クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

複数の航空会社のマイルが貯まるクレジットカードは?還元率などを比較

投稿日:

飛行機 空港

特典航空券や電子マネーに交換できる「マイル」は、うまく使えば還元率が10%にも達します。そのため、マイル還元率の高いカード、特にANAマイルやJALマイルの還元率が高いものは人気を集めています。

ですが、海外旅行でさまざまな航空会社を利用する方は、「ANAやJALだけ還元率が高くてもなあ」と考える方もいるのではないでしょうか。実際、提携社数が少ないと、あまり大きな恩恵は得られないかと思います。

そこで、本記事ではマイル移行にあたっての、提携航空会社数が多いクレジットカードを厳選。比較して、おすすめのカードをいくつか紹介していきます。

提携航空会社数が多い=マイレージプログラムの使い分けが可能

クレジットカードのマイルは、特典航空券に交換することで、1マイル=2~3円、ローシーズンの航空券などは5~7円ぶんの価値を持つことがあります。そのため、ポイントの価値は、マイルへと移行した場合がもっとも高くなることが多いのです。

ですが、特典航空券は案外、使い所が難しいものでもあります。特典航空券は席数に限りがあるため、一般席の枠があっても、特典航空券の席は埋まっているというケースもあるためです。実際、ハイシーズンで人気の観光地や国内線をANAマイルやJALマイルで取ろうと思うと、かなり前から旅行計画を立てて、早期に申し込んでおかなくてはなりません。

さらに、マイレージプログラムによって必要マイル数も変わりますので、行先によって、最も安いマイレージプログラムのマイルに変換したほうが得することは間違いありません。マイル数は頻繁に改定されますので、複数あると対応しやすいのもメリットです。

そのため、マイルをうまく使うには、移行できる航空会社の数=選択肢の数を増やしておくことが重要です。他にも、海外旅行に関する傷害保険など、トラベルサービスが充実しているかどうかも、カード全体の使い勝手に直結してくるでしょう。

以上をふまえ、クレジットカードを、

  • マイル還元率
  • 提携航空会社数
  • 年会費・マイル移行手数料など諸経費
  • トラベルサービス

の4点で比較していきます。

複数の航空会社のマイルへ移行できるクレジットカードを比較

複数のクレジットカード

それでは、10社以上と提携可能なクレジットカードのマイル還元率やサービスを比較し、持っておくべきクレジットカードを紹介していきます。申し込み可能かつ、対象となるのは以下の6枚。

  • アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)
  • アメリカンエキスプレスゴールドカード(アメックスゴールド)
  • アメリカンエキスプレススカイトラベラーカード
  • アメリカンエキスプレススカイトラベラープレミアカード
  • スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカンエキスプレスカード(SPGアメックス)
  • ダイナースクラブカード

それでは、以下でチェックしていきましょう。

アメリカンエキスプレスカード(アメックスグリーン)

アメックスグリーン
マイル還元率1.0%(ANA以外は0.8%)
提携航空会社数:15社
年会費 12,000円+税(初年度無料)
マイル移行手数料:ポイントアップ年3,000円(ANA移行は5,000円)

アメリカンエキスプレスゴールドカード(アメックスゴールド)

アメックスゴールド
マイル還元率1.0%(ANA以外は0.8%)
提携航空会社数:15社
年会費 29,000円+税(初年度無料)
マイル移行手数料:ポイントアップ年3,000円(ANA移行は5,000円)

アメリカンエキスプレススカイトラベラーカード

アメリカンエキスプレススカイトラベラーカード
マイル還元率1.0%
提携航空会社数:15社
年会費 10,000円+税
マイル移行手数料:ANA移行は5,000円

アメリカンエキスプレススカイトラベラープレミアカード

アメリカンエキスプレススカイトラベラープレミアカード
マイル還元率1.0%
提携航空会社数:15社
年会費 35,000円+税
マイル移行手数料:ANA移行は5,000円

スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカンエキスプレスカード(SPGアメックス)

スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカンエキスプレスカード(SPGアメックス)
マイル還元率1.25%
提携航空会社数:32社
年会費 31,000円+税
マイル移行手数料:なし

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
マイル還元率1.0%
提携航空会社数:5社
年会費 22,000円+税
マイル移行手数料:1回6,000円

おすすめは「アメックスグリーン」

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 12,000円(税抜) 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

先に結論から言うと、アメリカン・エキスプレス(アメックス)グリーンをおすすめします。理由は4つ。

15社のマイレージと提携でき、なおかつ特典が豊富

日本国内では、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空、チャイナエアラインなど、海外線のマイレージプログラムはほとんど提携していません。アメックスグリーンは、その中で唯一と言ってもいい、トラベルサービスと提携を兼ね備えたカードです。

年会費のコストパフォーマンスがよい

他社ゴールドカード並の年会費がかかるため、アメックスグリーンは年会費が高いという印象を受けてしまいます。ですが、実は提携15社のマイルに移行できるダイナースとアメックスのクレジットカードの中で、年会費が最安クラスなのがアメックスグリーンなのです。

かかる費用は、年会費+マイル移行費で15000円。ANA・ブリティッシュ・デルタなどの航空会社のマイルを、アメックスグリーン1枚で使い分けることができます。

プロパーカードゆえの国際的なブランド力、利便性

言うまでもありませんが、日本より海外でのブランド力が高いため、海外旅行の際のカードとしての利便性は、JCBなどよりはるかにすぐれています。実際に海外で使えば、利便性とステータス性を実感できるでしょう。

国内線のカードラウンジを2名まで無料で同伴可能

国内28空港・海外2空港のカードラウンジを、本人と同伴者1名まで無料で利用できます。他社ゴールドカードは本人のみなので、あると重宝するサービスです。

航空便の遅延から家電まで各種補償

「航空便遅延補償」によって、航空便の遅延で生じた宿泊費や食事代、手荷物の到着遅延や紛失で負担した衣料品なども補償されます。他にも、「家電総合保障制度」があり、アメックスで購入したノートPCや冷蔵庫などの家電を、年間2,900円で1年保障を3年保障に引き上げてくれます。

関連記事

アメリカン・エキスプレス・カードのマイル還元率と貯め方を紹介


マイルの貯まりやすいおすすめクレジットカード

-ポイント・マイルがお得
-,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.