クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

「dカードGOLD」はドコモユーザーがお得な特典いっぱいのゴールドカード

更新日:

dカードGOLD

カードの特徴

年会費は10,000円かかるが、ドコモ携帯電話料金の10%が還元される。また、盗難・紛失、全損・水濡れで修理不可となった場合に最大10万円まで機種購入代金の補償サポートあり

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 10,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯分5,000万円まで)
国内旅行傷害保険5,000万円(利用付帯)
電子マネー iD ポイント dポイント

dカードGOLDは、携帯電話で有名なNTTドコモのクレジットカードです。ドコモユーザーならスマホや携帯電話・ドコモ光の料金が10%ポイント還元となり、最大10万円のケータイ補償も付いています。その上、国内空港ラウンジも無料で利用できるので旅行にもぴったり。

今回は、dカードGOLDの特徴やポイント還元率、お得な特典、メリットやデメリットなどについて分かりやすく解説していきます。

目次

dカードGOLDの年会費

dカードGOLDの年会費は、税抜10,000円です。

家族カードは1人目まで年会費無料

最大3枚まで発行できる家族カードの年会費は1枚目が無料で、2枚目以降はカード利用の有無を問わず、初年度から税抜1,000円の年会費がかかります。
家族カードの口座やポイントは本会員とまとめられるので、家計の管理のしやすさやポイントの貯めやすさという点でメリットがあります。

ETCカードは年会費無料で作れる

ETCカードは初年度年会費無料で、2年目以降も前年度に一度でもETCの利用があれば無料で持つことができます。
ETCの利用でもdポイントが貯まり、NEXCOが実施している「ETCマイレージサービス」のポイントも貯まります。

家族会員の場合は、年に一度もETCの利用がなければ翌年度は税抜500円の年会費が発生するので注意しましょう。

dカードGOLDのお得な特典

ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金10%をポイントで還元

dカードGOLD最大の特典は、ドコモケータイとドコモ光の支払い料金の10%がポイント還元になるという点です。dカードGOLDを契約すると、毎月のスマホ代やネット代(プロバイダ代)が実質的に10%割引になるので大きな節約効果が見込めます。

支払い金額税抜1,000円につき100ポイントが貯まりますが、1,000円未満の端数については切り捨てとなるので注意しましょう。
例えば、月々の支払い料金が税抜9,000円の場合は年間で10,800ポイントが貯まるので年会費の元を取ることができる計算です。

10%ポイント還元の対象となるのは通話料・通信料・付加機能使用料で、その他のコンテンツ使用料などは対象外なので気を付けて下さいね。

dカードGOLDケータイ補償は最大10万円!

dカードGOLDには、ケータイの紛失・修理不能故障などを購入から3年間、最大10万円分補償してくれる「dカードGOLDケータイ補償」という特典が付いています。
これは、スマートフォンや携帯電話が購入後3年以内に紛失したり、修理不能故障に陥った場合に同一機種・同一カラーのケータイ購入後にキャッシュバックが受けられるというもので、壊れやすく高額になりやすい端末代金に補償があるのは嬉しい特典です。

一部のクレジットカードではショッピング保険が適用されますが、ほとんどの場合スマホや携帯は対象外となっているので、ドコモユーザーならdカードを持っていて損はないでしょう。
「dカード」にもケータイ補償の特典がありますが、こちらは購入後1年間・最大10,000円サポートとなっています。

dカードGOLD年間ご利用額特典

前年の利用額に応じて、選べる特典がプレゼントされる特典です。100万円以上であれば10,800円相当、200万円以上の場合は21,600円相当のクーポンがもらえます。
この特典で選べるのは以下のクーポンとなっていて、利用額に応じて選べるコースは変わってきます。

  • ケータイ割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • dトラベルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

特典進呈対象の方にはダイレクトメールが送られてくるので、交換を忘れる心配もありません。
本会員のみが受けられる特典のため家族会員については特典の対象外となりますが、利用額の判定には家族カードの利用分も含まれるので、家族でdカードGOLDを使えば特典を得られるチャンスは広がります。

空港ラウンジが利用可能

羽田空港や成田空港、関西空港など全国にある28の空港ラウンジが無料で利用でき、出発前にくつろげるのはdカードGOLD会員限定の特典です。ラウンジの入口でカードと航空券の半券を見せるだけで入ることができます。

お買物あんしん保険

dカードGOLDで購入した商品が盗難に遭ってしまったり、破損した場合などに年間300万円(自己負担額3,000円)まで補償が受けられる「お買物あんしん保険」も付帯しています。
国内・海外ともに対象となり、海外利用分は全ての支払い方法に適用されますが、国内利用分はリボ払いまたは3回以上の分割払いで購入した場合に限られるので注意しましょう。

家族会員も補償され、対象となる期間は購入日を含めた90日以内となっています。

カードの申し込みはこちら

dカードGOLDのポイントについて

ポイント

ポイント還元率

dカードGOLDのポイント還元率は1.0%で、税込100円の利用につき1dポイントが貯まります。
クレジットカードの平均的な還元率は0.5%なので、一般的なカードと比較すると2倍ポイントが貯まりやすいカードです。

dカードポイントUPモールの利用でよりお得に

dカードGOLDでより多くのポイントを貯めるコツは、dカードポイントUPモールというポイントサイトを経由してネットショッピングをすることです。
楽天市場やAmazonなど多くの人気ネットショップが集まるdカードポイントUPモールを利用すると、最大10.5倍のポイントが貯まるので使わない手はありません。
キャンペーン期間中なら還元率がさらにアップしているケースもあるので、こまめにチェックしてみましょう。

人気ショップのポイント優待率を一覧表にまとめました。

ショップ名 ポイント
Amazon 1.5倍
楽天市場 1.5倍
Yahoo!ショッピング 1.5倍
LOHACO 2倍
阪急オンラインショッピング 2.5倍
イトーヨーカドーネットスーパー 2倍
セブンネットショッピング 2倍
Apple公式サイト 1.5倍
ビックカメラ.com 2倍
ヤマダモール(ヤマダ電機) 2倍
じゃらんパック 2倍
楽天レンタカー 2倍
東急ハンズ 2倍
楽天ブックス 2倍
TOWER RECORDS ONLINE 2.5倍
ユニクロオンラインストア 1.5倍
ABC MART 2倍

dカード特約店でもお得にポイントが貯まる

通常は100円につき1ポイントが貯まるdカードGOLDですが、dカード特約店で利用すると決済ポイントに加えて1%以上の特約店ポイントも付くのでお得です。
主な特約店と特約店ポイント、対象となる支払い方法を一覧表にまとめました。

特約店によっては支払い方法がカードまたはiDのどちらかに限定されていることがあるので要注意です。

特約店 決済ポイントに加えて
さらに100円で〇ポイント
支払い方法
ENEOS プラス1ポイント iDまたはカードで支払い
JAL・JALパック プラス1ポイント カードで支払い
JTB プラス2ポイント カードで支払い
オリックスレンタカー プラス3ポイント iDで支払い
高島屋 プラス1ポイント カードで支払い
三越 プラス1ポイント カードで支払い
伊勢丹 プラス1ポイント カードで支払い
洋服の青山 プラス1ポイント iDで支払い
AOKI プラス1ポイント カードで支払い
d fashion プラス1ポイント カードで支払い
dショッピング プラス1ポイント カードで支払い
ドコモオンラインショップ プラス1ポイント カードで支払い
タワーレコード プラス1ポイント iDで支払い
紀伊國屋書店 プラス1ポイント iDで支払い
マツモトキヨシ プラス2ポイント iDまたはカードで支払い
スターバックスカード プラス3ポイント カードで支払い
ドトールバリューカード プラス3ポイント カードで支払い
ビッグエコー プラス2ポイント iDで支払い
サカイ引越センター プラス3ポイント カードで支払い

ローソン・ノジマでは実質5.0%の還元率!

コンビニのローソンや、家電量販店のノジマで実質5.0%の還元率となるのはdカードGOLDの強みです。
ローソン・ノジマともにdカード決済で請求時に3%OFF+1%ポイント還元+カード提示で1%ポイント還元となるので、実質5.0%お得に買い物ができます。

100円ローソンこと「ローソンストア100」も2017年から特典の対象になりました。

高島屋では3.0%のポイント還元

百貨店の高島屋では3.0%のポイント還元率となりお得にショッピングが楽しめます。

いよてつ高島屋(松山)など一部対象外店舗や商品はありますが、比較的高価な百貨店の商品を3.0%還元で買えるのはお得です。
高島屋はオンラインストアも特約店なので2.0%還元となっています。

公共料金もポイント付与の対象に

毎月の電気代やガス代などでも1.0%のポイントが貯まるので、公共料金支払い用のカードとしてもぴったりです。

dカードGOLDで支払える主な公共料金は以下の通りとなっています。

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 電話料金
  • 放送料金(NHK受信料)
  • インターネット料金(プロバイダ代)

dカードGOLDの公式サイトからは、電気料金・ガス料金・放送料金の支払い手続きをオンラインで行うことができます。
カードで支払える公共料金は、選択するカードの国際ブランドによっても異なるのでVISAもしくはMasterCardの公式サイトで確認しましょう。

ポイント有効期限について

カード利用で貯まったdポイントの有効期限は、獲得月から48か月後の月末までとなります。
ポイントの有効期限が1年から2年のカードが多い中、dカードGOLDのポイントの有効期限は4年なのでポイントをじっくり貯めることができて失効のリスクも減らせます。

ポイントの交換先

dポイントの交換先は、街のお店やネットショッピングのほかにも商品への交換、CMでおなじみのポインコグッズへの交換など様々な使い道が用意されています。
ドコモ商品や月々のケータイ料金の支払い、データ量の追加にも充てることができるのは嬉しい点です。

カードの申し込みはこちら

dカードGOLDの審査について

申し込み資格

dカードGOLDの申し込み資格は、学生を除く満20歳以上で安定した継続収入があり、本人名義の支払い口座を設定できる個人となっていて法人名義では申し込むことができません。
加えて「その他当社が定める条件を満たすこと」となっていて、学生や収入のない方は申し込めないので注意しましょう。

審査難易度

「その他当社が定める条件を満たすこと」の審査基準は明かされていません。ただし、クレジットカードの審査落ちの理由として多いのが以下の項目なので、これらに当てはまる方は審査通過が厳しいことが予想されます。

  • 過去に延滞などを起こしてブラックリスト入りしている
  • ドコモで過去にトラブルを起こしたことがある
  • 短期間に複数のカードやローンを申し込んだ(申し込みブラック)
  • 引越しや転職を繰り返している

一般向けのdカードより審査難易度は高くなっていますが、ゴールドカードというくくりの中で比較するとそれほど審査が厳しくはないでしょう。
すでにdカードを持っていてdカードGOLDを申し込む場合にも審査はあります。

カード発行までにかかる期間

dカードGOLDのカード発行までにかかる期間は最短5日です。土日祝日や時期によっては10日から週間ぐらいかかることもあるので、急ぎでカードを作りたい場合は早めに申し込みましょう。
最短でカードを発行する方法は、インターネットから19時50分までに申し込んでオンラインで引き落とし口座の設定を行うことです。

申し込みの際には免許証などの本人確認書類や、口座情報(キャッシュカードや通帳など)を用意しておくとスムーズに手続きができます。

審査完了したかどうか、メール以外でも確認したい場合

審査が完了したか、通過したかを確認したい時は、My docomo(マイドコモ)という会員ページにログインすると知ることができます。

ログインをするとステータスが表示されるので、ゴールドになっていれば審査に通過したというしるしです。
これならメールが届かなくても確認できるので便利です。

dカードGOLDは電子マネー「iD」が利用できる

dカードGOLDは、iPhoneで支払い可能なApple Payが利用できる「iD」が使えます。iDやApple Payなら、専用の端末にタッチするだけで支払いができるのでスマートに買い物ができて便利です。
iDの利用分もポイント付与の対象となり、1.0%のポイントが貯まります。

ポイントが貯まりやすいdカード特約店の中には支払い方法がiDに限定されているケースもあるため、dカードGOLDを持つならiDも活用しましょう。
コンビニや飲食店など、様々な店舗で利用できて使い勝手の良い電子マネーです。

カードを申し込んだばかりでまだ届いていない場合、iPhone7以降の機種であれば今すぐiDが使えます。
dカードアプリをインストールしてカードの申し込み時に登録した4ケタの暗証番号を入力して設定すればOKです。

dカードGOLDの付帯保険について

国内旅行保険

dカードGOLDには、最高5,000万円補償の国内旅行保険が付帯しています。
保険が適用されるのは、カードで航空券を購入した場合や、カードで宿泊施設の予約をした場合、ツアー代金などをカードで支払っている場合の「利用付帯」となり、カード利用がなければ補償されないので注意しましょう。

国内航空便遅延費用特約も付いているので、飛行機の遅延や手荷物の遅延・紛失などのトラブルによってかかった費用が補償されます。

傷害死亡 5,000万円
傷害後遺障がい保険金 程度により200万円~5,000万円
入院保険金 日額5,000円
通院保険金 日額3,000円
手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍
乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

海外旅行保険

海外旅行保険は、カード利用がなくても補償される「自動付帯」で最高1億円の手厚い補償額が魅力です。
家族会員や、生計を同一にする配偶者・19歳未満で同居の親族・19歳未満で別居していて未婚の子供についても補償があり、出発日の翌日から起算して90日目の午後12時まで補償されます。

本人会員・家族会員補償額(※)はカード利用があった場合の金額 本人会員の家族
傷害死亡 1億円(※) 1,000万円
傷害後遺障がい 程度により400万円~1億円(※) 程度により40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用 300万円 50万円
賠償責任 5,000万円 1,000万円
携行品損害 50万円(自己負担額3,000円) 15万円(自己負担額3,000円)
救援者費用 500万円 50万円
乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

(※)が付いている項目に関してはカード利用があった場合の補償額となり、カード利用がない場合は傷害死亡が最高5,000万円・傷害後遺障害が200万円~5,000万円となっています。

選べる国際ブランド

dカードGOLDの国際ブランドは、VISAとMasterCardの2種類となっています。
VISAは世界シェアナンバーワン、MasterCardも次いで第2位なので海外でも便利に使えるでしょう。

dカードGOLD

カードの特徴

年会費は10,000円かかるが、ドコモ携帯電話料金の10%が還元される。また、盗難・紛失、全損・水濡れで修理不可となった場合に最大10万円まで機種購入代金の補償サポートあり

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 10,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯分5,000万円まで)
国内旅行傷害保険5,000万円(利用付帯)
電子マネー iD ポイント dポイント

デメリットについて

10%ポイント還元はドコモのケータイとドコモ光のみ

dカードGOLDで10%ポイント還元となるのは、ドコモのケータイとドコモ光のみで、auやソフトバンクを利用している方や、他社のプロバイダを利用している方は10%のポイント還元が受けられない点はデメリットです。
dカードGOLD自体はauやソフトバンクのユーザーでも持つことができますが、特典の恩恵を受けられないのであればメリットが目減りしてしまうでしょう。

また、1,000円未満の端数は切り捨てとなるため、例えば利用額が5,990円だった場合には5,000円に対しての10%となるため「10%ポイント」とはいえません。

ドコモのケータイとドコモ光をカード決済してもポイントは還元されない

ドコモのケータイとドコモ光を利用している場合は10%ポイント付与の対象となりますが、利用料金に対して付く1.0%のカードのポイントは貯まらないのでケータイとドコモ光の料金は他のカードで支払った方がお得になります。

携帯番号とカードを紐付けて登録していれば他社のカードで支払っても大丈夫です。

年会費がかかってしまうこと

一般カードよりも特典が豪華なゴールドカードは年会費が高額になりやすい点がデメリットです。

dカードGOLDも、ドコモユーザーやローソンを頻繁に利用する方、空港ラウンジを使いたい方であればお得に使えるカードですが、10,000円という年会費分のメリットがないと感じる方にはおすすめできません。

電子マネーのチャージはポイント付与対象外

イオンカードセレクトなど、いくつかのクレジットカードでは電子マネーのチャージに対してもポイントが付くためポイントの二重取りができますが、dカードGOLDは電子マネーのチャージはポイント進呈対象外です。
ただし、iDを利用した場合には1.0%のポイントが貯まります。

dカードとの比較

dカード

カードの特徴

ローソンでのカード決済で3%割引+カード提示分の1%+カード利用分の1%で、合計5%の還元率になる年会費実質無料カード

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税抜)
年に1度でもカード利用すれば年会費無料
付帯保険 なし
電子マネー iD ポイント dポイント

dカードとdカードGOLDの違いを比較してまとめました。

dカード dカードGOLD
年会費 初年度無料・利用があれば翌年も無料 税抜10,000円
ポイント還元率 1.0% 1.0%
旅行保険 なし 国内・海外旅行傷害保険
ドコモケータイ/ドコモ光10%ポイント還元 なし あり
空港ラウンジ なし あり
dカードケータイ補償 購入後1年間・最大1万円 購入後3年間・最大10万円
お買物あんしん保険 年間100万円(自己負担額3,000円) 年間300万円(自己負担額3,000円)
海外緊急サービス 有料 無料

-おすすめクレジットカード
-, , ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.