クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴

更新日:

三井住友VISAエグゼクティブカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。一般カードとゴールドカードとの、ちょうど中間のようなカードで、家族向けの付帯サービスが充実しているという特徴。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,000円+税) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高3,000万円(自動付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAエグゼクティブカードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードで、年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円(税抜)の年会費がかかります。

年会費

三井住友VISAエグゼクティブカードの年会費は、初年度無料・2年目以降は3,000円(税抜)の金額がかかります。
家族カード・ETCカードも発行が可能で、それぞれの年会費は、家族カードが250円(税抜)、ETCカードは500円(税抜)がかかります。

年会費が割引となる条件

三井住友VISAエグゼクティブカードは、条件を満たすことで年会費を割引することができます。

  • マイ・ペイすリボへ登録のうえ、年1回以上利用する→翌年の年会費が半額(1,500円+税)
  • WEB明細書サービスへ登録し、年に6回以上の請求がある(月1回以上の利用が6ヶ月)→翌年の年会費から500円割引
  • 年間の利用額が100~200万円→翌年度の年会費25%割引(2,250円+税)
  • 年間の利用額が300万円以上→翌年の年会費が半額(1,500円+税)

WEB明細書サービスへ登録して500円割引になるというのは、他の割引とも重複して適用か可能であるため、WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボへの登録をすることで、年会費は1,000円(税抜)まで割引されます。

また、家族カード・ETCカードの年会費についても割引が可能で、家族カードは1人目であれば年3回以上の利用で年会費が無料となり、ETCカードは年に1度以上の利用があれば年会費無料となるため、普通に利用していけば実質無料で持つことができます。
家族カードについては、2人目以降はどんなに利用があっても、250円(税抜)の年会費がかかるため、注意が必要です。

三井住友カードWAONを発行すれば月2回イオンで5%オフ

三井住友VISAカード会員であれば、発行手数料に300円(税抜)かかりますが、年会費は無料で三井住友カードWAONを利用することができます。
利用額200円につき1WAONポイントを貯めることができ、毎月20・30日はWAONで支払いをすることでイオンで5%オフでお買い物をすることができます。

三井住友カードを使ってWAONにチャージした時にポイントはつきませんので、イオングループをよく利用するという方にはあまり向いていない使い方となるため、注意が必要です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで特典を受けられる

三井住友カードは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと協賛しているため、三井住友VISAカードの会員であれば、1日パスポートの「1デイ・スタジオ・パス」を5%オフで購入できるという特典があります。

購入方法は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのWEBチケットストアより、三井住友カード専用ページがあるためそちらから購入するか、割引クーポンをプリントアウトして現地のチケットブースで直接購入することもできます。

ポイント

三井住友VISAエグゼクティブカードは、1,000円につきワールドプレゼント1ポイントが付与され、1ポイントは5円の価値があるため、ポイント還元率は0.5%となっています。
リボ払い手数料が発生した月はポイントが2倍となり、1,000円につきワールドプレゼント2ポイントが付与されるので、ポイント還元率は1.0%となります。

年間の利用額に応じてポイント還元率アップ

三井住友VISAエグゼクティブカードは、年間の利用額に応じて翌年度のポイント付与率がアップしていきます。

ステージV1:年間50万円以上/50万円の利用で+50ポイント、以降は10万円ごとに+10ポイント
ステージV2:年間100万円以上/50万円の利用で+75ポイント、以降10万円ごとに+15ポイント
ステージV3:年間300万円以上/50万円の利用で+150ポイント、以降10万円ごとに+30ポイント

ポイントの有効期限

三井住友VISAエグゼクティブカードで貯められるポイントの有効期限は、2年間と比較的長めです。
せっかく貯めたポイントが、期限切れで失効してしまうのは非常にもったいないので、有効期限内に使いきれるように注意しましょう。

マイペイす・リボの利用でポイント還元率が2倍

三井住友VISAエグゼクティブカードで、リボ払い手数料の発生がある月はポイント還元率が通常の2倍の1.0%となりますが、実際には年率18.0%のリボ払い手数料が発生するため、ポイント還元率よりもリボ払い手数料の方が高くなってしまい、そのまま利用していると結果的にお得にはならないという事態になってしまいます。

リボ払い手数料を少額に抑える方法

毎月のリボ払い金額を利用代金に対してギリギリの金額になるように設定することで、リボ払い手数料を少額に抑えることができます。
例えば、その月の利用代金が20,350円という金額だった場合、リボ払いの金額を20,000円に設定しておけば、リボ払い手数料は350円という部分にのみかかるため、リボ払い手数料を少額に抑えることができます。

ただし、この方法は毎月の利用金額を把握して、その月に合わせてリボ払い金額の設定を変更する必要があるため、手間がかかってしまうということがデメリットになります。

ポイントUPモールの利用でポイントが2倍以上に

三井住友カード株式会社が運営する、ポイントUPモールというポイントアップサイトを経由して、Amazon・LOHACO・楽天市場などでお買い物をすることで、得られるポイントが2倍以上になります。

利用するショップによってポイント倍率は違いますが、中には11倍にもなるショップや、キャンペーンにより付与されるポイントが増額していることもあるため、ネットショッピングをする際には忘れずに経由するようにしたいですね。

審査について

三井住友VISAエグゼクティブカードの申し込み資格は、20歳以上の安定した収入がある方であれば、どなたでも申し込みをすることができます。
そのため、一般的な会社員の方であれば、問題なく申し込みをすることができますが、学生の方やアルバイト・パートの方などは、申し込みをすることができません。

審査難易度

三井住友VISAエグゼクティブカードは、家族特約やドクターコール24など、家族向けサービスが充実していることから、三井住友カード側は30歳以上のビジネスマンに利用してもらうことを想定しているため、ある程度の勤続年数と年収が必要になります。

ただし、ゴールドカードと一般カードの中間のカードとして位置づけられていても、あくまでも一般カードであるため、発行に関する審査自体は一般的な会社員の方であれば、まず審査に落ちることはないと考えて問題ありません。

発行までの期間

三井住友VISAエグゼクティブカードは、審査回答を得るまでに何日も待たされるということはなく、とてもスピーディで、インターネット上から申し込みを行った場合、早ければ数時間、遅くとも翌日までには審査結果を得ることができます。

審査に問題がなければ最短3営業日でカード発行されるため、申し込みを行ってからカードが手元に届くまでには、1週間から10日前後と見ておけば間違いありません。

発行までの期間

三井住友VISAエグゼクティブカードは、Applepayに対応しており、登録するとiDとして割り当てられるので、全国のiD加盟店で利用することができ、ワールドプレゼントのポイントも貯めていくことができます。

その他、利用できる電子マネーは、iDをクレジットカードと一体型・おサイフケータイ・専用カード発行の3種類から選んで利用することができる他、PiTaPaも利用が可能です。
nanaco・楽天Edy・WAON・モバイルSuica・SMART ICOCA・へは、チャージ利用が可能ですが、ワールドプレゼントのポイント付与の対象にはなりません。

付帯保険

国内・海外旅行傷害保険

三井住友VISAエグゼクティブカードには、国内・海外旅行傷害保険が付帯されていて、どちらも利用付帯の部分と自動付帯の部分があります。
死亡・後遺障害では、どちらも自動付帯の部分が最高500万、利用付帯の部分が2500万となっていて、その他の項目については自動付帯となっており、海外旅行傷害保険には家族特約が自動付帯されます。

具体的な補償金額は以下となります。

  • 死亡・後遺障害 本人:3,000万円(そのうち自動付帯500万円) 家族:500万円
  • 傷害治療 本人:100万円 家族:50万円
  • 疾病治療 本人:100万円 家族:50万円
  • 救援者費用 本人:150万円 家族:100万円
  • 賠償費用 本人:4,000万円 家族:2,000万円
  • 携行品損害 本人:25万円 家族:15万円 どちらも自己負担が3,000円

ドクターコール24

三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴として、家族向けのサービスである「ドクターコール24」が付帯しています。
24時間、365日、年中無休で医師へ相談の電話を無料ですることができるサービスとなっているので、小さなお子様が夜に熱を出してしまったなど、すぐに動くことができない時にとても重宝します。
日本国内であればどこでも利用は可能ですが、海外からの連絡には対応していないということが注意点となります。

三井住友VISAエグゼクティブカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。一般カードとゴールドカードとの、ちょうど中間のようなカードで、家族向けの付帯サービスが充実しているという特徴。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,000円+税) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高3,000万円(自動付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

-おすすめクレジットカード
-

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.