クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

学生や未成年者のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

更新日:

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入のない学生でもクレジットカードの審査に通ることができるのか不安と思っている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、学生や未成年者は申し込み資格さえ満たしていれば、ほとんどの場合審査で通ることができます。
ここでは、なぜ学生や未成年者は審査が甘いのか?についてや、甘いはずの審査なのに落ちてしまったという場合に考えられる原因について解説していきます。

学生や未成年者は社会人よりも審査が甘い

社会人がクレジットカードを申し込んだ場合は、「スコアリング」という手法で、「属性」と呼ばれるクレジットヒストリーや年収、職業、勤続年数などの項目を点数付けして返済能力を判断して審査します。
しかし、学生や未成年者の場合は審査基準が社会人とは違っており、スコアリングの点数は審査結果にほとんど影響しないため、アルバイトをしておらず年収が0円であっても、アルバイトの勤続年数が数カ月であっても、それが原因で審査に落ちることはありません。

学生や未成年者の場合はカードの申し込み条件を満たしており、過去にカードで支払いの滞納をしたなどの問題がなければほとんどの場合審査に通ることができるため、収入がなくても安心してクレジットカードに申し込んで大丈夫です。
特に学生に特化した学生向けカードの場合、一般カードよりもさらに審査が甘く、機能面でも優遇されているためおすすめです。

なぜ審査で甘く見てもらえるの?その理由

それでは、なぜクレジットカード審査において、学生や未成年者が甘く見てもらえるのでしょう?
簡単にいうとクレジットカード会社の戦略で、最初の1枚を自分の会社で作ってもらえれば、社会人になってからも解約せずに同じカードを使ってもらえるから若いうちに持っておいてもらおう、という理由です。

実際、クレジットカード利用者の多くは、若いうちに作ったカードを社会人になってからも使い続けている人が多く、ここで顧客を確保できれば、年会費のかかるゴールドカードへの招待状を送ったり、カード会社がやっている保険の案内を送ったり、キャッシングやリボ払いの案内を送ったりして利益につなげることが可能なのです。

また、学生や未成年者のうちは限度額を10万円程度と低めに設定してあり、親もまだ働いている世代であることが考えられるため(いざとなれば親からお金を借りられる)、踏み倒されるリスクが少ないというのもカード会社にとってのメリットでしょう。

審査では親の信用情報が見られる

未成年や学生がクレジットカードを申し込んだ場合、審査で見られるのは親の信用情報です。

社会人であれば個人の信用情報が重視されますが、未成年や学生ではそもそも収入がないケースも多く、信用情報も蓄積されていないため親の信用情報が見られるのです。
このため、親の信用情報にブラックリスト入りするほどの問題(延滞や貸倒など)がなければ、ほとんどの場合カード審査には通るでしょう。

学生や未成年者がクレジットカード審査に落ちる原因

学生は社会人よりも審査が甘いとはいえ、落ちてしまう場合もあります。
ここからは、学生が審査に落ちてしまった場合に考えられる原因について解説していきます。

携帯電話本体を分割で購入した料金を滞納した

若い人は友達とコミュニケーションを取るために、スマートフォンを購入する人が多いと思いますが、最近のスマートフォンは高額なので、分割で購入されている人も多いはずです。
携帯電話の本体代金を分割払いにしている場合、携帯料金の支払いを滞納すると、クレジットカードやローンの支払い状況を管理している「個人信用情報機関」に延滞情報(事故情報)が登録されてしまい、いわゆる「ブラックリスト」の状態になって、クレジットカード審査に落ちる原因になります。

クレジットカードは関係ないように思うかも知れませんが、携帯電話本体の購入代金を分割で購入した場合は割賦販売契約、つまりローンで購入したことになるため、これまでクレジットカードを持ったことがない人でもブラックリスト状態になっている可能性があるのです。

携帯電話の通話料金や基本料金を未払いにしても個人信用情報機関には延滞情報は記録されませんが、多くの場合、基本料金などと一緒に携帯電話本体の料金も払っていると思うので、支払いの滞納や、何度も返済が遅れるようなことが無いようにしましょう。
もし、ブラックリストに載ってしまった場合は、5年間は新たにクレジットカードやローンの契約をすることは難しくなります。

ブラックかどうかを確認したい場合は「個人信用情報機関のCICにブラックリストかどうかを確認する方法」をチェックしてみてください。

携帯電話料金の滞納ブラックについて詳しくはこちら

携帯電話の機種代金を延滞・滞納してもブラックリストに載る【ブラックの期間・時効】

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ


私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。
カード会社が審査中に個人信用情報機関の信用情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。

審査基準はカード会社によって異なるため、申込情報が何件以上あると審査に落ちるという具体的な基準は一概には言えませんが、クレジットカードの申し込みは、1カ月間に1~2件程度に留めておくのが無難です。

個人信用情報機関に登録されている申し込み情報は6ヶ月で消えるので、多重申込で審査落ちになってしまったと思う方は、半年期間を空けてから再申し込みをしてみてください。

申し込みブラックについて詳しくはこちら

クレジットカードを多重申し込みすると審査落ち?申し込みブラックとは

申し込み内容に誤りや虚偽があった

郵送で申し込む場合、申込書の記載ミス・記入漏れや文字が読み取れないことが原因で、審査に通らない場合があります。

申込書を記入する際は、誤りや漏れのないように注意し、文字を丁寧に書くようにしましょう。
また、審査に通りやすいようにと申告内容を偽って申し込んでも、審査の中で行われる個人信用情報機関の参照などによりすぐにばれてしまいます。
虚偽の申告がばれると不審な申し込みとみなされて審査に通る可能性が下がるため、申し込みの際は虚偽の申告をしないようにしましょう。

本人確認ができなかった

クレジットカードに申し込む際は、必ず本人確認書類が必要です。
カード会社では、申告した氏名・住所・生年月日が本人確認書類に記載された内容と一致するかどうかを確認しています。
ここで確認がとれなければ、審査に通ることはできません。

一人暮らしの学生の場合、本人確認書類に記載されている実家の住所と住んでいる場所の住所が異なることがあると思いますが、その場合は住んでいる場所の住所が載っている公共料金の領収書などを提出するか、本人確認書類に記載されている実家の住所で申し込みをしましょう。

学生証が確認できなかった

選ぶカードによっては、審査の際に学生証のコピーが必要です。
カード会社では、学生証が本人のものかどうかや、有効期限内であるかなどを確認しており、ここで確認がとれなければ審査に通ることができません。

学生証のコピーが必要になった際は、本人の名前が確認できる、有効期限内の学生証を鮮明にコピーして送付するようにしましょう。

もし学生証を無くしてしまった場合は、学校へ再発行の手続きを取れば学生証を再発行できます。
学生証を再発行する際には警察の「届出受理番号」を尋ねられる場合があるので控えは大切に保管しておきましょう。

申し込みと学生証について詳しくはこちら

クレジットカードを申し込む際の学生証の扱いや注意点

親権者の同意が得られなかった

18歳~19歳の未成年者の場合、親権者(保護者)の同意がなければクレジットカードを作ることができません。

カード会社では、審査の中で親権者に電話をかけ、クレジットカードを作ることに同意しているかどうかの確認をとることがあります。
ここで確認がとれなければ審査に通ることができません。

未成年者の場合は、事前に親権者(親)にクレジットカードを申し込んだのでカード会社から連絡がくることを伝えておくとスムーズです。

親権者の同意について詳しくはこちら

18歳~19歳の未成年がクレジットカードを作るなら親権者(親)の同意が必須!

クレジットカード審査に通る学生・通らない学生

「学生」と言っても、大学生をはじめ、専門学校生や短大生、高専生など様々な種類があります。
どの学生であればクレジットカードの申し込み資格があるのか、逆に申し込み資格がないのかについて以下で説明します。

大学生・短大生・専門学校生は審査に通る

一般的なクレジットカードの申し込み資格は、高校生を除く18歳以上となっています。
学生は社会人とはカードの審査基準が異なるため、アルバイトなどで収入を得ていなくても大学生・短大生・専門学校生・大学院生であればほとんどの場合でクレジットカード審査に通ります。

留学などを理由に学校を休学している場合でも学生である事に変わりはないのでカードの申し込みが可能です。

また、留年していても大学生や短大生などであれば問題なくカードを申し込めます。しかし、高校生の場合は留年していて18歳以上であっても高校生の間はカードを申し込む事ができません。なお、どの場合も20歳以下の方がカードを申し込む場合は親権者の同意が必要となります。

大学院生は審査に通る

大学院生であればほとんどの場合で問題なくクレジットカードを申し込む事ができます。

注意点としては、学生専用カードの中には年齢制限を設けているケースがあるので、申し込み前に年齢の上限を確認しておくと安心です。例えば、「三井住友VISAデビュープラスカード」や「学生専用ライフカード」は25歳まで、「楽天カードアカデミー」は28歳までとなっています。

高専生はカード会社による

高専生(高等専門学校生)の場合、クレジットカードが作れるかどうかはカード会社によって対応が異なります。

学生専用ライフカードの申し込み資格を見て見ると、18歳以上25歳以下で大学生・大学院生・短大生・専門学校生は申し込み可能となっていますが、高専生は年齢に関わらず申し込みできません。

その一方で三井住友VISAデビュープラスカードであれば、18歳以上なら高専生でも申し込む事ができます。

高校生・中学生・小学生は申し込み不可

最短でも申し込み資格は「高校生を除く18歳以上」なので、高校生や中学生はクレジットカードを作る事はできません。
ただし、留学など特別な理由がある時に限って高校生であれば「家族カード」なら作れるケースはあります。

クレジットカードと同じように、カード決済をしたい!という方であれば、クレジットカードと同じように使えて便利なデビットカードやプリペイドカードでの決済方法もおすすめです。どちらも、翌月払いのクレジットカードとは違って、カード決済と同時に利用金額が口座かチャージ分から引き落とされる支払い方法のカードです。

もし審査落ちしてしまった場合、再申し込みをして通る?


カードで審査落ちした場合、すぐに再申し込みするとまた審査落ちする恐れがあるので要注意です。

カードの申し込みに関する情報は半年間残っているため、すぐに再申し込みをした場合、カード会社で弾かれて再度審査落ちしてしまう事があります。

審査落ちした場合、再申し込みをするよりも先に原因を突き止めて対策を講じた方が良いでしょう。

一度クレジットカード審査に落ちたカードでも再申し込み(再審査)して作れる可能性はあるのか

クレカ審査に落ちた人におすすめのカード

「クレジットカード審査に落ちてしまったけど、どうしてもカード払いをしたい」「審査に通るクレジットカードはもうないの?」という方のためのおすすめカードを紹介します。

過去に支払い延滞があった方でも大丈夫!審査が柔軟なライフカード

ライフカード(年会費あり)

カードの特徴

「過去に延滞がある方」でも作れるクレジットカード。年会費5,000円(税抜)で保険も付帯したライフカードが作れる。ただし、「独自の審査基準」というだけで審査が甘いわけじゃないので注意!

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 5,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
シートベルト傷害保険:最高200万円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD 申し込み資格 ・高校生を除く18歳以上
・電話連絡が可能な方
・未成年者は親権者の同意が必要

これまで「独自の審査基準」という表現を使われているのは20歳以上からしか申し込めない消費者金融のカードのみでしたが、ライフカードでも同様の「クレジットヒストリーよりも支払い能力を重視」というカードができました。

▼「過去に延滞履歴がある方でも審査OK」を公式が明言している珍しいカードです。
独自の審査基準説明文

この年会費ありのライフカードは、年会費5,000円(税抜)がかかってしまう代わりに、他社の審査で落ちてしまうような人でも審査通過できるよう設定しています。
消費者金融のクレジットカードとは違い、リボ払い専用カードではなく、ETCカードも作れ、保険付帯もあり、ポイントもしっかり貯まります。

▼カードの詳細はこちら

過去に延滞履歴のある人でも審査OK!ライフカード(年会費あり)の特徴

デビットカードなら無職でも審査なしで作れる

クレジットカードの審査に通らない人でも、デビットカードであれば職業に就いていない無職の人や、中学生や高校生でも審査なしで作ることができます。

デビットカードとは、大手銀行が発行している決済用のカードの事です。一ヵ月分の利用代金がまとめて引き落とされるクレジットカードとは違い、利用するごとに銀行口座からカード利用料金が引き落とされる都度払い(即時払い)のため、カードの使いすぎを防げるというメリットがあるカードです。

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)

カードの特徴

16歳以上から作れる年会費永年無料のデビットカード。ブラックや無職の人でも「審査なし」で作れる、クレジットカードと同様にポイントも貯まるカード

発行会社 楽天銀行株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 2,160円(税込) 付帯保険 ショッピング保険
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は、楽天カードと同じ楽天銀行株式会社が発行するデビットカードで、楽天市場や楽天トラベルといった楽天系のサービスで利用することでポイントがお得に貯まるカードです。

デビットカードでも審査に落ちる可能性があるカードもありますが、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は公式サイトで「入会審査不要!」「審査なし」と明確に記載してあるので審査に落ちる心配のない、誰でも作れるカードです。

楽天銀行デビットカードを申し込むには、口座を持っている必要があるので口座を持っていなければ新しく開設しましょう。
楽天銀行の口座であれば、開設と同時にデビットカードを申し込む事ができます。
カードは口座の開設が完了してからおよそ1週間から10日後に本人限定受け取り郵便や簡易書留で送られてきます。

▼さらに楽天銀行デビットカードの特徴について知りたい方はこちら

16歳から審査なしで作れる「楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)」の特徴

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

カードの特徴

16歳以上から作れる年会費永年無料のデビットカード。通常利用時のポイント還元率は楽天カードと同じでデビットカードとは思えないサービス。

発行会社 楽天銀行株式会社 ポイント還元率 1~2%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 -
電子マネー - ポイント 楽天スーパーポイント

入会審査が不要で16歳以上なら誰でも持つ事ができ、人気を集めているのが楽天銀行デビットカードです。
年会費永年無料で口座からの即時払いに対応しているため、使いすぎの心配もありません。

ポイント還元率が高く、100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、楽天市場でのお買い物ならポイントが2倍となるのも人気の秘密です。
JCB系のカードなので、世界中のJCBマークがあるお店で利用する事ができます。

学生や未成年者におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

学生や未成年者の方には、18歳~25歳まで限定で申し込みができる「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめです。
デビュープラスカードは、世界シェアNo1の安心と信頼のVISAブランドで、1年間に一回でもカードを利用すれば年会費無料(実質無料)のカードです。

クレジットカードを使うのが初めてで不安という方でも、セキュリティ性が高い銀行系カードのため安心して利用できることで人気のカードです。
24時間体制で不正利用を監視しているだけでなく、もし、海外で購入したものや、リボ払い・分割払いで購入したものが破損した盗難された場合でも、ショッピング保険が年間100万円まで補償してくれるので心強いです。

▼カードの詳細はこちら

学生・未成年のはじめてのクレジットカードは「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめ

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは年会費永年無料のクレジットカードです。日本版顧客満足度指数のクレジットカード部門で9年連続ナンバーワンに輝き、8秒に1回の申し込みがある事からもその人気ぶりがうかがえます。

年会費永年無料で通常ポイント還元率は1.0%、楽天のサービスで還元率がアップするのが特徴で、楽天トラベルやRakoo加盟店は2倍・楽天市場や街の加盟店は3倍のポイントが貯まります。
貯まったポイントは楽天で使えるのはもちろんの事、出光でガソリンを給油したり、マクドナルドやくら寿司などでも使えるので食事代を浮かせる事もできます。

▼カードの詳細はこちら

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

関連記事

【2018年版】大学生でも作れるおすすめクレジットカードランキング!


学生や未成年のクレジットカードの作り方


学生に人気の「楽天カード」と「三井住友VISAデビュープラスカード」比較


学生のクレジットカード限度額は上げられるのか解説!2枚目も審査で通る?

-学生や未成年向け
-, ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.