クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額はいくら?限度額を上げる方法も

投稿日:

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生や新社会人の方にも人気があるクレジットカードです。
ポイント還元率が高く、セキュリティにも定評がある銀行系カードなので大人になってからも使い続けられます。
クレジットカードには限度額が設定されていますが、三井住友VISAデビュープラスカードの限度額はいくらなのでしょうか。

そこで今回は、三井住友VISAデビュープラスカードの限度額について解説して、限度額を上げる方法についてもまとめました。

クレジットカードの限度額とは?

クレジットカードの限度額(利用限度額)とは、カードで使える金額の上限です。
クレジットカードを申し込む際に希望限度額を記入する場合もありますが、カード会社による審査の上、カードごとにある限度額の範囲内で個々の返済能力に見合った限度額が設定されます。

職業や年収によって限度額は左右されますが、過去のカードの利用履歴であるクレジットヒストリー(クレヒス)も影響してくるので注意が必要です。
例えば、カードで延滞を起こしていたり、他社からの借り入れがある場合などは限度額が低く設定される傾向があります。

カードを使ったことがなくても、分割払いにしたスマホ代の延滞でもクレヒスに傷が付いている場合があるので気を付けましょう。
最初に設定される限度額がやや低い場合もありますが、利用実績により限度額がアップするケースもあり、限度額の増枠申請も可能です。

クレジットカードを何枚も持っていると後から作るカードの限度額が低くなってしまうので、限度額アップを狙うならむやみにカードを作らないようにしましょう。

限度額にはキャッシング枠も含まれる

クレジットカードの限度額は一般的に総利用枠を指しますが、限度額の中には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という2つの枠があります。

ショッピング枠はその名の通り、買い物や料金の支払いで用いる枠で、キャッシング枠はATMや振込でお金を借りられる枠です。
キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれているので、例えばショッピング枠の限度額が50万円・キャッシング枠の限度額が30万円のカードの場合、ショッピングで40万円を使うとキャッシングで利用できるのは残りの10万円となります。

例として、三井住友カードの枠の種類とその概要を見てみましょう。

  • 総利用枠 → カード全体で使える額の上限
  • カード利用枠 → カードショッピングに使える額の上限
  • リボ払い・分割払い利用枠 → 割賦払いできる額の上限
  • キャッシング利用枠 → キャッシングに使える額の上限

限度額いっぱいまでカードを使うと、支払いが済んで限度額が回復しない限りカードが使えなくなります。
クレジットカードで買い物をすると支払日が締め日の翌月となる場合も多いため、引き落としが完了するまでカードを使えないのは不便を感じるでしょう。

この場合は、引き落とし日までに繰り上げ返済を行うことで限度額を早く回復させることができます。

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額はいくら?

三井住友VISAデビュープラスカード(黒)

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額は以下の4つによって決まります。

  • 職業(学生または社会人)
  • 年齢(未成年または成年者)
  • 親権者同意の有無
  • 口座設定の方法(オンライン完結または依頼書提出)

まずは三井住友VISAデビュープラスカードの限度額をケース別に一覧表で見てみましょう。

親権者同意 限度額(カード利用枠)
学生(未成年) 必須 30万円
学生(成年者) なし 10万円
学生(成年者) あり 30万円
社会人 不要 10~100万円

社会人になると限度額が増えるのは一般的ですが、親権者の同意の有無によっても20万円の開きがあるのが特徴です。

学生(未成年)の場合

未成年の学生の場合、限度額は30万円となっています。
未成年者がクレジットカードの申し込みなど契約行為を行う際には、親権者の同意を得ることが必須です。

このため、三井住友VISAデビュープラスカードでも申し込みの際に親権者の同意確認があります。
親権者の同意確認は書面や電話で行われるので、内緒でカードを作ることはできません。
親権者同意欄の署名を偽ったり、親権者になりすまして電話の応対をすると最悪の場合、カード会社の社内ブラックとなり半永久的にカードが作れなくなる恐れがあります。

未成年の学生はオンライン完結の口座設定が利用できず、口座振替依頼書を提出する必要があるので、カードの発行日数は最短8営業日です。

学生(成年者)の場合

20歳以上の学生の場合、親権者の同意の有無によって限度額が変わってきます。
親権者の同意がない場合は10万円・同意がある場合は30万円となりますが、口座設定でオンライン完結を選ぶと親権者の同意が不要となり限度額が10万円になってしまうので、口座設定は依頼書の提出で行い、親権者の同意を得ておきましょう。

カード発行までの日数は、オンライン完結が最短3営業日・口座振替依頼書の提出が最短8営業日となっています。

社会人の場合

社会人の場合は親権者の同意が不要となり、変わってくるのはカードの発行日数のみです。
この場合もオンライン完結なら最短3営業日・口座振替依頼書の提出は最短8営業日です。

社会人の場合は10万円~100万円と限度額に幅がありますが、限度額の決まり方はオープンにされておらず、職業などによって変わってくるため一概にはいえません。

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額を上げる方法

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額は上げることができます。
一時的な引き上げと継続的な引き上げの2通りの方法があり、海外旅行などその時だけ引き上げたい時は一時的な引き上げが便利で、限度額が毎月足りなくなる場合は継続的な引き上げがおすすめです。

引き上げられるのはショッピング枠のみとなり、一時的な引き上げは1万円単位・継続的な引き上げは10万円単位で引き上げができます。
限度額の引き上げには審査があり、希望通りにならない場合もあるので注意しましょう。

限度額引き上げの流れ

限度額引き上げの流れは、事前準備の後に申し込みとなります。
手続きの前に、現在の利用枠と利用可能額を確認する必要があるので、三井住友カード公式サイトにある会員ページ「Vpass」から確認しておきましょう。

勤務先が変更になっている方は事前に「カードお届け内容の照会・変更」というページから情報の変更を行う必要があります。
事前準備ができたら手続きに移りますが、学生や社会人など職業や年齢によって利用できる手続き方法が異なるので注意が必要です。

継続的に限度額を上げる方法

継続的な引き上げを行う場合の審査期間は1週間~2週間程度です。
審査結果は通常書面での通知となりますが、WEB通知書サービスを利用している場合はカード会社のホームページから通知書をダウンロードしてください。

学生の場合

学生の場合は、インターネットのVpassから資料番号「3352」で資料請求を行い、申込書を使って手続きをします。

学生のうちは利用枠の上限が原則30万円となり、それ以上の引き上げはできません。未成年の方や25歳未満の学生の場合は親権者の自署も求められます。

満20歳以上の場合(学生を除く)

学生を除く20歳以上の方はインターネットのVpassから手続きが可能です。
継続的な引き上げをする場合は、入会後半年以上経過していることが条件となります。

未成年で社会人の場合

未成年で社会人の方は、クレジットラインデスクに電話をかけて資料請求して手続きを行います。

電話番号は東京と大阪で異なり、以下の通りです。

  • 東京…03-6627-4211
  • 大阪…06-6445-3505

年末年始(12月30日~1月3日)を除き、9時~18時は年中無休で対応しています。
未成年や学生の場合は親権者の同意確認が必要です。

一時的に限度額を上げる方法

一時的に限度額を上げる場合も事前準備の上、利用予定日の1か月前~1週間前までに手続きを行ってください。
引き上げ期間は、支払い完了日前日までの期間を設定します。

審査にかかる時間は、即時引き上げとなる場合もあれば電話での再申し込みが求められるケースもあるので、時間に余裕をもって手続きを行いましょう。

満20歳以上の場合(学生を除く)

学生を除く満20歳以上の場合、インターネットのVpassから手続きを行えます。

ログイン後に表示されるメニューから利用枠の引き上げを選び「ご利用枠を一時的に引き上げる」から手続きを行ってください。

未成年や学生の場合

未成年と学生、または一定期間に連続して一時的な引き上げを実施している方は電話での手続きとなります。

  • 東京…03-6627-4211
  • 大阪…06-6445-3505

年末年始(12月30日~1月3日)を除く年中無休、9時~18時の受付となっています。

-三井住友VISAカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.