クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

ライフカードの作り方・審査落ちしないための申し込み方法

投稿日:

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行している年会費無料のクレジットカードです。
比較的審査のハードルが低いライフカードですが、申し込み方法を工夫することで審査に通る可能性をより高くすることができます。

ここでは、ライフカードの損をしない作り方や、審査に落ちにくくなる申し込み方法について説明していきます。

ライフカードを選ぶ

ライフカード

カードの特徴

入会から半年間はポイント還元率が1.5倍、誕生月はポイント5倍になり、最大4.0%の還元率になる。一般カードとしては珍しい海外旅行時のサポート付

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 なし
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

ライフカードの申し込み画面では、通常の年会費永年無料のライフカードの他に、「学生専用ライフカード」、「ライフカード<旅行傷害保険付き>」、「ライフカードStylish」が選べるようになっています。

学生の方は年会費無料で充実した海外旅行傷害保険が付いてくる「学生専用ライフカード」がおすすめで、社会人の方はリボ払い手数料のかかるリスクがある「ライフカードStylish」よりも、通常のライフカードか、旅行傷害保険付きのライフカードがおすすめです。
「ライフカード<旅行傷害保険付き>」は、海外旅行傷害保険が最高2,000万円(自動付帯)、国内旅行傷害保険が最高1,000万円(自動付帯)という内容で初年度年会費無料(次年度以降1,250円(税抜))と、海外旅行に行く人にとって充実した補償内容になっています。

お申込みの流れ

オンラインで申し込む場合、全ての入会手続きをオンラインで完了させる「Web完結型」と、オンラインで申し込んだ後、郵送で入会手続きを行う方法があります。

Web完結型で申し込む流れ

① ウェブサイトから申し込み画面に進む

ライフカードのウェブサイトの「今すぐ入会」ボタンをクリックし、申し込み内容の入力画面に進みます。

② 申込内容の入力

本人情報や勤務先の情報など、申し込みに必要な内容を入力します。
家族カードやETCカードが必要な場合は、ここで同時に申し込むことができます。

③ 引き落とし口座の設定

オンラインで引き落とし口座を設定できる金融機関の場合は、各金融機関のウェブサイトで引き落とし口座を設定します。

④ 審査

申し込み内容に基づき、ライフカードで審査が行われます。

⑤ 在籍確認

ライフカードでは、申込者の勤務先・アルバイト先の電話番号に在籍確認の電話をかけることがあります。
必ずかかってくるわけではありませんが、カード会社や消費者金融などの金融機関から個人の信用情報を集めて管理している個人信用情報機関に登録されている勤務先情報と異なる勤務先を申告した場合や、個人信用情報機関に信用情報が全く登録されていない場合などは電話がかかってくる可能性が高くなります。

⑥ 親権者同意確認(未成年の場合のみ)

未成年者による申し込みの場合、親権者が申し込みに同意していることを確認するために、親権者宛てに電話がかかってきます。
そのため、未成年の方は事前に親権者の同意を得ておく必要があります。

⑦ 審査結果メール受領

審査が終わると、審査結果が記載されたメールが届きます。

⑧ カード発送

全ての確認と審査が終わると、カードが発送されます。カードは申し込みの際に申告した自宅住所宛てに簡易書留にて発送されます。

オンラインで申し込んだ後に郵送で入会手続きをする流れ

オンラインで申し込んだ後に郵送で入会手続きをする場合、必要書類をPDFでダウンロードする方法と、必要書類をライフカードから郵送で受け取る方法があります。

① ウェブサイトから申し込み画面に進む

ライフカードのウェブサイトの「今すぐ入会」ボタンをクリックし、申し込み内容の入力画面に進みます。

② 申込内容の入力

本人情報や勤務先の情報など、申し込みに必要な内容を入力します。
家族カードやETCカードが必要な場合は、ここで同時に申し込むことができます。

③ 書面を送付(必要書類をPDFでダウンロードする場合)

申込内容の入力後、PDFで本人確認書類送付書、口座振替依頼書、返信用封筒をダウンロードし、記入・捺印のうえ、本人確認書類とあわせてライフカードに送付します。
なお、行き違いでライフカードから必要書類が郵送されてくることがありますが、PDFでダウンロードした書類を送付済みの場合は返送する必要はありません。

④ 書面が到着・返送(必要書類をライフカードから郵送で受け取る場合)

申込完了後、ライフカードから必要書類に関する案内が自宅に届きます。
書面に必要事項を記入・捺印の上、本人確認書類とあわせて返送しましょう。

⑤ 審査

申し込み内容に基づき、ライフカードで審査が行われます。

⑥ 在籍確認

勤務先・アルバイト先の電話番号に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

⑦ 親権者同意確認(未成年の場合のみ)

未成年者による申し込みの場合は親権者が申し込みに同意していることを確認するため、親権者宛てに電話がかかってきます。

⑧ 審査結果メール受領

審査が終わると、審査結果が記載されたメールが届きます。

⑨ カード発送

全ての確認と審査が終わると、カードが発送されます。カードは申し込みの際に申告した自宅住所宛てに簡易書留にて発送されます。

郵送で申し込む場合の流れ

① 申込書を記入し、郵送する

ライフカードの申込書に必要事項を記入し、郵送します。家族カードやETCカードが必要な場合は、ここで同時に申し込むことができます。

② 審査

申し込み内容に基づき、ライフカードで審査が行われます。

③ 在籍確認

オンライン申し込みの場合と同様に、勤務先・アルバイト先の電話番号に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

④ 親権者同意確認(未成年の場合のみ)

オンライン申し込みの場合と同様に、未成年者による申し込みの場合は親権者が申し込みに同意していることを確認するために、親権者宛てに電話がかかってきます。

⑤ カード発送

全ての確認と審査が終わると、カードが発送されます。カードは申し込みの際に申告した自宅住所宛てに簡易書留にて発送されます。

ライフカードへはオンライン申し込みがおすすめ


ライフカードへの入会は、以下の理由からオンライン申し込みをおすすめします。

① 入力必須項目が入力されていないと申し込みができないため記入漏れの心配がない
② カード発行までの期間が短縮できる

ライフカードの場合はWeb完結型の申し込みにすることでカード発行までの期間が1週間程度短縮できるため、急いでいる場合はオンライン申し込みを利用しましょう。

審査状況の確認方法

申し込みが完了すると、ライフカードの審査状況照会ページから以下の必要事項を入力することで、審査状況を確認することができます。

  • 受付番号(申込完了メールに記載のもの)
  • 生年月日

また、ライフカードの入会に関する問い合わせ窓口に電話をすることでも発行状況の確認ができます。

必要書類

ライフカードを作るには、以下の書類が必要です。

① 本人確認書類

ライフカードを作る際には本人確認書類が必要です。ライフカードでは以下の書類が本人確認書類として認められています。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のもの)
  • パスポート(写真印刷面および最終ページの住所記載面)
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 住民票の写しまたは記載事項証明書(発行日より6カ月以内のもの、原本も可)
  • 印鑑登録証明書(発行日より6カ月以内のもの、原本も可)
    運転免許証または運転経歴証明書が発行されている場合は、他の書類ではなく必ずいずれかの提出が必要なので注意しましょう。また、申し込みの際に申告した住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合、申告住所が確認できる以下の書類も提出する必要があります。
  • 公共料金の領収書(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか1点)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書または納税証明書

これらの書類はいずれも領収書日付があり、発行日より6カ月以内のものに限られるため注意しましょう。

② 収入額証明書類

ライフカードでは、以下の場合に収入額証明書類の提出が必要になります。

  • キャッシングの希望額が50万円の場合
  • キャッシングの希望額と他社からの借り入れ金額の合計が100万円以上の場合

ライフカードでは、以下の書類が収入額証明書類として認められます。

【給与収入・年金収入の方】

以下いずれか1点のコピー(直近分)

  • 源泉徴収票(公的年金などの源泉徴収票を除く)
  • 給与明細書(直近3カ月以内のもの2カ月分)
  • 支払調書(現在の勤務先のもの)
  • 納税通知書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 所得(課税)証明書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 確定申告書(税務署等の受領印があるものまたは電子申告済みのもの)
  • 年金証書
  • 年金通知書
【個人事業主の方】
  • 確定申告書(税務署等の受領印があるものまたは電子申告済みのもの)
  • 青色申告決算書(税務署等の受領印があるものまたは電子申告済みのもの)
  • 収支内訳書

審査に落ちないための対策


ライフカードの審査では、職業や年収などの申し込みの際に申告した項目や、個人信用情報機関に登録されている情報を審査基準にしています。
職業や年収、個人信用情報機関の情報はすぐには変えることができませんが、申し込み方法を工夫することで審査に通りやすくすることが可能です。

ここからは、ライフカードの審査に通るために今からでもできる対策について説明していきます。

できるだけ全ての項目を記入する

ライフカードでは、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「スコアリング」という手法で審査を行っています。

スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数などの項目を返済能力が高いと推測される順に点数化をしていき、合計点数がライフカードの発行基準に達していなければ審査に落ちてしまいます。
そのため、任意項目を含め、できるだけ全ての項目を記入した方がスコアリングの点数が上がり、審査に通りやすくなります。

短期間に複数のカードに申し込みをしない

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査に通りにくくなります。
申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人信用情報機関に登録されている状態のことです。

私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。
ライフカードが審査中に個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。
そのため、クレジットカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。

申し込み内容に誤りや虚偽がないようにする

申告内容に誤りがあると、確認に時間がかかったり、正しい情報が確認できない場合は審査に落ちてしまうこともあります。
申し込みをする際は、誤りのないように申し込み内容の確認画面でしっかり確認するよう注意しましょう。

また、審査に通りやすいようにと申告内容を偽って申し込んでも、審査の中で行われる在籍確認や個人信用情報機関の参照などによりすぐにばれてしまいます。
虚偽の申告がばれると不審な申し込みとみなされて審査に通る可能性が下がるため、申し込みの際は虚偽の申告をしないようにしましょう。

カード発行までにかかる期間

① Web完結型の場合

Web完結型の場合は最短で3営業日でカードが発送されます。

② オンラインで申し込み、郵送で手続きする場合

【必要書類をPDFでダウンロードする場合】

必要書類をPDFでダウンロードする場合は、申し込み完了から10営業日程度でカードが発送されます。

【必要書類をライフカードから郵送で受け取る場合】

必要書類をライフカードから郵送で受け取る場合は、申し込み完了から2~3週間でカードが発送されます。

③ 郵送申し込みの場合

郵送による申し込みの場合は、申込書到着から約2~3週間でカードが発送されます。

キャッシング枠について

ライフカードは200万円までのキャッシング枠を希望することができますが、以下の理由からできるだけキャッシング枠を希望しないで申し込むことをおすすめします。

クレジットカード会社が守らなければならない「貸金業法」という法律では、収入がない人へのキャッシングは禁止されています。
そのため、収入のない専業主婦や学生など、原則キャッシングを利用できない人がキャッシング枠を希望すると、審査に落ちる可能性が高くなることがあります。
また、収入がある場合でも、キャッシング枠を希望することで、審査の項目が増えて審査に落ちる可能性が高くなることがあります。

必要書類の項目でも説明しましたが、キャッシング枠を希望すると収入証明書の提出が必要になる場合があります。
収入証明書を提出すると審査に時間がかかる場合や、収入証明書の不備などが理由で確認事項が発生し、審査に落ちる可能性が高くなる場合があります。

ライフカードの特徴

ライフカード

カードの特徴

入会から半年間はポイント還元率が1.5倍、誕生月はポイント5倍になり、最大4.0%の還元率になる。一般カードとしては珍しい海外旅行時のサポート付

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 なし
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

学生の方はこちら

学生専用ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

-クレジットカードの作り方、使い方、基礎知識

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.