クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

学生なら収入なしでもクレジットカードが作れる

投稿日:

収入なしの学生はクレジットカードが作れないと思っていませんか?
実は、学生なら収入なしでもクレジットカードが作れます。
今やクレジットカードはネットショッピングやスマホ代の支払い、毎日のショッピングと学生にも欠かせない存在です。

そこで今回は、収入なしの学生がクレジットカードを作れる理由や、おすすめの学生向けカードを分かりやすく紹介していきます。

クレジットカードの審査とは?

学生や社会人といった職業やカードの種類を問わず、申し込み時には必ずカード会社による入会審査が行われます。

審査でチェックされるのは、主に以下の3点です。

  • 資力(Capacity)
  • 性格(Character)
  • 資産(Capital)

この3つの項目は頭文字を取って「3C」と呼ばれます。
資力では返済能力が重視され、性格では返済日を守ってくれる人物かどうかがみられます。
資産は万が一の場合に担保とできる資産があるかどうか、例えば不動産や貯蓄等をチェックされるのが一般的です。

申し込み時にはこれらを評価するための情報を入力(記入)する必要があり、採点方式で審査が行われます。

審査で評価が高いのは公務員や正社員

クレジットカードの審査で最も重視されるのは返済能力のため、収入が安定している公務員や正社員の評価が高くなります。
その反対に、フリーターなど不安定な職業の方や、無職になると審査通過が厳しくなるので注意が必要です。

ゴールドカードなどカードによっては申し込み資格に「安定継続収入がある方」と明記されている場合もあるので、申し込みの際にはまず申し込み資格をクリアしているか確かめておきましょう。
「学生専用」と書かれたカードや、学生でも申し込みOKと書かれているカードなら大丈夫です。

未成年がカードを申し込む場合は親権者の同意が必要

どのカードを申し込む場合でも、申し込みの際には親権者の同意を得る必要があります。
カード会社によって対応は異なりますが、書面または電話で親権者に直接同意確認を行うのが一般的です。

親権者の同意を得ずにカードを持つことはできないので予め承諾を得ておきましょう。
未成年者のカード申し込み時に親権者の同意を得るのは、カード契約などの行為を取り消せないようにするためであり、カード会社の損失を最小限に抑えるのが目的です。

学生なら収入なしでもクレジットカードが作れる

社会人になると審査の際に収入がチェックされますが、学生なら収入なしでもクレジットカードが作れます。その理由は「親の援助」と「カード会社による青田買い」です。

通常、クレジットカードを利用した場合はカードを持つ本人に支払い義務が生じますが、返済ができなくなった場合にカード会員が学生の場合は学校に通わせられるだけの財力があるとみなされるため、万が一の際には親に援助(弁償)してもらえるという安心感があります。

もうひとつの「カード会社による青田買い」とは、将来的にカードを使い続けてくれる可能性のある学生を早い段階から囲い込んで、長期的に収益を確保したいというカード会社の思惑です。
学生の頃から同じカード会社を利用し続けていると上位カードを持ちやすくなるので、学生側にもメリットがあります。

学生のうちは限度額が10万円~30万円になるのが一般的

学生のうちは収入があっても高い限度額のカードを持つことはできません。
カードにもよりますが、10万円~30万円程度の限度額になるのが一般的です。

複数のカードを持てば10万円+10万円というように実質的に限度額をアップさせることはできますが、2枚目のカードはやや審査が厳しくなり、カードの使いすぎの心配も出てくるのであまりおすすめはできません。

学生がクレジットカードを申し込む場合の収入欄の書き方

学生といっても、学業に専念している方もいればアルバイトで収入がある方もいます。
また、実家からの仕送りがある場合も収入に含めるか迷うところです。

そこで、学生がクレジットカードを申し込む際の収入欄の書き方をまとめました。

アルバイトをしている学生の場合

アルバイトの収入は年収欄に記入してOKです。
嘘や虚偽記載は審査落ちの原因となりますが、1円単位で厳密に申告する必要はないので、平均のバイト代×1年分という計算で記載しましょう。

アルバイトを始めたばかりの場合は予想年収でも大丈夫です。
短期バイトについては、毎月コンスタントに収入があれば記載してOKですが、安定した収入とはいえない場合は年収に含めません。

仕送りがある学生の場合

仕送りがある学生の場合も年収として記載できます。
仕送りを受けながらアルバイトもしている場合は「バイト代+仕送り」の1年分という計算で記載しましょう。

収入なしの学生の場合

前述のとおり、学生のうちは収入なしでも親の信用力でカード審査を通過することができます。
アルバイトをしていない場合や、単発のアルバイトしかしていない場合、収入欄は正直に「0円」と記載してください。

学校を卒業すると収入なしの状態でクレジットカードを申し込むのは難しくなるので、進路に不安がある方はカード審査に通りやすい学生のうちに申し込んでおくのが正解です。

学生におすすめのクレジットカード

ここでは、ポイントが貯まりやすくお得なクレジットカードの中から、学生向けのカードをピックアップしました。

クレジットカードは料金の支払いだけでなく、旅行保険や割引特典など豊富なサービスが魅力です。

学生向けの特典が付いたカードがお得

カード会社によっては、学生向けに通常よりも豪華な特典を付けた学生向けのカードを発行している場合があります。

例えば、三井住友デビュープラスカードの場合、ポイント還元率が通常カードの2倍となり、アメックスブルーなら通常年会費が税別3,000円のところ、26歳になるまで無料で持てるのでお得です。

三井住友デビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友デビュープラスカードは、銀行系カードとしてセキュリティに定評がある三井住友カードの18歳~25歳の方限定カードです。
初年度年会費無料・翌年度以降も年に一度のカード利用があれば無料で持つことができ、ポイント還元率が一般カードの倍である1.0%、入会後3か月間は2.5%にアップします。

ポイントUPモールというポイントアップサイト経由のネットショッピングなら2倍~20倍の還元率となり、エントリー後に街のお店でカードを利用するとキャッシュバックまたは最大18倍のポイントが貯まる「ココイコ!」というサービスも人気です。

ETCカードの発行やiD・WAON・Apple Payなど電子マネーにも対応していて、カードデザインはスタンダード・ブラック・ピンクの3種類から選べます。
26歳以降はプライムゴールドカードに自動ランクアップするため、若いうちからゴールドカードが持てるのもこのカードのメリットです。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴【年会費・ポイント還元率・審査・電子マネーなど】

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスブルー)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、セゾンポイントモールを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスブルー)は、通常年会費税抜3,000円のカードですが、U25応援キャンペーンの適用で26歳まで年会費無料で持つことができます。

ポイント還元率は0.5%(海外利用分はポイント2倍)と平均的ですが、セゾンポイントモールというポイントサイト経由のネットショッピングでは最大30倍の還元率となり、有効期限無期限の永久不滅ポイントが貯まる点がメリットです。
西友とLIVINでは指定日に5%割引の特典があり、セブンイレブンで利用するとnanacoポイントとの二重取りも可能。

アメックスブルー最大の特徴は、最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険がカードの利用を問わず「自動付帯」となる点で、国内旅行はカードで旅費を支払うのが条件の「利用付帯」で最高1,000万円補償となります。
年会費無料でここまで手厚い補償が受けられるカードは他にないので、留学や卒業旅行の際にもおすすめです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)の特徴

学生専用ライフカード

【8位】学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

学生専用ライフカードは、年会費永久無料で留学や卒業旅行を控えた方にぴったりのカードです。事前申し込み・上限50,000円で海外ショッピング利用分の5%がキャッシュバックとなるのが最大の特徴で、在学中は最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険がカード利用を問わない「自動付帯」となります。

ポイント還元率は0.5%ですが、入会後1年間はポイント1.5倍・誕生月は3倍(併用不可)とポイントを貯めやすい仕組みも充実していて、ポイント有効期限も最大5年間なので安心です。
L-Mallというポイントアップサイト経由のネットショッピングなら最大25倍の還元率になり、ポイントの交換先も家電やポイント移行など豊富にあります。

携帯電話料金をカード払いにすると毎月抽選で500円分のAmazonギフト券が10人に1人という高確率で当たる点も魅力です。
旅行保険やキャッシュバックなどのサービスは卒業後に終了となりますが、学生の方は持つ価値のあるカードといえるでしょう。

学生専用ライフカードのメリット・デメリット

-学生や未成年向けのクレジットカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.