クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

18歳~19歳の未成年でもクレジットカードは作れる!申し込みの流れとおすすめクレジットカードを紹介

更新日:

未成年であっても高校生を除く18歳~20歳未満であれば親権者の同意さえあればクレジットカードを作ることが可能です。
ここでは、未成年者がクレジットカードを作る上で知っておくべきことと、18歳以上の未成年でも作れるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

高校生を含む16歳~18歳の未成年者でもクレジットカードと同じように使うことができるカードについては以下ページをチェックしてください。

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

申し込み資格を確認しよう

未成年でもクレジットカードは作れる?


クレジットカードには様々な種類があり、カードによって申し込み資格が異なります。
例えば、ステータスカードと呼ばれるプラチナカードなどは一定の収入がある方しか持つ事ができません。

しかし未成年でまだ就職しておらず、アルバイトもしていない無収入の方でもクレジットカードは作る事ができます。これは未成年の学生と社会人ではクレジットカードの審査基準が異なっているためで、学生の場合は申し込み資格をクリアしていれば、ほとんどの場合でクレジットカードを作る事ができます。

多くのクレジットカードの申し込み資格が18歳以上

ほとんどのカードの入会資格が満18歳以上(高校生を除く)

ほとんどのカードの入会資格が満18歳以上(高校生を除く)

一般的なクレジットカード会社では、申し込み資格のひとつである年齢は18歳以上である事と定められています。
18歳未満の未成年の方はアルバイトの収入があったとしても、クレジットカードを持つ事はできません。親がクレジットカードを持っている場合に作る事ができる「家族カード」も、申し込み資格は18歳以上となっているためクレジットカードを作る事はできません。

ただし、例外としてNICOSカードなどでは、15歳以上の高校生もしくは同等の専門学校生が海外留学をする時に限って家族カードを作る事ができるようにはなっています。この場合は留学である事に限られ、海外旅行など観光や就労を目的としている場合は対象外となっています。

高校生は申し込み資格がないのでクレジットカードが作れない

18歳以上であっても、高校生の間は申し込み資格がないのでクレジットカードを作る事はできません。18歳未満の方と同様、家族カードも作れません。

クレジットカードではありませんが、同じように使えるデビットカードやプリペイドカードなら高校生でも作る事ができます。
クレジットカードは使った分のお金を銀行口座から後日引き落とすという形で支払いますが、デビットカードは銀行口座から即時引き落とし、プリペイドカードはカードそのものを購入するか、予めチャージしておくかの前払い方式になっています。

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

未成年は親権者の同意が必要


未成年の方がクレジットカードを申し込む際には親権者の方の同意を得る必要があります。カード会社による審査の際、必ず電話や書面で確認される項目となっていて、未成年者の場合は親権者の同意が必須項目となっています。

親権者の同意とは何?なぜ必要?

親権者の同意とは、母親、父親などの保護者のことを言います。
20歳未満の未成年者が契約などを行う際には親権者の同意を得る必要があり、同意を得ずに行った契約は未成年者本人や法定の代理人が取り消せるという民法の「未成年者契約の取消し」に基づいています。

親権者の同意が必要な理由としては、支払い能力や判断能力がまだ未熟である未成年がカードを利用する事によって起こり得る不利益を被らないように保護する法律があるためです。

インターネット上には書面や電話での確認であれば親権者の同意欄を自分で書いて偽造したり、自分や親権者になりすました他人が電話に出るという方法が紹介されていますが、これらは私文書偽造などの違法行為で審査落ちの原因ともなり、利用停止処分や強制退会処分を受ける事になります。

▼親権者の同意について詳しくはこちら

18歳~19歳の未成年がクレジットカードを作るなら親権者(親)の同意が必須!

未成年者がクレジットカードを作る流れ

申し込み方法は「インターネット申し込み」がおすすめ

クレジットカードを申し込むには、インターネット、店頭、郵送と大きく分けて3つの方法があります。
店頭では説明を聞きながら申し込む事ができるメリットがありますが、より多くの入会特典が受けられたり、申し込み時に記入漏れが防げるという意味でもインターネットからの手続きがおすすめです。

クレジットカードの申し込み方法は「インターネット申し込み(オンライン申込)」がおすすめの理由

申し込みの流れ

インターネットからの申し込みの場合は、カード会社の公式サイトから申し込みページへと進み、必要事項を入力して申し込みを行います。

申し込み後、1日から3日程度で審査結果がメールで届き、審査をクリアしていれば親権者の同意について確認が行われます。

インターネット申し込みの流れ

インターネット申し込みの場合、以下の流れでクレジットカードを作ります。


① カード会社のウェブサイトから申し込み画面にアクセスする
② 必要事項を記入して申し込みをする
③ カード会社にて審査が行われる
④ 親権者の同意確認(未成年の場合のみ)
⑤ カード発送

インターネット申し込みの場合、審査結果が出るまでの期間は1日~3日程度のカードが多く、郵送申し込みに比べてカードが手元に届くまでの期間を短縮できます。

郵送での申し込みの流れ

郵送での申し込みの場合、以下の流れでクレジットカードを作ります。

① 店頭やカード会社に発送してもらい、申込書を用意する
② 申込書を記入し、郵送する
③ 審査
④ 親権者同意確認(未成年の場合のみ)
⑤ カード発送

楽天カードなど、カード会社によっては郵送での申し込みを行っていない場合もあります。
郵送だと、書類の送付に時間がかかってカード発行までにも時間がかかることと、記入ミスが発生しやすいのがデメリットです。

店頭での申し込みの流れ

店頭での申し込みの場合、以下の流れでクレジットカードを作ります。


① カード発行を行っている店頭(カウンター)に出向く
② 申込書を記入
③ 審査
④ 親権者同意確認(未成年の場合のみ)
⑤ カード受取

店頭でカードを作れる場合は、申し込んだその日のうちにクレジットカードが手に入るのがメリットです。
しかし、対応してくれる人の人件費分、入会キャンペーンでもらえるポイントが少ないことがあるのがデメリット面です。

カード発行までの期間

クレジットカードが発行されるまでの期間は申し込むカードや申し込み方法によって異なり、即日発行に対応したものから二週間程度かかるものまで様々です。
先ほどご紹介した方法の中では、インターネット申し込みがクレジットカード発行までの期間(日数)を一番短縮できます。

クレジットカード審査の流れと審査期間について

クレジットカードを作るのに必要なもの

クレジットカードを作るには、免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類と料金を引き落とすための銀行口座と銀行印、メールアドレス、カード会社によっては学生証も必要となります。

もちろん住所や電話番号も必要ですが、固定電話がなくても大丈夫です。本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、公共料金や社会保険料など税金の領収書のコピーが必要となります。

クレジットカードを作るときに必要なもの・必要書類

未成年でも作れるおすすめクレジットカード3枚を紹介

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳限定となっていて、初年度の年会費無料、翌年度以降も年一回利用すれば年会費無料です。
いつでもポイントが2倍で、入会後3カ月間はポイント5倍というお得なカードです。

インターネットで申し込めば最短3営業日の発行にも対応していて、最高100万円までのショッピング補償も付いています。20歳以上の学生の場合は親権者の同意の有無によって限度額が変わり、同意がない場合はクレジットカードの利用枠が10万円、同意がある場合は30万円となっています。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴【年会費・ポイント還元率・審査・電子マネーなど】

一般カードの2倍のポイント還元率

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳の方限定のクレジットカードです。
スタンダードタイプの三井住友VISAクラシックカードと比較するとポイントはいつでも2倍となり、クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%のため高還元率といえます。

入会から3か月間は2.5%のポイント還元率

三井住友VISAデビュープラスカードは常にポイント還元率の高いカードですが、入会から3か月間は更にポイントが5倍にアップして、通常1,000円の利用で2ポイントのところ5ポイントになります。
これは一般的なカードの5倍のポイント還元率となり、貯まったポイントは1ポイント5円相当として楽天ポイントやヨドバシカメラのゴールドポイントに交換する事もできます。

ポイントUPモールを経由すればネットショッピングでポイントが最大20倍

三井住友VISAデビュープラスカードは、自社のポイントUPモールを経由してネットショッピングを行うとポイントが最大20倍になります。
Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングも参加しているため、無理なくポイントを貯める事ができます。

期間限定でポイント山分けなどのキャンペーンが行われている事もあるのでこまめにチェックしましょう。

「ココイコ」利用でポイントアップ、またはキャッシュバック特典を受けられる

ココイコというサービスを利用するとポイントが最大18倍になる点も三井住友VISAデビュープラスカードの魅力です。
エントリーをしてから大丸や三井アウトレットパーク、東急ハンズなど、対象の店舗でカードを利用するとポイントの増量やキャッシュバックなどお得な特典を受ける事ができます。

年に一度でもカードを使えば年会費無料

クレジットカードには、年会費が発生するものと無料のものがあります。年会費とはいわばカード会社に支払う利用料で、年会費が高額なカードは保険や空港ラウンジの利用など、受けられるサービスが充実している傾向があります。

三井住友VISAデビュープラスカードは初年度年会費無料で、前年に一回以上利用していれば翌年度の年会費(通常税別1,250円)が無料になります。たとえ100円でもカードを利用すると年会費がかからないのは嬉しい点です。

電子マネー「iD」が利用可能

電子マネーの中でも人気の高い「iD」が使えるのも三井住友VISAデビュープラスカードの強みです。電子マネーがあればコンビニや自動販売機などの支払いがチャージもサインも不要、タッチ操作だけで完了してスマートです。

カードの他に対応するスマホでも利用でき、小銭を持ち歩く必要もなく、更にポイントを貯める事もできます。iDを利用するには、追加カードとして「三井住友カードiD」を申し込みます。クレジットカード一体型とiD専用カード、携帯用の3種類があり、携帯用はスマホに専用アプリをダウンロードする必要があります。iDはカード入会と同時に申し込む事ができ年会費も無料です。

クレジットカード付帯の電子マネーとは?種類や使い方について解説!

デビュープラスカードのデメリット面

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットは、海外旅行傷害保険がない点です。
年会費無料のカードでも海外旅行傷害保険が付帯しているものも多いため、物足りなく感じるでしょう。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは年会費永年無料でポイントを貯めやすく、セキュリティも充実しているカードです。
ポイント還元率は1%(100円につき1ポイント)ですが、楽天市場での買い物はポイントが3倍になります。

また、なりすましを防ぐ本人認証サービスや不正利用対策など、もしもの時にも安心の一枚です。カードの発行までの期間は約一週間となっています。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

「8秒に1人申し込んでいる」「9年連続顧客満足度1位」の人気カード

楽天カードは8秒に1人が申し込み、9年連続で顧客満足度1位に輝いた人気カードです。
入会キャンペーンも充実していて、使い方次第でポイントがザクザクたまる点も魅力です。海外旅行傷害保険も利用付帯で最高2,000万円まで補償されます。

通常時でもポイント高還元率

楽天カードのポイント還元率は通常時でも100円につき1ポイントが貯まる、ポイント還元率1%の高還元率カードです。
貯まったポイントは1ポイント100円相当として楽天のサービスや街のお店での利用するほか、楽天EdyやANAマイレージへ交換して使う事ができます。

楽天サービスでカード利用するとポイントアップ

楽天カードの特徴は、楽天サービスでポイント還元率がアップする点です。
楽天市場で4倍、楽天トラベルで2倍、楽天ダイニング加盟店で2倍となるため、これらのサービスをよく利用する方は特にお得です。

SPU(スーパーポイントアップ)でポイント最大8倍

楽天カードにはSPU(スーパーポイントアップ)というプログラムがあります。
サービスの利用などの条件をクリアするとポイント還元率がアップし、エントリー不要でポイントは最大で8倍となります。

年会費永年無料

楽天カードは年会費永年無料ですが、ETCカードを申し込んだ場合はETCカードの年会費税込540円がかかります。
会員のグレードが上がるとETCカードの年会費も無料となります。

楽天カードのデメリット面

三井住友VISAカードのデビュープラスカードは自社のショッピングモールを経由するとAmazonやYahoo!ショッピングもポイント高還元率となりますが、楽天カードでポイント還元率がアップするのは楽天市場のみとなっています。

セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、セゾンポイントモールを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

セゾンブルーアメックスはステータスカードとしても人気のアメックスの若年者向けカードです。
年間100万円までのショッピング保険や国内と海外の両方で最高3,000万円の旅行傷害保険が付帯している他、手荷物無料宅配サービスや、Wi-Fiや携帯電話の貸出サービスなど旅行に嬉しい特典が充実しています。

セゾンブルーアメックスのポイントは有効期限がない永久不滅ポイントのため、いつの間にかポイントが失効しているという心配もありません。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)の特徴

26歳まで年会費無料

セゾンブルーアメックスは、初めてのアメックスにもおすすめのワンランク上のカードです。
「U-25応援キャンペーン」で25歳以下は通常税抜3,000円の年会費が無料となります。

旅行傷害保険など、保険の内容がこれほど充実していて年会費無料のカードは他にありません。

セゾンブルーアメックスは即日発行可能

今すぐカードが欲しいという方には、申し込んだその日にカードが受け取れる即日発行可能のカードがおすすめです。
セゾンブルーアメックスもオンラインで申し込み後、電話での確認や審査を経て、セゾンカウンターで受け取る事で即日発行が可能となります。

ただし、19:30以降の申し込みは翌日扱いとなる点には注意が必要です。

最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯

セゾンブルーアメックスには最高3,000万円まで補償される海外・国内旅行傷害保険が付帯(国内は利用付帯)しています。
海外では入院・治療費が日本とは比較にならないほど高額になるため保険は必須です。

海外留学や卒業旅行を控えた学生の方は持っていて損はないカードです。

海外旅行時の手荷物宅配無料サービス付き

セゾンブルーアメックスは旅行時の嬉しいサービスも充実しています。
中でも手荷物宅配無料サービスは旅行帰りの疲れを軽減してくれるでしょう。

「セゾンカード感謝デー」により西友・LIVINで5%OFF

毎日のお買物にもセゾンブルーアメックスは大活躍です。西友やLIVINで指定日にカードを利用すると5%割引きとなるほか、LOFTの優待も受けられます。

セゾンブルーアメックスのデメリット面

セゾンブルーアメックスのデメリットは、通常ポイント還元率が0.5%と比較的低めに留まる点です。
ただ、有効期限のない永久不滅ポイントですのでポイントを失効してしまう事はありません。

未成年や学生関連記事

未成年の人はこちらも読むとより安心してクレジットカードを利用できます。

クレジットカード審査に影響する年齢について


学生や未成年が初めてクレジットカードを持ったら注意したいこと


学生や未成年者のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因


未成年や学生でも即日発行できるおすすめクレジットカード

-学生や未成年向けのクレジットカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.