クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

「dカードGOLD」はドコモユーザーがお得な特典いっぱいのゴールドカード

更新日:

dカードGOLD

カードの特徴

年会費は10,000円かかるが、ドコモ携帯電話料金の10%が還元される。また、盗難・紛失、全損・水濡れで修理不可となった場合に最大10万円まで機種購入代金の補償サポートあり

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 10,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯分5,000万円まで)
国内旅行傷害保険5,000万円(利用付帯)
電子マネー iD ポイント dポイント

dカードGOLDは、株式会社NTTドコモが発行しているクレジットカードです。他のクレジットカードを比較しても注目すべきポイントは、ドコモケータイ・ドコモ光の利用代金の10%をポイント還元でしょう。

通常還元率1%のポイント付与も魅力的なdカードGOLDについて詳しく解説していきます。

目次

年会費について

dカードGOLDの年会費は10,000円(税抜)です。年会費が無料のカードも多く出回っているなかでは、比較的高めだといえるでしょう。年会費が無料・割引になるような特典や条件もないため、カードを保有している限りは毎年必要になる維持費です。

ただし、使い方次第で年会費分のお得さを十分得られるカードです。

家族カードは1人目まで年会費無料

dカードGOLDでは家族カードの発行も可能です。一般カードのdカードは1人目であっても400円(税抜)の年会費がかかってしまうのに対し、ゴールドカードでは1人目までは年会費無料で発行することができるのがポイントです。

2人目以降は、カード利用の有無に関係なく毎年1,000円(税抜)がかかり、dカードGOLD1枚に対し最大で3枚の家族カードを発行することができます。

ETCカードは年会費無料で作れる

ETCカードの発行も可能であり、本会員・家族会員につきそれぞれ1枚ETCカードの申し込みをすることができます。さらにdカードGOLDで本会員の場合、カード利用の有無に関係なく年会費無料なのが特徴です。

家族会員では、カード契約月から数えて1年間にETCカードの利用がなかった場合、2年目からは年会費500円(税抜)がかかります。

dカードGOLDのお得な特典について

dカードGOLDは、一般的なdカードと比較してもお得な特典が豊富です。ここでは、dカードGOLDの特典について詳しく解説していきます。

ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金10%をポイントで還元

dカードにはないdカードGOLDだけの特典であり、これを目当てにカードを持つ人も多いです。毎月の利用金額1,000円(税抜)に対し100ポイントが付与されます。ここで注意したいポイントは、1,000円未満の端数は対象外となることです。

例えば9,500円(税抜)のケータイ利用があった場合900ポイント、10,000円(税抜)の場合は1,000ポイントが付与されます。毎月1,000ポイントの還元があった場合、年間で12,000ポイントが貯まることになり、年会費分は十分に元が取れそうですね。

還元率に大きく影響するご利用金額は、各種割引適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料です。電報料やコンテンツ使用料、各種手数料にドコモ光工事料など、ご利用金額に含まれない項目もあるので気をつけておきましょう。

dカード GOLDケータイ補償は最大10万円!

一昔前とは違い、現在ではケータイ・スマホなどの機種自体が非常に高価な価格帯になっています。ケータイを水没させたり、破損させたりした場合、補償サービスをつけていないと多額の修理代がかかる場合も多いのです。紛失の場合には、ケータイ1台分の新規購入代金も大きな負担となるでしょう。

dカード GOLDケータイ補償は、購入から3年間は紛失や故障などにあっても最大10万円を補償してくれる優れたサービスです。使えなくなってしまった機種・カラーと同じケータイをdカード ゴールドで購入することにより、キャッシュバックが得られるしくみです。

この特典で補償されるケータイは、dカード GOLDケータイ申し込み時に登録した利用携帯番号のケータイに対してです。有償で加入できるケータイ補償サービスの場合、月々600円前後かかることが一般的であり、年間で考えると7,000円近くかかるでしょう。その負担が軽くなり、しかも最大10万円まで補償というのは、他のカードやサービスではなかなか見られない魅力ある特典です。dカードの場合は購入後1年以内、最大10,000円までなので、ドコモケータイを持っているならばぜひdカード GOLDの方をおすすめします。

dカード GOLD年間ご利用額特典

カードに入会して2年目以降に、前年度の利用額合計が100万円以上・200万円円以上(税込)の場合、いくつかの特典のなかから選んで利用できるサービスです。起算日は前年であれば2016年12月16日~2017年12月15日と、一律で決まっているのが特徴です。

dカードの公式サイトからID・パスワードを使ってログインし、お買い物額累計に表示されている金額で年間のご利用金額を確認することができます。選べる特典は年間ご利用額によって異なりますが、

  • ケータイ割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • dトラベルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

から好きなものを選ぶことができます。

この特典は家族会員については対象外ですが、家族の利用額は本会員のご利用額に合算されます。カード1枚で年間利用額100万円というと難しい場合も少なくありませんが、家族カードの利用も含めれば、この特典を利用できるチャンスは大いにありそうです。

空港ラウンジが利用可能

dカードGOLDだけの特典として、全国28の空港のラウンジを無料で利用できます。旅行に旅立つ前のひと時に、カードとチケット半券があれば手軽に利用できるのでとても便利です。

お買物あんしん保険

カードを使って購入した商品が盗難や破損してしまった場合、購入日から90日間まで補償してくれます。補償金額は年間で最大300万円、1事故につき3,000円です。購入や支払い方法は問わず補償されます。

dカードゴールドデスクの利用

dカードGOLDを保有している人専用の問い合わせ窓口であり、付帯サービスや各種問い合わせ・注文などに対応してくれます。年中無休で受付時間は10:00~18:00です。

現代ではネットでの問い合わせ窓口が増えており、なかにはコールセンターがない企業もあります。年中無休で人が対応してくれる窓口が設けられているのは、高齢者やネットが得意ではない方にも安心できるポイントではないでしょうか?

カードの申し込みはこちら

dカードGOLDのポイントについて

ポイント

クレジットカードを保有する場合に多くの人が気になるのは、ポイントの還元率や貯めやすさではないでしょうか?ここでは、dカードGOLDのポイント還元率や制度内容について解説していきます。

ポイント還元率

dカードGOLDの基本的なポイント還元率は1.0%です。カード決済によって100円につき1ポイントが付与されます。全体的に基本0.5%という還元率のクレジットカードも多いなかで、比較的高めだといえるでしょう。しかし、年会費が発生する高還元率が魅力的なクレジットカードと比較すると、標準的ともいえます。

dポイントクラブのゴールドステージ優待

dカードでは、dポイントクラブ優待が受けられます。ご利用携帯電話番号で利用できる特典であり、カード1枚につき1回線となるのが特徴です。一般カードでも同様のシステムが利用されていますが、ステージによって優待内容が異なってきます。一般dカードの場合はブロンズステージ、dカードGOLDの場合がゴールドステージの対象になります。

ステージ名 ステージ条件
レギュラーステージ dポイント獲得数600ポイント未満
ブロンズステージ dポイント獲得数600ポイント以上
ドコモ継続利用期間10年以上
dカード契約
シルバーステージ dポイント獲得数3,000ポイント未満
ドコモ継続利用期間15年以上
ゴールドステージ dポイント獲得数10,000ポイント以上
dカード GOLD契約

条件としては、6か月以内に必要なdポイント獲得数を得ていることが必要になります。ただし、dカード GOLDに入会していれば自動的にゴールドステージになります。

dポイントクラブクーポン

グルメをはじめ、レジャー・ショッピング・旅行などを会員特別価格で利用することができます。ローソン・ケンタッキー・サンマルクカフェや百貨店などでお得に利用できますが、その内容は期間によって異なります。dポイントクラブのサイトやアプリ画面から確認ができ、クーポンを表示させることができます。

利用できる店舗の数は多く、飲食店など日常的に利用しやすいクーポンもたくさんあります。定期的にチェックしてみるといいでしょう。

スペシャルクーポン(ブロンズステージ以上)

ブロンズステージ、つまり一般dポイントカード保有者からdカードGOLD保有者まで利用できるクーポンです。映画館・遊園地・スポーツクラブ等、全国1,500以上の施設で利用できる入場券やチケットを特別価格で購入することができます。サイト画面からクーポンを見せて提示することで優待を受けられる便利なサービスです。

一例になりますが、

  • イオンシネマ映画鑑賞券:1,800円⇒1,100円
  • 新江ノ島水族館入館券:2,100円⇒1,575円
  • スポーツクラブNAS1回の施設利用券:1,620円
  • ラフィネギフトカード:2,160円⇒1,940円

(2018年1月現在)

イオンシネマでの利用がとてもお得になっているので、映画好きの人には利用しやすいサービスです。

プレミアムクーポン(シルバーステージ以上)

シルバー・ゴールドステージ会員には、毎月抽選で50,000名様以上にプレミアムクーポンのプレゼントがあります。ホテル宿泊・テーマパーク優待券をはじめ、ハイクオリティなサービスを抽選でプレゼントされます。ゴールドステージだけのスペシャル特典があるのも注目です。2018年1月現在ではJAL旅行券・全国百貨店共通商品券の当選数が大幅アップしています。

シルバーステージ以上で応募できるクーポンも多数ラインナップされています。例えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®内にあるドコモラウンジを利用できます。アトラクションの優先乗車などの優待が魅力的なラウンジです。ラウンジ内ではキッズスペースやフリードリンク、タブレットの貸し出しなどのサービスもあり、ちょっとした小休憩にぴったりなスペースになっています。

この他にも、

  • 劇団四季のミュージカルペアチケット
  • 温泉旅館&シティホテル宿泊プラン(ペア)
  • ホテル&レストランランチ(1人もしくはペア)
  • 東急ハンズギフトカード
  • JAL「おもてなし空間」の利用サービス
  • 映画(ペア)チケット
  • ローソン、ファミリーマートでのスイーツ・フード
  • タリーズでのドリンクチケット・タリーズカード

などが抽選でプレゼントされるお得なサービスです。

dマーケット特典(シルバーステージ以上)

dマーケットで、新作等のレンタルクーポン(dTV)、楽曲ダウンロードクーポン(dミュージック)が利用可能になるもので、内容は毎月更新されます。

dカードポイントUPモールの利用でよりお得に

一般のdカード・dカードGOLDと共通になりますが、ポイントUPモールサイトを通じて買い物をすると、ポイントが通常の1.5~10.5倍も還元されます。
Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどでは1.5倍、LOHACO・ヤマダモール・るるぶトラベルなどでは2.0倍など、ファッション・健康・家電・グルメ・旅行・本などあらゆるジャンルのショップを利用できます。

ポイントUP期間中なら、通常以上にポイント還元倍率が高く設定されています。dカードポイントUPモールをうまく活用することで、より一層dポイントを効率よく貯めることができるでしょう。

dカード特約店でもお得にポイントが貯まる

dカード特約店での利用なら、通常の決済ポイント1.0%に加えてさらにポイントが付与されます。主な特約店としては、

  • dデリバリー
  • dトラベル
  • dショッピング
  • ドコモオンラインショップ
  • ENEOS
  • JAL・JALパック
  • 三越
  • 伊勢丹
  • ショップジャパン
  • タワーレコード
  • 紀伊國屋書店

などでは通常ポイントプラス1.0%のポイントが付与されます。

この他には

  • JTB(プラス2.0%)
  • スターバックス カード(プラス3.0%)
  • ドトール バリューカード(プラス3.0%)

など、特約店ごとにお得度が異なりますので、よく利用するショップがあればぜひチェックしてみましょう。

なお、カードの利用に対してポイントが付与される場合と、iDの利用に対してポイントが付与される場合と店舗によって対象が異なる点も事前に確認しておきましょう。

ローソン・ノジマでは実質5.0%の還元率!

日頃からローソンの利用頻度が高い人にとって、dカードGOLDは持っていて損はない非常にお得度の高いカードです。通常の決済ポイント1.0%、カードの提示で1.0%、さらにカード決済で3.0%、合計で5.0%ものポイントが還元されます。ちなみにカード決済分は請求時に3.0%offという形で還元されます。

家電のノジマでも同様のスタイルでポイントが還元されます。効率よく貯められるのはもちろん、dポイントを利用することも可能です。

高島屋では3.0%のポイント還元

百貨店の高島屋(一部店舗を除く)でも、通常よりお得にポイントを貯めることができます。通常の決済ポイント1.0%、カードの提示で1.0%、カード決済で1.0%、合計で3.0%のポイントが還元されます。一部商品ではカード提示によるポイント還元がない場合があり、合計2.0%の還元となる商品もあります。

オンラインストアなどでは合計2.0%、プリペイドでの支払なら店舗によって合計1.5~2.5%の還元率となっています。

公共料金もポイント付与の対象に

公共料金の支払いについても1.0%のポイントが付与されるので、dカードGOLDで固定費をまとめて支払うという使い方でお得にポイントを貯めることができます。電気代・ガス代・水道代をはじめ、NHK受信料・プロバイダ料・税金・新聞代・民間の保険料までポイント付与の対象になります。

ポイント有効期限について

dポイントの有効期限は獲得した月から48カ月後の月末までです。国内にはさまざまなポイントサービスがありますが、有効期限は1~2年程度がよく見受けられます。

なかでも4年というのは比較的長い方であり、貯めたまま忘れてしまうというリスクも少ないといえるでしょう。

クレジットカードのポイント有効期限とは?有効期限が長いおすすめカードも紹介

dカードGOLDの審査について

dカードよりもサービス内容が充実しているdカードGOLDだからこそ、審査内容も気になるところです。ここでは申し込み資格をはじめ、審査難易度・カード発行までの期間などについて解説します。

申し込み資格

GOLDというだけあって、どんな人でも気軽に申し込みできるとはいいがたいのが現実です。主な申し込み資格としては、法人ではなく個人名義であること・学生を除いた満20歳以上で安定した継続的な収入があること・支払口座は本人名義であること・その他NTTドコモが定める条件を満たすことあげられます。

学生は申し込みができず、ある程度の収入が継続してないと申し込みしても審査に通らない可能性もあるでしょう。

審査難易度

申し込み資格条件のなかで気になるのが「その他NTTドコモが定める条件を満たすこと」というポイントです。詳細がよくわからないものの、審査難易度に影響している可能性が大いにありそうです。

ここで審査に影響してくる可能性があるポイントは、

  • 過去に携帯料金の滞納が頻繁にあるなどトラブル(信用事故)が発生していないか
  • ドコモでの契約期間が長く、安定した円満契約ができているか
  • 引っ越しや転職などでをくり返していないか
  • 入会申し込みの約半年以内で引っ越しや転職をしていないか

などがあげられます。

一般的にゴールドカードは、一般的なクレジットカードと比べて入会審査が厳しいとされています。年収や勤続年数など、入会するためのハードルが高く、正社員などでも入会が難しいものもあります。一方でdカードGOLDは、ゴールドカードという枠のなかで見れば、比較的審査難易度は厳しいものではありません。

ただし、派遣社員・アルバイト・パートなど、毎月の収入が変動しやすい雇用形態の人は審査に通らない可能性があります。一般的なクレジットカードよりは難易度が高く、ゴールドカードの中では難易度は普通か低めだと思っておくといいでしょう。

また、dカードからのアップグレードの場合も審査は行われますので、その点も頭に入れておきたいです。

カード発行までにかかる期間

dカードGOLDはWEBで申し込みをすることができます。必要な書類・情報(支払先の口座情報がわかるキャッシュカード・口座通帳など、免許証などの本人確認書類、勤務先情報)を用意し、オンライン手続きをして受付メールを受信、入会審査が通ればその後最短で5日でクレジットカードが手元に届きます。

ただし、審査状況や営業日の関係(土日祝日をはさむなど)によっては日数がかかる可能性もあり、おおむね10日~2週間程度かかると想定しておくといいでしょう。繁忙期などは3週間程度みておくといいかもしれません。

WEB申し込みの結果次第で、最短であれば5分で入会審査が完了させることもできます。この場合、9:00から19:50までにカード申し込み手続きが完了していること、申し込み時点で引き落とし口座が正しく設定完了していることが大前提です。

審査完了したかどうか、メール以外でも確認したい場合

dカードGOLDの審査が通過したかどうかはメール受信でもわかりますが、タイムラグが発生する場合もあります。このとき、マイドコモからステータス確認(ゴールドに変わっているか)をすると簡単に判断できるでしょう。なかなかメールが届かないけれど、審査が通ったか早く知りたい・不安な時におすすめの方法です。

カードの申し込みはこちら

dカードGOLDは電子マネー「iD」が利用できる

iD

dカードGOLDは電子マネーiDと一体になっており、Apple Payの利用もできます。iD対応の店舗では、カードをかざすだけで簡単に支払いを済ませることができて非常に便利です。iD利用分はクレジット払いで引き落としされますので、ポイントもしっかり貯まります。還元率も通常と同じく1%(100円で1dポイント)になっています。

ただしdカード特約店の場合、店舗によってポイントの付与がカード払いかiD決済かどちらかになっている場合もあるので確認しておくといいでしょう。iDはコンビニ・ショッピングセンター・飲食店やドラッグストアなど、全国で利用できるショップがあるため、汎用性も高い電子マネーです。

また入会申請・完了して間もない段階でカードが手元にない場合、iPhone7以降の機種を利用しているならすぐにiDを利用することも可能です。dカードアプリをインストールし、クレジットカードの申し込みで登録した4桁の暗証番号を入力します。アプリ内でApple Payの設定の手続きをすれば利用できるようになるので、便利でおすすめです。

dカードGOLDの付帯保険について

dカードGOLDが他のクレジットカードよりも充実しているサービスに、旅行保険があります。年会費無料で入会しやすいクレジットカードほど、旅行保険に関するサービスは手薄になりがちですが、GOLDというだけあって国内外ともにしっかり補償してくれています。ここでは、dカードGOLDの旅行保険の詳細について解説します。

国内旅行保険

飛行機・船舶などに搭乗中における傷害、ホテルなどに宿泊中の火災などにおける傷害、パック旅行などに参加中に起きた傷害について補償してくれます。また、国内航空便遅延費用特約として、乗継遅延・手荷物遅延および紛失・出向遅延および欠航などにおいて発生した費用を内容に応じて1~2万円補償してくれます。

補償内容 保険金額(本人会員/家族会員)
国内旅行傷害保険 傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障害保険金 程度により200万円~5,000万円
入院保険金 5,000円(日額)
通院保険金 3,000円(日額)
手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍

国内旅行保険の場合は利用付帯になりますが、補償金額・内容ともに手厚いといえるでしょう。

海外旅行保険

ケガや病気などの治療費から携行品の損害、旅行先での損害賠償まであらゆる状況に応じて充実した補償内容が取り揃えられています。dカードGOLDの海外旅行保険の特筆した魅力といえば、自動付帯と家族特約でしょう。

補償内容 保険金額(本人会員・家族会員) 保険金額(本人会員の家族)
傷害死亡 1億円(★) 1,000万円
傷害後遺障害 程度により400万円~1億円(★) 程度により40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任(一事故の限度額) 5,000万円 1,000万円
携行品損害(年間限度額) 50万円(一事故あたりの自己負担額3,000円) 15万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用(年間限度額) 500万円 50万円

家族の対象は、カード会員(本人)の配偶者・19歳未満の同居親族・19歳未満の別居で未婚の子ども)です。dカードGOLD1枚あれば、家族全員での海外旅行時にも安心して利用できる補償内容になっています。

海外航空便遅延費用特約も付帯しており、最大2万円が保証されています。ちなみに★については、dカード GOLDで旅行費用を支払っている場合の金額です。別の方法で支払っている場合には、傷害死亡最大5,000万円、傷害後遺障害200~最大5,000万円になります。

デメリットについて

dカードGOLDのあらゆる魅力について解説してきましたが、デメリットと呼べる点もいくつかあります。ここでは、デメリットとして頭に入れておきたい3つのポイントについて解説します。

10%ポイント還元はドコモのケータイとドコモ光のみ

dカードGOLDの最大の魅力でもある10%ポイント還元ですが、その対象がドコモのケータイとドコモ光の利用金額のみに限定されてしまうことです。ドコモユーザー以外でもdカード・dカードGOLDに入会することは可能なのですが、最大の特典を得られないのであれば、このカードの魅力は半減してしまうことになります。

また、ポイント還元方法は1,000円(税抜)に対して100ポイントです。1,000円未満の端数は切り捨てられてしまう点もデメリットといえるでしょう。

ドコモのケータイとドコモ光をカード決済してもポイントは還元されない

dカードGOLDのポイント還元対象はショッピング・ETCカードでの利用・家族カードでの利用・dケータイ払いプラス・公共料金です。10%ポイント還元されるので錯覚におちいりやすいのですが、10%ポイント還元の利用金額というのは、カード利用金額ではないという点を押さえておきましょう。

つまり、他のカードでドコモケータイ・ドコモ光利用代金を決済すれば、そのカードでポイントを貯めることができるというわけです。その方がお得になるでしょう。

年会費がかかってしまうこと

年額10,000円(税抜)というのは、やはりどうしてもネックになってくるのではないでしょうか?年会費を割引にできるような裏技もなく、払わざるを得ない費用です。10%ポイントを活用し、その他の
特典もうまく利用できれば年会費分の元が取れるでしょうが、それなりの工夫・努力も必要になるでしょう。

電子マネーiDのチャージはポイント付与対象外

dカードGOLではiDを使うことができますが、チャージではポイント付与されません。イオンカードセレクトなど、電子マネーチャージでポイントの二重取りができるクレジットカードもあるなか、電子マネーをうまく使ってお得に利用したい人にとっては不便さを感じるかもしれません。

dカードGOLD

カードの特徴

年会費は10,000円かかるが、ドコモ携帯電話料金の10%が還元される。また、盗難・紛失、全損・水濡れで修理不可となった場合に最大10万円まで機種購入代金の補償サポートあり

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 10,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯分5,000万円まで)
国内旅行傷害保険5,000万円(利用付帯)
電子マネー iD ポイント dポイント

-おすすめクレジットカード
-, , ,

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.