クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

クレジットカードの解約方法・退会方法と注意点

更新日:

使っていないクレジットカードの年会費がもったいない、何枚も持っていると管理が大変など、クレジットカードを解約(退会)する理由は様々です。今や支払いのほとんどをカードで済ませている方も多いですが、解約する際に注意したいポイントがあります。

今回はクレジットカードの解約方法とその注意点についてお届けします。

クレジットカードの解約方法・流れ

クレジットカードをハサミで切る

カードの裏面をチェックして電話をかける

クレジットカードの解約方法は至って簡単。クレジットカードの裏面に書かれているカード会社の電話番号に電話をかけるだけです。

カードの裏面に電話番号の記載がない場合は、公式サイトに明記されている番号に電話をしましょう。自動応答の音声ガイダンスに沿ってボタンを押していくだけで解約が完了する場合もあるほか、カスタマーセンターに繋がってオペレーターに解約する旨を伝える場合もあります。

カード会社によってはアンケートとして退会理由を尋ねられるケースもあります。どちらの場合も手元にカードを用意してから電話をかけましょう。

カードを切って処分

カード会社に連絡をして退会の手続きが完了したら、手元にあるクレジットカードは無効となるので、処分する必要があります。
ハサミを使って細かく切り刻むか、カードの破断にも対応しているシュレッダーなどを利用してきちんと処分を行います。

クレジットカード解約前に確認しておきたいこと

クレジットカードを解約する前にいくつか確認しておきたい点をまとめてみました。

カード払いの支払い方法を変更したか

クレジットカードを電気やガスなど公共料金やプロバイダ料金の支払いに利用しているという方も多いでしょう。このような場合、自動的に支払い方法は切り替わりませんので、変更しておかなければ未払い(延滞)となってしまいます。

その中でも気を付けたいのが携帯電話の料金です。スマホを割賦契約で購入して月々の支払いをクレジットカードで行っている場合、料金を延滞してしまうとカード会社や銀行などで情報を共有する個人信用情報機関の信用情報、すなわちブラックリストに延滞の事故情報が記録されてしまう恐れがあります。

そうなるとクレジットヒストリー(クレヒス)の信用情報にも傷が付いてしまい、今後クレジットカードを新たに発行する時やローンを組む時の審査にも影響してきますので、クレジットカードを解約する際は十分に気を付けましょう。

ポイントは使い切っているか

せっかく貯めたポイントもクレジットカードを解約すると当然無効となってしまいます。カードを解約する際はポイントを使い切ってからにしましょう。ポイントの残高はカードの明細書やカード会社のサイトから確認できます。

あまりポイントが貯まっていないという場合はポイントの交換単位が低い航空会社のマイレージなどに交換すると貯めたポイントを無駄なく使い切る事ができるので、覚えておいて損はないでしょう。

カード入会してすぐに解約していないか

クレジットカードは入会時にポイントの贈呈やキャッシュバックなどキャンペーンが適用されている事も多いため、入会後すぐに解約するとキャンペーン目当てと見なされ、次のクレジットカードの審査に影響が出て新しいカードが作れなくなる可能性があります。

カードの申し込みや解約に関する情報は個人信用情報機関に記録されているため、別のカード会社であっても同じように審査に影響します。

ETCカードや家族カードが停止しても大丈夫か

クレジットカードの追加カードとしてETCカードや家族カード、最近ではWAONといった電子マネーのカードも人気ですが、カードを解約するとこれらの追加カードも同時に使えなくなります。
特にETCカードを通勤などに使っている場合、カードを解約するとETCレーンを通れなくなるため不便を感じるでしょう。

家族カードを発行している場合は、きちんと家族の了承を得てから解約する事をおすすめします。

年会費は発生していないか

初年度は年会費無料でも2年目以降は年会費がかかるクレジットカードも多々あります。しかし、年会費がかかるカードの場合でも年会費が引き落とされてから解約すると年会費が返金されないケースもあるのです。例えば、三井住友VISAカードの場合も解約後に年会費の返金には応じられないと明記されています。

カードの解約を考えている場合は、年会費がいつから発生するのかや、引き落とされた年会費が返金されるのかは最低限確認しておきましょう。年会費がいつから発生するのかは、カードが送られてきた時の台紙に記載されている場合が多く、その他の確認方法としてはカードの入会日や支払い月から年会費の請求月を調べる事もできます。

クレジットカードは持っているだけでも旅行の際の保険や携行品に対する補償があったり、宿泊施設やショッピングの際、様々なお店で優待サービスが受けられる特典が受けられます。年会費がかかるからと解約してしまうと、これらの特典が全て受けられなくなるというデメリットは解約前に考慮する必要があるでしょう。また、一部のカードでは解約手数料が取られるケースもあります。

何年間かの利用が条件になっている場合で解約手数料が発生する事が多く、例えば29歳以下限定のJCBカードEXTEAGの場合、入会から5年後までに解約すると2,000円程度のカード発行手数料が請求されてしまいます。

クレジットカードの年会費を未払いにするとどうなる?

未払い金額がいくらあるかを確認

クレジットカードを解約しても支払い方法をボーナス払いやリボ払いなどの分割払いにしていたり、キャッシング(借入)を利用していた場合はカードの解約後も請求があります。

特にリボ払いにしていたり、キャッシングを利用しているとカードの解約後に一括で請求されるケースがあるため、手持ちの現金が少なく支払えないのであれば慌てて解約しない方が無難です。

カードを解約する際は未払いとなっている金額がいくらあるのかを予め確認しておきましょう。ただしカード会社によっては例外もあり、三井住友VISAカードの場合、カードの解約後も契約内容に従ってリボ払いや分割払いが利用できるほか、カード解約時の一括払いにも対応しています。

クレジットカード審査に影響する借金と影響しない借金

何枚もあるクレジットカードをまとめるならオリコカードがおすすめ

年会費無料でポイントが貯まりやすいオリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2018年9月30日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントはオリコモールというサイトを経由して、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWNなどなど600店舗以上のネットショップでショッピングを行うことで、通常ポイント還元率1.0%に加算して1.0%~15.5%(オリコモール経由ボーナス0.5%+店舗ごとの加算ポイント)が獲得できるお得なカードです。

■ポイント獲得例
オリコモール経由(0.5%)+ショップ利用ボーナスポイント(0.5%~15%)+オリコカードザポイントの還元率(1.0%~2.0%)=2.0%~17.5%

さらに、入会から半年はポイント還元率が2倍になるキャンペーンや、最大8,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中なので、ネットショッピングを頻繁にする方におすすめです。

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)の特徴【年会費・還元率・審査・デメリット】

オリコカードザポイントよりもさらにポイントがお得になる年会費格安ゴールドカード

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

カードの特徴

オリコモールを経由して楽天やamazonなどのショップでカード利用をすることで、ポイント還元率が1.5%加算され、電子マネーの利用でも0.5%のポイントが加算される高還元率カード

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%
年会費 1,950円(税込) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、QUICPay ポイント オリコポイント

年会費が1,950円(税込)かかりますが、オリコカードザポイントプレミアムゴールドがおすすめです。オリコモール経由で獲得できるポイントが、さらに0.5%加算となり、Amazonでのショッピングの場合2.5%ものポイント還元率になります。

■ポイント獲得例
オリコモール経由(0.5%)+ショップ利用ボーナスポイント(1.0%~15.5%)+オリコカードザポイントの還元率(1.0%~2.0%)=2.5%~18.0%

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)の特徴【年会費・還元率・審査・デメリット】

さらに、iDかQuicPayの電子マネーで支払いをすると、1.0%のポイント還元率に0.5%のポイントが加算される特典もあるので、ネットショッピングだけじゃなく普段でのお買い物でもお得に利用できます。

-注意点・トラブル

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.