メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング【2019年最新版】みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

dカードからdカード GOLDへのアップグレード方法!審査落ちの理由や対策も

投稿日:

dカードからdカード GOLDにアップグレードしたい(切り替えたい)という方は多いでしょう。
dカード GOLDは、ドコモケータイ・ドコモ光の料金が10%ポイント還元となるなど、特典が多く魅力的なクレカです。

ここでは、dカードからdカード GOLDにアップグレードするメリットやdカード GOLDの特徴について解説しながら、アップグレードの方法・手順、アップグレードの際の注意点や審査落ちの理由・審査通過のコツを分かりやすくまとめました。

dカードと比較!dカード GOLDにアップグレードするメリットとは?

dカード
dカード(一般カード)
dカード GOLD
dカード GOLD(ゴールドカード)
年会費 初年度無料・税別1,250円
(カード利用で翌年度無料)
※2019年10月1日~永年無料
税別10,000円
限度額 最高100万円 最高300万円
通常ポイント還元率 1.0% 1.0%
ドコモケータイ・ドコモ光
10%ポイント還元
なし あり
空港ラウンジサービス × 〇(国内・ハワイ)
年間利用額特典クーポン なし あり

dカードとdカード GOLDの違いを一覧表形式で比較してみました。
どちらのカードもポイント還元率は同じ1.0%ですが、年会費やカードの特典・サービスに様々な違いがあるのが分かります。

dカード GOLDにアップグレードするメリットといえる、ゴールドカードの特典をピックアップしてみましょう。

  • ドコモケータイ・ドコモ光で10%ポイント還元を受けられる
  • ケータイ補償・ショッピング保険の補償が手厚くなり旅行保険が付帯する
  • 空港ラウンジを無料で利用できる
  • 本会員と同様の特典やサービスを利用できる家族カードを1枚無料で発行できる
  • 年間利用額に応じて選べる特典が進呈される
  • 海外緊急サービス(緊急カード発行)が無料になる

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

ドコモケータイ・ドコモ光で10%ポイント還元を受けられる

スマホ代を節約したいドコモユーザーはdカード GOLDがお得とされる理由が、この「ドコモケータイ・ドコモ光10%ポイント還元(dポイントクラブご優待)」という特典です。
ドコモの携帯電話やドコモ光を利用中の方が、dカードGOLDに携帯電話番号(またはdアカウント)を紐づけ登録すると、利用金額の10%分のポイント還元を受けることができます。

スマホの本体代金や手数料、コンテンツ利用料など一部対象外となる支払いもありますが、利用料金税抜1.000円につき100ポイントが付与されるため、1か月あたり約9,000円の利用があれば10%還元の特典だけでdカード GOLDの年会費の元が取れる計算です。

家族カードを発行している場合は、家族カードに紐づいたドコモの携帯電話でも10%還元を受けられるので、夫婦や家族でドコモを利用している方なら更にポイントが貯まるでしょう。

ケータイ補償・ショッピング保険の補償が手厚くなり旅行保険が付帯する

ケータイ補償やショッピング保険の補償を手厚くしたいという場合や、旅行保険付きのクレカが欲しい場合も、dカードからdカード GOLDにアップグレードすると補償額がアップしたり、旅行保険が付帯するようになります。

dカード
(一般カード)
dカード GOLD
(ゴールドカード)
ケータイ補償 1年間・最高1万円 3年間・最高10万円
ショッピング保険 最高100万円 最高300万円
国内・海外旅行傷害保険 なし 海外1億円・国内5,000万円※海外のみ家族特約あり

例えば、携帯電話の端末が偶然の事故によって紛失・盗難・修理不能となった場合に、新端末(同一機種・同一カラーのもの)の購入費用を補償してくれる「ケータイ補償」の場合、一般カードのdカードは1年間・最高1万円なので高額なスマホの場合は補償金額だけではカバーできませんが、dカード GOLDなら3年間・最高10万円なので大部分をカバーできるでしょう。
また、dカード GOLDならショッピング保険の補償も100万円から300万円にアップし、国内利用分も支払い方法を問わないなど使い勝手も良くなっています。

更に、dカード GOLDになると一般カードには付帯しない旅行保険も付帯するのがメリットです。
dカード GOLDの旅行保険はゴールドカードらしく補償が手厚いのが特徴で、海外旅行保険は最高1億円補償(カードで旅費を支払わない場合は5,000万円)、遅延補償が付いていたり、カードを持たない子供も家族特約で補償されるため家族旅行の際にも役立ちます。

国内旅行保険の場合は、事前にカードで旅費などを支払うと最高5,000万円の補償を受けられるので、万が一の際にも安心です。

空港ラウンジを無料で利用できる

旅行や出張の際に空港ラウンジを利用できると便利ですよね。
dカード GOLDなら、国内・ハワイの主要空港にあるラウンジを無料で利用することができます。

ラウンジでは、ドリンクやコピー/FAX、マッサージ機などのサービス(一部有料)を利用することが可能で、プライベートでもビジネスでも搭乗までの待ち時間を有意義に過ごせるでしょう。

本会員と同様の特典やサービスを利用できる家族カードを1枚無料で発行できる

dカード GOLDは年会費が高いと感じている方は、家族カードを発行すると良いでしょう。
家族カードとは、本会員の家族に対して発行できる追加カードで、dカード GOLDの年会費は税別10,000円ですが、家族カードであれば1枚目は無料・2枚目以降は税別1,000円という安さで発行できます。

例えば、家族カードでも以下のように本会員と同様の特典やサービスを利用可能です。

  • ドコモケータイ・ドコモ光10%ポイント還元
  • ケータイ補償
  • ショッピング保険・旅行保険
  • 空港ラウンジサービス

家族カードを1枚発行した場合、1人あたり5,000円の負担でdカード GOLDの特典やサービスを利用できお得です。
家族カードの請求やポイントは本会員とまとめられるので、夫婦で家計管理したい場合や、より多くのdポイントを貯めたいという方にも向いています。

年間利用額に応じて選べる特典が進呈される

dカード GOLDは年間利用額に応じて選べる特典が進呈されるのが特徴です。
公共料金の支払いや毎日のショッピングなど、dカードで毎月まとまった金額を支払っているという方は、dカード GOLDにアップグレードした方がお得になる可能性もあるでしょう。

  • 前年の利用額が税込100万円以上:11,000円相当の選べる特典
  • 前年の利用額が税込200万円以上:21,600円相当の選べる特典

dカードGOLDで進呈される選べる特典とは、ドコモ携帯の購入時に使える「ケータイ購入割引クーポン」、ファッション通販サイトで使える「d fashionクーポン」、旅行の予約時に使える「dトラベルクーポン」、ショッピングに使える「dショッピングクーポン」、お寿司屋ピザの宅配に使える「dデリバリークーポン」の5種類となります。

100万円の利用に対して11,000円のクーポンが進呈されるので、dカード GOLDの通常ポイント還元率(100円につき1円相当のポイント=1.0%)と合わせると実質2.0%還元となるのがメリットです。
年間利用額特典は例年、12月16日~翌年12月15日の利用額が対象となっていますが、dカード(一般カード)からdカード GOLDにアップグレードした場合は、dカード(一般カード)の利用分も年間利用額の累計対象としてカウントされます。

また、家族カードの利用分も年間利用額の対象となるので、家族カードを発行すると100万円利用のハードルも下げられるでしょう。

海外緊急サービス(緊急カード発行)が無料になる

海外でdカード GOLDを紛失したり、盗難に遭った場合も「海外緊急サービス」で緊急カードの発行が無料になります。
海外で一般カードのdカードを紛失したり、盗難に遭った場合、暫定的なクレジットカードである緊急カードを届けてもらうには税別10,000円の料金が発生しますが、dカード GOLDなら無料です。

また、帰国後にカードの再発行を行う際の手数料(税別1,000円)もdカード GOLDであれば無料となります。
海外でクレジットカードを失くすと困りますが、緊急キャッシュサービスもあり、カード紛失・盗難の際には現地通貨を用立てしてくれるので、海外旅行の際もdカード GOLDがあれば安心です。

dカード GOLDにアップグレードする際の注意点

dカードからdカード GOLDにアップグレードする際にはいくつかの注意点があります。
例外として、dカードで貯めていたdポイントや暗証番号はアップグレード後のdカード GOLDに引き継がれるので手続きは不要です。

ここでは、アップグレードする際の注意点をまとめました。

  • アップグレードの際も審査がある
  • カード番号が変更になる
  • 年会費が有料になる
  • 現在利用中のdカードはdカード GOLDが届くまで利用できる
  • 新しいカードが届くまでの間は古いdカードをdポイントカードとして使えない
  • アップグレード前のdカードの利用明細はアプリで確認できない

それぞれの注意点を詳しく解説していきましょう。

アップグレードの際も審査がある

dカードの申し込み時と同様に、dカード GOLDにアップグレードする際にも審査が行われます。
審査結果によっては、dカード GOLDにアップグレードできない場合もあるので注意しましょう。

一般的に、通常カードで良いクレヒス(利用状況)を残していると上位カードの審査も有利になるとされていますが、反対に滞納を起こすなど悪いクレヒスが残っていると審査落ちの恐れが出てくるので、日頃から利用状況には気を配ってください。

カード番号が変更になる

dカードからdカード GOLDにアップグレードする場合、クレジットカード番号は変更になります。
公共料金やネットショッピングの支払い方法としてdカードを登録している場合は、アップグレードに伴い、新しいカードが届いたらカード情報の変更手続きが必要です。

変更手続きを行わず、アップグレード前のカード情報を登録したままにしておくと、引き落としができず滞納扱いとなってしまい、いわゆるブラック状態になる恐れがあるので注意してください。

公共料金などのカード番号の変更手続きは、多くの場合インターネットから行うことができます。
ただし例外として、ドコモ携帯の支払いやはカード情報が引き継がれるため、変更手続き不要で使い続けることが可能です。
また、電子マネーの「iD」や、ETCカード・dカード(iD専用カード)もアップグレード後もそのまま使えます。

年会費が有料になる

dカードの年会費は実質無料(2019年10月1日からは永年無料)ですが、dカード GOLDは年会費有料のカードです。
dカード GOLDの年会費は初年度から税別10,000円で、条件付き無料など年会費の割引制度はないので注意してください。

現在利用中のdカードはdカード GOLDが届くまで利用できる

アップグレードの手続きを行っても、dカード GOLDが届くまでの間は現在利用中のdカードを利用することができます。
アップグレード後の新しいdカード GOLDが届いたら、アップグレード前の古いdカードはハサミなどで細かく裁断して処分してください。

古いdカードと新しいdカード GOLDの両方を使う(2枚持ちする)ことはできません。
dカードはカード券面の左側に金色のICチップが内蔵されているので、情報が記録されているICチップの部分もハサミを入れて裁断しておきましょう。

新しいカードが届くまでの間は古いdカードをdポイントカードとして使えない

アップグレードの手続きを行った場合、新しいカード(dカード GOLD)が届くまでの間は古いdカードをdポイントカードとして使うことはできません。

新しいカードが届くまでにdポイントを街のお店(dポイント加盟店)で貯めたり使ったりしたい場合は、クレジット機能のないdポイントカードを利用しましょう。

アップグレード前のdカードの利用明細はアプリで確認できない

アップグレードを行うと、アップグレード前のdカードの利用明細はdカードアプリで確認できないので注意してください。
アップグレード前後の明細(ご利用代金明細)は、スマートフォン・パソコンのブラウザまたはiモードケータイから確認できます。

スマートフォン・パソコンのブラウザから明細を確認したい場合は、dカードのご利用携帯電話番号に登録したdアカウントでログインを行い、トップ画面にある「表示カード切替」から明細を見たいカードを選んでください。
iモードケータイの場合は、アップグレード前のdカードのカード番号と暗証番号でログインを行います。

前回のログイン時にアップグレード後のdカード GOLDのカード番号と暗証番号を入力した場合は、ログイン画面の下にある「設定解除」から設定を一度解除してから、アップグレード前のdカードのカード番号と暗証番号でログインしてください。

dカード GOLDへのアップグレードの方法・手順

dカードからdカード GOLDにアップグレードしたい場合は、インターネット・ドコモショップ店頭・郵送で手続きを行います。インターネットなら待ち時間もなく、24時間いつでも手続きができるため便利です。店頭で手続きを行う場合は、運転免許証などの本人確認書類を持参してください。郵送の場合は、dカードの公式サイトから申込書の請求(資料請求)を行い、送られてくる書類に必要事項を記入して返送しましょう。なお、いずれの場合もdカード GOLDへのアップグレードは手数料無料で行えます。dカードで家族カードを発行している場合は、会員番号ごとの手続きが必要となるので注意しましょう。

■dカードの公式サイト(資料請求)
https://d-card.jp/st/supports/settings/material.html

郵送の場合は、上記のページにある「dカード GOLDへ入会をご希望の方」と書かれている下にある「入会申込書での入会をご希望の方」のうち、「dカード会員の方」からdアカウントでログインをして資料請求を行ってください。
郵送の場合、申込書が届くまでには1週間程度の時間がかかり、返送する際にも時間がかかるため、急ぎの場合はインターネットや店頭で手続きを行いましょう。

インターネットで手続きを行う場合は、dカードの公式サイトのdカード GOLDのページにアクセスし、「dカード・DCMXからアップグレード」から、dアカウントのIDとパスワードでログインしてください。

ログインが完了すると申し込みページに進むので、画面の案内に従って必要事項を入力して手続きを完了させてください。

審査結果が届くまでの時間(期間)は最短5分

dカード GOLDの審査時間は最短5分です。
あくまでも「最短」の審査時間なので個人差があり、審査状況によっては数日かかる場合もあります。

最短5分で審査を完了させるには、9時~19時50分の間に手続きを完了させておく必要があるので気を付けてください。
新しいカードが届くまでの日数は、約1週間~2週間程度となっています。

dカード GOLDの審査結果を確認する方法

dカード GOLDの審査結果はメールで届きますが、インターネットでメールが届く前に確認することも可能です。
dカード GOLDの審査状況の確認はMy Docomoから行えます。

My Docomoにdアカウントでログインを行い、「契約内容・手続き」のメニューからページ下部にある「全てのご契約内容の確認」に進んでください。
すると、現在の契約内容が表示されるので、一番下にある「dカード GOLD」の契約状況を確認しましょう。

審査中であれば「受付中」と表示され、審査に通過した場合は「契約中」という表示に変わるため、審査状況の確認ができます。
もし、審査落ちした場合は申し込み前と同じ「未契約」という表示となるため、審査結果が届く前に審査状況をいち早く知ることも可能です。

dカード GOLDへのアップグレードには審査がある

dカード GOLDへのアップグレードには審査があるため、dカードを持っていても必ずdカード GOLDにアップグレードできる訳ではありません。
一般カードと比較するとゴールドカードは審査難易度も上がるため、dカードの審査には通っても、dカード GOLDの審査には通らないというケースも考えられます。

dカード GOLDのアップグレードで審査落ちする理由

dカード GOLDの審査に通らないという時は必ず理由や原因があります。
dカード GOLDのアップグレードで審査落ちする理由は以下の通りです。

  • 申し込み条件(申し込み資格)を満たしていない・年収が低い
  • 短期間に複数のカードを申し込んだ(申し込みブラック)
  • dカードやドコモで滞納を起こしたことがある
  • キャッシングを希望した・他社借り入れがある

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

申し込み条件(申し込み資格)を満たしていない・年収が低い

dカード GOLDの申し込み条件(申し込み資格)
・満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
・個人名義であること
・本人名義の口座を支払い口座に設定すること
・その他当社が定める条件を満たすこと

dカード GOLDの申し込み条件(申し込み資格)は上記の通りで、未成年や学生、安定継続収入のない方は持つことができません。
「本人収入」とは記載されていないので、専業主婦(主夫)の場合は配偶者に安定継続収入があれば審査通過は可能です。

dカード GOLDの場合、必要年収は非公表となっていますが、300万円前後でも審査通過の事例はあります。
ただし、自営業やフリーターなど、収入が安定していないとされる方は審査で不利になるので注意しましょう。
収入が少ない場合は転職を考えるなど、収入を増やす努力をするしかありません。

短期間に複数のカードを申し込んだ(申し込みブラック)

短期間に複数枚のカードを申し込むと、多重申し込みによる申し込みブラックとなり審査落ちする恐れがあります。
クレジットカードの申し込み情報や利用状況は「個人信用情報機関」という専門の機関によって記録・保存されていて、カード会社は審査の際に照会するため、他社の申し込み状況も筒抜けになっているのです。

もし、dカード GOLDのアップグレード審査の際に他社のカードにも申し込んでいることが発覚すると、カード会社はキャンペーン目的での入会や現金化、貸し倒れなどのリスクを恐れて審査に落とすことがあるので注意しましょう。

多重申し込みで審査落ちすることを「申し込みブラック」と呼び、1か月に3枚以上のカードを申し込むと申し込みブラックになる恐れがあります。
申し込みブラックになると申し込み情報が消えるまでの6か月間は審査に通りづらい状態が続くため、再申し込みを行う際は6か月以上の期間を開けてください。

dカードやドコモで滞納を起こしたことがある

dカードやドコモの携帯電話などで滞納を起こしたことがあると、半永久的にdカード GOLDの審査に通らなくなることも考えられるので気を付けてください。

個人信用情報機関に記録されているカードの利用記録(信用情報・クレヒス)であれば滞納を起こしても事故記録は5年程度で消えますが、社内ブラックと呼ばれる社内情報は半永久的に残ってしまうため、過去にドコモでトラブルを起こした方は要注意です。
実際に、dカードの規約にはドコモの支払い状況が審査に影響するという旨の記載があるため、過去にトラブルがある場合は審査通過が厳しくなるでしょう。

ドコモで社内ブラックが疑われる場合はdカード GOLDを諦めて、別のカードを申し込む方が無難です。
dカードの審査は三井住友カードが行っているので、三井住友カード(三井住友VISAカードなど)も避けてください。

キャッシングを希望した・他社借り入れがある

キャッシングを希望すると貸金業法の「総量規制」の対象となり、審査が厳しくなります。
クレジットカードの利用枠の中には、買い物や支払いに利用する「ショッピング枠」と、お金を借りられる「キャッシング枠」という2種類の枠があり、ショッピング枠は割賦販売法に基づいた審査が行われますが、キャッシング枠を希望すると貸金業法の審査も加わるため審査が厳しくなるのです。

貸金業法には、個人の借り入れは年収の3分の1以下に制限される「総量規制」という制度があるため、キャッシング枠を希望した場合は他社からの借り入れ状況(無担保ローン)もチェックされます。
このため、すでに借り入れがある場合は審査落ちする恐れもあるので注意してください。

審査通過率をアップさせるには、キャッシングを希望せずに申し込むのが無難です。
もし、すでに借り入れがある場合は完済するか、返済して借り入れ額を減らしてからdカード GOLDにアップグレードしましょう。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-dカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.