クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

学生専用ライフカードのメリット・デメリット

更新日:

学生専用ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

学生専用ライフカードは、ライフカード(株)が発行する学生がお得に使えるクレジットカードです。年会費はクレジットカード、ETCカード共に無料で、海外で利用すると5%キャッシュバック、海外旅行損害保険が自動付帯など、海外によく行く学生の方にとっては非常にお得なサービスが付帯しているカードです。

ここでは、学生専用ライフカードのメリットやデメリット、審査などについて、詳しく説明していきます。

海外で利用すると5%キャッシュバック

学生専用ライフカードの最も大きなメリットの1つが、海外で利用すると利用総額の5%にあたる現金が、カードの登録口座にキャッシュバックされる点です。
年会費は無料なので、海外に行く場合はこのサービスを利用するだけでも十分にこのカードを作る価値があります。

なお、キャッシュバックを受けるためには出発前に「LIFE-Web Desk」への登録および申し込みが必要なため注意しましょう。

ポイントについて

続いて、学生専用ライフカードの利用で貯まるLIFEサンクスポイントについて説明していきます。

基本的なポイント還元率は0.5%

学生専用ライフカードを利用すると、1,000円で1LIFEサンクスポイントが貯まります。
LIFEサンクスポイントは1ポイント=5円相当で商品と交換できるため、ポイント還元率は0.5%です。

ポイントの有効期限は最大5年

LIFEサンクスポイントの有効期限は最大5年で、獲得したポイントは1年目終了時に自動繰り越しされ2年間有効です。
2年経ったら毎年LIFE-Web Deskから繰り越し手続きをすることで、最大3年間繰り越しできます。

年間利用金額に応じてポイントアップ

学生専用ライフカードには、年間利用金額に応じて翌年のポイントが貯まりやすくなるステージ制プログラムがあります。

年間利用額合計 ポイントアップ率
150万円以上 100%(2倍)
50万円以上 50%(1.5倍)
50万円未満 0%(1倍)

年間利用金額150万円を目指すのであれば、月に平均125,000円の利用が必要なためハードルが高いですが、50万円であれば月間約41,700円の利用で達成できるため、携帯電話利用料金や公共料金を自分で払っている学生の方や、普段の買い物を全てクレジットカードで払っている学生の方は達成することができる金額ではないでしょうか。

誕生日月はポイント5倍

学生専用ライフカードは、誕生日月の獲得ポイントが5倍になります。
ポイント還元率は2.5%と非常に高くなるため、ポイント5倍月を上手に利用してお得にポイントを貯めましょう。

ポイントスペシャルボーナス

学生専用ライフカードを1年間で50万円以上利用すると、300ポイントのスペシャルボーナスがもらえます。
上記でご紹介した翌年のポイント獲得率が上がるポイントアップサービスも考慮すると、年間50万円以上カードを利用できる方は非常にお得です。

入会後1年はポイント1.5倍

学生専用ライフカードに入会すると、入会後1年間はポイント獲得率が1.5倍(ポイント還元率は0.75%)になります。

ポイントがお得にたまるポイントサイト

ネットショッピングの際にライフカードが運営するポイントモール「L-Mall」を経由すると、ポイントが最大25倍貯まります。

L-Mallでは、楽天市場やAmazon、ZOZOTOWN、Yahooショッピング、ベルメゾンなど、主要な通販サイトはほとんど利用できるため、ネットショップをよく利用する方は非常にお得です。
L-Mallにアクセスした後にいつも通りネットショップで買い物をするだけで簡単にポイントがお得に貯まるので、ぜひ利用してみてください。

主なポイント交換先

貯めたLIFEサンクスポイントは、主に以下の商品と交換可能です。

交換商品 必要ポイント数
dポイント移行
(1,500円分)
300ポイント~
(※)
au WALLETポイント移行
(1,500円分)
300ポイント~
(※)
楽天スーパーポイント
(1,500円分)
300ポイント~
(※)
Amazonギフト券
(5,000円分)
1,000ポイント
JCBギフトカード
(5,000円分)
1,000ポイント
ANAマイレージクラブのマイルに移行
(900マイル分)
300ポイント~
(※)

※:300ポイント~一定のポイント単位で交換可能

審査について

続いて、学生専用ライフカードの審査についてみていきましょう。

申し込み資格

学生専用ライフカードは、18歳以上25歳以下の大学・短大・専門学校(高校生不可)に在学中の方の申し込みが可能です。

インターネット申し込みの場合は卒業予定年月の1カ月前の月末まで、インターネット以外の申し込み方法の場合は卒業予定年月の3カ月前の月末まで申し込みが可能です。
未成年者の場合は親権者の同意が必要なため注意しましょう。

審査難易度について

学生専用ライフカードは学生しか申し込みができないため、審査難易度は非常に低いカードで、学生の方であればほとんど審査に落ちることはありません。
収入がない学生でも審査に通ることができるため、アルバイトをしていない学生の方も安心して申し込むことができます。

ただし、携帯電話本体の代金を分割払いにしていて、過去に携帯電話料金の支払を延滞したことがある場合や、短期間に複数枚のクレジットカードに申し込んだ場合は審査に通ることが難しくなるため注意しましょう。

最短3営業日で発行可能

学生専用ライフカードは、最短3営業日で発行可能です。
最短発行をするためには、インターネットで正午まで申し込みを完了させ、オンラインで支払い口座を設定する必要があります。発行に数週間かかるカードも多いため、3営業日で発行されるのはありがたいですね。

付帯保険について

続いて、学生専用ライフカードに付帯している保険についてみていきましょう。

海外旅行損害保険

海外旅行損害保険は自動付帯で、以下の内容が補償されます。

補償内容 補償限度額
死亡・後遺障害 2,000万円
損害・疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円

年会費無料のわりに補償内容が非常に充実しており、さらに自動付帯なので、海外によく行く学生の方は非常にお得です。
利用する可能性が高い損害・疾病治療費用が200万円と高い補償額なのがありがたいですね。

国内旅行損害保険

国内旅行損害保険は自動付帯で、以下の内容が補償されます。

補償内容 補償限度額
死亡・後遺障害 1,000万円

入院費用や通院費用は補償されないため注意しましょう。

電子マネー「iD」が利用可能

学生専用ライフカードを持っていると、電子マネー「iD」を利用することができます。
iDはセブンイレブン、ローソンなどの主要なコンビニやイトーヨーカドー、イオンなどの主要なスーパーなど、様々なお店で利用できるため非常に便利です。

学生専用ライフカードのデメリット

最後に、学生専用ライフカードのデメリットを確認しておきましょう。

基本ポイント還元率が低い

学生専用ライフカードには入会後ポイント1.5倍特典やステージ制ポイントアッププログラムなど、様々なポイント獲得率アップ特典がありますが、基本的なポイント還元率は0.5%です。
基本ポイント還元率1.5%や1.0%という高還元率のクレジットカードも存在するため、基本的な還元率が05%と低めなのはデメリットです。

海外に行かない場合はメリットが少ない

学生専用ライフカードは、海外利用分の5%キャッシュバックや充実した海外旅行損害保険など、海外によく行く方にとっては非常にお得なサービスが付帯していますが、海外に行かない場合はこれらのサービスを利用できないため、メリットが少なくなり、他のクレジットカードに入会する方がお得な可能性もあります。

卒業すると特典が少なくなる

学生専用ライフカードは卒業後も利用し続けることができますが、卒業すると最大の魅力である海外旅行損害保険の自動付帯と海外利用分のキャッシュバックサービスが終了してしまいます。

卒業後も年会費無料で利用でき、誕生日月ポイント5倍やボーナスポイント制度などの特典は継続されるため、これらの特典を十分に利用できるのであれば、卒業後も継続して使い続ける価値のあるカードです。

ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

-おすすめクレジットカード

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.