クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

学生のうちにクレジットカードを作っておくべき理由・必要性

更新日:

留学や旅行、インターネットショッピングでの買い物など、学生でもクレジットカードを持ちたいと思う場面は多いでしょう。
クレジットカードの審査は社会人より学生の方が有利なため、学生のうちにクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

今回は学生のうちにクレジットカードを作った方が良い理由やカード審査、注意点などをまとめました。

学生でもクレジットカードは作れる

学生の定義は高等教育を受けている方の事で、主に短大生・大学生・大学院生などを指します。
クレジットカードが作れるのは原則として高校生を除く満18歳以上の方で、クレジットカードを申し込むのが未成年の方の場合は親権者の同意が必要です。

クレジットカード審査に通る学生・通らない学生

以下では、クレジットカードを作れる学生と、通らない学生について説明しています。

大学生・短大生・専門学校生はクレカを作れる

一般的なクレジットカードの申し込み資格は、高校生を除く18歳以上となっています。
学生は社会人とはカードの審査基準が異なるため、アルバイトなどで収入を得ていなくても大学生・短大生・専門学校生・大学院生であればほとんどの場合でクレジットカード審査に通ります。

留学などを理由に学校を休学している場合でも学生である事に変わりはないのでカードの申し込みが可能です。

また、留年していても大学生や短大生などであれば問題なくカードを申し込めます。しかし、高校生の場合は留年していて18歳以上であっても高校生の間はカードを申し込む事ができません。なお、どの場合も20歳以下の方がカードを申し込む場合は親権者の同意が必要となります。

大学院生はクレカを作れる

大学院生であればほとんどの場合で問題なくクレジットカードを申し込む事ができます。

注意点としては、学生専用カードの中には年齢制限を設けているケースがあるので、申し込み前に年齢の上限を確認しておくと安心です。例えば、「三井住友VISAデビュープラスカード」や「学生専用ライフカード」は25歳まで、「楽天カードアカデミー」は28歳までとなっています。

高専生はカード会社による

高専生(高等専門学校生)の場合、クレジットカードが作れるかどうかはカード会社によって対応が異なります。

学生専用ライフカードの申し込み資格を見て見ると、18歳以上25歳以下で大学生・大学院生・短大生・専門学校生は申し込み可能となっていますが、高専生は年齢に関わらず申し込みできません。

その一方で三井住友VISAデビュープラスカードであれば、18歳以上なら高専生でも申し込む事ができます。

高校生・中学生・小学生はクレカを作れない

前述の通り、クレジットカードの申し込み資格は高校生を除く18歳以上なので、高校生や中学生はクレジットカードを作る事はできません。
ただし、留学など特別な理由がある時に限って高校生であれば「家族カード」なら作れるケースはあります。

最近ではクレジットカードと同じように使えて便利なデビットカードも人気です。
中学生を除く15歳から申し込めるデビットカードもあり「住信SBIネット銀行VISAデビット」なら年会費無料でポイント還元率が0.6%、加盟店が多く使いやすいVISAブランドでおすすめです。

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

学生のうちにクレジットカードを作っておくべき理由・必要性

学生のうちにクレジットカードを作っておくべき理由は以下があります。

  • 学生のうちは審査が甘い
  • 若いうちにクレジットヒストリーを作っておかないと将来審査に通らなくなる
  • 海外ではクレジットカードが必須
  • ショッピングでポイントが貯まる
  • 支払いを次月以降に延ばせる
  • 銀行振込手数料・代引き手数料がかからない
  • ETCカードが作れる

以下で順に説明していきます。

学生のうちは審査が甘い

学生のうちにクレジットカードを作った方が良いというのはカード審査が甘いためです。

審査が甘い理由は、社会人と学生ではカード審査の基準が異なり、学生のうちは年収や職業などの属性がカード審査に影響しないので、学生のうちはアルバイトをしておらず年収がゼロでもクレジットカードの審査に落ちる事はまずありません。

学生や未成年者のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

若いうちにクレジットヒストリー(信用情報)を作っておかないと将来審査に通らなくなる

クレジットカードの審査ではクレヒスと呼ばれる「クレジットヒストリー(信用情報)」を作っておかないと将来カードを作ろうとした時に審査に通らなくなる恐れがあります。
クレヒスとはカードやローンの申し込みや返済などに関する履歴の事で、信用情報として個人信用情報機関に記録されています。

カードの申し込み時にはカード会社がクレヒスを照会する事で返済能力の有無や事故記録などを調べるため、若いうちから良いクレヒスを作っておく事は重要です。

社会人になると審査に通りにくくなる!学生のうちに良いクレヒスを積もう

社会人になるとカードの審査基準に年収や職業、勤続年数も含まれてくるため審査に通りにくくなります。
年齢を重ねて全くクレヒスが残っていない「スーパーホワイト」の状態だと審査に通りにくいため、学生のうちにカードを作って良いクレヒスを積んでおきましょう。

スーパーホワイトと似た言葉に「ホワイト」がありますが、ホワイトは一度金融事故を起こしていわゆるブラックリスト入りとなり、カードやローンが利用できなかった状態が続いてクレヒスが残っていない事なので根本的に違います。

審査に通りやすい学生のうちにカードを作って、延滞なく支払いを続けていると将来ゴールドカードのような上位カードを作りやすいというメリットもあります。

良いクレヒスを積むにはどうすればいい?

良いクレヒスを積むための一番簡単な方法は、公共料金など固定費の支払いをカード払いにする事です。

電気代や水道代といった公共料金をカード払いに設定しておくと毎月必ず引き落としがあるので、意識しなくてもカードを使い続ける事ができます。

毎月少額でも利用があるとカード会社や個人信用情報機関にクレヒスが残るので、毎月きちんと支払いをしてくれる良い利用者というアピールができるのです。ただし、ここで延滞を起こしてしまうと元も子もないので、支払い口座は給与の振込口座にしておくなど、毎月確実に口座にお金が入っている状態にしておく事が肝心です。

海外ではクレジットカードが必須

旅行や留学で海外を訪れる際にクレジットカードがあると便利です。
日本とは違って海外ではクレジットカードが身分証のような役割も果たしているため、ホテルのチェックイン時にカードの提示を求められる事も珍しくありません。

また、クレジットカードがあれば海外のATMで現地通貨を引き出す事も可能で、カードによっては海外旅行保険も付帯しているため、救急車を呼ぶのも有料で入院や治療費が高額になりやすい海外での万が一のトラブルにも安心です。

留学や海外旅行に行く学生におすすめの保険付きクレジットカード比較

ショッピングでポイントが貯まる

クレジットカードでショッピングをすると、0.5%~1.0%程度のポイントが貯まり、貯まったポイントはカード会社にもよりますが、1ポイント1円分としてAmazonや楽天で使えるポイントと交換できます。(ネットショッピング時にはさらにお得にポイントが貯まるカードもあります。)

ランチタイムやラーメン屋など、まだクレジットカードが利用できないお店も多少はありますが、日本国内のショッピングはほとんどクレジットカードで決済できるので、今のうちから日常のショッピングだけでなく携帯電話料金や家賃、光熱費などをクレジットカード払いに設定しておくことでポイントが貯められます。

支払いを次月以降に延ばせる

現金払いとは違ってクレジットカードは支払いを次月以降に延ばせるのもカードならではのメリットです。
例えば、テストがあってアルバイトにあまり行けなかったので収入が少なくて生活費のやりくりが難しい・・・といった場合にも、クレジットカードがあれば次月に支払いを伸ばすことができます。

一括払いだけでなく分割払いにもできるので、支払いを更に先延ばしにすることで電化製品など高額な買い物もしやすいでしょう。

銀行振込手数料・代引き手数料がかからない

インターネットショッピングなどの支払い方法として銀行振り込みや代引きを選んだ場合は振込手数料や代引き手数料が発生しますが、クレジットカード払いにすると手数料無料で買い物ができます。

例えば、Amazonの場合発送1件につき代引き手数料は税込324円がかかり、銀行振り込みを選択した場合も銀行ごとに異なる手数料がかかるため、インターネットショッピングを頻繁に利用する方こそクレジットカードを持つメリットは大きいでしょう。

ETCカードが作れる

高速道路を通行する際に便利なETCカードを発行できるのもクレジットカードのメリットです。
ETCカード自体は高速道路会社も発行していますが、補償金を預託する必要があるため、クレジットカードが一番お得です。

ETCカードは三井住友VISAカード、JCB、アメックス、三菱UFJニコスなど様々なカード会社で発行でき、カードによっては手数料無料で追加カードとして発行できるので利用しない手はありません。

作るなら家族カードではなくて自分のカードを作ろう

クレジットカードには「家族カード」という本会員の家族に対して追加発行できるカードがありますが、家族カードの利用ではクレジットヒストリーが記録されないため、カードを作るのであれば自分の名前で新たに申し込んで作った方が良いでしょう。

若いうちから良い利用履歴を積み重ねておけば、将来ゴールドカードなどランクの高いカードを作る際にも審査で有利になります。
学生や若い人向けのクレジットカードはポイントや特典の面でも優遇されているため一般向けのカードと比較してもお得です。

家族カードのメリットとデメリット

学生がクレジットカードを作る前に知っておきたい注意点

クレジットカードの仕組みを知っておく

クレジットカードの仕組みは簡単です。例えばお店で買い物をする時にカードで支払うと、その場ではカードの処理を行うだけで実際に銀行からお金が引き落とされるのは後日なので、いわば「ツケ払い」の形となります。

多くのカード会社では一か月分の利用金額をまとめてカードの利用者から自動引き落としで請求します。

クレジットカードとは?仕組みなどの基礎知識やクレジットカードのメリットを解説

「分割払い」には手数料がかかる

クレジットカードで注意したいのが手数料です。
一度に全てを支払う「一括払い」は手数料無料ですが、高額な買い物をした時などによく利用される「分割払い」は金利手数料がかかります。

一般的に分割払いで手数料が発生するのは3回払いからで、回数が多くなるほど高額になるので分割払いにする際はなるべく2回払いまでにしておくと手数料が節約できます。
どれくらい手数料がかかるかというと、三井住友VISAカードの場合は5回払いが実質年率13.25%で、12回払いが14.50%となっています。

分割払い同様、リボ払いでも手数料が高額になるため注意しましょう。

クレジットカードで作ったリボ払いの借金もおまとめローンで返済できる?

使いすぎに注意

クレジットカードは手元に現金がなくても支払いができるため使いすぎには注意が必要です。
カードの使いすぎを防ぐには、毎月の利用明細をチェックしてカードの利用状況を把握しておく事が大切です。

最近ではパソコンやスマホから簡単に利用明細が確認できるので上手に利用しましょう。
利用明細をこまめに確認する事でポイントの失効も防げます。

それでも使いすぎてしまうなら、カード利用限度額を低く設定しておくのも手です。
利用限度額までしか使えないため、嫌でも使いすぎを防ぐ事ができます。

使いすぎて借金地獄にならない?クレジットカードの賢い使い方・使いすぎ防止策

クレジットカードを無くした・紛失した場合はどうなる?

財布を無くした経験がある方はクレジットカードを持つ事に不安を感じるかと思いますが、クレジットカードを無くしたり紛失した場合はどうなるのでしょうか。
基本的にカードでの買い物はパスワードを求められるため高額な商品は買えませんし、カードの発行会社に連絡しておけば万が一紛失や盗難で悪用された場合も補償により返金してもらえます。

カードを無くした場合は、すぐにカード会社に利用停止の連絡をして、警察にも紛失届(盗難届)を出します。
警察に届出をした後に再度カード会社に連絡を入れ、届出の受付番号を伝えましょう。

携帯電話本体の購入代金を滞納してもクレジットカードが作れなくなる

最近では高額なスマートフォンも多いですが、携帯電話本体の購入代金(端末代金)を滞納するとクレジットカードが作れなくなる恐れがあります。
これは分割払いの割賦契約に関する情報もクレヒスとして扱われるためで、毎月の通信料と端末代金を併せて支払っている場合、月々の料金を滞納すると延滞として記録されてしまいます。

最悪の場合、ブラックリスト入りしてカード審査に落ちるケースもあるため、たかが携帯代と思わずきちんと支払わなければいけません。

国内のクレジットカード所持率や利用頻度

世間の人はどれくらいクレジットカードを持っていて、どれくらい利用しているのか説明します。

クレジットカードの所持率と所持枚数

2017年度の日本人のクレジットカード所持率と所持枚数は、20代~60代の男女を対象に株式会社ジェーシービーが行った「クレジットカードに関する総合調査」によると、保有率は85.1%に上り、一人あたりの平均保有枚数が3.2枚となっています。

この事からほとんどの成人がクレジットカードを持ち、一人で複数枚を保有している事も多いのが分かります。

クレジットカードの利用頻度

調査によると、メインカードとされる一番多く使うクレジットカードの一か月あたりの平均利用頻度は5.8回で、最もカード利用が多いのはオンラインショッピングで36.6%、次いで携帯電話料金の31.1%、スーパーマーケットの29.8%となっています。

調査では電気料金とガス料金が別々の項目でしたが、両者を足すと30%になるため公共料金の支払いでカードを利用している方も多いようです。

月あたりのクレジットカードの利用金額

一か月あたりのクレジットカード(メインカード)の平均利用金額は5.1万円となり、2016年度のデータと比較すると利用金額が2,000円アップしています。

2番目によく使うサブカードでも一か月あたり平均1.4万円の利用金額なので、メインカードとサブカードの利用金額を合計すると6.5万円になります。

学生は三井住友VISAカードがおすすめ

世界シェアNo.1のVISAブランド

三井住友VISAクラシックカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社が発行する銀行系クレジットカードです。

銀行系ということでカードの不正利用をされていないかをチェックしているためセキュリティ性が高く、もし不正にカード利用をされた場合でも、国内、海外の利用問わずカード利用から60日間補償してくれます。
また、カードを紛失・盗難した場合でも24時間年中無休で対応してくれるので、初めてクレジットカードを持つ人でも不安がないカードです。

学生や若い人にはデビュープラスカードがおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードが発行するクレジットカードで、申し込み資格は18~25歳までの方を限定としているため、学生や新社会人にオススメのカードです。

年会費は年に1度でも利用があれば無料となるため、実質無料で利用していくことができ、三井住友VISAカードの一般カードと比較してポイントが2倍で貯めていくことができることも魅力の1つです。
若年層向けに作られたカードであるため、申し込み条件を満たしていて他社カードで延滞や滞納などの履歴がなければ、ほぼ審査には通過できるというほど、審査難易度が低く設定されていますが、銀行系カードなのでステータス性は高く、どこへ出しても恥ずかしくない1枚です。

大学生や未成年に人気のカード「三井住友VISAデビュープラスカード」の特徴

\ 学生カードの選び方や審査についても /

学生におすすめのクレジットカードランキング

-学生や未成年向け

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.