クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

審査なし・在籍確認なしのカードローン・キャッシングは存在する?

更新日:

「カードローンの審査になかなか通らない」または「すぐにでもお金を借りたい」ということで、審査なし(無審査)で借りられるカードローンを探しているかと思います。

そこで今回は、審査なしのカードローンはあるのか、そもそもカードローンの審査ではどんなところを見ているのかといった点について解説していきます。

▼関連記事

審査が通りやすいカードローンは?審査基準や審査落ちの理由も

悪徳業者以外の審査なしのキャッシングやカードローンはない

「キャッシング」といっても、クレジットカードを使ったキャッシングと消費者金融や銀行からお金を借りるカードローンがありますが、そのどちらにしてもキャッシングを受けるには審査が必ずあります。
「審査なし」を名目に行っているキャッシングがあるとすれば、それは闇金や悪徳金融業者と呼ばれる、法外な金利・利息をふっかけてくる業者なので注意してください。

審査が必ず行われる理由としては、クレジットカード会社にとっても、金融業者にとっても、貸したお金を踏み倒されたくないので、申込者の過去のローンやクレジットカード、奨学金などの支払い状況や会社に属していて支払い能力があるかどうかは最低限審査する必要があるのです。

カードローンの審査基準

カードローンの審査基準は、申込者の信用情報・属性・在籍確認がカギとなっています。
カードローンの審査はクレジットカードの審査とほとんど同じで、主に信用情報と返済能力を審査しますが、過去に延滞や貸倒・破産などを起こしていて信用情報(クレヒス)に傷がある場合は審査通過が厳しくなります。

属性は申し込み時に記載した収入や勤務先の情報、現在の借り入れ状況などを軸に審査が行われますが、この際にひとつでも問題のある項目が見つかると審査落ちしてしまう事があるので注意しましょう。例えば、年収は審査基準をクリアしていたとしても、他社からの借り入れ件数や金額が大きい場合、審査に通らない事も十分に考えられるのです。

在籍確認は基本的に審査通過の可能性がある方に対してのみ行われています。もし、信用情報や属性で審査基準に満たなかった場合は在籍確認の前に審査落ちする事もあるので、裏を返せば在籍確認まで来れば審査通過まであと少しの状態です。

急ぎでお金を借りたいなら「最短即日融資可能なカードローン」がおすすめ

即日融資は消費者金融系カードローンを選ぼう

カードローンにはアコムやプロミス、アイフルといった会社が取り扱う「消費者金融系カードローン」と、三井住友銀行やみずほ銀行といった銀行が取り扱う「銀行系カードローン」、三菱UFJニコスやオリコなどの会社が取り扱う「信販系カードローン」があります。

「すぐに現金が必要!審査に時間をかけたくないので“審査なし”のカードローンを探している」という方であれば、最短即日融資が可能な消費者金融系のカードローンをおすすめします。

消費者金融系カードローンは、基本的にどこの会社も審査回答が早く、最短即日融資可能な上に、はじめての借り入れだと無利息期間(利息0円)が用意されています。

国内最大手消費者金融のアコム・プロミス・アイフルを比較!それぞれの違いは?

最短30分で審査回答!契約から30日間利息0円の「アイフル」がおすすめ

アイフル

アイフルの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン。

キャッシングローンの金利 3.0%~18.0% かりかえMAX・おまとめMAXの金利 3.0%~17.5%
審査時間 最短30分 即日融資 可能
限度額 キャッシングローン / かりかえMAX / おまとめMAX
最大800万円まで
担保・保証人 不要

アイフルのカードローンは申し込み後、最短30分で審査回答が届き、契約完了後に「インターネットか電話での振り込み予約での融資」、「アイフルの店舗窓口でカードを受け取って、アイフルATMや提携CD/ATMでの融資」、「アイフルのスマホアプリを利用してセブン銀行ATMで融資を受ける」という3種類の借り入れ方法で即日融資を受けることができます。

※融資を極力急ぎたい場合は、申し込み完了後、フリーダイヤル(0120-337-137)に急ぎで対応してほしい旨を伝えれば、優先して審査を進めてもらえます。

また、はじめてアイフルを利用する方なら、契約から30日間無利息(利息0円)で利用できるので「給料日が来たらすぐに返済できる」という方にはピッタリです。

事前に審査通過可能か1秒診断

アイフルの特徴【審査、返済方法、デメリット】

審査の通りやすさで選ぶなら「消費者金融系カードローン」がおすすめ

カードローンには大きく分けて3つの種類がありますが、審査の通りやすさで選ぶのであれば消費者金融系のカードローンがおすすめです。

銀行系カードローン

「銀行系」のカードローンは、三井住友銀行やみずほ銀行など銀行が運営していて、消費者金融と比較すると金利が安く、貸金業法の総量規制の対象とならないので借り入れ額が年収の3分の1以下に制限される事がない点がメリットです。
ただし、最近ではこの事が問題視され、銀行が独自に自主規制をかけているケースも出てきています。

銀行系カードローンなら他で審査に通らない方でも利用できる事もありますが、消費者金融より審査は厳しめで審査に時間がかかるのがデメリットです。

消費者金融系カードローン

2つ目は「消費者金融系」のカードローンで、アコムやプロミス、アイフルなどが消費者金融系に属しています。

消費者金融系カードローンのメリットは、銀行系や信販系と比較すると審査に通りやすく、審査にかかる時間が短いため早ければ1時間程度で即日融資ができる事や、家族にバレたくないという方に対してきめ細かな対応を取ってくれます。

一方で、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える借り入れができない点はデメリットといえます。

信販系カードローン

3つ目は「信販系」のカードローンで、三菱UFJニコスやオリコといったクレジットカード会社などが提供しているカードローンのサービスです。

こちらも総量規制の対象となるため年収の3分の1を超える借り入れはできず、金利はカード会社によって差があります。

在籍確認なしのカードローンはある?

コールセンターの女性

カードローンに申し込むと、申込者が本当に申告した会社に勤務しているのかを確認するための電話「在籍確認」をおこないます。
カードローンの審査では「収入」を重視するため、基本的には在籍確認の電話はかかせません。

しかし、在籍確認をなしにしたり、電話以外の方法で対応してくれるカードローンはあります。

在籍確認をなしにしてもらう方法

カードローンの審査では、申し込みを行った方が実際に職場で勤務しているかを調べるために「在籍確認」という電話がかかってくるのが一般的ですが、アイフルなら申し込み時に相談しておくと、在籍確認を給与明細や源泉徴収票などを提出する方法に切り替えてくれます。

また、業者によっては借り入れ額が少額であれば在籍確認の電話なしで融資をしてくれるカードローンもあるため、在籍確認で電話がかかってくる事を避けたいという方にぴったりです。これなら、家族や勤務先にお金を借りる事がバレる心配はないでしょう。

在籍確認の電話では社名を名乗らないよう配慮してくれる

在籍確認の電話を職場にかけられると「お金に困って借金している」というイメージを持たれるのでは?と不安に思いますよね。
しかし、カードローンの在籍確認の電話は担当者の個人名でかけられるようになっているので、同僚や上司が電話に出た場合でも社名が伝えられる事はありません。

もし電話がかかってきたら、クレジットカードを申し込んだと言い訳しておけば怪しまれないでしょう。

郵送物をなしにしてもらえる「WEB完結」を選択する

カードローン用のカードを発行する際に郵送受取を選択すると自宅にカードや書類が送られてきてしまうので、受け取り方法は店頭や無人契約機にするか、カードレスのWEB完結を選ぶようにした方が無難です。

アイフルの「配達時間えらべーる」なら、細かく時間指定ができるので確実に自宅にいる時間を指定してカードを受け取る事ができます。

カードローン審査に通るためにできる対策

嘘の情報は申告しない

カードローンの審査では返済能力がチェックされるため、年収を多く記載した方が審査に通りやすいのでは?と思われるかもしれませんがこれは逆効果です。たとえ年収をサバ読みして多く記載しても、年齢や会社の規模・勤続年数などによってある程度は年収を割り出す事ができるので、もしサバを読んでいた事がバレてしまうと虚偽記載として審査落ちの対象となってしまいます。

申し込み時に嘘を記載したり、入力ミスであっても誤った項目があると審査落ちの恐れがある上に、悪質であると判断されると社内ブラックになって今後一切審査に通らなくなる事も考えられるので絶対にやめましょう。

情報は正しく正直に記載するのが申し込みの鉄則です。

借り入れ希望額を高くしすぎない

借り入れ希望額は低くした方が審査に通りやすいため、なるべく低い限度額で申し込む事も対策として有効です。

前述の通り、消費者金融系や信販系のカードローンは貸金業法の「総量規制」の対象となり、年収の3分の1を超える借り入れが制限されます。このため、借り入れ希望額を高くしすぎると審査通過が困難になる恐れが出てくるので要注意です。

例えばアイフルの場合、アイフルで50万円以上の利用限度額を希望する場合や、アイフルと他の貸金業者からの借り入れ総額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となります。

借り入れ件数や借り入れ総額は少なければ少ないほど審査では有利になるので、現在借金がある場合はなるべく減らしてから申し込むのが良いでしょう。

ブラックリストしている場合は事故情報(異動)が消えてから申し込む

過去にクレジットカードやローンでブラックリスト入りしている場合は、事故情報(異動)が消えてから申し込むのも審査通過率を上げるための対策として有効です。
カードローンの審査では信用情報がみられますが、過去にトラブルを起こして信用情報(クレヒス)に事故情報が残っていると審査通過が厳しくなるため、事故情報が消えるまで待って申し込んだ方が審査通過率は上がります。

支払いの延滞や遅延・債務整理は5年で事故情報が消えますが、自己破産をした場合は10年間に渡って事故情報が残りブラックリスト入りの状態が続くため、その間クレジットカードやローンの審査に通りにくくなるので要注意です。

▼各信用情報機関に異動情報が残る期間

異動になる条件 CIC JICC KSC(全国銀行個人信用情報センター)
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3ヵ月連続の延滞 5年 5年 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年

※61日以上の延滞と3か月連続の延滞、どちらの延滞で「異動情報」がつくのかは、借入総額や支払いが遅れることを電話で連絡したかどうか、電話の態度はどうだったかという点でかわってきます。

債務整理で自己破産を行った場合は信用回復までの期間が長く、トラブル解消後10年間はブラックリスト入りの状態が続くためカードローンの新規契約が難しくなります。

クレヒスは個人信用情報機関という専門の機関で管理されていて、本人の申し出により情報の開示請求を行う事ができるので、クレヒスに不安のある方は利用してみるとよいでしょう。

▼各信用情報機関のホームページ

審査が不安な方はアイフルの「審査通過可能か1秒診断」を試してみよう

アイフル

アイフルの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン。

キャッシングローンの金利 3.0%~18.0% かりかえMAX・おまとめMAXの金利 3.0%~17.5%
審査時間 最短30分 即日融資 可能
限度額 キャッシングローン / かりかえMAX / おまとめMAX
最大800万円まで
担保・保証人 不要

キャッシング・カードローンの審査が不安な方は、申し込み前にアイフルの「審査通過可能か1秒診断」を試してみるのがおすすめです。
年齢や職業、収入、借入額などを入力するだけで借り入れ可能かどうかを一瞬で判断してもらえます。

事前に審査通過可能か1秒診断

アイフルの特徴【審査、返済方法、デメリット】


アイフルの申し込み方法と借り方

-キャッシング・カードローン

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.