クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

クレジットカードの選び方や比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

目次

未成年・学生におすすめのクレジットカード


18歳以上になると未成年者でもクレジットカードを作ることができるようになるので、多くの人が高校を卒業して、大学、専門学校などの在学時に初めてのクレジットカードを作っています。

未成年者や学生は本人の収入が無くても学生向きのクレジットカードを選べば審査には通りやすいです。

例えば以下のカードです。

高セキュリティでポイント高還元率「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳から25歳まで限定の三井住友VISAカード。一般カードの2倍ポイントが貯まり、年に1回でも年会費無料の初心者におすすめのカード

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

学生や未成年者の方には、18歳~25歳までの若い人限定で申し込みができる「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめです。
デビュープラスカードは、世界シェアNo.1の安心と信頼のVISAブランドで、1年間に一回でもカードを利用すれば年会費無料(実質無料)のカードです。

クレジットカードを使うのが初めてで不安という方でも、セキュリティ性が高い銀行系カードのため安心して利用できることで人気のカードです。

また、通常の三井住友VISAカードの2倍もポイントが貯まる上、入会後3か月は5倍の2.5%のポイント還元率になるのでポイントも貯まりやすいカードです。

若いうち限定で年会費無料のセゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、永久不滅.comを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円+税)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)は、通常であれば年会費3,000円+税がかかるクレジットカードなのですが、25歳以下の人であれば年会費無料で利用できるカードです。
通常であれば年会費がかかるというカードなだけに、海外旅行傷害保険の補償内容は高額で、海外旅行から帰国したら空港から自宅までスーツケースなどの手荷物1個を無料で配送する「手荷物無料宅配サービス」や、海外用Wi-Fiルーターと携帯電話のレンタルサービスなど、アメックスならではの海外サービスが豊富です。

また、発行元がクレディセゾンということで、セゾンカードの特徴であるポイント有効期限のない「永久不滅ポイント」や、スーパーの西友・LIVINで毎月5日と20日に5%OFFでショッピングができたり、月末の金・土・日に全国のLOFTで5%OFF~10%OFFでショッピングができたりと、日常での利用でも優秀なカードです。

海外での補償が多い学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

学生専用ライフカードは18歳~25歳までの大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生といった学生限定で申し込み可能なカードです。

学生専用ライフカードの魅力は、海外でのケガや病気、損害賠償や携行品損害の補償もしてくれる「海外旅行傷害保険」が、カードを持っているだけで適用される「自動付帯」であることと、海外でカードを使ってショッピングをすると、利用金額の5%がキャッシュバックされるサービスが付いていることです。
さらに、旅行先でパスポートの紛失や盗難、警察や保険会社への連絡といったトラブルに対応してくれる「エマージェンシーサービス」も付いています。

ポイントの貯まりやすさ「ポイント還元率」で選ぶ

ポイントをもらって喜ぶ人

クレジットカードを選ぶ基準として最も人気が高いのが「ポイントの貯まりやすさ」です。
貯めたポイントは、Amazonポイントや楽天スーパーポイントといったネットショッピングで利用できるポイントに交換できたり、電化製品や商品券など各カード会社が提供する様々な商品と交換できます。

クレジットカードを利用して貰えるポイントが、ポイント交換後に何円分に相当するかを示す割合のことを「ポイント還元率」と言います。ポイントの貯まりやすさで選ぶのであれば、この「ポイント還元率」が高いカードを選ぶと良いでしょう。

平均的なポイント還元率は0.5%で、いわゆる高還元率カードと言われるカードだと1.0%以上にもなります。さらに、高還元率カードと言われるカードはポイントに重きを置いているカードなので、特定の利用方法をとることで上乗せしてポイントを獲得できるものが多いです。

代表的なカードを紹介します。

カード名 標準ポイント還元率 特定の利用方法
楽天カード 1.0% 楽天市場などの楽天サービスで利用するとポイント3倍
リクルートカード 1.2% リクルートが運営するサービスで利用するとポイント還元率2.2%
オリコカード・ザ・ポイント 1.0%(入会から半年は2倍) オリコモール経由でのショッピングで、楽天市場やAmazonなどで2倍以上の還元率

ポイント還元率が高く使いやすい楽天カード

楽天カード

カードの特徴

通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

ポイント還元率がどこでも1.2%のリクルートカード

リクルートカード

カードの特徴

通常ポイント還元率が1.2%と他社のクレジットカードと比較しても高還元率。ホットペッパーなど、各種リクルートの運営するサービスでお得なクレジットカード

発行会社 リクルートホールディングス ポイント還元率 1.2%
年会費 無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、nanaco、モバイルSuica ポイント リクルートポイント

ネットショッピングで高還元率になるオリコカード・ザ・ポイント

オリコカードザポイント

カードの特徴

オリコが運営する「オリコモール」でカード利用をすることでAmazonでも楽天でもポイント高還元率になるカード。

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

優待ショップの割引率で選ぶ

特定のショップ(優待ショップ)でクレジットカードを利用、または提示するだけで割引が適用されるカードがあります。

割引率の高いカードだと10%以上の割引ということもあるので、よく利用するお店やサービスの割引が適用されるカードがないか調べてみることをおすすめします。
家電量販店・デパート・スーパー・コンビニなどの大手企業は、ほとんどが発行していますよ。

カード名 割引条件と割引率
イオンカード ・イオン各店で20日、30日は5%OFF
セゾンカード ・西友・リヴィン・サニーで5日、20日は5%OFF
エポスカード ・マルイで年に4回10%OFF
・SHIDAXやBIGECHOでカラオケルーム料金30%OFF
・タイムズカーレンタル15%OFF

イオングループでのお買い物でお得なイオンカード

イオンカードセレクト

カードの特徴

イオングループでのカード利用で20日、30日は5%OFF、毎月5日・15日・25日はポイント2倍、毎月10日はポイント5倍とお得に利用できるカード

発行会社 イオンクレジットサービス株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 カード盗難保障無料付帯
電子マネー WAON ポイント WAONポイント、ときめきポイント

SEIYU、LIVIN、サニーでお得にお買い物ができるセゾンカード

セゾンカードインターナショナル

カードの特徴

クレディセゾンが発行するセゾンカードの中で、最もベーシックなカード。即日発行可能ということとポイント有効期限がない「永久不滅ポイント」が特徴

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 なし
電子マネー QUICPay、楽天Edy、iD ポイント 永久不滅ポイント

マルイやカラオケで割引があるエポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでOIOI(マルイ)でのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになったり、モンテローザグループの居酒屋で5倍のポイントが貯まったりと、日常生活でお得に利用できるカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

年会費無料のクレジットカードを選ぶ

クレジットカードは基本的に発行手数料無料ですが、発行から1年経過すると年会費が発生するカードがあります。

最近では、ゴールドカードや海外旅行保険が充実したカード以外は、年会費無料のクレジットカードが多くなってはいますが、中にはまだ年会費がかかるカードもあるので注意しましょう。
特に、「年会費初年度無料」「年会費無料(条件付き)」といったカードは、まるで年会費永年無料のように書かれていることが多いです。

年会費の値段は、一般カードだと2,000円前後~13,000円前後、ゴールドカードだと2,000円前後~30,000円前後です。ゴールドカードは海外旅行傷害保険やラウンジ利用などの海外旅行のサポート充実度に応じて年会費が高くなる傾向にあります。

年会費永年無料で即日発行可能なACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

アコムACマスターカード(通称:アコマス)は、消費者金融のアコム株式会社が発行している年会費永年無料のクレジットカードです。

消費者金融系カードということで、他社のカードで審査落ちした人でも、20歳以上で少しでも収入のある人であれば審査通過可能という独自の審査基準をとっていることが特徴で、審査が不安な人は公式サイト「カード発行可能かすぐに診断できる3秒診断」ができます。

また、最短30分で審査回答が届き、全国に340か所を超える数がある自動契約機の「むじんくん」でカードを受け取ることで即日発行可能なので、飲み会が続いたり冠婚葬祭で急な出費があったりして給料日までにクレジットカードが必要になった場合でも安心です。

セキュリティの高さで選ぶ

「スキミング」や「情報漏洩」といったニュースから、クレジットカードのセキュリティに対して不安を持っている方も多いと思います。
そういった方には、信頼できるセキュリティ対策をとっている三井住友銀行などが発行する「銀行系カード」や、古くからクレジットカードの発行業務を行う「信販系カード」をおすすめします。

カードの種類 発行会社(代表的なカード)
銀行系カード ・三井住友銀行(三井住友VISAカード)
・三菱東京UFJ銀行(MUFGカード)
・ゆうちょ銀行(JP BANKカード)
信販系カード ・オリエントコーポレーション(オリコカード)
・クレディセゾン(セゾンカード)
・ライフカード(ライフカード)

海外旅行でお得なカードを選ぶ

クレジットカードの中には、海外旅行中のケガや病気を補償してくれる「海外旅行傷害保険」がついているカードや、海外旅行先での日本語サポートが24時間無料でついているカードがあります。
海外旅行傷害保険は、カードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」と、旅行代金をカード払いすることで保険が適用される「利用付帯」の2種類があるのですが、なるべく自動付帯のカードを選ぶと良いでしょう。

日本と違って海外では救急車を呼ぶだけでもお金が必要ですし、医療費も高額なので、海外に行く予定がある人はなるべく保険が充実したカードを選びましょう。
海外旅行傷害保険は、補償金額の高い「死亡・後遺障害」に注目しがちですが、利用率の高いケガや病気の補償をしてくれる「傷害治療費用」が高いカードを選ぶのがおすすめです。

また、ゴールドカードになれば、空港ラウンジ(飲み物や軽食、Wi-Fiやシャワーなどが利用可能)が無料で利用できるカードもあります。

世界No.1のステータス性アメックスグリーン

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 12,000円(税抜) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

旅行保険だけでなくホテルやレストランの優待も充実したアメックスゴールド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

カードデザインで選ぶ

クレジットカードには、アイドルや歌手、アニメ、ゲームのキャラクターを券面デザインに採用したカードがあり、特別な発行手数料もかからず年会費無料なものも多いので、カードの機能は度外視してデザイン重視で作る人もいます。

ただ、アニメやゲームなどのデザイン系カードは、すべての支払いが分割になる「リボ払い専用カード」になっている場合も多く、支払いに手数料が取られる可能性もあるのでデザインカードの利用をする際には注意しましょう。

カードを選ぶ時は必ずデメリットも調べよう

ここまで「クレジットカードのメリット面に着目してクレジットカードを選ぼう」という内容を説明してきましたが、必ずデメリット面も調べてからクレジットカードに申し込むようにしましょう。

見逃しがちなクレジットカードのデメリットとして考えられるものは、以下のようなものがあります。

  • ポイント還元率が低い
  • ポイント有効期限が短い
  • 初月のみ年会費無料や条件付きで年会費無料
  • ETCカードの発行手数料や年会費がかかる
  • リボ払い専用カード
  • 審査が厳しい

クレジットカードを作ってからも余計な費用をかけたくないという人は、デメリット面も検索して調べてみましょう。
例えば、年会費永年無料でポイントが貯まりやすい人気のカード「楽天カード」はETCカードを発行した場合、年会費500円+税がかかってしまいます。

ちなみに、「口コミ」や「評判」というキーワードで検索すると、「コールセンターの対応が悪い」というものが出てくることが多いですが、どこのカード会社でも書かれていることなので、あまり気にすることでもないと思います。

初めて持つカードは三井住友VISAカードがおすすめ

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社が発行する銀行系クレジットカードです。
銀行系ということでカードの不正利用をされていないかをチェックしているためセキュリティ性が高く、もし不正にカード利用をされた場合でも、国内、海外の利用問わずカード利用から60日間補償してくれます。
また、カードを紛失・盗難した場合でも24時間年中無休で対応してくれるので、初めてクレジットカードを持つ人でも不安がないカードです。

大学生や短大生、専門学校生から申し込み可能ですが、海外旅行保険が必要ない若い人であれば、25歳まで限定で年会費実質無料で持てる「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめです。

もっともベーシックな三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

学生や若い人限定でお得!「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳から25歳まで限定の三井住友VISAカード。一般カードの2倍ポイントが貯まり、年に1回でも年会費無料の初心者におすすめのカード

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

旅行好きにおすすめの女性向きカード「三井住友VISAアミティエカード」

三井住友VISAアミティエカード

カードの特徴

三井住友VISAアミティエカードは、三井住友カード株式会社が発行する専業主婦や学生でも作れる「女性向けクレジットカード」旅行保険が自動付帯ということで旅行好きにおすすめ

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内旅行傷害保険最高2,000万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

マイルが貯まるカードを選ぶ

クレジットカードを利用することで、マイルが貯まるクレジットカードがあります。
貯まるマイルにはJALマイルとANAマイルがあり、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

JALマイルのメリット・デメリット

メリット

  • ショッピングの際にポイントではなく直接マイルが貯まるため、マイル移行手続きの必要がなく便利
  • 特典航空券への交換の際にディスカウントマイルやJALカード割引を利用すると、ANAよりも割安で交換できる

デメリット

  • 搭乗しなければ継続ボーナスにあたる「毎年初回搭乗ボーナス」1,000マイルを受け取ることができない

ANAマイルのメリット・デメリット

メリット

  • 提携航空会社がJALよりも多く、フライトマイルが貯めやすい
  • カードを保有しているだけで毎年継続ボーナス1,000マイルを受け取ることができる

デメリット

  • ショッピング利用分のポイントがマイルではなく各クレジット会社のポイントで貯まるため、マイルへの移行手続きが必要

空港ラウンジサービスを利用できる

ANAアメックスを持っていると、アメックスの空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用することができます。利用できる空港ラウンジは国内各地の28空港に加え、ハワイや韓国にもあるため、飛行機によく乗る方にとってはありがたいですね。

JAL普通カード

JAL普通カード

カードの特徴

JALカードが発行するベーシックなクレジットカード。年会費をあまりかけずにクレジットカードを使ってマイルを貯めたい人におすすめ

発行会社 JALカード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、翌年度以降2,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高1,000万円(自動付帯)
電子マネー WAON、楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント JALマイル

JAL CLUB-Aカード

JAL CLUB-Aカード

カードの特徴

JALカードが発行する飛行機によく乗る方におすすめのクレジットカード。JALマイルを効率よく貯められるのが特徴

発行会社 JALカード ポイント還元率 0.5%
年会費 10,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)
電子マネー WAON、楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント JALマイル

ANAアメックス

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

マイルがお得に貯まるANAカードのメリットと、トラベルサービスが充実しているアメックスのカードのメリットを両方取り入れたお得なカード

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 7,560円(税込) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高200万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica マイル還元率 1,000ポイント=1,000マイル

国際ブランドでクレジットカードを選ぶ

クレジットカードには、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカンエキスプレス)、Diners Club(ダイナースクラブ)という5つの「国際ブランド」があります。
選ぶ国際ブランドによっては使えないお店もあるので、最初の1枚は慎重に選びたいところです。

VISAかMasterCardがおすすめ

VISAとMasterCard
選ぶ国際ブランドによっては、お店が提携しておらず、カード利用ができない場合もありますが、国内ではVISA、MasterCard、JCBであればほとんど差はなく利用できます。
どのみち、学生や未成年が発行できるクレジットカードのほとんどはVISA、MasterCard、JCBの中からしか選べないことがほとんどです。

ネット通販や、海外でのショッピングをする予定があるのなら、JCBだと使えない店舗もあるので、最初の1枚は世界シェアNo.1(56%のシェア)のVISAか、No.2(26%のシェア)のMasterCardのどちらかがおすすめです。(ちなみにJCBは1%)

今は1枚しか必要なくても、年齢を重ねるごとにクレジットカードの利用機会や利用額も増えてくるので、2枚目からは違う国際ブランドを選ぶようにしましょう。

クレジットカード比較関連記事

楽天カードとデビュープラスカード比較

学生に人気の「楽天カード」と「三井住友VISAデビュープラスカード」比較

学生さんに人気が高いカードとして、「楽天カード」と「三井住友VISAデビュープラスカード」が挙げられることが多いです。 まとめてみると両者には次のように違いがあります。 楽天カード 三井住友VISAデ ...

デパート(百貨店)で割引特典やポイント還元がお得なクレジットカード比較

クレジットカードは特定のお店で使うことでポイント還元されたり、割引が適用されたりと通常よりもお得に買い物ができるというメリットがありますが、その中でもデパート(百貨店)でお得に利用できるクレジットカー ...

ポイントをもらって喜ぶ人

ポイント還元率が1%以上の高還元率カード比較

どのクレジットカードを作成するか比較・検討する上で、重要な要素となってくるのがポイント還元率です。 10万円の利用があった時に、ポイント還元率が0.5%なら500円がポイントで戻ってきますが、1.0% ...

学生でも作れるアメックスブランドのクレジットカードを紹介

アメックスのクレジットカードはステータスが高く海外でも利用しやすいため、クレジットカードを持つならアメックスがいいと考えている学生の方も多いのではないでしょうか。 しかし、アメックスは審査難易度が高い ...

申し込んだその日に手に入る!即日発行可能なクレジットカード9枚を比較

クレジットカードの発行には数週間程度かかるのが一般的ですが、急にクレジットカードが必要になることも多いと思います。 そのような場合は、即日発行可能なクレジットカードに申し込み、店頭でカードを受け取るこ ...

学生(大学生・専門学校生・短期大学生)におすすめのクレジットカード比較

専門学生や大学生など、高校生以上の学生の方はクレジットカード作成することができ、通常のクレジットカードでももちろん問題ありませんが、学生向けに作られているカードも中には存在します。 クレジットカードを ...

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.