クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

デビットカードは本当に審査なしで作れる?

更新日:

電子マネーやクレジットカードと並ぶ決済方法として最近注目されているのがデビットカードです。
キャッシュレスで支払いもスムーズ、指定の口座から直接引き落としなので使い過ぎも防げるなどデビットカードには多くのメリットがあります。

クレジットカードは高校生を除く18歳以上から申し込み資格があり、過去に支払い遅延などをしてしまった場合は審査に通らなくなってしまうのですが、デビットカードは審査なしで作れるといわれているため誰でも作れるカードだと思われがちです。
今回はデビットカードは本当に審査なしなのかや、おすすめのデビットカードについてまとめました。

デビットカードとは?

デビットカードとは金融機関が発行する決済用のカードです。デビットカードは預金口座と紐付けされているため、決済を行うと預金口座から代金が引き落とされます。
クレジットカードと同じようにVISAやJCBなどの国際ブランドがあり、それらの国際ブランドが使えるお店やサービスで利用する事が可能です。

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの違いは、代金が引き落とされるタイミングと審査の有無、カード申し込み条件の年齢、カードを発行する会社など、様々な違いがあります。

クレジットカードは翌月一括払いが基本なのに対し、デビットカードはカード利用と同時に口座から利用金額が引き落とされる仕組みになっているため、支払いの延滞などをする心配がありません。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは、使いすぎを防げる点や審査なしの場合が多い点、18歳未満でも持てる点です。デビットカードで決済を行うとリアルタイムで引き落とされ、残高不足では決済が完了しません。
クレジットカードの場合は預金残高が足りなくても翌月にお金が用意できればツケ払いで決済できるため使いすぎの恐れがありますが、即時決済のデビットカードではこのような使い方ができないため、使いすぎを防げるのです。

一部のデビットカードでは審査がありますが、多くのデビットカードは審査なしで発行でき、カードによっては15歳から発行できるためクレジットカードの審査に通らない方や、クレジットカードが作れない18歳未満の未成年の方にもおすすめです。

デビットカードのデメリット

デビットカードには当然デメリットもあります。

カードを作る前に知っておいた方が良いのは、翌月払いや分割払いができない事と、クレヒス(クレジットヒストリー)というクレジットカードの利用履歴が残らない事、カードのポイント還元率が低い事です。
中でも翌月払いや分割払いが利用できないと、まとまった現金を口座に用意しておく必要があるため不便を感じる場面もあるでしょう。

クレヒスがつかない事も新しくクレジットカードを作る際に不利になる場合があります。
ポイント還元率もクレジットカードと比較すると劣るため、ポイントで得をしたい方には不向きです。

クレジットカードはなぜ審査がある?

クレジットカードは翌月払いで立て替えだから

クレジットカードとデビットカードの一番の違いは代金が引き落とされるタイミングです。

クレジットカードはカード会社が代金を立て替えて支払い、後日(翌月やボーナス支給月など)預金口座から代金が引き落とされます。
そのため、カード利用者はカード会社から一時的に借金をしている事になります。

カード会社は立て替えた代金を回収できないと貸倒となってしまうので、きちんと代金を回収できるか否かを収入や過去の利用履歴などから判断するために審査を行います。

デビットカードは銀行口座から引き落とし

デビットカードは即時引き落としのため、若干のタイムラグはありますが概ねカードを使うとリアルタイムで代金が引き落とされます。
預金残高が足りないと決済そのものができないため、カード会社は代金を立て替える必要がありません。

そのため、審査によって代金を回収できるか否かを審査しなくてもいいのです。
いわばクレジットカードはツケ払い、デビットカードは現金払いと同じ事です。

デビットカードの審査に落ちる理由

申し込み条件を満たしていない

デビットカードで審査落ちする理由として多いのが申し込み条件を満たしていない事です。
中でも年齢は見落としやすい項目なので注意しなければいけません。

カードによって申し込み条件は15歳以上や16歳以上など、微妙に異なる事があるため申し込み前に忘れずにチェックしましょう。

銀行口座を作れない

即時引き落としのデビットカードは銀行口座がなければ作れません。
本人確認ができない、住所がない、過去に銀行で金融事故を起こした事がある、借金を抱えているなど理由は様々ですが、このような場合は銀行口座を作れないためデビットカードも作れません。

融資機能付きのデビットカードに申し込んだ

デビットカードの中には融資機能が付いたカードもありますが、カードローンや融資機能が付いていると審査が厳しくなるので審査落ちの確率も上がってしまいます。

例えば、イオンデビットカードは預金残高が不足した場合、一時的に10万円まで立て替えてくれるサービスが付いています。
このような場合はクレジットカードと同じツケ払いの状態となるため、返済能力などを審査されるのです。

デビットカードの種類

三菱UFJデビット

三菱UFJデビット

カードの特徴

三菱UFJ銀行が発行するデビットカード。クレジットカードだと通常申し込み資格のない18歳未満でも申し込みが可能なカード。

発行会社 三菱UFJ銀行 ショッピング保険 ■JCBデビット
最大:年間100万円(自己負担額10,000円/1事故あたり)
※国内ショッピングは対象外
■VISAデビット
最大:年間100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり)
年会費 初年度年会費無料 2年目以降1,080円(税込)
15歳(中学生は除く)から23歳まで無料
不正利用補償 ■JCBデビット
最大:500万円(1事故あたり)
■VISAデビット
最大:100万円(年間)
ポイント JCBデビット:Oki Doki ポイント
VISAデビット:キャッシュバック
ポイント還元率 JCBデビット:0.3%~0.5%相当
※交換商品により還元率は異なります
VISAデビット:0.2%(自動キャッシュバック)

三菱UFJデビットの申し込み資格は、普通預金口座をお持ちで国内に住む中学生を除く15歳以上、初年度年会費無料で2年目以降は税込1,080円ですが、23歳以下もしくは前年度10万円以上の利用で無料となります。
カードの国際ブランドをJCBとVISAの2種類から選べ、JCBなら海外旅行保険・国内旅行保険が最高3,000万円まで付き、JCB・VISAともにショッピング補償や不正利用補償も付いています。

楽天銀行JCBデビットカード

楽天銀行JCBデビットカードは楽天銀行の口座をお持ちの16歳以上の方であれば誰でも審査なしで作れます。

国際ブランドはJCB、年会費永年無料で楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まるポイント高還元率が魅力で、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるため、ポイントを重視する方にもおすすめできます。
不正使用防止機能も付いた安心の一枚です。

スルガ銀行デビットカード

スルガ銀行デビットカードの申し込み資格は口座をお持ちで国内に住む中学生を除く15歳以上の方となり、入会金・年会費無料です。
国際ブランドはVISAで、1枚あたり税込540円の手数料を支払えば3枚まで家族カードを発行できるのが特徴です。

利用金額に応じて0.2%のキャッシュバックやマイル、ポイントの付与もあるため現金払いよりお得で、海外ATMで現地通貨を引き出す事もできます。
なお、口座残高を越えた利用では立て替え払いが発生する場合もあるため、審査があるデビットカードです。

SMBCデビット(Visaデビット)

SMBCデビット(Visaデビット)の申し込み資格は、口座をお持ちで中学生を除く15歳以上、年会費無料で審査なしのデビットカードです。
専用端末にタッチするだけで決済が完了し、0.25%の自動キャッシュバックもあります。
不正利用対策として年間100万円までの補償もあり、専用アプリでデビットカードの利用場所を確認でき、家計の管理に役立つのも特徴です。

-クレジットカード審査

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.