メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

ブラックリストのイメージ

クレジットカードの審査落ち理由とは?審査基準や審査難易度の甘いカードを紹介

欲しいクレジットカードに申し込んだものの、審査回答を待ってみるとまさかの「ご入会を見送らせて頂くことになりました」とのメール。 カード会社は審査落ちの理由は説明しないため、また別のカードに申し込もうに ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込み方法を徹底解説!おすすめのカードも

初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのかといったことがわからないものです。 クレジットカードの申し込み方法には3種類 ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも審査に通るカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

ライフカードの支払い方法を解説!締め日・引き落とし日はいつ?

投稿日:

ライフカードはポイントが貯まりやすい人気のクレジットカードです。
カードを利用すると支払いが気になりますが、ライフカードの締め日や引き落とし日はいつなのでしょうか。

そこで今回は、ライフカードの支払い方法や締め日・引き落とし日を解説しながら、引き落としできない場合の対処法や、身に覚えがない請求があった場合の対処法についてもまとめました。

クレジットカードの締め日・引き落とし日とは?

クレジットカードの「締め日」とは請求金額が確定する日

クレジットカードの「締め日」とは、カードを利用した際の請求金額が確定する日です。
クレジットカードを使うと加盟店からカード会社に売上げデータ(売り上げ票)が送られますが、締め日(締切日)までにカード会社に到着した売上げデータが利用代金として扱われて請求されます。

加盟店によって売上げデータを送るタイミングが異なるため、実際に利用した日と売上げデータの到着日には数日から1か月程度のズレが生じ、同じ日に複数回カードで買い物をしても別々の月に請求されるケースもあるため注意しましょう。
インターネットショッピングを含む海外利用分も売上データの到着日が遅れ、翌月または翌々月の請求となることがあります。

クレジットカードの「引き落とし日」とは口座から代金が引き落とされる日

クレジットカードの「引き落とし日」とは、カードの利用代金が口座から引き落とされる日です。
クレジットカードを使った際の代金は、予め指定しておいた金融機関の口座から口座振替で引き落としが行われます。
いつ、どの時間に引き落とされるか、引き落としのタイミングは金融機関によって異なるので一概にはいえません。

カード会社が利用代金の引き落としを確認すると、カードの利用可能額に反映されて復活します。
利用可能額への反映は最長4営業日かかり、金融機関の休業日を挟んだ場合は復活が遅れるため注意しましょう。

引き落とし日が土日祝日の場合は翌営業日に引き落とされる

引き落とし日が金融機関の休業日である土日祝日(土曜・日曜・祝日)にあたる場合、引き落としは「翌営業日」に行われます。
大型連休などで引き落とし日が翌営業日に変更となる場合は、連休に入る前に口座残高を確認しておくと安心です。

なお、締め日は土日祝日にあたっても変更になることはありません。

ライフカードの締め日・引き落とし日

ライフカードの締め日

ライフカードの締め日は、ショッピング利用分とキャッシング利用分で締め日が異なります。

  • ショッピング利用分の締め日…毎月5日
  • キャッシング利用分の締め日…毎月月末

ショッピング利用分は毎月5日が締め日で当月支払い開始となり、キャッシング利用分は毎月月末が締め日で翌月支払い開始となります。
例えば、ショッピング利用分は前月6日~当月5日、キャッシング利用分は1日~末日の利用金額の集計です。

前述のとおりカードの利用代金はリアルタイムでは反映されないので、売上げデータの到着が前月6日~当月5日だった分が利用代金として集計されます。
締め日にお金が引き落とされることはないため、この時点で口座残高が不足していても問題はありません。

ライフカードの引き落とし日

ライフカードの引き落とし日は、請求月の27日または請求月翌月の3日のいずれかで、引き落とし先として指定する金融機関によって異なります。
一部例外として、27日や3日以外の日が引き落とし日となっている金融機関もあるため注意しましょう。
例えば、もみじ銀行は26日、大分銀行は28日が引き落とし日です。

以下に主な金融機関の引き落とし日をまとめました。

■27日が引き落とし日となる主な金融機関(銀行)

  • イオン銀行
  • SMBC信託銀行
  • 静岡銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 千葉銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 横浜銀行
■3日が引き落とし日となる主な金融機関(銀行)

  • 愛知銀行
  • あおぞら銀行
  • 新生銀行
  • 中国銀行
  • みずほ銀行
  • みずほ信託銀行
  • 三井住友信託銀行

金融機関別の引き落とし日はライフカードの公式サイトから確認できます。

口座登録を行っていない場合は振込で支払う

カードを作ったばかりで支払い口座の登録が済んでいない場合は振込で支払う必要があります。
振込先はカード会社から案内があるので、案内に沿って支払いを行ってください。

支払い口座(振替口座)は入金確認が取れた時点で登録が完了するので、入金確認ができていない時点ではLIFE-Web Desk内での表示が「自振手続中」となっている場合があります。

ライフカードの引き落とし日は変更できない

ライフカードの引き落とし日は選べないため、変更することはできません。
ただし金融機関によって支払い日が異なるので、引き落とし口座を変更するという形であれば引き落とし日を変更することは可能です。
例えば、27日が引き落とし日となる楽天銀行を支払い口座に指定している場合は、みずほ銀行に変更すると3日が引き落とし日になります。

ライフカードの引き落とし口座を変更する方法

ライフカードの引き落とし口座(振替口座)は「LIFE-Web Desk」から変更可能です。
LIFE-Web Deskとは、ライフカードの会員専用インターネットサービスで、初回のみ無料の会員登録を行う必要があります。

LIFE-Web Deskでは、明細の確認やポイントが最大25倍貯まるショッピングモールがあるので、登録しておいて損はないでしょう。

「LIFE-Web Desk」からの引き落とし口座の変更方法は以下の通りです。

  1. 「LIFE-Web Desk」にログインする
  2. 「口座振替の申込・変更」から引き落とし口座の変更を行う

インターネットの他にも郵送で手続きを行うこともできますが、郵送の場合は預金口座振替依頼書が必要となり、書類をカード会社に送ってから1か月程度の時間がかかります。
口座の変更手続きが引き落とし日に間に合わなかった場合は、前回の登録口座から引き落とされるため気を付けてください。

書類の不備があった場合は振込での支払いを求められるケースもあるため、何らかの事情がない限りはインターネットからの変更がおすすめです。
いずれの場合も、引き落とし口座として利用できるのは契約者本人と同一名義の口座に限られます。

請求金額の確認方法

ライフカードの請求金額は、インターネットまたは電話で確認することができます。
インターネットの場合は「LIFE-Web Desk」にログインして「ご利用代金明細照会・Web支払い」のメニューから確認してください。

電話の場合は、毎月13日~支払い日当日まで確認ができます。カードを手元に用意して、音声ガイダンスに沿ってプッシュホンを操作してください。

■電話番号…045-914-7003

電話が繋がったら「11#」を押して「当月のご請求額案内」に進んでください。
電話は自動音声応答なので24時間いつでも確認することができます。

残高不足で引き落としできなかった場合はどうなる?

ライフカードの引き落とし日に口座残高が足りない場合は引き落としができないため、カード会社が指定する口座に振込で支払う必要があります。
1円でも引き落とし口座の残高が足りない場合は支払いができないため要注意です。

カード会社によっては再引き落としがされるケースもありますが、ライフカードの場合は再引き落としには対応しておらず、引き落としができなかった際の支払い方法は振込のみとなっています。

引き落とし日に支払えなかった場合はカード会社に電話をする

引き落とし日に残高不足などの理由により支払いができなかった場合は、すぐにカード会社に電話をしてください。
支払えないことが分かったり、支払いが行えなかったことに気付いたら速やかに連絡することが先決です。

クレジットカードは信用取引なので、相手に支払う意思を示すことが重要になってきます。
ライフカードの電話窓口(オペレーター対応)に電話をすると、請求金額や振込先などの支払い方法を教えてくれるので、指示に従って支払いを行いましょう。
振込先は契約ごとに異なるため、カードを手元に用意して必ず電話で問い合わせてください。

■ライフカードの電話窓口(問い合わせ先)…045-914-7003

「お支払日等に関するご相談」は「6#」をプッシュしてください。
オペレーター対応の受付時間は月曜日から土曜日の9時30分~17時30分となっています。
日曜や祝日、お正月(1月1日~3日)は休業日です。

家族カードの請求に注意

家族カードの利用代金は本会員の利用代金とまとめて請求され、同じ口座から引き落とされるので支払い日の口座残高には注意が必要です。
気を付けておかないと、思った以上に家族カードを使っていて残高不足となり支払いが滞ってしまう恐れがあります。

遅延損害金が発生する恐れも

ライフカードでショッピング利用分を延滞した場合は実質年率14.6%、キャッシング利用分を延滞した場合は実質年率20.0%の遅延損害金が発生してしまう恐れがあるため注意が必要です。
なお、遅延損害金は「支払い日の翌日から支払い日に至るまで」に対して発生し、ライフカードの場合は支払い日によって遅延損害金が発生すると公式サイトに記載されています。

支払いを遅延した場合はカードの利用停止・強制解約といった処分を受ける恐れもあるため、くれぐれも遅延(延滞)を起こさないようにしてください。

支払いを延滞(滞納)するとブラックになる

クレジットカードの支払いを延滞(滞納)すると、俗にいう「ブラック」の状態になる恐れがあります。
ブラックとは、カードやローンの利用履歴を保存している信用情報機関に「異動」という事故情報が記録されることを指しますが、カード会社によっては一日でも延滞した場合は「延滞」という記録が残るケースがあるため注意が必要です。

主に「異動」として信用情報機関でブラックになるのは61日以上または3か月以上の延滞で、異動となった場合は5年間ブラック状態が続きますが、カード会社の自社データベースには軽佻なトラブルも「社内ブラック」として記録されます。
社内ブラックになると、今後そのカード会社や系列会社の審査に通りづらくなってしまうので気を付けてください。

ライフカードの利用履歴はCICという信用情報機関で扱われ、CICには24か月分の支払い状況が記録されるため、一日延滞しただけでも2年間カードやローンの審査に悪影響が出る恐れがあります。

ライフカードで身に覚えがない請求あった場合の対処法

ライフカードで身に覚えがない請求あった場合は、不正利用されている恐れもあるためカード会社に電話で問い合わせてください。

問い合わせ先の電話番号は以下の通りです。

■電話番号…045-914-7003

この場合は「その他お届け・お問い合わせ」にあたるので、電話が繋がったらオペレーター対応の「7#」をプッシュしてください。
受付時間は月曜日から土曜日(日曜・祝日・1月1日~3日を除く)の9時30分~17時30分となっています。

ライフカードが請求代理店となる携帯電話のオプションに注意

ライフカードは、携帯電話のオプションサービスの請求代理店でもあるので、ライフカードという名称で540円・594円・648円・4,000円といった請求が行われる場合があります。

ワイマックスの料金や、何年も前に携帯電話を契約した際に付けたオプションサービスの料金が請求されているケースもあるため注意しましょう。
この場合は、ライフカードではなくオプションサービスを提供している会社に問い合わせたり、必要に応じて解約しなくてはいけません。

請求に全く心当たりがない場合は、ライフカードに問い合わせて請求元の連絡先を教えてもらうこともできます。

参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-ライフカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.