クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

更新日:

お金を借りる方法として便利なのがクレジットカードのキャッシングや、カードローンです。どちらもお金を借りるという点では同じように感じますが、どんな点が違うのでしょうか。

今回は、クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いや特徴、選び方のポイントなどを比較しながら初めての方にも分かりやすくまとめました。

クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードには買い物や料金の支払いなどに利用する「ショッピング枠」の他に、お金を借りられる「キャッシング枠」が付帯したものがあります。

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードを使ってCD(キャッシュディスペンサー)やATM・振込でお金を借りる事ができる便利なサービスです。

カードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融会社が発行するカードを用いて無担保で借り入れができるローンです。

住宅ローンのようにお金の使い道が決められていないのが特徴で、銀行のキャッシュカードの中にはカードローン機能が付いたものもありますが、ローン専用のカードが発行されるものもあります。CDやATM・振込のほか、一部ではスマホアプリを利用してカードなしでも借り入れを行う事ができて便利です。

クレジットカードの申し込みと同様に、カードローンの申し込みに際しても審査があります。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いとは?

クレジットカードのキャッシングは、あくまでもカードの付帯機能です。そのため、借り入れが主目的の場合は金利が低いカードローンの方がメリットは多いでしょう。

高い限度額を持てるのはカードローン

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の中に含まれていて、キャッシングの上限はカードの利用限度額となる点には要注意です。例えば、楽天カードの利用限度額は最高100万円なので、100万円以上のキャッシングは利用できません。

一方で、カードローンの限度額は収入に応じて個人差はありますが、例えばアイフルの場合、最高800万円まで借り入れが可能となっているため、まとまった金額を借りたい時にもカードローンなら対応できる可能性があります。

カードローンの方が利息は安い

例えば、JCBのクレジットカードでキャッシングを利用した場合と、同じJCBでもカードローンの「FAITH」を利用した場合では金利に違いがあります。

カードローン「FAITH」 クレジットカード
1回払いのキャッシング 5.00% 15.00~18.00%
リボ払いのキャッシング 4.40~12.50% 15.00~18.00%

続いて、クレジットカードのキャッシングとカードローンの利息を比較してみましょう。

カードローン「FAITH」 クレジットカード
1回払いのキャッシング 212円(5.00%) 764円(18.00%)
リボ払いのキャッシング 1,234円(10.50%) 2,118円(18.00%)

限度額が高くなるほど金利は低くなる

金利は借り入れの限度額に応じて変動するケースが一般的です。

貸金業法に基づいた現在の上限金利は20%で、年4.5%~18%と金利が明記されている場合、下限金利が4.5%で上限金利が18%という事になり、借入金額が少ない場合は上限金利が適用されますが、その反対に借入金額が多い場合は金利が抑えられます。

例としてアイフルの貸付利率の目安を一覧表にしました。

利用額100万円以下 18.0%
利用額100万円超~300万円以下 15.0%
利用額300万円超~500万円以下 12.0%
利用額500万円超~800万円以下 4.5%

この場合、100万円未満の利用であれば18.0%の金利が適用されていますが、利用額が増えるごとに金利は段階的に下がっていき、利用額500万円超~800万円以下の場合は4.5%になっています。

返済方法にも違いがある

クレジットカードのキャッシングの返済方法は「一括」または「リボ払い」

クレジットカードのキャッシングを利用した場合、返済方法は「一括(1回払い)」または「リボ払い」となるのが一般的です。クレジットカードのショッピング枠と同様に、支払日になると銀行口座から引き落とされるほか、コンビニATMから返済できるものもあります。

カードローンは返済方法が多い

カードローンの返済方法は「一括」や「リボ払い」に加えて「分割払い」が利用できるケースがあり、コンビニやATM・振込・店頭窓口・インターネットなど返済方法が多く、利便性が高いのが特徴です。

リボ払いとは?

クレジットカードのキャッシングや、カードローンの返済方法などに広く用いられている「リボ払い」には様々な種類があります。

リボ払いは分割払いとは違って、追加で借り入れを行った場合も返済額は定額になるため月々の返済額が抑えられる一方で、返済期間が延びるというデメリットには要注意です。
例えば、アイフルなどで利用できる「残高スライド元利定額リボルビング方式」の場合は、元金と利息を合わせた一定額を月々返済する方法で、最低返済額は借入残高に応じて変動します。

審査や申し込み条件の違い

クレジットカードのキャッシングは18歳以上から

クレジットカードのキャッシングは18歳以上の方が利用できます。このため、18歳以上であれば学生の方が海外留学の際に海外ATMで現地通貨をキャッシングする事も可能です。

例えば、三井住友VISAカードの「デビュープラスカード(学生)」の場合、最高5万円までのキャッシング枠が与えられます。

カードローンは20歳以上

カードローンの申し込み条件は20歳以上の方となっています。20歳以上であれば、学生であってもアルバイトなどで収入がある場合はカードローンでお金を借りる事ができます。

ただし安定収入のない方や、他社と合わせた借入総額が年収の3分の1を超える場合は、貸金業法の総量規制の対象となるため借り入れができません。

おすすめのカードローン

アイフル

アイフルの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン。

キャッシングローンの金利 3.0%~18.0% かりかえMAX・おまとめMAXの金利 3.0%~17.5%
審査時間 最短30分 即日融資 可能
限度額 キャッシングローン / かりかえMAX / おまとめMAX
最大800万円まで
担保・保証人 不要

アイフルは、東証一部上場のカードローン大手です。カードローンの利用が初めてという方にも優しいサービスを多く展開しているのがアイフルの特徴で、コールセンターも「初めてのお客様専用ダイヤル」や、女性オペレーター対応の「女性専用ダイヤル」など複数の番号が用意されています。

アイフルなら最短30分で審査が終わるので即日融資が可能で、インターネットで申し込みを行った後に電話をすると優先して審査を進めてくれます。

最大30日間利息0円サービス

アイフルでは、初めて無担保キャッシングローンを利用する方を対象にした「最大30日間利息0円サービス」を展開しています。無利息期間は「契約日の翌日から30日間」となり、最大30日分無利息で借り入れができるのがメリットです。

郵便物一切なしの「WEB完結サービス」

家族に内緒でカードローンを利用したいという方にぴったりなのが、自宅に郵便物が送られてこない「WEB完結サービス」です。申し込みから契約までを全てインターネット上で済ませる事ができるので、書類やカードが自宅に届きません。

カードがなくてもスマホアプリを使ってセブン銀行のATMで借り入れができるので、365日24時間取引が可能です。

アイフルなら在籍確認を書類提出で済ませられる

カードローンを申し込むと審査時に勤務先へ「在籍確認」という電話が入りますが、アイフルなら在籍確認を書類の提出で済ませる事ができます。

アイフルは要望に柔軟に対応してくれる事でも知られていて、在籍確認で電話をかけられたくないという旨を前もって相談しておけば、給与明細や源泉徴収票など必要書類を提出する在籍確認の代替案を提示されます。

書類で在籍確認ができれば、勤務先にカードローンの利用を知られる事もないので安心です。

-キャッシング・カードローン

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.