クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを複数持って保険金を合算しよう

更新日:

飛行機 空港

クレジットカードの海外旅行保険は、複数のカードの保険金を合算することができます。例えば、自動付帯のカードを2枚持っていて、それぞれのカードの保険適用の条件を満たしていれば、両方の補償を受けることができます。
複数の付帯保険の保険金を合算することができれば、その分補償が手厚くなり安心です。

今回は、海外旅行傷害保険の自動付帯とはどういうサービスなのかの説明と、保険金の合算について説明していきます。

クレジットカードの海外旅行保険とは

ここまでクレジットカードの付帯保険の合算について解説してきましたが、そもそも海外旅行保険とはどのようなものなのか詳しく解説します。

海外旅行中の保険サービス

海外旅行保険は、カード会員が海外旅行中に病気や怪我などのトラブルに遭ってしまった時のための保険サービスのことです。

全てのクレジットカードについているものではなく、なかには国内旅行保険のみが付帯となっているカードもあります。また、補償内容もカードごとに違っていて、クレジットカードを作る時の選ぶポイントにもなっています。海外旅行にいく機会が多い人にとっては、とても安心なサービスと言えます。
 

自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカードの海外旅行保険は、自動付帯のものと利用付帯のものがあります。自動付帯とは、カードを持っているだけで、保険が適用になるクレジットカードのことです。

これに対して、利用付帯とは、対象のクレジットカードを使って旅行代金の支払いに利用した場合のみ保険が適用されるクレジットカードのことをいいます。
自動付帯のクレジットカードを1枚でも持っていれば、万が一の事故やケガの時に、旅行代金の支払いに利用していなかったとしても、保険対象となります。

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカード【自動付帯・利用付帯とは?】

自動付帯のメリット

自動付帯の最大のメリットは、カードを利用していなくても、持っているだけで保険が適用されるという点です。さらに、複数枚持っていれば、保険金を合算してうけとることができます。海外旅行に行く前に、持っているクレジットカードの保険内容を確認しておくと、旅行中の万が一のトラブルでも安心です。

また、トラブルにあってしまった時のために、サポートセンターの連絡先を控えておくと良いでしょう。

保険金が合算される場合の支払われ方

複数のクレジットカード

付帯保険の保険金が合算で支払われる場合は、通常の支払われ方とは違います。以下の表は、保険金が合算される場合の支払われ方をまとめたものです。死亡・後遺障害の保険とそれ以外の保険では合算のされ方が違うので詳しく見ていきましょう。

死亡・後遺障害の保険金 対象となる付帯保険の中で最も高い補償額が限度額となります。その限度額の範囲内で、それぞれの保険から同じ比率で保険金が支払われます。
治療費用・賠償責任・携行品損害など 対象となる付帯保険の補償額を合算した金額が上限になります。上限額の範囲で、実際の損害額を、それぞれの保険から同じ比率で支払われます。

例えば、死亡・後遺障害の保険金の場合は、最高補償額が500万円と1000万円のカードを持っていれば、上限額は1,000万円となり、1,000万円の範囲内でそれぞれの保険から同じ割合で保険金が支払われます。

治療費や賠償責任、携行品損害などの場合は、最高補償額が200万円のカードを2枚持っているとすると、2つが合算されて400万円が上限となり、400万円までの範囲内でそれぞれの保険から同じ割合で保険金が支払われるということになります。

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード

海外旅行保険が自動付帯となっているクレジットカードはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは例として補償内容も含めて紹介します。

オリコカードiB

オリコカードiBの最高補償額は2,000万円となっていて、年会費無料のカードとしては手厚い補償内容となっています。傷害による死亡・後遺障害の補償と、賠償責任が最高2,000万円となっているのが特徴です。

最高補償額 2,000万円
傷害による死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円

エポスカード

エポスカードも、最高補償額が2,000万円となっていて、オリコカードiBと同様に年会費無料のカードでは手厚い補償となっています。傷害による死亡・後遺障害の補償は最高500万円と若干低めですが、賠償責任が最高2,000万円と手厚くなっています。

最高補償額 2,000万円
傷害による死亡・後遺障害 最高500万円
傷害・疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円

マルイで最大10%OFF!エポスカード(マルイカード)【年会費無料】

イオンSuicaカード

イオンカードにはたくさんの種類があります。そんな数あるイオンカードの中で唯一海外旅行保険が自動付帯となっているカードが、イオンSuicaカードです。先ほど紹介したオリコカードiBやエポスカードに比べると、補償額は低いですが、イオンカードを作るときにイオンSuicaカードを選んでおくと、海外での万が一のときに安心です。

また、救援者費用や賠償責任、携行品損害については補償対象外となっています。

最高補償額 500万円
傷害による死亡・後遺障害 最高500万円
傷害・疾病治療 最高50万円
救援者費用 なし
賠償責任 なし
携行品損害 なし

イオンカードの特徴【種類・審査・セブンカードと機能比較】

海外旅行でメインカードとしておすすめのカード

自動付帯の合算用カードはサブカードとして持つとして、海外旅行に行く際に1枚目(メインカード)として持つのにおすすめのクレジットカードを紹介します。

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAは、世界シェアNo.1のVISAブランドの代表カードです。
海外でクレジットカードを利用するのならどこよりも多くのお店で使えるのでおすすめです。

通常の三井住友VISAクラシックカードには自動付帯の海外旅行傷害保険がありませんが、クラシックカードAには自動付帯の保険が付帯しています。

最高補償額 2,000万円
傷害による死亡・後遺障害 2,000万円
(自動付帯分300万円)
傷害・疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高150万円
賠償責任 最高2,500万円
携行品損害 最高20万円
免責(1事故)3,000円

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAのポイント・年会費・旅行保険など

アメリカンエキスプレスカードゴールド

アメリカンエキスプレスカードゴールドは、世界No.1と呼ばれるステータスカードなのでどこの国でも信用度・信頼度が高いカードです。
年会費29,000円(税抜)と高額ですが、海外旅行保険の金額も高額で、空港ラウンジの利用無料、航空便遅延費用補償、エアポート送迎サービスなどなど海外でのサービスが充実しています。

海外に行く頻度が多い方や、海外旅行を充実したものにしたい方におすすめのカードです。

最高補償額 1億円
傷害による死亡・後遺障害 1億円
(自動付帯分5,000万円)
傷害・疾病治療 最高300万円
(自動付帯分200万円)
救援者費用 最高400万円
(自動付帯分300万円)
賠償責任 最高4,000万円
携行品損害 最高100万円
免責(1事故)3,000円
渡航便遅延保険 保険期間中
最高400万円
(自動付帯分300万円)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の年会費・ポイント・旅行保険・審査について

オリコカードザワールド

オリコカードザワールドは年会費1万円を切る9,800円(税込)で海外旅行保険の補償内容が充実したカードです。
さらに海外カード利用時のポイント還元率が2倍の2.0%になるので、海外旅行で使うメインカードとしても十分です。

最高補償額 5,000万円
傷害による死亡・後遺障害 5,000万円
傷害・疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高100万円
免責(1事故)3,000円
渡航便遅延保険 19万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延・欠航・搭乗不能費用3万円、受託手荷物遅延3万円、受託手荷物紛失10万円)

海外で使い倒すOrico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)

付帯保険の注意点

クレジットカードの付帯保険は、カードの種類によって補償内容が違うので旅行前に確認しておきましょう。病気や怪我などのトラブルにあった時は、サポートセンターへ連絡をしなければならないので、電話番号も控えておくと安心です。

また、旅行期間の制限がある場合もあるので、長期の旅行の場合は保険適用になる期間内の旅行かどうかを確認しておきましょう。
保険内容を事前に把握しておくことで、より安全に海外旅行を楽しむことができます。

関連記事

海外旅行保険付きクレジットカード比較


海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカード【自動付帯・利用付帯とは?】

-海外旅行でお得
-,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.