クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

学生や未成年におすすめ!三井住友VISAデビュープラスカード

更新日:

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳から25歳まで限定の三井住友VISAカード。一般カードの2倍ポイントが貯まり、年に1回でも年会費無料の初心者におすすめのカード

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードが発行する18歳~25歳までの方を限定とした、学生や未成年、新社会人が初めて作るクレジットカードとしておすすめのカードです。

三井住友VISAカードは、銀行系カードということもありセキュリティもしっかりしており、どこに出しても恥ずかしくないステータス性の高いカードです。
今回は三井住友VISAデビュープラスカードの特徴を紹介していきます。

年会費

年会費は実質無料

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費が無料です。
二年目以降は、1,250円(税抜)の年会費が必要になりますが、年間に1度でもカードの利用があれば、年会費は無料となります。
一般カードで年会費無料とするためには、支払いがリボ払いのみとなる「マイ・ペイすリボ」への申し込みが必須となりますが、三井住友VISAデビュープラスカードにはそういった条件はありません。

追加カードの年会費について

三井住友VISAデビュープラスカードでは、追加カードの発行も可能です。
追加カードの種類と年会費は以下のようになっています。

ETCカード

高速道路などの有料道路での、料金所での支払いをこのカードがあれば手軽に通行できるというものです。
通常年会費、500円(税抜)ですが、作成した初年度は無料で、2年目以降も年間で1度以上の利用があれば年会費は無料となります。

家族カード

本会員カードと同様のサービスを受けられるカードで、契約者本人の家族に対して発行できるカードです。
こちらも年会費は、通常400円(税抜)ですが、初年度は無料、2年目以降は年間で3度以上の利用があれば、無料となります。

ポイント還元率

クラシックカードとの比較すると2倍のポイント

一般カードである、三井住友VISAクラシックカードの通常ポイントは、1,000円につき1ポイント貯められ還元率は0.5%です。
三井住友VISAデビュープラスカードは、通常ポイント1,000円につき2ポイントで貯めることができるので、還元率は1.0%となり、還元率は2倍差があります。
さらに、入会特典として、入会から3ヶ月間はポイントが5倍になり、還元率は2.5%。
他の三井住友VISAカードにも、ここまでの高還元のカードは無く、三井住友VISAデビュープラスカードが一番、ポイントを貯めやすいカードとなっています。

マイ・ペイすリボの利用でも還元率UP

マイ・ペイすリボを利用することで、通常ポイントにさらに1ポイントが追加されます。
これにより1,000円で3ポイント貯められるようになり、還元率は1.5%となります。
還元率だけを見ると、お得になるように見えますが、リボ払いでの支払いには手数料が発生するという落とし穴があります。

手数料が気になるという方であれば、マイ・ペイすリボで毎月の支払い金額を設定できる機能があるので、その機能を使って手数料を最小限に抑えることもできます。
2万円強利用した月には、リボ払いの金額を2万円に設定すれば、2万円を超えた金額のみがリボ払いとなるので、手数料を抑えることができるのです。

ポイントUPモールを経由すれば最大20倍に

三井住友VISAカードが運営している、ポイントUPモールを経由してお買い物をすることで、ポイントが2倍以上になります。
ポイントUPモールの中には、誰もが聞いたことのある、有名店が数多く存在します。
一例としては、amazon・楽天・ビックカメラ.comなどです。

各店舗では、ポイント倍率が設定されていて、最小でも2倍、最大では20倍のポイントを貯めることができるのです。
ネットショッピングを楽しみたい人は、絶対に利用した方がお得です。

nanacoチャージの利用でもポイントが貯まる!

三井住友VISAデビュープラスカードは、nanacoカードへチャージをすることでも、ポイントを貯めることができます。
nanacoカードは、税金の支払いをすることもできる便利なカードなので、普段必要な支払いでもポイント還元を受けられるようになります。

利用額によってボーナスポイントをもらえます

前年度の利用金額によって、ステージというものが定められていて、そのステージによって、ボーナスポイントを獲得することができます。

ステージは、「V1」「V2」「V3」の三段階で、前年度の利用が50万円~100万円未満でV1、100万円~300万円未満でV2、300万円以上でV3となり、獲得できるボーナスポイントは、V1で50ポイントで以降10万円ごとに10ポイントもらえます。
最高ランクのV3では、50万円で150ポイントもらえ、以降10万円ごとに30ポイントが加算されます。

ポイント交換先について

貯まったポイントは、キャッシュバックを始めwaon・nanacoなどの電子マネーやT-POINTなどのポイントサービスへの交換、マイレージへの交換など交換先は多岐に渡りますが、交換先によっては還元率が低くなってしまいます。
1ポイントを5円として交換した場合に、還元率1.0%となるので、お得に利用したいと考えている方は、交換先のレートによく注意してください。

ポイントの有効期限

貯まったポイントの有効期限は決まっていて、取得した日から2年となります。
使いきれずに有効期限が切れてしまうと、非常に損をしてしまいますが、ポイントを交換できる最低の単位は200ポイントからと敷居は低めです。
還元率から言って、10万円の利用で200ポイントを貯められてしまうことから、使いきれないというケースはなかなか起こらないのではないでしょうか。

三井住友VISAデビュープラスカードの審査について

審査難易度は低め

三井住友VISAカードは、銀行系カードに分類され、審査難易度は高めのカードですが、三井住友VISAデビュープラスカードは、若年層向けのカードということもあって、審査難易度は低めに設定されています。
学生はアルバイトをしていないという人でも審査に通りやすいと言われています。
これは、将来的に有望な顧客になる可能性が非常に高い顧客を囲っておきたいという、カード会社側の思惑があり、できるだけ多くの人に持ってもらいたいと考えているためと言えます。

申し込み条件を満たしている人で、過去にほかのカードで滞納・延滞をしたという人でなければ、問題なく審査には通るはずです。
まだ年齢が若いのにカード審査に通らないという人は、もしかしたら過去に携帯電話本体の料金を滞納した覚えがないでしょうか?スマートフォンなどの携帯電話本体を分割で購入した場合はローンと同じ扱いになるので、料金を滞納した場合はカード審査に通らなくなってしまいます。

発行までの期間がスピーディー

問題なく審査が通ったら、カードが発行され郵送で送られてきますが、最短3営業日とスピーディーにカードを発行してくれます。
審査を始めてから大体1週間前後で手元に届き、他カードと比較しても発行スピードは早め。
近く旅行に行く予定があって、カードを利用したいと考えている人にもぴったりです。

付帯保険について

ショッピング補償が付帯されている

三井住友VISAデビュープラスカードには、カードを利用した商品が盗難や破損をした場合に90日間補償される「ショッピング保険」が最高100万円まで付帯しています。(免責3,000円)

その他、三井住友VISAの一般カードと同様に、カードの紛失・盗難の際に便利な「24時間電話サポートサービス」や、「クレジットカード不正利用監視」なども含めた安心保証を受けることができるので、初めてクレジットカードを持つことを不安に思っているという方でも、安心して利用することができます。

旅行障害保険が付帯されていない

三井住友VISAデビュープラスカードの最大のデメリットと言えるのは、国内・海外旅行障害保険が付帯されていないという点です。

三井住友VISAの一般カードの中には、三井住友VISAクラシックカード・三井住友VISAクラシックカードAというのがあり、この二つには、それぞれ学生カードがあります。
三井住友VISAクラシックカード(学生)であれば、在学中年会費は無料で海外旅行傷害保険が最高2,000万円のものが付帯されています。
付帯保険の内容に不安があるという方であれば、三井住友VISAクラシックカードA(学生)なら、年会費は250円(税抜)かかってしまいますが、海外・国内旅行傷害保険が最高2,500万円のもので付帯されているので、そちらを選択されるのがよいでしょう。

26歳になったらプライムゴールドへ自動切換えになる

三井住友VISAデビュープラスカードは、26歳未満限定のカードでしたが、26歳になってからはどうなるのか疑問に思いますよね。

三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動切り替えになる

26歳を過ぎた最初の更新を迎えた時に、三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動で切り替わります。
プライムゴールドカードとは、20代限定で利用できるゴールドカードです。
審査は厳しいとされているゴールドカードを、何の審査もなく持つことができるというのはかなり魅力的ですね。
年会費は、5,000円(税抜)と高めですが、マイペイす・リボの利用をする条件を満たせば割引を受けられ、1,500円(税抜)で持つことができます。

そして、プライムゴールドカードを31歳まで持ち続けると、次は三井住友ゴールドカードに自動で切り替わります。
三井住友ゴールドカードは、審査難易度が高く、なかなか所持することは難しいといわれているカードで、ステータス性はかなり高いです。
こちらの年会費は10,000(税抜)ですが、条件を満たすことで割引を受けられ、4,000円(税抜)まで抑えることができます。

クラシックカード/クラシックカードAへ切り替えも可能

年会費も高くなってしまうので、ゴールドカードを持つことがイヤだということであれば、三井住友VISAカードサポートセンターに申請を行うことで、三井住友カードの一般カードである、クラシックカード/クラシックカードAへ切り替えを行うことができます。
これは、自身での申請が必須となるので注意が必要です。

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳から25歳まで限定の三井住友VISAカード。一般カードの2倍ポイントが貯まり、年に1回でも年会費無料の初心者におすすめのカード

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

-おすすめクレジットカード
-,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.