クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

住宅ローンはクレジットカードの審査に影響する?

投稿日:

住宅の購入時に多くの方が利用する住宅ローンですが、クレジットカードの申し込みをする際に「住宅ローンが審査に影響するのでは?」と不安を感じる方も多いでしょう。
住宅ローンやクレジットカードを利用するには審査が必要となりますが、住宅ローンを抱えているとクレジットカードの審査で不利に働くことはあるのでしょうか。

今回は、住宅ローンとクレジットカードが互いの審査に影響を及ぼす可能性についてや、クレジットカードや住宅ローンの審査落ちを防ぐための対策を解説していきます。

クレジットカード審査でチェックされるクレジットヒストリーとは?

クレジットカードの申し込み時にはカード会社の入会審査が行われますが、審査で重点的にチェックされるのが「返済能力」と「信用力」という2つの項目です。

クレジットカードは信用力を担保に後払いができる決済用カードなので、カード会社にとってはきちんと返済してくれる人物かどうかが重要となってきます。

そこで、職業や年収・勤続年数などを基にして返済能力に問題がないかをチェックして、信用力に関しては「個人信用情報機関」という信用情報機関に記録されている「クレジットヒストリー(クレヒス)」からクレジットカードやローンなどの利用履歴を照会して、過去に延滞などのトラブルを起こしていないかをチェックするのです。

国内の信用情報機関はCIC・JICC・KSCの3社

日本国内には、CIC・JICC・KSCという3つの信用情報機関が存在しています。
多くのカード会社が加盟しているのはCICですが、JICCにはカード会社のほかにも銀行や消費者金融業者も加盟していて、KSCの加盟会員は銀行がメインですが、アメックスなど一部のカード会社も加盟しているのが特徴です。

例えば、信用情報機関のCICの場合は、個人情報をはじめ以下のように様々な情報が記録されています。

  • 申込情報
  • クレジット情報(契約内容・支払い状況など)
  • 利用記録

このうち「申込情報」の項目には、新たに申し込みがあったカード会社などが支払い能力をチェックするために信用情報機関に情報を照会した事実が記録されています。

「クレジット情報」の項目では、契約日や登録会社名といった契約内容や、請求額や入金履歴などの支払い状況が記録されていて、「利用記録」の項目は、利用途上において支払い能力のチェックのために加盟会員がクレヒスを照会した事実が記録されています。

注意したいのは、複数の個人信用情報機関に加盟しているカード会社や銀行もあるという点と、CIC・JICC・KSCの3社では情報が共有されていて、延滞などのトラブルを起こすと他の個人信用情報機関に加盟しているカード会社にも情報が筒抜けになってしまうという点です。

また、カード会社だけではなく携帯電話の割賦販売もクレヒスとして登録されるので、本体代金を分割払いで購入して月々の料金と併せて払っている場合、延滞を起こすとクレヒスに傷が付く恐れがあるため注意しましょう。

住宅ローンはクレジットカードの審査に影響する?

住宅

住宅ローンはクレジットカードの審査に影響するかというと、住宅ローンが原因でカードの審査に落ちることはほとんどありません。

住宅ローンを抱えている場合でも、返済能力に余力があると判断された場合はクレジットカード審査の通過は可能です。
住宅ローンを抱えている方がカードの審査に落ちた場合は、年収など他の属性がカード会社の定める審査基準に達していなかったという可能性も考えられます。

住宅ローンを延滞するとクレジットカードの審査に通らない場合も

住宅ローンを延滞してしまった場合、クレジットカードの審査に影響が出ることがあります。
住宅ローンに関する情報もクレヒスとして記録されているので、当然延滞などのトラブルを起こすとカードの審査にも影響が出てくるのです。

賃貸より持ち家の方がクレジットカードの審査では有利になる

クレジットカードの審査では、居住形態についてもチェックが入ります。
この時に賃貸よりも持ち家の方がカード審査では評価が高くなるため、住宅ローンがあってもプラスに働くことも十分に考えられるのです。

住宅ローンにも審査があるため、審査を通過するだけの返済能力があるとみなされ、持ち家の方が賃貸よりも夜逃げされるリスクも少ないためカード会社にとっては好都合といえます。

キャッシング枠を希望するとカード審査が厳しくなる

クレジットカードを新しく申し込む際に、キャッシング枠を希望すると「総量規制」という貸金業法の対象となるため審査が厳しくなってしまいます。

総量規制とは、他社と合わせた借り入れ総額が年収の3分の1以下に制限されるもので、住宅ローンや自動車ローンなどの有担保ローンは規制の対象外ですが、クレジットカードのキャッシング枠や、カードローンによる借り入れ(無担保ローン)は含まれているので、すでに借り入れがある場合にキャッシング枠を希望すると審査通過が厳しくなるのです。

キャッシング機能を使わないのであれば「なし(0円)」にして申し込むのもカードの審査対策としては有効でしょう。

クレジットカードの利用履歴(クレヒス)は住宅ローン審査にも影響する

住宅ローンがクレジットカードの審査に与える影響よりも、クレヒスが住宅ローンの審査やクレジットカードの審査に与える影響の方が大きいことをご存知ですか?
特に、クレジットカードなどの代金を延滞した際につく「異動」というクレヒスの記録があると、住宅ローンやクレジットカードの審査通過が厳しくなってしまいます。

異動として記録されるのは、61日以上もしくは3か月以上の延滞や、返済が不可能となり保証会社が保証履行を行った場合、自己破産などです。
延滞などによる「異動」の記録は5年間(自己破産の場合は最長10年間)にわたりクレヒスに残り、いわゆる「ブラックリスト入り」の状態となってしまいます。

このように、異動の記録が残るようなトラブルを起こした場合は、少なくとも5年間は住宅ローンの審査とクレジットカードの審査の両方に影響が出てくるので注意が必要です。

複数枚のクレジットカードを持っている場合や借り入れがある場合は注意

過去に延滞を起こしていなくても、複数枚のクレジットカードを限度額ぎりぎりまで使っていたり、カードでお金を借りられる「キャッシング機能」を利用するなど、借り入れがある場合は返済比率(返済負担率)に余力がないと判断されて住宅ローンの審査に影響が出ることがあるので注意しましょう。

もし当てはまる場合は、使わないカードを解約したり、新たにカードを作る場合もキャッシング枠を希望しないこともひとつの対策になります。

今までにカードやローンを利用したことがない「スーパーホワイト」の方も、住宅ローンの審査で照会すべきクレヒスがないという点では審査に影響が出ることもあるので注意しましょう。

-クレジットカード審査
-

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.