クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

学生のクレジットカードの選び方とおすすめのカード

更新日:

最近では学生でもクレジットカードを一人で複数枚持っている事は珍しくありません。
インターネットショッピングや公共料金の支払い、毎日のお買い物などクレジットカードを持っていると何かと便利で現金払いよりもお得な事もあり、上手に利用すれば節約にもなります。

今回は学生がクレジットカードを持つメリットとデメリットやカードの選び方、おすすめのカードを分かりやすく解説していきます。

学生がクレジットカードを持つメリットとは?

支払いを先延ばしにできる

学生の間はアルバイト代や親からの仕送りで生活しているという方も多いですが、給料日前の生活が苦しい時期もクレジットカードを持っていれば支払いを先延ばしにする事ができるのがメリットです。
手持ちの現金が少なくてもカード払いなら後払いができるので欲しい物を我慢せずに買う事ができます。

学生のうちは限度額が低いカードが発行されるのが一般的なので、余程の事がなければカードを使い過ぎてカード破産するという心配もないでしょう。

学生のうちは審査に通りやすい

クレジットカードを作る上で避けて通れないのがカード会社による入会審査です。社会人になると職業や年数、勤続年数といった項目を細かくチェックされるようになりますが、学生のうちは収入がなくても問題なく審査に通ります。このため、カード申し込み時の職業欄にはアルバイトをしていても「学生」と書くのが正解です。

学生向けのカードならポイントの優遇も

カード会社各社は将来の優良顧客になり得る学生に向けて様々なアプローチを展開していて、学生向けのカードは一般向けよりもポイント還元率がアップしていたり、優待割引などお得な特典が数多く付いているのが特徴です。

クレジットカードのデメリットとは?

学生向けクレジットカードは限度額が低い

多くの場合、学生向けクレジットカードを作ると利用限度額は10万円程度に設定されるのが一般的です。
例えば、三井住友VISAカードの「デビュープラスカード」では、20歳以上の学生は親権者の同意があれば30万円の限度額が持てますが、同意がない場合は原則として10万円に設定されます。

限度額が10万円だとパソコンなどの電化製品を購入する時に足りないと感じる事もあるでしょう。
限度額いっぱいにまでカードを使ってしまい、限度額が足りなくなって引き落とされない事態になると個人信用情報機関のクレジットヒストリー(クレヒス)に「延滞」という事故情報が残ってしまい、将来カードやローンの審査に通りづらくなる事があるので十分に注意する必要があります。

カード会社に申し出てカードの限度額を一時的に増枠する事はできますが、旅行や大きな買い物をする際のあくまでも「一時的」な方法です。

リボ払いを利用すると手数料がかかる

リボ払いとは毎月の支払いを一定額に抑えられるクレジットカードの支払い方法ですが、リボ払いを利用すると手数料がかかる点には要注意です。

リボ払いではポイントが優遇される場合もあり一見お得なように感じますが、知らない間に手数料が膨れ上がって返済しきれなくなる恐れもあるため利用しない方が無難といえます。
同様に分割払いも手数料がかかるので、カード払いは手数料のかからない一括払いで使った方が良いでしょう。

学生専用クレジットカードは卒業後の切り替えカードに注意

学生専用カードはほとんどの場合、卒業後は一般向けのカードに切り替わります。
この際に学生限定で付帯していた特典はなくなってしまうので、他のカードに乗り換えた方がお得になるケースもあります。

年会費が優遇されていたカードでは年会費が発生するようになる事もあるので注意しましょう。

学生は卒業間近でもクレジットカードを作るべき?学生専用カードは卒業後(就職してから)どうなる?

クレジットカードの選び方

複数のクレジットカード

クレジットカードの選び方で大切なのはどんな点を最優先にしてカードを選ぶかです。
ここではカード選びでも特に重視される項目をピックアップしてまとめました。

ポイント還元率

多くのカードではクレジットカードで支払った際にポイントが貯まり、貯まったポイントを商品や電子マネー、航空会社のマイルなどに交換する事が可能です。
最近では年会費無料のカードでも100円の利用で1円相当のポイントが貯まる還元率1%のカードがあるため、現金払いよりもお得にショッピングができて節約にもなります。

利用目的別、学生におすすめの高還元率クレジットカード比較

年会費

クレジットカードには年会費無料で持てるカードと年会費が発生するカードがあります。
ひと口に年会費無料といっても「初年度のみ無料」のカードと、持っている間ずっと年会費がかからない「永年無料」のカードがあるので注意しましょう。

年会費は数千円から数万円、中には10万円を超える「ステータスカード」というカードも存在します。
年会費が上がるにつれてカードの特典や付帯保険も豪華になっていきますが、持っているだけで年会費がかかるので維持費を抑えたい場合は年会費無料カードを選ぶと良いでしょう。

ポイント還元率が高くて年会費無料のクレジットカード比較

海外旅行保険などの付帯保険

海外旅行に行ったり、留学で海外に行く予定がある方は海外旅行傷害保険などの付帯保険が充実したカードを選ぶと良いでしょう。
クレジットカードにはカードを保有しているだけで保険が適用される「自動付帯」の保険と、交通費など旅行にまつわる代金のカード支払いがあれば保険が適用される「利用付帯」の保険が付いているカードも多くあり、どちらも特別な手続きなしで保険が適用されるのでもしもの時も安心です。

留学や海外旅行に行く学生におすすめの保険付きクレジットカード比較

追加カード

ETCカードやApple Pay、バーチャルカードなど、カードによって追加できるカードは若干異なりますが、様々な機能を持ったカードを追加できるかどうかもカード選びのポイントです。
特に免許を取るとETCカードは必要になってくるので、これからクレジットカードを申し込むならETCカードが作れるカードを選んでおきましょう。

学生のETCカードの作り方・申し込み方法

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAカードの「デビュープラスカード(学生)」は、高校生を除く満18歳から25歳の学生限定カードです。
カードの年会費は初年度無料で、翌年度以降も前年に一度以上利用があれば無料で持つ事ができます。

ETCカードも初年度無料、翌年度以降も前年にETC利用があれば無料です。ポイントが一般カードの2倍となる1.0%に優遇されているのが特徴で、入会後3か月間はなんと5倍の還元率2.5%に。カードで貯めたポイントはヨドバシカメラやWAONのポイント、マイルなど様々な商品に交換する事ができ、ポイントサイトの「ポイントUPモール」を経由してAmazonや楽天などのショップでお買い物をすると最大20倍のポイントが貯まるサービスや、街のお店で還元率がアップする「ココイコ!」というサービスもあります。

追加カードはiD・WAON・Apple Payといった電子マネーや、海外サイトでのネットショッピングにも便利なバーチャルカードも発行可能。最高100万円のショッピング補償やカードの紛失・盗難に備えたサポート、26歳以降はプライムゴールドカードへの切り替えなど、初めてのカードにもぴったりな一枚です。

インターネット申し込みなら最短3営業日発行にも対応しているので、今すぐにカードを作りたいという時も間に合います。

大学生や未成年に人気のカード「三井住友VISAデビュープラスカード」の特徴

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

「楽天カード」は9年連続顧客満足度ナンバーワンにも輝いた人気のカードです。
年会費永年無料で通常ポイント還元率は1.0%、楽天のサービスで還元率がアップするのが特徴で、楽天トラベルやRakoo加盟店は2倍・楽天市場や街の加盟店は3倍のポイントが貯まります。
貯まったポイントは楽天で使えるのはもちろんの事、出光でガソリンを給油したり、マクドナルドやくら寿司などでも使えるので食事代を浮かせる事もできます。

カードの国際ブランドはJCB・VISA・Mastercardの三種類から選べ、ETCカードの発行にも対応(ETCカードの年会費は会員ランクによって変動)。
最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険(利用付帯)や手荷物宅配サービスの優待、海外レンタカーや携帯・Wi-Fiルーターのレンタル割引など旅行や留学に嬉しい特典も豊富で、旅先でのカード紛失や盗難サポートも付いているため安心です。

なりすまし対策や不正利用対策などセキュリティ面でも充実していて、カード発行までの日数は約一週間、学生でも申し込めるカードで大人になってからも使い続けられるのが楽天カードのメリットでしょう。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

エポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでマルイでのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになったりと、日常生活でお得に利用できるカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

「エポスカード」は最短即日発行に対応した年会費永年無料のカードです。
年会費無料ながら海外旅行傷害保険が自動付帯となるのが特徴で、最高補償額は500万円と楽天カードと比較すると劣りますが、疾病治療費では楽天カードを上回る270万円となり、旅先で病気になった際も手厚い補償が受けられます。

またエポスカードは年に4回「マルコとマルオの7日間」というエポスカード会員限定でマルイのお買い物が10%割引になる特典があり、飲食店や遊園地、カラオケ、美容院など全国にある約10,000店で優待を受ける事ができるので、サークルの飲み会や友達と遊びに行く時にもカードを持っているとお得になります。

ポイント還元率こそ0.5%と低めですが、ETCカードも永年無料で持つ事ができ、世界シェアナンバーワンのVISAブランドなので海外に行く機会がある方は2枚目のサブカードとしても持っていて損はないでしょう。

エポスカードを即日発行する方法は、インターネットかスマホアプリから申し込みを行い、メールで審査結果を受け取り、マルイなどの店頭にあるエポスカードセンターに足を運びます。
店頭でエポスカードを発行するとマルイで使える2,000円の優待クーポンも貰えてお得です。

マルイで年に4回最大10%OFF!エポスカード(マルイカード)【年会費無料】

\ 学生カードの選び方や審査についても /

学生におすすめのクレジットカードランキング

-学生や未成年向け

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.