メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「審査を待たずにすぐクレジットカードが欲しい」という人は、できれば審査なし(無審査)で手っ取り早く簡単にカードが発行できたらいいと思いますよね。 残念 ...

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

blank

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても1〜2週間、長ければ1ヶ月ほどかかってしまいます。 しかし、「急いで購入したい ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

キャッシュカードは審査なしで発行可能!クレジットカードとの違いも解説

更新日:

クレジットカード 女性

キャッシュカードとは、ATMを利用して銀行口座から現金引き出しや預け入れ、振込みなどをするために必要なカードのことです。

審査が厳しい法人口座と違って、個人用の銀行口座であれば未成年でも審査なし同然で開設できるので、キャッシュカードも一緒に作ることができます。クレジットカードとキャッシュカードは混同されがちですが、全く別の機能を持ったカードなので各カードの特徴を抑えておきましょう

ここでは、キャッシュカードとクレジットカードの特徴や、キャッシュカード(口座開設)の審査で落ちてしまう人の特徴についても解説していきます。

キャッシュカードとクレジットカードを間違っていませんか?

クレジットカード 女性

キャッシュカードとクレジットカードは混同されがちですが、全く別の機能を持ったカードです。

キャッシュカードは口座開設をすると審査なしで発行できて、銀行ATMでの引き出し、預け入れ、振込みなどをするのに必要なカードです。

クレジットカードは対応のお店やネットショッピングなどで決済ができて、カード会社が立て替えたものを毎月の支払日に引き落としされるという仕組みのカードです。

クレジットカードとキャッシュカードの違いは以下の通りです。

クレジットカード キャッシュカード
18歳未満 作れない 作れる
銀行操作 不可 可能
審査 あり なし
決済機能 あり なし

キャッシュカードでもクレジットカードやデビットカード一体型など、機能を兼ね備えたカードの場合は別途クレジットカードの審査が必要になります。

それぞれの違いについて見ていきましょう。

キャッシュカードの特徴

キャッシュカードの主な特徴は以下の通りです。

  • 銀行口座に預けたお金をATMから引き出せる
  • 銀行口座にATMからお金を預入できる
  • 銀行口座に預入しているお金を他の口座に振込ができる

法人用の口座は審査が厳しいですが、基本的に個人用の口座ならほぼ審査なし同然で開設することが可能です。

キャッシュカードは自分が不要としない限りは口座開設とセットでもらえるので、口座が開設できればキャッシュカードも審査なしで作ることが可能です。
仕送りの受け取りや、アルバイトでも給与の受け取りで必要になることが多いので、高校生くらいの年齢になればほとんどの人が持っているでしょう。

キャッシュカードは銀行操作に使えるカードで、ネットショッピングや決済には使うことができませんが、デビットカード一体型となっているキャッシュカードの場合は口座から即落としで決済利用もできます。

審査不要で発行できるカードですが、クレジットカード一体型のキャッシュカードを作る場合は別途審査が必要になることを頭に入れておきましょう。

クレジットカードの特徴

クレジットカードの主な特徴は以下の通りです。

  • 現金を持っていなくても決済可能
  • 毎月所定の支払日にまとめて口座引き落としができる
  • カードによってポイント還元や優待サービスが受けられる
  • 支払い方法が選べる(一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払い)

ネットショッピングをするときにクレジットカードを持っていると手数料が安くなったり、カード決済しかできないサイトなどもあるので1枚は持っておくと便利です。

0.5%〜1.0%のポイント還元が受けられるため、毎月の固定費をカード払いにすればお得に支払いができることから作りたいという人が多いです。

毎月の支払いがまとまるだけでなく、手持ちがないときにも決済ができて支払いは翌月か翌々月になるので支払い管理がしやすいのがメリットですが、決済金額はカード会社の一時立て替えとなるので実質一時的にお金を借りている状態になり、審査が必須となります。

申し込んだ人が「返済能力があるかどうか」「利用限度枠はどのくらい必要か」などを見極めて発行の可否を判断するので、選んだカードや自分の収入状況などによっては審査落ちしてしまう人も一定数存在します。

また、キャッシュカードと大きく違うのは審査があるだけでなく、18歳未満の未成年はクレジットカードを作ることができません。18歳未満でクレジットカードを持ちたい場合は口座から即引き落としのデビットカードであればカード会社によりますが満15歳から作ることができてクレジットカード同様に使えます。

クレジットカードは基本的に銀行操作はできないカードですが、キャッシング機能(お金を借りる機能)やキャッシュカードと一体型のカードであれば銀行操作も兼ねて使えるカードも存在します。

キャッシュカードは審査なし同然で作れる

銀行口座

冒頭で解説の通り、口座開設ができればキャッシュカードは審査なし同然で発行可能です。

クレジットカードのように実質一時的にお金を借りている状態とはならないので、貸し倒れのリスクやいくらまでの限度額を付与するかなどを検討する必要がないからです。

ほぼ審査なし同然で作れる口座開設ですが、それでも稀に審査落ちして口座開設を断られてしまうケースもあります。
下の「キャッシュカード(口座開設)で審査落ちする理由」の見出しで審査に落ちて開設を断られてしまう原因で考えられるものを解説していきます。

口座開設は最短即日・キャッシュカードは約1週間程度

新しく自分の口座を作りたいと思ったら、最短即日で口座開設が可能です。
キャッシュカードは後日郵送の場合が多いので、受取に約1週間程度かかります。

窓口での発行なら、当日に通帳がもらえて口座開設までが完了するので、預けたいお金も一緒に持っていけば当日に入金して帰ることもできます。通帳をもらえば口座番号などがわかるので、給与などの振込みを受け付けたりもできます。

また、基本的に銀行は平日しか窓口が空いていないため口座を作りに行けないという人も多いでしょう。
三井住友銀行では、スマートフォンの「口座開設アプリ」か銀行設置の「ローン契約機」を使っての口座開設を受付しています。

土日にしか口座開設できない人は三井住友銀行の口座開設を検討してみましょう。

キャッシュカード(口座開設)で審査落ちする理由

口座開設で審査落ちということは滅多にないですが、稀に落ちてしまう人も存在します。
特に実店舗を持たないネットバンクだと、何も心当たりもないのに審査落ちしてしまう人も存在しています。

口座開設ができない理由として考えられるものは以下の通りです。

  • 本人確認ができない
  • 犯罪目的(口座売買や人に譲渡など)
  • 反社会組織に属しているもしくは関係している
  • クレジットカードやカードローンを同時に申し込みした

申し込み資格を満たしていない人は口座開設できない

銀行口座は基本的に誰でも作ることができて、未成年でも親権者の同意があって資格を満たせば作ることができます

未成年以外で年齢で引っかかることはまずないと思いますが、年齢の資格を満たしていない場合は当然ですが口座を作ることができません。

未成年で銀行口座を解説する場合、満12歳から作れるものや満16歳から作れるものなど各銀行によって定めが違うため、作りたい銀行で確認をしましょう。

一時的に住所が無い場合や、運転免許証などの各種本人確認書類が1枚も用意できないなど、本人確認ができない場合は申し込みの時点で口座開設は難しいと言えます。

外国人であっても日本の銀行口座は作れますが、基本的に在留カードや特別永住証明書など必要書類が多くなるため、書類が揃わない場合は口座開設は難しいでしょう。

不正利用が過去にあった人や可能性がある人は開設できない

過去に銀行口座を犯罪目的での利用したことがある人や、犯罪目的の申し込みの場合は口座開設ができない場合があります。

例えば、口座の売り買いや譲渡などは銀行の利用規約に反しているため、口座開設を断られてしまいます。

また、ほとんどの銀行は反社会的組織に属していると口座開設ができないと明記されているため、暴力団などに関わる人や関わる企業などは申し込みの時点で断られてしまいます。

申し込みの時点で内容に嘘があった場合も口座開設をすることができません。

口座開設と同時にクレジットカードやカードローンの申し込みを行った

銀行口座の解説をすると、同時にクレジットカードの発行を勧められることがあります。

前述の通り、デビットカードの場合は口座に紐付けして即引き落としになるので審査はありませんが、クレジットカードの場合は年収や勤務形態などの審査が必要になります。

クレジットの審査に落ちても別でキャッシュカードが届く場合はいいのですが、どちらかの審査に落ちるとカードの発行自体ができない場合は注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンや、ジャパンネット銀行カードローンなど、口座開設とカードローンを同時に申し込んだ場合にお金を借りる審査に落ちるとそのまま口座開設も同時に断られてしまう可能性が考えられます。

カードローンやクレジットカードと同時に申し込んで口座開設を断られた人は、個人情報信用機関に申し込み記録が残るので最低でも6ヶ月間の期間を開けてから口座だけで申し込みをし直しましょう

クレジットカードは審査が必須

まるばつ 男性

冒頭で解説の通り、基本的にクレジットカードで支払いをすると一時的にカード会社が立て替えをして、毎月の引き落とし日にまとめて精算するという仕組みのため、返済能力があるかどうかなどの審査が必須です。

お金を一時的に立て替えているということは、カード会社としても返済が滞れば困るので慎重に審査をする必要があります。

クレジットカードの審査に落ちる理由

クレジットカードの審査では現在の収入や雇用形態、勤続年数などの「属性」や、「クレジットヒストリー」といういままでのカードの利用履歴などを重視しながら様々な項目にスコアリングシステムという採点方法で採点をしていきます。

カード会社の基準点を満たせば審査通過という仕組みになっています。

支払いの遅延などが多く、返済能力が不安に思われる場合や、いままで一度もクレジットカードを作ってこなかった人(スーパーホワイト)は審査で不利になります。

また、3ヶ月以上の延滞や61日以上の遅延があった場合はブラックリストとして一定期間はカードの審査に通るのは難しい状態となっています。

ブラックになる原因は以下が挙げられます。

  • 自己破産、任意整理などの債務整理を行った
  • 3ヶ月以上の延滞、もしくは61日以上の支払い遅延
  • クレジットカードの強制解約があった

審査に不安がある場合は審査基準が低いと言われるカードを申し込むことで審査に通る可能性があります

クレジットカードの審査に通るための方法

クレジットカードの審査に通るためには以下の点に気をつけて申し込みしましょう。

  • 審査基準の低いカードに申し込む
  • 任意項目もできるだけ埋める
  • 申し込み内容に嘘がないようにする
  • 1ヶ月に3件以上の申し込みをしない
  • 再申し込みは6ヶ月以上の期間を空ける
  • 延滞がある人はまず完済をする

「審査基準の低いカードに申し込む」「1ヶ月に3件以上の申し込みをしない」「延滞がある人はまず完済をする」について解説していきます。

審査基準の低いカードに申し込む

クレジットカードの審査で重視される「属性」とは、雇用形態や年収などの様々な要素が含まれます。

例えば、上京したての人で収入はあるけどアルバイトを始めたばかり、一人暮らしのアパート住まいという場合「居住年数が短い」「勤続年数が短い」「非正規雇用」「賃貸」「一人住まい」というところでどうしても評価が低くなってしまいます。

クレジットカードの審査では正社員よりはどうしても非正規雇用は収入の安定性で評価が低く持ち家に比べてマンションやアパートなどの賃貸の評価も低い傾向にあるため、各項目の点数が低ければ基準点に満たないため審査落ちとなる可能性が高くなります。

その場合は審査基準が低いと言われるカードに申し込むことで、「属性が低い」と判断されてしまう人でもカードの審査に通る可能性があります。

1ヶ月に3件以上の申し込みをしない

基本的に1ヶ月に3枚以上クレジットカードの申し込みをすると「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、延滞などがなくてもクレジットカードの審査に通らない状態となってしまいます。

こうなってしまった場合、個人情報信用機関に申し込みの履歴がすべて残ってしまうため、他社カードに申し込み場合でも履歴が消えるまで最低でも6ヶ月は期間を空けて申し込む必要があります

現在延滞がある人はまずは完済をしよう

現在延滞している支払いがある人は先に完済を目指すことが近道となります。

過去に延滞が原因でブラックになってしまった人の場合、新たな金融事故などが無ければ延滞解消から数えて5年経てばブラックが消えます

また、「数回遅延してしまってブラックになったかもしれない」と人の場合、ブラックではなく審査基準に満たずに審査落ちしている可能性もあるので、審査基準が低いと言われるカードを申し込みすることで審査に通る可能性があります。

▼現在ブラックリストの可能性がある人はこちらも参考にしてみてください。

ブラックリストに載る条件


ブラックリストからクレジットカードを作れるようになるまでの方法

審査に不安がある人におすすめのカード

クレジットカードの審査になかなか通らない人や、審査に不安がある人は審査基準が低いと言われるカードの申し込みをおすすめします

クレジットカードには各カードごとに審査基準があり、具体的な基準は公開されてませんが、審査に不安がある人が基準が高いと言われているカードに申し込みをしても通る可能性は低いです。

ステータス性が高いと言われるようなものは特に基準が高いとされ、年収が一定以上なければ作れないカードなども存在します。

まずは基準が低いとされるカードに申し込みをして、利用と返済を繰り返すことで良好なクレジットヒストリーを作りましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

カードの特徴

SMBCモビットと三井住友カードが提携してできた消費者金融系カード。年会費無料で、Tポイントも貯まり、ETCカードの発行も可能。

発行会社 株式会社SMBCモビット ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方
電子マネー Tマネー ポイント Tポイント

カードの申し込みに迷ったらここをタップ

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は、年会費無料のクレジットカード・カードローン・Tポイントカードの三つの機能を持った多機能カードです。

クレジットカードには発行会社によっていくつか分類がありますが、Tカードプラス(SMBCモビットnext)は消費者金融系カードと呼ばれる分類でお金を困っている人を対象に作られたカードのため、他社で審査に落ちてしまった人でも審査通過の可能性があるカードです。

Tポイントカード(Tマネー)の機能が備わっているため、Tポイント加盟店での支払いやカード提示でもポイントが貯めることができます。

初期設定の支払い方法は「マイペイす・リボ」というリボ払い設定になっていますが、リボ払いを解除すれば手数料なしの一括払いのクレジットカードとして使うことができるので、手元に届いたら設定をしましょう。

消費者金融と聞いてなんとなく怖いイメージを持つ方もいると多いますが、発行会社は三井住友カードなので安心して利用ができます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の特徴は以下の通りです。

  • 年会費永年無料
  • Tポイントが200円につき1ポイント貯まる
  • クレジット払い以外にもTマネーへのチャージ・支払いが可能
  • カードローン機能が使える
  • 年間100万円までの海外ショッピングまたは国内でのリボ払い・3回以上の分割払いのショッピング補償あり

▼関連記事

Tカード プラス(SMBCモビットnext)の特徴【年会費・ポイント還元率・審査など】

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.