クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

クレジットカードの還元率計算方法

投稿日:

クレジットカードの選び方で、年会費や海外旅行保険などと同様に重視する方が多いのが「ポイント還元率」です。
クレジットカードの利用に関する調査でも実に75%もの方がポイント還元率を重視してカードを選んだと答えたほどで、ポイント還元率が高いカードを使うと節約にもなります。

今回は、クレジットカードの還元率とは?という疑問やポイント還元率の計算方法、ポイント還元率が高いクレジットカードの中からおすすめのカードをご紹介します。

クレジットカードの還元率とは?

ポイント

クレジットカードの還元率とは、カードを利用した際に貯まるポイントを金券などに交換した場合、カード利用額に対しいくら(何%)の金券が得られるかを示しています。
クレジットカードのサイトでは「100円の利用で1ポイントが貯まる」と書かれているのをよく目にしますが、こちらは正確には「還元率」ではなく「付与率」です。

ポイント付与率とは

では、ポイント還元率とポイント付与率の違いはどんな点なのでしょうか。
ポイント付与率とは、クレジットカードの利用額に対して与えられるポイントを示す数字で、付与率は「いくら分のポイントが貯まるかを示すもの」、還元率は「ポイントをいくら分の商品に交換できるかを示すもの」と覚えておくと良いでしょう。

平均的なポイント還元率は0.5%

クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%です。
このため、楽天カードやオリコカードザポイントのように1.0%のポイント還元率のカードは高還元率カードの部類に入ります。

還元率の計算方法

クレジットカードのポイント還元率の計算方法はそれほど難しくありませんが、ポイント還元率を計算するにはまず「1ポイントの価値」を知る必要があります。
1ポイントの価値とは、カードで貯めたポイントを商品や他社のポイントなどに交換した場合1ポイントいくらになるかで、例えば楽天カードの場合は「100円につき1ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用可能」と公式サイトに書かれているので1ポイントの価値は1円となります。

三井住友VISAカードの場合は「1,000円につき1ポイントが貯まり、1ポイント=5円として利用可能」なので1ポイントの価値は5円です。
還元率の計算方法は「1ポイントの価値÷カード利用額=ポイント還元率(%)」となり、実際に計算してみると楽天カードは「1÷100=0.01」なので還元率は1.0%、三井住友VISAカードは「5÷1000=0.005」なので還元率は0.5%となります。

還元率は1%以上のカードがお得

例えば、年間に100万円のカード利用があった場合では還元率1.0%と0.5%のカードで5,000円もの違いが出てくるため、クレジットカードを持つなら還元率1%以上の高還元率クレジットカードがおすすめです。
公共料金の支払いや保険料、携帯電話の料金などもカード払いにして、メイン使いのカードを一枚に決めて集約するとポイントが貯まりやすくお得です。

注意点としては、還元率1%を超える高還元率カードの中には「DCカードJizile」や「p-one Wiz」のようなリボ払い専用カードも存在するので、申し込み前に支払い方法がリボ払いに限定されていないかを忘れずに確認しておきましょう。

還元率1%以上のおすすめクレジットカード

ポイント還元率1%以上のカードの中からメインカードにおすすめの3枚を厳選しました。

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2018年9月30日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

ポイント高還元率で人気のオリコカードザポイントは、年会費永年無料で通常ポイント還元率は1.0%・入会後6か月間はポイント還元率が2%になり、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどが参加するオリコモールの利用で最大15.5%までポイント還元率がアップするのが特徴です。
カードで貯まったポイントの使い道もAmazonギフト券やTポイント、ANAマイルなど豊富に用意されていて、コンビニの支払いがスムーズにできるiDやQUICPay(Apple Pay)の利用でもポイントが貯まる点もメリットでしょう。
カードの国際ブランドはMastercardとJCBから選べ、ETCカードや家族カードも年会費無料で発行ができてポイントも貯まります。

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)の特徴【年会費・還元率・審査・デメリット】

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは初年度年会費無料・翌年度以降も前年に一度以上の利用があれば無料で持てる実質年会費無料カードです。
申し込み資格は18歳~25歳の方に限定されていますが、ポイントが通常カードの2倍貯まるのが特徴で、ポイント還元率は1.0%にアップします。

Amazonや楽天市場などが参加するポイントサイトのポイントUPモールを利用するとポイントが最大20倍貯まり、街のお店でカードを利用すると最大18倍のポイントが貯まるココイコ!というサービスも。
Apple Payにも対応、どこに出しても恥ずかしくないブランドに安心のセキュリティも備え、最短3営業日発行にも対応しているので今すぐ急ぎでカードを作りたいという時や、初めてのクレジットカードにもおすすめです。

大学生や未成年に人気のカード「三井住友VISAデビュープラスカード」の特徴

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!2018年5月16日(水)10:00~2018年5月21日(月)10:00通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

9年連続お客様満足度ナンバーワンに輝いた楽天カードは、年会費永年無料でポイント還元率1.0%の人気カードです。
楽天ポイントカードとしても使えるのでカードを提示するだけでもポイントが貯まり、楽天トラベルで2倍・楽天市場で最大3倍・楽天ダイニング加盟店で2倍・アリさんマークの引越社など加盟店で最大3倍のポイントが貯まるのが特徴で、楽天のサービスをよく利用する方はポイントを貯めやすくお得に使えます。

貯めたポイントは楽天のサービスや、マクドナルド・出光・大丸など街のお店で使えるほか、楽天EdyやANAマイルにも交換可能。最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯となり、海外レンタカーや携帯・Wi-Fiルーターのレンタル割引もあるため海外旅行の際にもおすすめです。
国際ブランドはVISA・Mastercard・JCBの3種類、電子マネーの楽天Edyも使えます。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

-お得なカード活用方法

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.