クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

クレジットカードを申し込む際の学生証の扱いや注意点

更新日:

クレジットカードを申し込む際には本人確認書類(身分証明書)の提出が必要不可欠です。これは学生の方の場合も同様で、本人確認書類がなければクレジットカードを申し込む事はできません。
では、学生の場合は学生証をクレジットカードの本人確認書類として使えるのでしょうか。

今回は学生がクレジットカードを申し込む際の学生証の扱いや注意点、おすすめの学生向けクレジットカードについて詳しくご紹介します。

学生証は身分証明書ではない?

学生証とは学校が学生に対して発行する在学証明書の事で、学校以外でも学生割引の適用を受ける際などにも提出を求められます。
大学の学生証の中には電子マネー機能の付いたものや、クレジットカード機能が付いたものもあり、ひと口に学生証と言ってもその種類は様々です。

昔は国立大学の学生証であれば公的な身分証明書として使える事がありましたが、現在では身分証明書としては不十分とされています。

クレジットカードの申し込みには本人確認書類が必要

クレジットカードを申し込む際は学生・社会人を問わず本人確認書類(身分証明書)の提出が求められます。
これは犯罪収益移転防止法に基づき義務付けられているのでどのカード会社でも同じで、本人確認書類の提出なくカードを作る事はできません。

カード会社によって若干異なる部分はありますが、本人確認書類としては有効期限内の運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票の写し・個人番号カード(マイナンバーカード)などを用いるのが一般的です。これらの書類は1点の提出で本人確認書類として認められます。
インターネット申し込みの場合はスマホのカメラで撮影した画像を送信し、郵送の場合はコピーを取ってカード会社に送りましょう。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、併せてもう一点、公共料金(ガス・水道・電気・NHK)の領収書や、税金の納税証明書など現住所が確認できる補助書類を提出する必要があります。

学生証だけでは本人確認書類として認められない

前述の通り、学生証のみの提出ではカードを申し込む事はできません。
学生専用クレジットカードの申し込みで学生証を提出する場合も、併せて運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出する必要があります。

学生のうちにクレジットカードを作るメリット

社会人になると年収や勤務先がカード審査に影響してくるので審査落ちする事も増えてきますが、学生のうちは比較的審査が易しいとされています。

これは、将来の優良顧客になる可能性がある若者を囲み込みたいというカード会社の意図と、延滞などを起こされても親から回収できる見込みがあるためで、学生のうちにカードを作って良い利用履歴(クレヒス)を積んでおけば、将来のカード審査でも有利になるというメリットがあります。

学生専用クレジットカードの申し込みには学生証の提出が必要

学生専用クレジットカードを申し込む場合は、運転免許証などの本人確認書類に加えて学生証の提出を求められます。
これは学生ではない人が学生専用カードを申し込むのを防ぐためで、カード申し込みの際には学生証を忘れずに用意しておきましょう。

学校名や卒業予定年月の入力が求められる場合も

カードの申し込み時には住所や連絡先など様々な情報を入力(記入)する必要がありますが、学生専用カードを申し込む場合は学校名や学年、卒業予定年月を入力するケースもあります。

一流大学だとカード審査に通りやすくなる?

名の通った一流大学に在籍しているとカード審査に通りやすいのでは?という声も耳にしますが、カード審査で大学の名前が影響する事はありません。
あくまでも学生である事を確認するだけなのでどんな学校でも問題なく申し込む事ができます。

学生証を無くしてしまった場合はどうなる?

毎日持ち歩いているうちに学生証を無くした(紛失した)場合はどうすれば良いのでしょうか。
学生証の紛失に気付いたら学生ローンの借入れなどに悪用されるのを防ぐため、早急に警察へと届け出ましょう。

その後、学校へ再発行の手続きを取れば学生証を再発行できます。
学生証を再発行する際には警察の届出受理番号を尋ねられる場合があるので控えは大切に保管しておきましょう。

学生専用カードに申し込めない「学生」も

学生

学生専用のクレジットカードといっても、どんな「学生」でも申し込める訳ではありません。
基本的にカードが作れるのは18歳以上の方で、高校生の間は申し込み不可能です。

大学生や短大生であればほとんどの場合カードを作る事ができますが、専門学校生の場合は事情が少し異なります。
例えば、三井住友VISAクラシックカード(学生)の場合、研究生や聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・人加校以外の専門学校生は学生としてカードを申し込めないため注意が必要です。

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

未成年がカードを申し込む場合は親権者の同意が必要

20歳未満の未成年者がクレジットカードを申し込む際には親権者の同意を得る必要があります。
カード会社は電話で親権者本人に同意確認を行ったり、親権者自筆の署名の提出を求めるため、親に無断でカードを作る事はできません。

18歳~19歳の未成年がクレジットカードを作るなら親権者(親)の同意が必須!

学生におすすめのクレジットカード

学生専用のクレジットカードはポイント還元率や年会費が優遇されているため、一般向けのカードを申し込むよりもお得です。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳までの方限定で申し込めるカードで、初年度年会費無料・翌年度以降も年に一度利用があれば通常税抜1,250円の年会費が無料になります。

通常ポイント還元率が一般カードの2倍となる1.0%、更に入会後の3か月間は5倍となるため海外留学や卒業旅行を控えた方にもおすすめで、ポイントサイト経由のネットショッピングでは最大20倍のポイントが貯まります。

iPhoneひとつで支払いができるApple PayやiD・WAONなどの各種電子マネーにも対応していて、ETCカードの追加発行も可能。
インターネット申し込みなら最短3営業日発行に対応しています。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

ポイント還元率の高いカードとしても評判の楽天カードは、年会費永年無料で学生でも作れるカードです。
通常ポイント還元率は1.0%、楽天市場や楽天トラベルなど楽天のサービスで高還元率となるのが特徴で、例えば楽天市場なら最大3倍のポイントが貯まるので実質的にポイント還元率もアップします。

楽天EdyやApple Payにも対応、カードで貯めたポイントは1ポイント1円として楽天EdyへのチャージやANAマイルへの交換、出光や大丸など街のお店でも利用可能。
最高2,000万円補償の海外旅行保険も利用付帯となり、国際ブランドもVISA・Mastercard・JCBの3種類から選べるので国内でも海外でも使いやすいカードです。

\ 学生カードの選び方や審査についても /

学生におすすめのクレジットカードランキング

-学生や未成年向け

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.