クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

学生でも複数のクレジットカードを作れる?作っておくべき枚数は?

投稿日:

今や学生でも複数のクレジットカードを持つ方は珍しくありません。複数のカードを持つとそれぞれのカードの特典を受けることができますが、デメリットもあるため、よく考えた上で申し込みをする必要があります。

そこで今回は、学生でも複数のクレジットカードを作れる?という疑問に答えつつ、学生が複数のカードを持つメリットとデメリットや、作っておくべき枚数、学生におすすめのカードについて解説していきます。

大学生の2人に1人がクレジットカードを持っている

日本クレジット協会が2016年に行った調査によると、大学生のクレジットカード所持率は50.0%、1人平均1.5枚のカードを持っているという結果が出ました。学年が上がるごとに平均所持枚数が多くなり、4年生になると17.5%が2枚のカードを持っていて、社会人になると更に所持率は上がり8割を超える方がカードを持っています。

カードを作った理由は「キャッシュレスで買い物ができる」が最も多く、次いで「インターネットショッピングの決済」「海外旅行の際に必要」「ポイントや割引きがお得」という回答が続きました。対してカードを持っていない理由として最も多かったのは「必要以上に使いそう」という回答で、次いで「現金や電子マネーで支払うため必要性を感じない」という回答になっています。

学生でも複数のクレジットカードを作れる?

楽天カードとデビュープラスカード比較

結論から言えば、学生でも複数のクレジットカードを作れます。社会人と比較すると学生のうちは審査に通りやすくなっているため、アルバイトをしていなくて収入がない学生でも問題なくカードを申し込むことが可能です。

将来の優良顧客になってくれそうな学生を早い段階から捕まえておきたいというカード会社の思惑もあり、各カード会社から学生向けカードや若い人向けカードも多く発行されています。
中には5枚のクレジットカードを持っているという学生もいるため、学生だから1枚しかカードが持てないということはありません。

複数のクレジットカードを作るメリット

複数のクレジットカード

旅行保険などカードの弱点を補える

複数のクレジットカードを作るメリットのひとつが、カードの足りない機能を補えるという点です。

例えば、三井住友VISAカードの「デビュープラスカード」はセキュリティ対策に定評があり、ポイント還元率は一般カードの倍の1.0%という人気のカードですが、旅行保険は付帯していません。そこで、2枚目のサブカードとしてセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスブルー)を持つと、最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険が付くので、デビュープラスカードの弱点を補えるという訳です。

複数の保険付きカードを持っていると、死亡・後遺障害を除く旅行保険の補償額を合算することもできるので、補償が手厚くなるのもメリットです。

限度額に余裕ができる

学生向けのクレジットカードは限度額が低く設定されているため、1枚のカードでは限度額が足りないというケースもあります。
1枚のカードしか持っていない場合は1枚のカードの限度額を超えた利用はできませんが、複数枚のカードを持つとそれぞれの限度額まで利用できるので、実質的に限度額を引き上げることが可能です。

多くの割引や優待特典を受けられる

クレジットカードの中には優待や割引サービスが受けられるものがあります。カードによってサービス内容は様々ですが、複数のクレジットカードを持つとより多くの優待や割引サービスを受けられるというのもメリットです。

例えば「JCB CARD W」はスターバックスで使うとポイント還元率が3.0%となり、「楽天カード」は楽天市場でポイント還元率が3.0%になるので、普段よく利用するお店やサービスに合わせてカードを選ぶのも良いでしょう。

複数のクレジットカードを作るデメリット

年会費が発生するクレジットカードに注意

クレジットカードには、年会費無料で持てるカードと、年会費有料のカードがあります。年会費有料のカードは使わなくても持っているだけで年会費が発生してしまうので注意しましょう。年会費無料と大きく宣伝されているカードでも、利用がない場合は年会費が発生するものもあります。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードは年に一度でもカード利用があれば翌年度の年会費は無料となりますが、利用がない場合は税抜1,250円の年会費がかかります。複数枚のカードを作るなら、利用の有無を問わず年会費無料で維持費がかからないカードを選ぶのがおすすめです。

ポイントが貯まりにくい

せっかくポイント還元率が高いクレジットカードを選んでも、複数枚のカードを使い分けているとポイントが貯まりにくい点もデメリットです。ポイントをより多く貯めるには、支払いを1枚のカードに集約しなければいけません。

使った金額が分かりづらくお金の管理が難しい

色んな場所で複数のクレジットカードを使っていると、使った金額が把握しきれなくなるため使いすぎの心配も出てきます。最近はスマホのアプリやインターネットで明細が見れるので上手に活用したり、メインカードとサブカードを分けるなどの対策が必要です。

紛失や不正利用のリスクが高まる

複数枚のクレジットカードを持っていると管理が煩わしくなるため、紛失や不正利用のリスクも高まってしまいます。カードを選ぶ際はカードの紛失時の保険(補償)や、不正利用に対する補償があるかも重要なチェックポイントです。複数持ちは紛失のリスクが高まる一方で、万が一紛失してしまった場合にもう1枚のカードを使えるというメリットはあります。

学生のクレジットカードを作っておくべき枚数は?

メインカード1枚+サブカード1~2枚持ちがおすすめ

学生が持つクレジットカードの枚数としておすすめなのが「メインカード1枚+サブカード1~2枚」です。この枚数なら管理しきれないという心配もなく、カードのデメリットを補いながらサービスや特典を活用することができるでしょう。
あまり多くのカードを持ちすぎると、1枚あたりの限度額が低くなってしまうので要注意です。

メインカードとサブカードの選び方

メインカードは、いわば普段使い用のカードです。メインカード選びで重視したい項目を以下にまとめました。

  • 加盟店が多い(使えるお店が多い)
  • ポイント還元率が高い
  • セキュリティ面で安心
  • ステータス性が高い

選ぶ国際ブランド(VISA・MasterCard・JCB)によって使える加盟店の数に違いがありますが、VISAなら世界シェアNo.1なので日本でも海外でも使いやすいでしょう。一般的なポイント還元率は0.5%なので、1.0%を超える高還元率カードを選ぶとお得です。

セキュリティ対策としてICチップを搭載しているカードや、カードの不正利用を防ぐモニタリングシステムを設置しているカード会社を選ぶと安心してカードを使うことができます。銀行系カードなど、ステータス性の高いカードであればどこに出しても恥ずかしくなく、社会人になっても使い続けられるでしょう。

2枚目のサブカード選びで重視したい項目は以下の通りです。

  • 旅行保険が充実している
  • 割引や優待のサービスが多い
  • 年会費無料で持てる

2枚目以降のサブカードは旅行保険(国内・海外旅行傷害保険)やサービスの充実度で選ぶと良いでしょう。旅行保険には大きく分けて2種類があり、カードを利用しなくても保有しているだけで保険が下りる「自動付帯」のものと、ツアー代金や航空券などの旅費をカードで決済していなければ保険が下りない「利用付帯」のものがあるので要注意です。

エポスカードセゾンブルーアメックスのように、年会費無料でも海外旅行傷害保険が自動付帯となるカードもあります。

同じカード会社でも複数のカードを作れる?

基本的には同じカード会社でもカードの種類や国際ブランドが違えば複数のカードが作れます。ただし例外として、アメリカン・エキスプレス(アメックス)が発行しているカードは同じカード会社で複数のカードが作れないなど、一部のカードは1枚しか作れないので注意しましょう。

また、同じカード会社で複数のカードを作ると限度額が低くなるので、別のカード会社を選んだ方が無難です。

使わないカードがあると利用停止(強制解約)になる?

年会費無料のクレジットカードを作ってから何年も使っていない場合、利用停止(強制解約)になる恐れがあります。年会費が発生するカードであれば使わなくてもカード会社に利益がありますが、年会費無料のカードは利用されて初めてカード会社の利益が生まれるので、長期間使われていないカードは利用停止や強制解約となるケースがあるのです。

もちろん、きちんと利用してトラブルがなければ利用停止や強制解約とはならないので、少額でもたまには利用すると良いでしょう。

複数枚のクレジットカードを作る時は別々の国際ブランドを選ぶ

1枚目のカードがVISAなら2枚目はMasterCardを選ぶなど、複数枚のカードを持つなら別々の国際ブランドを選びましょう。カードによって使える加盟店や国・地域は違うので、別々の国際ブランドを選ぶとより多くの場所で使えるようになります。

クレジットカードの「国際ブランド」とは?VISA・Master Card・JCB・アメックスどこがおすすめ?

未成年の学生がクレジットカードを作る時は親権者の同意が必要

未成年の学生がクレジットカードを作る時は親権者の同意が必要となります。これはどのカード会社でも同じで、未成年は単独で契約などの法律行為を行えないためです。
成人した学生の場合でも、三井住友VISAデビュープラスカードを20歳以上の学生が申し込む時には、親権者の同意の有無によって以下のように限度額が変わってきます。

パソコンなど高額な商品を購入する場合は親権者の同意を得ておきましょう。

  • 親権者の同意がない場合の限度額…10万円
  • 親権者の同意がある場合の限度額…30万円

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは、メインカードとしてもぴったりな18歳~25歳限定の銀行系カードです。

初年度年会費無料・翌年度以降も年に1度のカード利用があれば無料で持つことができます。
旅行保険は付帯していませんが、ポイント還元率が一般カードの2倍の1.0%に優遇されていて、入会後の3か月間はポイント還元率が5倍(2.5%)になる点も魅力。
カードで貯めたポイントは楽天ポイントやヨドバシカメラのポイントにも交換できます。

ETCカードやiD、WAONなど追加カードや電子マネーも充実していてApple Payにも対応。
VISAブランドなので海外の加盟店も多く、ICチップ搭載カードを他社に先駆けて導入するなど、三井住友カードはセキュリティ面でも定評があるので安心です。

26歳になるとプライムゴールドカードに自動的にランクアップするので、若いうちからゴールドカードを持ちたいという方や、どこに出しても恥ずかしくないステータス性の高いカードを持ちたい方にも向いています。

▼カードの詳細はこちら

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴【年会費・ポイント還元率・審査・電子マネーなど】

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスブルー)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、永久不滅.comを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスブルー)は、25歳以下の方は年会費無料で持てるサブカードにもぴったりなカードです。

最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険がカード利用を問わない「自動付帯」となるのが特徴で、国内旅行傷害保険もカードで旅費を支払うと保険が下りる「利用付帯」で補償があります。
通常ポイント還元率は0.5%ですが、海外ショッピング利用分は2倍の1.0%となるため、海外旅行や留学の予定がある方におすすめです。

ポイントは有効期限がない「永久不滅ポイント」なので、利用頻度が低いサブカードとして持っていてもポイントを失効する心配はありません。
西友・LIVINの5%割引やロフト優待、エステ優待など国内でのショッピングもお得になり、ETCカードも年会費無料で発行できます。国際ブランドはアメリカン・エキスプレスで、国内ではJCB加盟店の多くでも利用可能です。

年会費無料でここまで旅行保険の補償が充実したカードは他にないので、25歳以下の方は作っておいて損のないカードといえるでしょう。

▼カードの詳細はこちら

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)の特徴

エポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでマルイでのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになる幅広いサービスのカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

エポスカードはショッピングや旅行が好きな方にぴったりなクレジットカードです。ずっと無料で持てる「年会費永年無料」のカードで、年に4回開催されるマルイの「マルコとマルオの7日間」では10%割引でショッピングが楽しめます。

世界シェアナンバーワンのVISAブランドなので海外でも加盟店が多く、海外旅行傷害保険は自動付帯となるのがメリットです。傷害死亡・後遺障害の最高額は500万円ですが、傷害治療費用は200万円・疾病治療費用は270万円・携行品損害は20万円まで補償があります。
24時間日本語対応の緊急医療アシスタンスサービスは現地の医療施設の案内や移送などが利用できるので万が一の際も安心です。

現地通貨の調達に便利な海外ATMキャッシングはインターネットで返済できるので利息の節約にも。スーツケースやWi-Fiルータのレンタル割引も利用でき、楽天Edyなど電子マネーへのチャージや利用でもポイントが貯まる還元率0.5%の即日発行対応カードです。

▼カードの詳細はこちら

エポスカード(マルイカード)の特徴【還元率や旅行保険、審査など】

-学生や未成年向け

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.