クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

審査なしのキャッシングやカードローンはある?

更新日:


急な出費のときなど、キャッシングをしたいけれど審査が通るか不安という人もいると思います。

そこで今回は、審査なしでキャッシングできる消費者金融や銀行カードローンはあるのか、そもそもキャッシングの審査とはどういうものかについて解説します。

悪徳業者以外の審査なしのキャッシングはない

デメリット

「キャッシング」といっても、クレジットカードを使ったキャッシングと消費者金融や銀行からお金を借りるカードローンがありますが、そのどちらにしてもキャッシングを受けるには審査が必ずあります。
「審査なし」を名目に行っているキャッシングがあるとすれば、それは闇金や悪徳金融業者と呼ばれる、法外な金利・利息をふっかけてくる業者なので注意してください。

審査が必ず行われる理由としては、クレジットカード会社にとっても、金融業者にとっても、貸したお金を踏み倒されたくないので、申込者の過去のローンやクレジットカード、奨学金などの支払い状況や会社に属していて支払い能力があるかどうかは最低限審査する必要があるのです。

審査なしで作れるクレジットカードはないという関連記事

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも審査に通るカードも】

クレジットカードがなくてもキャッシングはできる?

ATM

持っているクレジットカードにキャッシング枠の設定がない場合は、新たにキャッシング枠の設定を申し込み審査が通ればキャッシングを利用することができます。
それではクレジットカードを持っていない場合はどうでしょうか。クレジットカードを持っていない場合は、カードローンに申し込むという方法があります。

カードローンは無担保、保証人なしで申し込むことができ、多くのカードローンで支払い方式がリボ払いとなっているので、毎月の返済額を一定にすることができます。
しかしその反面、リボ払いは完済するまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。
クレジットカードを持っていなくてすぐにお金が必要という場合は、カードローンを利用すると良いでしょう。

カードローン(キャッシング)の種類

カードローン(キャッシング)には大きく分けて3つの種類があります。ここではそれぞれのカードローンの種類について見ていきます。

消費者金融系カードローン

1つ目は消費者金融のカードローンです。消費者金融とは個人向けに小口融資をしている業者のことです。消費者金融の特徴として、無人の契約機で申し込みができるため、誰にも会わずに申し込むことができます。また、即日融資してくれるところが多く、すぐにお金が必要な時などに利用すると便利です。

借りられる金額は審査によって決まりますが、裁量規制によって年収の3分の1以上は借りられないようになっています。

消費者金融のカードローンとしては、アコム、アイフル、プロミスなどがあります。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは銀行が運営しているカードローンです。都市銀行だけではなく地方銀行でも取り扱っているところが増えていて、たくさんの銀行で取り扱われています。

銀行系カードローンの特徴として、裁量規制の対象にならないので年収に対する限度額がありません。そのため、他社からの借り入れが多く、消費者金融では借りられなかったり、クレジットカードの審査に通らない人が利用する場合が多くあります。
また消費者金融に比べると金利が低めに設定されています。

ただ、銀行系カードローンも専業主婦などの返済能力がない人への貸しすぎが金融庁に問題視された影響で、総量規制対象外について見直しが行われているところです。(2017年12月現在)

銀行系カードローンの代表格としては、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、新生銀行のレイクなどがあります。

信販系カードローン

信販系カードローンとは、クレジットカード会社などが運営しているカードローンです。消費者金融と同様に総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える借り入れはできません。

金利はカード会社によって違いが大きく、消費者金融や銀行系カードローンと一概に比べることができません。利用する場合は複数のカード会社を比較すると良いでしょう。

信販系カードローンの代表格としては、三菱UFJニコスやオリコ、オリックスクレジットなどがあります。

カードローンのキャッシングの審査内容とは

カードローンのキャッシングの審査とはどのようなことを基準に判断するのでしょうか。必ず行われることの一つが個人信用情報機関への照会です。
個人信用情報機関とは、これまでの借り入れ状況や返済状況などの個人の信用情報が登録されている機関のことで、この情報を元に返済能力があるのかなどが判断されます。

過去に支払いを滞納していたり借入額があまりに多い場合などは審査に通らない可能性もあります。
このほか、申し込みのときに勤務先の情報や年収なども記入するので、これらの情報も判断材料となり、審査が行われます。

電話での在籍確認はある?

カードローンを申し込むときに多くの人が不安に感じることの一つが会社への在籍確認ではないでしょうか。一部の消費者金融では、給与明細などを送ることで在籍確認として認めてくれるところもありますが、電話で行うのが基本です。
しかし会社名は名乗らずに個人名で電話をしてくれるので、会社にバレる可能性は低いと言えます。

収入証明は必要?

収入証明の提出の決まりはローン会社によって違います。基本的には50万円以下の借り入れは提出の必要がなく、50万円以上から提出というところが多いです。しかし審査の状況によって、50万円以下の借り入れでも収入証明の提出が必要な場合もあります。
 

審査にかかる時間

審査にかかる時間は各金融機関ごとに違います。一般的には、消費者金融の場合は融資まで最短30分など即日完了するところが多く、銀行系カードローンでも一部の銀行では即日完了となるところもあります。

しかし消費者金融以外の銀行系カードローンや信販系カードローンは1日から1週間程度となり、数日かかる場合がほとんどです。もちろん、審査の状況によってはさらに長くなることもあります。

キャッシング申込で気をつけること

審査がより通りやすくなるように、キャッシングを申し込むときに気をつけるべきことを見ていきましょう。

  • 嘘の情報は申告しない
  • 借り入れ希望額を高くしすぎない
  • 必要以上に借りない

カードローンに申し込むときは年収なども申告しなければなりません。年収は高い方が支払い能力があると判断されやすいですが、本当の年収よりも高く書くのはやめましょう。
年齢や勤続年数、業種などによって基準となる金額があり、嘘を申告してもすぐにばれてしまいます。

また、借り入れ希望額はあまり多くしすぎないほうがいいでしょう。極端に高すぎると支払い能力に疑問を持たれてしまいます。カードローンを利用している中で増額の申し込みもできるので、まずは少なく申し込んでおき、あとから増額の申し込みをするほうが審査が通りやすいと言えます。

最後に、審査が通るからと必要以上に借りないようにしましょう。返済ができなくなってしまわないようにしっかりと自分の返済能力を把握してから申し込みましょう。

審査が不安な方はアイフルの「審査通過可能か1秒診断」を試してみよう

アイフルのカードローン

カードの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン

実質年率 年4.5%〜年18.0% 借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 発行可能

キャッシング・カードローンの審査が不安な方は、申し込み前にアイフルの「審査通過可能か1秒診断」を試してみるのがおすすめです。
年齢や職業、収入、借入額などを入力するだけで借り入れ可能かどうかを一瞬で判断してもらえます。

事前に審査通過可能か1秒診断

アイフルの申し込み方法とお金の借り方

-キャッシング・カードローン
-

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.