クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

クレジットカードの作り方・申し込み方法

これまでクレジットカードを作ったことがない人は、「どうやったらクレジットカードを作れるのかわからない」と不安な人も多いのではないでしょうか。

ここでは、初めてクレジットカードを作る人でも、失敗しない申し込み方法と、初めての人におすすめのクレジットカードを説明していきます。

クレジットカードの申し込み方法は3つ

クレジットカードの申し込み方法には、以下3つの方法があります。

  • インターネットでの申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 窓口・店頭での申し込み

おすすめの方法は「インターネット申し込み」

インターネットでクレジットカードを作るということに対して、セキュリティ面の不安を持つ方は未だに多いものですが、基本的には「インターネットでの申し込み」がおすすめです。

なぜなら、郵送での申し込みは記入漏れや誤字で審査落ちになる場合があり、キャンペーンで貰えるポイントもインターネット申し込みの方が多いからです。
インターネット申し込みの場合は、記載漏れがあれば自動で指摘してくれますし、キャンペーンで貰えるポイントも無駄なく獲得できます。

また、インターネット申し込みの方が審査も早いことも多いです。

※楽天カードなど、インターネット申し込みしか対応していないカードもあります。

郵送での申し込み

デパートやコンビニの店舗内や、銀行窓口やみどりの窓口などのラックに「入会申込書」が置かれているので、その申込書を記載して郵送することでもクレジットカードの申し込みが可能です。
インターネットでの申し込みにセキュリティ面で不安があるという人や、そもそもインターネットでの申し込み方法が分からないという人は郵送での申込みをしています。

郵送申し込みのデメリット

郵送での申し込みはデメリットが多くあります。
例えば以下です。

  • キャンペーンで貰えるポイントが少ない
  • 記入漏れや記載ミスがおきやすい
  • 郵送に時間がかかるのでクレジットカード発行までに時間がかかる

キャンペーンのポイントは、例えばエポスカードで言えば、インターネット申し込みの場合最大7,000円分のポイントが貰えるのに対し、マルイなどの店頭にある申込書や窓口で申し込みの場合「3,000円分のポイントが貰える」と書かれたポスターを見かけたことがあります。

窓口・店頭での申し込み

デパートやスーパーの窓口・カウンターでクレジットカード発行の受付をしているカードがあります。
窓口で作れる代表的なカードで言えば、セゾンカードやイオンカードがありますね。

郵送でのお申込みと違って、窓口の人に不明点などを聞きながらカードを発行できるので、安心してカードを発行することができます。
また、カードによっては最短即日発行も可能なので、申し込んだその場でカードを受け取ることも可能です。

窓口・店頭での申し込みのデメリット

窓口・店頭での申し込みのデメリットは、郵送での申し込みと同様にキャンペーンのポイントが少なくなること、カード発行を行っている窓口・店頭に行かなければ発行できないことがあります。

また、即日発行をするにしても、インターネットでのお申込みを済ませた後に、審査結果メールを受け取ってから、窓口・店頭に受け取りに行った方がスムーズにクレジットカードを手に入れられます。

クレジットカード発行までの流れ

クレジットカード発行までの流れは以下の4ステップです。大体10分~15分もあればPC、スマートフォンどちらでも申し込み可能です。

  1. 必要事項を記入して申し込みをする
  2. カード会社による審査
  3. 審査結果が届く
  4. 本人確認書類を提示してカードを受け取り

※まずは、カードを選びたいという方は「クレジットカードの選び方」をご参考ください。

1.必要事項を記入して申し込みをする

インターネット申し込みの場合は、カード発行会社の公式サイトから、郵送や窓口での申し込みをする場合は申込書に必要事項を記入して申し込みをします。

嘘の情報(虚偽情報)を記載しない

審査に通りやすいようにと申告内容を偽って申し込んでも、審査の中で行われる個人信用情報機関の参照などによりすぐにバレてしまいます。
虚偽の申告がバレると不審な申し込みとみなされて審査に通る可能性が下がるため、申し込みの際は虚偽の申告をしないようにしましょう。

記入漏れや誤った情報を記載しないように注意する

審査に通らない原因で意外と多いのが、申し込みの際の申告内容に記入漏れや誤りがある場合です。
申告内容に誤りがあると、確認に時間がかかったり、正しい情報が確認できない場合は審査に落ちたりしてしまうこともあります。

2.カード会社による審査

クレジットカードを作るためには、必ずカード会社の入会審査に通る必要があります。
審査に通過するためには以下のポイントに注意して申し込むようにしましょう。

  • キャッシング希望額をゼロにして申し込む
  • 学生は若い人向けカードや学生専用カードに申し込もう
  • 本人確認ができない場合は審査に通らない

キャッシング希望額をゼロにして申し込む

クレジットカード会社が守らなければならない「貸金業法」という法律では、年収がない人へのキャッシングは禁止されています。
そのため、専業主婦や学生など、無職の場合は原則キャッシングを利用することができません。

収入がある場合でも、キャッシング枠を希望することで、審査の項目が増えてしまいます。
キャッシング枠が必要ない場合は、キャッシング希望額をゼロにして申し込みましょう。

学生は若い人向けカードや学生専用カードに申し込もう

クレジットカードを発行する会社の中には「25歳までの若い人向けカード」や「学生専用カード」というものがあります。

大学生、短大生、専門学校生などの学生は、アルバイトをしていたとしても収入が少なく、シフト制のことも多いので安定した収入が無い傾向にあるのですが、多くの人が学生のうちに作ったクレジットカードを社会人になってからも利用する傾向にあるため、カード会社としては審査難易度を甘くしてでもカードを作らせたいと考えています。(アルバイトをしていなくても学生なら審査に通れます。

学生専用カードは、通常のカードよりも利用限度額面では劣るものの、年会費無料になったり、保険が付いたりとお得になっていることが多いので、学生の方は学生専用カードを発行しているクレジットカードをおすすめします。

中でも人気なのは、三井住友VISAデビュープラスカードと、学生専用ライフカードですね。

勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合もある

働いている人がクレジットカードの入会申し込みをすると、審査時にカード会社から申し込み時に記載した勤務先で本当に働いているのかを確認する電話「在籍確認」が行われることがあります。

在籍確認では、電話で簡単に氏名と生年月日などを聞かれるだけで、特に何も準備する必要はありません。
営業で会社にいない場合や、休憩などで不在にしている場合でも、誰かが電話に出て「不在にしています」ということだけ伝えてもらえれば、会社に在籍していることが分かるので問題ないこともあります。

在籍確認の電話がかかってくるかどうかは、カード会社にもよりますが、審査時に個人信用情報機関から照会している信用情報を見て、信用度が高い人の場合は在籍確認が無いということもあります。(必ず電話をかける会社もあります。)

3.審査結果が届く

インターネットでの申し込みをした場合は、申込時に記載したメールアドレスに、郵送での申し込みをした場合はメールか郵送でクレジットカードの審査結果が届きます。
審査結果が届くまでの期間はカード会社や、申し込み内容にもよりますが、早いカードで最短1時間程度、一般的なカードだと1週間~2週間ほどかかります。
審査難易度が高いゴールドカードなどのカードは、1か月ほどかかる場合もあります。

4.本人確認書類を提示してカードを受け取り

無事に審査に通ったら、郵送でクレジットカードが送られてきます。(カードによっては窓口での受け取りも可能)

クレジットカードの受け取りには、以下のような本人確認書類(身分証明書)が必要です。

  • 運転免許証(または運転経歴証明書)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード(写真付きのもの)
  • 身体障害者手帳
  • 各種健康保険証+印鑑登録証明書、戸籍謄抄本、住民票の写し、公共料金の領収証書など

※カード会社によって内容が異なる可能性があります。詳しくは審査通過後、カード会社から送られてくるメールをご確認ください。

未成年者は親権者の同意が必要

クレジットカードは18歳、19歳といった未成年者でも申し込み資格がありますが、20歳未満の人は民法20条でクレジットカードの取引が制限されているため、クレジットカードの発行には親権者の同意が必要です。

親権者の同意とは、カードの申し込み後に送られてくる書類にサインと住所などの記載、印鑑を押すことです。
カード会社では、審査の中で親権者に電話をかけ、クレジットカードを作ることに同意しているかどうかの確認をとることがあるので、親に記載してもらうのが面倒だからと言って自分で書いて提出しないようにしてください。カード会社に親権者の同意が得られていないことがバレると審査に落ちる可能性があります。

初めて持つカードは三井住友VISAカードがおすすめ

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社が発行する銀行系クレジットカードです。

三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

銀行系ということでカードの不正利用をされていないかをチェックしているためセキュリティ性が高く、もし不正にカード利用をされた場合でも、国内、海外の利用問わずカード利用から60日間補償してくれます。
また、カードを紛失・盗難した場合でも24時間年中無休で対応してくれるので、初めてクレジットカードを持つ人でも不安がないカードです。

学生や若い人にはデビュープラスカードがおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳から25歳まで限定の三井住友VISAカード。一般カードの2倍ポイントが貯まり、年に1回でも年会費無料の初心者におすすめのカード

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

審査落ちしてクレジットカードが作れない人は

もし、審査落ちしてしまってクレジットカードを作れないという人は、独自の審査基準のACマスターカードに申し込む手段と、家族カードを発行する手段、クレジットカードと似た機能を持った「デビットカード」を発行する手段があります。
また、ETCカードを発行する目的でクレジットカードを作ろうと思ったけど、審査に落ちてしまった人は、審査なしで作れるETCカード「ETCパーソナルカード」をおすすめします。

順に説明していきます。

ACマスターカードに申し込む

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

クレジットカードの中では唯一の消費者金融系カードで、一般的なクレジットカードとは異なる独自の審査基準のため、審査落ちしてクレジットカードが作れないという人でも、働いている人であれば審査通過できる可能性があるカードです。
年会費無料で国際ブランドもマスターカードなので、世界中で利用できます。

家族カードなら審査なしも同然で作れる

クレジットカードの審査に通らない人がカードを作る手段に、家族カードを作るという方法があります。
家族カードとは、契約者である本会員の家族に発行されるカードで、家族カードの利用代金も本会員が支払うため、家族会員に返済能力がなくても、本会員に安定した収入と返済能力があれば作ることができます。

家族カードの契約者は本会員なので、家族会員に対する審査はほとんどありません。すでに本会員がカードを持っている場合は、本会員に滞納などがなければ家族カードは発行されます。

デビットカードなら審査なしで作れる

クレジットカードの審査に通らない人でも、デビットカードであれば審査なしで作ることができます。

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードと同様に店頭やネットでの買い物で利用することができる、銀行が発行しているカードです。

クレジットカードは商品代金を後払いでカード会社に返しますが、デビットカードは自分の銀行口座から即時に利用代金が引き落とされます。
銀行が商品代金を立て替えるわけではないため、銀行にとっては貸したお金を返してもらえないリスクがありません。そのため、デビットカードはクレジットカードと同じように利用できるにもかかわらず、審査なしで発行されます。

おすすめデビットカード「三菱UFJ-VISAデビット」

デビットカードを作りたい人におすすめなのが、三菱UFJ-VISAデビットです。大手銀行の三菱東京UFJ銀行が発行しており、安心して利用できます。

発行銀行 三菱東京UFJ銀行
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料
2年目以降1,080円(税込)
※23歳以下は無料
※年間10万円以上の利用で翌年無料
ポイント還元率 0.2%
ポイントの種類 キャッシュバック
申し込み条件 15歳以上(中学生不可)
保険 ・ショッピング保険(商品破損・盗難時)
・不正利用補償
カード発行期間 1~2週間

三菱UFJ-VISAデビットは、VISAカードが使える店であればどこででも利用することができます。年会費は初年度無料、2年目以降1,080円かかりますが、23歳以下の場合は無料になるため、若い方におすすめです。
24歳以上でも、1年で10万円以上利用すると翌年の年会費が無料になります。
年間10万円ということは1カ月で平均8,400円程度利用すれば達成できるため、ハードルが低いですね。

また、利用金額の0.2%が毎月利用口座に自動的にキャッシュバックされます。クレジットカードのようなポイント制度の場合は商品と交換するのに手間がかかりますが、三菱UFJ-VISAデビットの場合は自動キャッシュバックのため手間がかからず、ポイントの有効期限切れの心配がない点も魅力です。

クレジットカードの審査なしで発行できるETCカード

ETCカードを持つには、まずクレジットカードを作ってから追加カードとしてETCカードを発行するしか方法がないと思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、クレジットカードの追加カードとしてETCカードを持つ人は確かに多いのですが、クレジットカードを発行するまでには審査に通るというハードルがあるので、何かしらの理由でクレジットカード審査に通れないという人にとっては、ほかの方法でETCカードを発行できれば嬉しいですよね。

「ETCパーソナルカード」というETCカードであれば、クレジットカードの審査なしで発行できます。

クレジットカードの基礎知識関連記事

楽天カード

楽天カードのETCカードが年会費無料にする方法

楽天が発行する、楽天ETCカードは高速道路の通行料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯められることで人気を集めており、楽天カードを作成することで、楽天ETCカードに申し込みができるように ...

エポスカード

エポスカードの作り方・申し込み方法

エポスカードは、株式会社エポスカードが発行しているマルイでお得に使えるクレジットカードです。 ここでは、年会費が無料で即日発行が可能であることで人気のエポスカードの損をしない作り方や、審査に落ちにくく ...

オリコカードザポイントの作り方・申し込み方法

オリコカードザポイントは株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が発行するクレジットカードです。 今回は、年会費が無料でポイント還元率が高いことで人気のオリコカードザポイントの損をしない作り方や、 ...

dカードの発行方法・申し込み方法

dカードはNTTドコモが発行しているクレジットカードです。 年会費が実質無料でポイントが貯めやすいことで人気のdカードは、発行元はドコモですが、ドコモユーザー以外の方でも申し込みが可能です。 ここでは ...

ETCカードの作り方

高速道路などの有料道路の通行がスムーズになるETCカードですが、意外と入手方法は知らないという方や、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 これからETCカードを使いたい ...

ETCカードの種類と特徴

高速道路の料金所をスムーズに通過することができるようになるETCカードですが、一口にETCカードと言ってもいくつかの種類があります。 一般的にETCカードというと、クレジットカードを作ったうえで追加発 ...

審査なしで持てるETCカード「ETCパーソナルカード」

ETCカードは、クレジットカードの追加カードとして発行することが一般的ですが、中にはクレジットカードの審査に不安があったり、現金主義でクレジットカードを作りたくないという方もいるのではないでしょうか。 ...

セゾンカード

セゾンカードの作り方・申し込み方法

セゾンカード(インターナショナル)は、クレディセゾンが発行している年会費無料のクレジットカードです。 比較的審査のハードルが低いセゾンカードですが、申し込み方法を工夫することで審査に通る可能性をより高 ...

ライフカード

ライフカードの作り方・審査落ちしないための申し込み方法

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行している年会費無料のクレジットカードです。 比較的審査のハードルが低いライフカードですが、申し込み方法を工夫することで審査に通る可能性をより高くすることができ ...

Yahoo!JAPANカード(YJカード)の作り方・審査に落ちない申し込み方法

Yahoo!JAPANカード(YJカード)は、ワイジェイカード株式会社が発行する、Yahoo!JAPANのサービスをお得に使える年会費無料のクレジットカードです。 比較的審査に通りやすいと言われるYa ...

JCBカード(一般カード)

JCBカードの作り方・申し込み方法

クレジットカードを作るなら、CMなどでおなじみの日本で唯一国際ブランドを持つJCBカードがいいという方も多いですよね。 比較的審査のハードルが高いと言われるJCBカードですが、申し込み方法を工夫するこ ...

JALカード(普通カード)

JALカードの作り方・申し込み方法

ショッピングで効率よくJALマイルが貯まるJALカードの損をしない作り方や、審査に落ちにくくなる申し込み方法について説明していきます。 JALカードを選ぶ JALカードの公式サイトでは、JAL普通カー ...

初心者のためのクレジットカードの使い方

クレジットカードを初めて持つという方は、いざクレジットカードを使うという時にどのように使うのか、お会計の時に手間取ったりしないかなど、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。 届いたときにどうす ...

ポイントをもらって喜ぶ人

楽天カードの楽天スーパーポイントを効率よく貯める方法

楽天カードでは、楽天スーパーポイントを貯めることができますが、貯めたポイントは楽天市場での利用はもちろんのこと、楽天edyへの交換もできるため、幅広く活用することができて利便性が高いことから、非常に人 ...

学生のクレジットカードの作り方

クレジットカードを作ったことがない学生の方の中には、どのようなカードを選べばいいのかわからないという方や、収入のない学生でも審査に通るのかどうか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。 ここでは ...

クレジットカードの利用限度額を上げる方法

クレジットカードを使い始めて慣れてくると、買い物や公共料金の支払いなどにどんどんクレジットカードを使うようになって、いざ大きな買い物をしたいという時に、限度額が足りなくて買えなかったということも出てき ...

クレジットカードのリボ払いの危険性とリボ払い手数料をなくす方法

クレジットカードで買い物をした際に、一括払いや分割払いの他にリボ払いという支払い方法があるのはご存知の方は多いかと思います。 リボ払いの正式名称は、リボルビング払いと言い、「revolving」=「周 ...

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)の作り方、申し込み方法

クレジットカードを作るならステータスが高く、海外でも使いやすいアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)がいいという方も多いですよね。 審査難易度が高いアメックスですが、申し込み方法を工夫すること ...

楽天カード

楽天カードの作り方・申し込み方法

楽天カードは、楽天グループでお得に使えるクレジットカードです。 比較的審査に通りやすいと言われる楽天カードですが、申し込み方法を工夫することでさらに審査に通る可能性を高くすることができます。 ここでは ...

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの作り方・申し込み方

比較的審査のハードルが高いと言われる三井住友VISAカードですが、申し込み方法を工夫することで審査に通る可能性を高くすることができます。 ここでは、三井住友VISAカードの損をしない作り方や、審査に落 ...

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.