クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

ふるさと納税の支払いにクレジットカードは利用可能?お得にポイントが貯まるおすすめのサイトやカードも

更新日:

ここ数年、ふるさと納税が注目を集めています。
故郷や全国の自治体を支援しながら節税対策にもなって豪華な返礼品が受け取れるふるさと納税ですが、クレジットカードは利用可能なのでしょうか。

そこで今回は、ふるさと納税とは?という基礎知識からクレジットカードでの支払い、お得にポイントが貯まるおすすめのカードや、ふるさと納税サイトの特徴を分かりやすくまとめました。

ふるさと納税とは

肉

ふるさと納税とは、簡単にいうと自治体への寄付です。人口が多い都会では税収が多い一方、過疎化が進む地方では税収が少ないという地域格差が生まれます。
そこで、実際に住んでいる地域以外にも納税するための手段として、ふるさと納税の制度がスタートしました。

ふるさと納税は生まれ故郷以外の自治体にも寄付ができるので、公開されている寄付金の使途で選ぶこともできます。
寄付を行うと「お礼」として様々な返礼品が届くのもふるさと納税の特徴です。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税の中でも、特に大きなメリットが「税金の控除」と「返礼品」です。
ふるさと納税は、控除上限額内の寄付であれば自己負担額2,000円を差し引いた全額が所得税・住民税の控除対象となります。

このため、手続きを行えば実質的に2,000円で返礼品が受け取れるのです。その返礼品は、地域の特産物やグルメ、工芸品など多彩なバリエーションがあり、カタログギフトさながらの豪華さとなっていて人気を集めています。

手続きは「確定申告」または「ワンストップ特例制度」を利用

税金の控除を受けるには、確定申告を行うか「ワンストップ特例制度」を利用する必要があります。

ここで、確定申告とワンストップ特例制度の違いを見てみましょう。

確定申告 ワンストップ特例制度
手続きの回数 年に1回 寄付の都度
特徴 ・複数回寄付をするなど寄付回数の多い方向け(寄付回数の制限なし) ・ふるさと納税の納税先が5自治体以内の方向け
・ふるさと納税を行わない場合は確定申告の必要がない方向け(サラリーマンなど)
税金の控除 所得税の控除(還付)+住民税の控除(減額) 住民税から全額控除(減額)

確定申告とワンストップ特例制度の主な違いは、手続きの回数と自治体への寄付回数です。

ワンストップ特例制度とは、一年間に寄付するのが5つの自治体までであれば確定申告不要で税金の控除が受けられる制度ですが、自営業の方や医療費控除を行う方など確定申告が必要な方は利用できません。

控除上限額は家族構成や年収などによって変わってくるので、ふるさと納税のサイトに設置されたシミュレーションで確認してみましょう。

控除上限額を超えてしまうと実質2,000円で返礼品を受け取ることができないので注意してください。
控除された税金は、ふるさと納税を行った翌年に戻ってきます。

ふるさと納税の流れ

ふるさと納税の流れは以下のようになります。

  • 1.ふるさと納税サイトで寄付先を探す
  • 2.申し込みを行う
  • 3.返礼品や寄付の証明書が送られてくる
  • 4.税金の控除手続きを行う

自治体への寄付というと難しいイメージがありますが、返礼品の受け取りまでの工程は通常のネットショッピングとさほど変わりません。
税金の控除手続きは確定申告またはワンストップ特例制度を利用して行います。

確定申告には期限があるので、期間内に申告を行ってください。

ふるさと納税はクレジットカードで支払うことが可能!

ふるさと納税はクレジットカードでの支払いが可能となっています。
銀行振込など他の支払い方法だと手数料がかかる場合もありますが、クレジットカード払いなら手数料もかからず、カードのポイントも貯まりお得です。

例えば「さとふる」なら、以下のように5つの国際ブランドのクレジットカードが利用できます。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス(アメックス)
  • ダイナースクラブカード

ふるさと納税をクレジットカードで支払う場合は、寄付を行う本人の名義のカードを使用しましょう。
名義が異なると税金の控除が受けられない恐れがあるので注意が必要です。

ふるさと納税にはポイントが貯まりやすいクレジットカードを利用しよう

ふるさと納税をよりお得なものにするためには、クレジットカードのポイント還元率が重要になってきます。
例えば、還元率0.5%のカードなら1万円のふるさと納税で50円相当のポイントが貯まり、還元率1.0%のカードなら100円相当のポイントが貯まる計算なので、言うまでもなく還元率の高いカードでふるさと納税を行った方がお得です。

ライフカードの場合は通常ポイント還元率こそ0.5%ですが、誕生月には3倍の1.5%となるため、誕生月を狙ってふるさと納税を行うという方法もあります。
またオリコカードザポイントのように、新規入会後の6か月間はポイント2倍(2.0%)というカードもあるので、ふるさと納税を機に新しく還元率の高いクレジットカードを作るのも良いでしょう。

カードによっては、ポイントサイト経由でふるさと納税を行うとポイント還元率が更にアップするものもあるので狙い目です。
ふるさと納税で還元率がアップするカードは、おすすめカードの項目でピックアップしました。

ふるさと納税ができるおすすめサイト

米

さとふる

さとふる
「さとふる」は、ソフトバンクが手がける知名度も抜群のふるさと納税サイトです。
コールセンターもあり、サイトも見やすく分かりやすいので、ふるさと納税初心者でも安心して申し込めます。

返礼品についてのレビューも充実していて、人気ランキングも掲載されているので、自治体や返礼品の数が多くて決められないという方にもぴったりです。

楽天市場のふるさと納税

楽天ふるさと納税
「楽天市場のふるさと納税」は、楽天が手掛けるふるさと納税サイトです。
楽天市場でのショッピングと同じようにふるさと納税が行え、楽天スーパーポイントも貯まるので楽天カードユーザーにもおすすめです。

楽天市場のIDも使えるので、すでに利用中であれば新たに会員登録をする手間もかかりません。
税金控除のシミュレーターは簡単版と詳細版の2種類が用意されています。

ふるまる

ふるまる
「ふるまる」は、テレビや雑誌などで紹介された返礼品が探しやすいふるさと納税サイトです。特集ページにメディアで取り上げられた返礼品が掲載されているので、テレビで見て「欲しい!」と思った商品がすぐ手に入ります。

ランキングでは「肉」や「お酒・飲料」のように返礼品が詳細にカテゴライズされているので、目的の返礼品が決まっていて、その中でも人気がある返礼品を選びたい方にもおすすめのサイトです。

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアム
「ふるさとプレミアム」は、返礼品で電化製品を取り扱っているのが特徴です。
総務省の方針により現在は家電製品や腕時計・商品券などを扱うふるさと納税サイトが減っていますが、ふるさとプレミアムは現在でも空気清浄機や調理家電・iPadといったタブレット端末などの電化製品や腕時計・商品券(ギフト券)を取り扱っています。

個人だけでなく「オフィスでふるさと納税」という福利厚生の一環として利用できるサービスもあるのも特徴です。

ふるなび

ふるなび
CMでもおなじみの「ふるなび」も、電化製品が充実しているふるさと納税サイトです。
現在は960件を超える電化製品の返礼品が掲載されていて、ノートパソコンやタブレット端末などデジタル家電も多いのが特徴です。

ふるさと納税の寄付やレビュー、ふるなび会員になると利用できる「たまるモール」経由のネットショッピングでAmazonギフト券のコードがもらえます。

ふるさと納税をするのにおすすめのクレジットカード

ここでは、ふるさと納税用におすすめのクレジットカードをピックアップしました。いずれのカードもふるさと納税がお得になるカードばかりなので、ぜひカード選びの参考にしてください。

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2019年3月31日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントは、年会費永年無料で通常ポイント還元率1.0%・入会後6か月間は2.0%になるポイント高還元カードです。
ネットショッピングに強いカードとして人気があり、ポイントサイトの「オリコモール」経由で買い物をすると還元率が最大15%になります。

オリコモールには「さとふる」や「ふるなび」などのふるさと納税サイトも参加していて、期間限定で6%の還元率となるケースもあるので要チェックです。
ETCカードや家族カードも無料、通常時も還元率が高いカードなのでメインカードとしても魅力的で、iDとQUICPayという2種類の電子マネーも搭載しています。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の特徴

MIカード

MICARD

カードの特徴

MICARDは「三越 M CARD」と「伊勢丹アイカード」の名前からMとIを取った三越伊勢丹グループでお得な2018年に新登場したクレジットカードです。

発行会社 エムアイカード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降540円(税別)
条件付きで無料
付帯保険 なし
電子マネー - ポイント エムアイポイント

MIカード(エムアイカード)は、初年度年会費無料・翌年以降もWEB明細登録+カード利用で無料となるクレジットカードです。

通常ポイント還元率は0.5%と平均的ですが、ふるさと納税の「さとふる」ではポイント5倍で還元率2.5%となり、例えば2万円の寄付なら500円相当のポイントが貯まります。
他にも、ビックカメラや三越・伊勢丹などでは還元率が1.0%となり、ポイントサイト経由のネットショッピングでも最大30倍のポイントが貯まりお得です。

今なら新規入会&入会翌月末までの「さとふる」利用で最大10,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。

MICARD(エムアイカード/三越 M CARD・伊勢丹アイカード)の特徴

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAクラシックカードは、初年度年会費無料・翌年以降はWEB明細やリボ払いの利用、前年のカード利用額に応じて割引または無料となるクレジットカードです。

通常ポイント還元率は0.5%、ポイントUPモール経由のネットショッピングなら2倍~20倍の還元率となり「楽天ふるさと納税」などのふるさと納税サイトも対象となっています。
ポイントUPモールは期間限定で還元率がアップすることがあり、現在も「Waoma!ふるさと納税」が11倍になっているので、こまめなチェックがおすすめです。

銀行系カードでセキュリティ面も安心、旅費をカード払いにすると最高2,000万円補償の海外旅行保険も付きます。

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAの特徴

-お得なカード活用方法

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.