ブランドのほとんどはアメリカ企業ですが、JCBは唯一日本で作られた国際ブランドです。

海外で利用できる加盟店数は、VISAやMasterCardには敵いませんが、海外で日本語のサポートを受けられるなど、日本人にとっての利用価値というのは非常に高く、日本国内での加盟店数は最も多い為、国内での使いやすさはNo.1となっています。
ハワイやグアム・韓国・台湾などの日本人がよく行く国では加盟店が多く存在するので、VISAやMasterCardとほぼ同様に利用することができます。

また、AmericanExpressと提携しているため、海外のAmericanExpress加盟店で利用することができますが、JCBが提携して利用できるということを現地で説明しなければいけないケースも出てくるので、注意が必要です。

JCBカード(一般カード)の特徴【年会費・ポイント・審査】

Diners Club(ダイナースクラブ)

DinersClub
Diners Clubは、世界で初めてクレジットカードを発行した企業で、アメックスと同様に利用できる加盟店数ではなくステータス性の高さが魅力の国際ブランドであるため、富裕層からの人気が高いです。

Diners Clubは、最もグレードが低いクレジットカードであっても、ゴールドカード並の社会性を求められることから、世界最高峰のクレジットカードとして位置づけられています。
年会費は高めの設定ですが、限度額も比較的高めで、グルメや旅行などに利用できる優待サービスが非常に充実しているため、AmericanExpress以外のブランドではとても太刀打ちができないクオリティとなっています。

日本ではJCBと提携しているため、JCBのほとんどの加盟店で利用することが可能ですが、AmericanExpressと同様にJCBと直接契約をしていないお店では利用できないなどの例外があるため、事前に確認しておくことをオススメします。

なお、北米・カナダではMasterCardと提携しているので、利用できる加盟店の幅はどんどん広がっています。

銀聯(ぎんれん)カード

銀聯
銀聯は、中国で作られた国際ブランドで、近年急速に会員数を伸ばしてきており、訪日中国人が増えたこともあって、日本でも加盟店が増えつつあります。

世界シェアはNo.3という位置付けですが、VISAの取扱高である1兆7,500億ドルを超えて、銀聯の取扱高は1兆9,000億ドルとVISAを抜いて世界1位となっているため、最も成長率の高い国際ブランドと言えます。

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVER
ディスカバーという国際ブランドですが、2005年に国際ブランドの仲間入りを果たした新しい国際ブランドで、アメリカを中心に北アメリカ・中央アメリカ・東南アジアなどで会員数が増えていますが、日本国内でディスカバーカードを発行しているクレジットカードはありませんので、日本でこの国際ブランドを知っている人は少数派となります。

ディスカバーは日本では発行されない国際ブランドですが、JCBと提携しているため、日本国内でも利用が可能となっていて、もし発行を希望される場合にはアメリカなどの海外で申請を行う必要があります。

おすすめはVISAかMasterCard

visa_mastercard

いざクレジットカードを持つとなった場合、どの国際ブランドにするか選択をする必要がありますが、やはり加盟店数が多く利便性が高いということを鑑みた場合、まずはVISAかMasterCardを持つことをオススメします。
この2つの国際ブランドであれば、日常での利用はもちろん、海外での利用を視野に入れた場合でも支払いに困ることはまずありません。

VISAかMasterCardのどちらにするか決められないという方は、どちらも作ってしまうという手もあります。
どちらも使用範囲に違いはないとはいえ、海外での利用を想定した時に、VISAしか使えない店舗やATMやMasterCardしか使えない店舗やATMというのも存在するため、両方持っておくのが最も安心です。

三井住友VISAカードなどは、VISAかMasterCardの2枚を作ることができる「デュアル発行」というサービスを提供していて、2枚目の年会費は半額以下となるため、とてもお得です。
三井住友VISAクラシックカードの年会費を例にあげると、1枚目の年会費は1,250円(税抜)ですが、デュアル発行をした場合の2枚目の年会費は、250円(税抜)となります。

もちろん、2枚は必要ないと考える方は1枚だけの発行も可能です。

海外利用でおすすめのクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

知名度No. 1とも言えるステータスカードのアメリカンエキスプレスゴールドカード。魅力は何と言っても手厚い優待サービスです。
国内外1,000か所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが年会費無料で登録できるほか、海外旅行の際の手荷物無料宅配サービスなど、たくさんの特別なサービスを受けることができます。

年会費は29,000円とそのほかにカードと比べると高額ですが、その分受けられるサービスは素晴らしいものばかりです。

主な旅行時の優待特典

  • 空港ラウンジ(同伴者1名まで無料)
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • プライオリティパス
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーターサービス
  • エアポート・ミール
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • 空港パーキング
  • 旅行傷害保険(最高1億円)
  • 航空便遅延費用補償(海外旅行)

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドは国内・海外旅行時のサポートやサービス、特典が充実したクレジットカード


アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)の種類と特徴を比較


海外旅行に持っていくのにおすすめのクレジットカード

-クレジットカードの作り方
-,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.