クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

キャッシング枠を0円にするとクレジットカードの審査に通りやすい理由

更新日:

「キャッシング枠を0円にするとクレジットカードの審査に通りやすい」といわれていますが、キャッシング枠を希望するとなぜクレジットカードの審査が厳しくなるのでしょうか。

そこで今回は、キャッシング枠とは?という今さら人には聞けない疑問を解消しながら、キャッシングのメリットや、学生や未成年でもキャッシング枠は持てるの?という点についても分かりやすく解説していきます。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

クレジットカードには、大きく分けて2つの「枠」があります。
ひとつ目が「ショッピング枠」で、ふたつ目が「キャッシング枠」です。

ショッピング枠とはその名が示している通り、クレジットカードを使って買い物(ショッピング)などの代金の支払いをする時に利用する枠のことで、全てのクレジットカードで使える「枠」になっています。
対してキャッシング枠とは、クレジットカードを使ってお金を借りることができる枠のことで、コンビニや銀行、郵便局のCD・ATMでキャッシングが可能です。
お金を借りると当然利息(金利手数料)が発生するので、カード会社の収入源にもなっています。

キャッシングの金利はおよそ年15%~18%程度となり、返済方法は一回払いやリボ払いでカードのショッピング枠の利用分と合わせて自動引落となるのが一般的です。
キャッシング枠も多くのクレジットカードで利用できますが、カードを作る時には「0円(なし)」にして申し込むこともでき、キャッシング枠を付けずにカードを申し込んだ場合も、後から審査を受けて付けることもできます。

キャッシング枠の限度額はショッピング枠の中に含まれている

ショッピング枠とキャッシング枠は機能面では別々の枠ですが、キャッシング枠の限度額はショッピング枠の中に含まれているという点には注意が必要です。

例えば、利用限度額が80万円のクレジットカードを持っていて、キャッシング枠が30万円ならショッピング枠は80万円まで利用可能ですが、キャッシングを30万円利用するとショッピング枠は残り50万円となります。
ショッピング枠の方が優先されるので、ショッピング枠で80万円を使い切った場合、キャッシング枠は0円になるのです。

このように、ショッピング枠とキャッシング枠はお互いの残枠に影響を与えるので、利用する際はバランスを考慮しましょう。

キャッシング枠を0円にするとクレジットカードの審査に通りやすい

「キャッシング枠を0円にするとクレジットカードの審査に通りやすい?」という疑問の答えは「YES」です。なぜかというと、ショッピング枠には「割賦販売法」という法律が適用されていますが、キャッシング枠を希望した場合はそこに「貸金業法」という法律も加わってくるため、クレジットカードの入会審査が厳しくなってしまい、審査にかかる時間も増えてしまいます。

貸金業法では「総量規制」という規定により、年収の3分の1を超える借り入れはできず、すでに他社からの借り入れがある場合は収入証明書の提出が求められるケースもあるので注意しましょう。
カード会社としても返済能力のない方にお金を貸す訳にはいかないので、キャッシング枠の審査を厳しくしているのです。

銀行のカードローンや住宅ローンは総量規制の対象外で、クレジットカードの審査でいう「他社からの借り入れ」に含まれるのは消費者金融やカード会社のキャッシングなどとなります。
楽天カードでキャッシング枠を希望した場合、収入証明書による年収確認が行われるのは以下のケースです。

  • 当社のキャッシング枠もしくは借り入れ額が50万円を超える場合
  • 当社のキャッシング枠もしくは借り入れ額と他社借入額の合計が100万円を超える場合

このような場合には、収入証明書として源泉徴収票や給与明細などを提出する必要が出てきます。
提出した収入証明書の有効期限は3年間で、転職などによって収入に変動があった場合は再提出を求められることもあるので注意しましょう。

収入がない専業主婦や無職の方はキャッシング枠を持てない

前述のように、貸金業法の「総量規制」の対象となるキャッシング枠は収入のない方は持てません。
楽天カードの場合も「お勤めではない専業主婦や無職の方はキャッシング枠付与の対象外となっています」と公式サイトに明記されてあります。

主婦であってもパートやアルバイトなどでコンスタントに収入があれば、キャッシング枠を持つことが可能です。

学生や未成年でもキャッシング枠は持てる?

基本的に、クレジットカードは申し込み資格が「高校生を除く満18歳以上の方」となっているため、18歳未満の方や高校生はカードを持つことができませんが、高校を卒業した18歳以上の方であればクレジットカードやキャッシング枠を持つことができます。

ただし、社会人のように高額な利用はできず、キャッシング枠も多くの場合は最高10万円程度で設定されるという点は頭に入れておきましょう。
未成年者がクレジットカードを申し込む場合は親権者の同意を得る必要があり、親権者の同意なくしてカードは作れません。

電話や書面でカード会社から確認が入るので、予め親権者にカード申し込みの了承を得ておくようにしてください。
親権者の同意を得ると親の信用をもとにキャッシング枠も持てるようになるので、内緒でカードを作ることはやめましょう。

学生や未成年でもクレジットカードのキャッシング枠を利用できる?

他社からの借り入れは「個人信用情報機関」に記録されている

「他社からの借り入れは自己申告だから嘘を書いてもバレない」ということはありません。
他社からの借り入れは、個人信用情報機関という専門の機関にカードやローンの利用履歴(クレヒス)が記録されていて、クレジットカードを申し込むとカード会社がチェックするため、嘘を書くとバレて審査落ちしてしまいます。

審査に通りやすいようにと嘘を書くと逆効果になる恐れもあるので要注意です。

キャッシング枠のメリット

審査こそ厳しくなりますが、キャッシング枠はデメリットばかりではありません。
例えば、楽天カードの場合は新規入会時にキャッシング枠を希望するとポイントがもらえるキャンペーンがあり、30万円以上のキャッシング枠を希望して審査に通過すると最大2,000ポイントが抽選で付与されます。

また、キャッシング機能を利用して海外旅行の際に街角にあるATMを使って現地通貨を調達することもでき、両替所を利用するよりも割安な料金で現地通貨が手に入るという点もメリットです。
最近ではインターネットからキャッシングで借りたお金を返済できるカードもあるので、長期間の旅行でも金利手数料を気にする必要はありません。

もし、クレヒスや収入に自信があれば、キャッシング枠を希望してみるのも良いでしょう。

審査が不安な方におすすめのクレジットカード

クレジットカードの中には、他社とは異なる独自審査を行っているカードがあります。
このようなカードであれば、他のカードで審査落ちした方でも作れる可能性があるでしょう。

ライフカード(年会費あり)

ライフカード(年会費あり)

カードの特徴

「過去に延滞がある方」でも作れるクレジットカード。年会費5,000円(税抜)で保険も付帯したライフカードが作れる。ただし、「独自の審査基準」というだけで審査が甘いわけじゃないので注意!

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 5,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
シートベルト傷害保険:最高200万円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD 申し込み資格 ・高校生を除く18歳以上
・電話連絡が可能な方
・未成年者は親権者の同意が必要

新登場したライフカードは、申込者を個別に独自審査してくれるため、クレジットカードを作ったことがない「スーパーホワイト」の方や、他社で審査落ちした方、審査に不安がある方も申し込みOKとなっているのが最大の特徴です。

年会費は5,000円ですが、ひと月あたりに換算すると400円弱なので負担も軽く、ETCカードは無料で作ることができます。
カードの国際ブランドは海外でも多くの加盟店を持つMasterCardで、最高2,000万円補償の国内・海外旅行傷害保険がカード利用を問わない「自動付帯」で付く点も魅力です。

ポイント還元率は0.5%、初年度はポイント1.5倍となり、誕生月は3倍になるなど貯めやすい仕組みが整っていて、ポイントの有効期限は5年なのでじっくり貯められます。

弁護士による無料相談サービスもあり、上位カードのゴールドカードになると旅行保険の補償額が最高1億円にアップして、空港ラウンジも利用可能です。初年度の年会費はカード受け取り時に代金引換で支払う形になりますが、翌年度からは金融機関の口座から自動振替になります。

▼カードの詳細はこちら

過去に延滞履歴のある人でも審査OK!ライフカード(年会費あり)の特徴

関連記事

クレジットカードでお金を借りる(借金する)「キャッシング」の利用方法と注意点


キャッシングを利用するのにおすすめのクレジットカード!借りやすさと返済しやすさで選ぼう

-クレジットカード審査
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.