クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

使いすぎて借金地獄にならない?クレジットカードの賢い使い方・使いすぎ防止策

更新日:

ポイントが貯まったり、支払いを翌月に遅らせることができたり、高価なものでも分割払いで購入できたりとお得なクレジットカードですが、お金を使っている感覚が薄いため使いすぎを心配する声もよく耳にします。
実際、「無計画に使いすぎて、請求金額を見て驚いた!」「気が付けば借金地獄だ!」という方も中にはいます。

そこで今回は賢く使って節約にもなるクレジットカードの使いすぎ防止策をまとめてみました。

利用明細をチェックする

皆さんはクレジットカードの利用明細をきちんとチェックしていますか?利用明細を見ればカードを利用した日にちや店舗、金額などの情報がひと目で把握できるので、目を通すだけでも使いすぎの抑止効果はあるでしょう。

紙の明細が郵送で送られてくるカードもあれば、楽天カードのように郵送の明細は有料となるカードもあります。最近ではインターネットで最新の利用明細が見れるようになっているため、家計の管理にも役立ちます。

パソコンで利用明細を見る場合はカード会社の公式サイトからログインをして確認し、スマートフォンであれば専用のアプリをダウンロードするといつでも気軽にチェックする事ができます。

利用明細にはポイントの有効期限など重要なお知らせも書かれているので、チェックしておかないとせっかく貯めたポイントを失効してしまう恐れもあります。

利用限度額を低く設定しておく

クレジットカードには、代金の支払いなどに利用する「ショッピング枠」とお金を借りる際に利用する「キャッシング枠」というふたつの枠があり、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた総利用枠が利用限度額となります。

利用限度額とは1か月の間にカードで使える金額の事で、利用限度額いっぱいに使っても支払日にきちんと引き落としができれば再び利用限度額まで使えるようになります。
一括払いの場合は問題ありませんが、分割払いでは引き落とされた分の額しか利用限度額が戻ってこない点には注意が必要です。

ショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額は共通となっているので、例えば利用限度額が100万円のカードで80万円の買い物をするとキャッシングは残りの20万円までしか借りる事ができなくなります。利用限度額を超えるとカードは使えなくなるため、利用限度額を予め低く設定しておくと使いすぎを防ぐ事ができるのです。

利用限度額を設定する方法

利用限度額は会員の収入や過去の利用状況などによって異なります。そのため同じカードでも10万円から100万円と大きな開きがあるケースも多いのです。

利用限度額は増枠する事も減枠する事も可能ですが、増枠の際には審査があり収入証明書の提出が必要となる場合があります。また、普段は利用限度額を低めに設定していても海外旅行の際などに一時的に利用限度額を増枠する事もできます。

利用限度額を設定する方法は簡単です。例えば、三井住友VISAカードの場合ならカード利用枠(利用可能額)の引き下げは「クレジットラインデスク」というコールセンターに電話をかけるだけで完了します。この際の注意点は本会員が電話する事と、平日の9時から17時のみの受付となっていて土日祝には対応していない点です。

カード会社によっては公式サイトから会員ページにログイン後、ネット上で手続きができる場合もあります。

クレジットカードの利用限度額とは?限度額の上限を上げる方法

分割払いやリボ払いを利用しないようにする

クレジットカードの分割払いやリボ払いは便利ですが、どちらも手数料がかかる点には注意しましょう。

混同する方も多い「分割払い」と「リボ払い」の違いですが、分割払いでは10万円の商品を10回払いで購入すると1か月あたりの支払い金額は1万円+手数料となりますが、定額方式のリボ払いの場合は購入金額がいくらであるかは関係なく、支払い金額は予め設定した一定の金額+手数料に据え置かれるため1か月あたりの負担は軽減される反面、支払い期間は伸びてしまいます。

分割払いとリボ払いのどちらが得かというと若干手数料が安い分割払いに軍配が上がりますが、手数料のかからない一括払いやボーナス払いを利用した方がよっぽどお得です。カードの中には「ファミマTカード」や「三井住友VISAエブリプラスカード」など、リボ払い専用のカードもあるため注意が必要です。

クレジットカードのリボ払いの危険性とリボ払い手数料をなくす方法

キャッシング枠を使わないようにする

キャッシング枠とは、利用限度額の項目でも触れた通りお金を借りる事ができる「キャッシング」の利用枠の事を指します。

キャッシング枠の利用枠は、他社も含めた全ての融資残高(キャッシング枠含む)の合計が年収の3分の1を超えてはならないと定められているため、カードを持っているからといって破産するほど使う事はできないようになっています。

キャッシング枠をなくす方法はカードによって異なります。三井住友VISAカードなら電話のみの受付となり、楽天カードならインターネットで会員ページへログイン後に手続きができます。

クレジットカードの支払いを滞納してしまうとどうなる?

カードを使いすぎてしまい、滞納するとどうなるのでしょうか。滞納が数日であればカード会社から支払い催促の電話がかかってきますが、数日以内に引き落とし口座に入金しておけば問題ありません。ただし、数日であっても何度も滞納する事は避けましょう。

個人信用情報機関にブラックとして登録されてしまう

ブラックリストという言葉は誰もが一度は耳にした事があるかと思いますが、実際にそのようなリストはありません。しかし、カード会社や消費者金融業者、割賦販売を行う業者が加盟している「個人信用情報機関」という機関に延滞や貸倒などの利用履歴が事故情報として記録されているため、この事をブラックリストと呼んでいます。

ブラックリスト入りする原因は、クレジットカードやキャッシングの支払いが遅れる「延滞」や、任意整理や自己破産などの「債務整理」など様々です。短期間に複数のカードを申し込む事も金策に走っているとされブラックとして登録される恐れがあるため要注意です。

事故情報が記録され、ブラックリスト入りしてしまうと新たにカードを作る際に審査落ちしたり、住宅ローンなど他のローンも利用できなくなってしまいます。

カードを持つ際は使いすぎに注意し、延滞しないよう計画的に支払いを行いましょう。

個人信用情報機関のブラックリストに載る条件

クレジットカードの支払いが返済できない!延滞・滞納で借金地獄に陥らないための対処法

-注意点・トラブル

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.