学生のクレジットカードの作り方

クレジットカードを作ったことがない学生の方の中には、どのようなカードを選べばいいのかわからないという方や、収入のない学生でも審査に通るのかどうか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、学生の方がクレジットカードを作る方法や、学生の場合の審査基準、おすすめのクレジットカードなどについて詳しく説明していきます。

クレジットカードを作る流れ

まず、学生の方がクレジットカードを作る際の流れについてみていきましょう。

インターネットによる申し込みがおすすめ

クレジットカードの入会方法には、インターネット申し込み、郵送申し込み、店頭申し込みの3つの方法がありますが、最もおすすめなのは、以下のようなメリットがあるインターネット申し込みです。

  • インターネット申し込み限定のポイント獲得キャンペーンが多い
  • 審査期間が短縮できる
  • 記入漏れのリスクがなくなる

インターネット申し込みの流れ

インターネット申し込みの場合、以下の流れでクレジットカードを作ります。


① カード会社のウェブサイトから申し込み画面にアクセスする
② 必要事項を記入して申し込みをする
③ カード会社にて審査が行われる
④ 審査結果をメールで受け取る
⑤ 親権者の同意確認(電話または書面)
⑥ カードが発送される

インターネット申し込みの場合、審査結果が出るまでの期間は1日~3日程度のカードが多く、郵送申し込みに比べてカードが手元に届くまでの期間を短縮できます。

クレジットカードを発行するために必要なもの

クレジットカードを作るためには、次のものを準備しておく必要があります。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、健康保険証など)
  • 銀行口座および銀行印
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号(固定電話または携帯電話)
  • 学生証(カード会社によっては不要)

カード会社によっては、学生証がなければカードを作れないことがあるため注意が必要です。

未成年の方は親権者の同意が必要

未成年の方の場合、クレジットカードの申し込みの際に必ず親権者の同意が必要です。
カード会社では、親権者が申込者のカード入会に同意をしていることを、電話または書面で必ず確認します。

親権者の同意がないまま入会したことがカード会社にばれると、カードが利用停止になる場合や強制解約になる場合があるため、必ず事前に親権者の同意を得ておき、親権者同意欄は親権者自身に記入してもらうようにしましょう。

学生は審査に通りやすい

学生は審査の基準が社会人と異なっており、社会人ほど厳しい審査は行われません。
学生の場合は非常に審査が甘く、申し込み資格さえ満たしていれば、ほとんどの場合は審査に通ることができます。

審査に通りやすい20代のうちにカードを作るのがおすすめ

社会人になると審査基準が学生と異なり厳しくなります。
20代のうちは年収が低くても審査に通るカードが多いですが、年を取るにつれて年相応の年収やクレジットカードの利用履歴がなければ審査に通りづらくなります。

クレジットカードが作れないということは、クレジットカードの追加カードであるETCカードも作れなくなるということです。
年をとってからETCカードを作れないと非常に不便です。また、若いうちはお得に利用できるクレジットカードが多いのも早めにクレジットカードを作っておくことをおすすめする理由のひとつです。

例えば、三井住友カードが発行する25歳までの方限定で入会できる三井住友VISAデビュープラスカードは、年会費が無料で、ポイント還元率も通常の一般カードの2倍です。

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳から25歳まで限定の三井住友VISAカード。一般カードの2倍ポイントが貯まり、年に1回でも年会費無料の初心者におすすめのカード

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

また、クレディセゾンが発行するセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはステータスの高いアメックスブランドでありながら、26歳までの方であれば年会費無料で持つことができます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、永久不滅.comを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円+税)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

アルバイト収入があればさらに有利

学生の場合、アルバイトをしておらず収入がない場合でも問題なく審査に通ることができますが、アルバイト収入があればさらに審査に通る可能性は高くなります。

また、キャッシング枠は基本的には収入がある方でないと法律の関係上付けることができないため、キャッシング枠を希望する場合はアルバイト収入がある状態で申し込みをしましょう。

学生が審査に落ちる理由

学生の方が審査に落ちる最も多い理由が、携帯電話料金の支払いの延滞によるものです。
携帯電話の本体代金を分割払いにしている場合、携帯料金の支払いを延滞すると個人信用情報機関に延滞情報(異動情報)が登録され、いわゆるブラックリストという状態になってしまいます。
個人信用情報機関は、カード会社がクレジットカード審査を行う際、申込者がこれまでに支払いが滞ったことがある人かどうかを確認・照会している機関のため、関連性がなさそうな携帯電話料金の支払いが影響してしまいます。

なお、携帯電話本体の代金を一括で支払っている場合は個人信用情報機関への登録対象外のため、携帯電話料金を延滞してもブラックにはなりません。

学生におすすめのクレジットカード

続いて、学生におすすめのクレジットカードについて解説していきます。

年会費無料のカードがおすすめ

年会費とは、カードの利用有無に関係なく、カードを保有していることでカード会社に1年に1回支払わなければならない料金のことです。
学生の場合は年会費無料のカードが多いですが、一部のカードでは年会費がかかります。

学生のうちはサービス内容が充実しているカードでも年会費無料で持つことができるため、年会費無料のカードを選ぶことをおすすめします。

ポイント還元率の高いカードがおすすめ

カードを選ぶ際に最も重視される観点のひとつが、ポイント還元率です。
ポイント還元率とはカードを利用することによって貯まるポイントが、何円の利用につきどれくらい貯まるのかを表す数字で、ポイント還元率が高いほどポイントが貯まりやすいお得なカードということになります。

この点では、上記でご紹介した三井住友VISAデビュープラスカードは、通常の一般カードの2倍のポイント還元率1.0%のため、ポイントが貯まりやすくおすすめです。

また、ポイントの使いやすさも重要です。
ポイントの使い道は基本的には商品との交換ですが、ほとんどのポイントには有効期限があるため、手間がかかる商品との交換手続きをしないままに有効期限切れになってしまうことがよくあります。
この点では、ポイント還元率が1.0%と高く、貯めたポイントをすぐに買い物で利用できる楽天カードがおすすめです。

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で4.0%)
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー Edy(ApplePay利用可能) ポイント 楽天スーパーポイント

海外旅行傷害保険付きのカードがおすすめ

クレジットカードには、ショッピング機能やキャッシング機能だけではなく、海外旅行傷害保険サービスが付帯しているものがあります。

海外旅行傷害保険とは、海外でのけがや病気による損害や、携行品の盗難や破損といった損害などに対して補償を受けられるもので、留学をする学生の方や卒業旅行で海外に行く学生の方に重視していただきたいサービスです。
クレジットカードの海外旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯の2種類がありますが、自動付帯の方が使い勝手がよく便利です。

自動付帯

対象のカードを保有しているだけで自動的に保険が適用されるもの

利用付帯

旅行代金または旅行の際の交通費を対象カードで決済した場合にのみ保険が適用されるもの

海外旅行傷害保険が付帯した学生の方に最もおすすめのカードは、上記でもご紹介したセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードです。26歳以下は年会費無料でありながら、最大3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

次におすすめなのが、ライフカードが発行している学生専用ライフカードと、三井住友VISAクラシックカード(学生用)です。両者とも学生は年会費無料でありながら最大2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

学生専用ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

-クレジットカードの作り方、使い方、基礎知識

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.