クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

18歳~19歳の未成年がクレジットカードを作るなら親権者(親)の同意が必須!

更新日:

18歳~19歳の未成年者でもクレジットカードを作ることは可能ですが、どこのクレジットカードでも申し込み資格として親権者(親)の同意が必須です。
ここでは、これからクレジットカードを申し込もうと考えている未成年の方のために、親権者の同意とは何か?なぜ必要なのか?親のふりをして申し込みをした場合どうなるか?について解説していきます。

クレジットカードを発行可能な年齢

高校生を除く18歳以上から申し込み可能

クレジットカードは、高校生を除く18歳以上であれば申し込む事が可能です。18歳以上であれば大学生や専門学校生など、働いていなくてもクレジットカードを持つ事ができます。

カードの発行には審査が行われますが、学生と社会人では審査基準が異なるため、クレジットヒストリー(クレヒス)に傷がない若い方ほど審査に有利なので落ちるようなことはほとんどありません

▼18歳未満の高校生でカードを持ちたい方はこちら

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

18歳未満は申し込み資格がない

クレジットカードの申し込み資格は、原則として18歳以上で高校生を除く方となっています。一部例外として留学等の場合に限り、18歳未満でも家族カードであれば持てるケースもありますが、ごく一部に留まります。

18歳未満の方でも、クレジットカードと同様に使う事ができるデビットカードなら作る事が可能です。銀行口座と紐付けし、即時引き落としとなるデビットカードはお金の管理もしやすく、最近は使える場所も増えてきています。

クレジットカード発行には親権者(親)の同意が必須

親権者の同意とは?

未成年がクレジットカードを申し込むには、必ず親権者の同意が必要となります。これはどのカード会社においても同様で、避けて通る事はできません。

親権者の同意とは、責任能力や支払い能力が未熟な未成年がクレジットカードの契約において不利益を被らないように保護すると共に企業の利益を守る事を目的とした民法に基づくもので、カード会社によって親権者の同意の確認方法は異なります。
申込書に親権者の自筆のサインを求められるケースや、電話で親権者本人に確認が行われる事もあります。

なぜ親権者の同意が必要?

民法では、未成年者が単独で行った契約は有効とならず、親権者(法定代理人)の同意なき契約は取り消す事ができるとされています。それでは企業が一方的に不利益を被る事になってしまうため、親権者の同意を得る事によって契約を有効とし、同時に契約の取り消しができないようにしているのです。

親権者の同意なしで申し込めるカードはある?

どのカード会社も未成年の申込に際しては親権者の同意が必須条件となっていて、親権者の同意なしでクレジットカードを作る事はできません。

しかし、支払いと同時に即時決済となるデビットカードであれば未成年でも銀行によっては親権者の同意がなくても作れる事があります。

例えば、三菱UFJ銀行の「三菱UFJデビット」やジャパンネット銀行の「JNB VISAデビット」であれば、中学生を除く15歳以上の方なら未成年でも親権者の同意なしで作る事ができます。15歳以上であれば本人が申請を行い、親権者の同意なしで銀行口座を作る事もできるため、親権者の同意を得る必要はありません。

自分が親のふりをして申し込むことも可能?

未成年を理由にクレジットカードを持つ事を反対されたり、カードが必要な理由を話して許可を取るのが面倒など、親権者の同意を得ずに親権者のふりをしてカードを申し込む事はできるのでしょうか。

親のフリをしてもバレる可能性が高い

先述の通り、カード会社によっては審査の際に電話で親権者本人に確認する場合があります。その時に未成年である申込者本人が応答すると不審に思われるでしょう。また、カード発行に際して同意書などの書類が実家に送られる可能性もあります。

親権者のサインを偽造して送り返す事や、親権者以外の別人が確認の電話に応答する事は公文書偽造や詐欺にあたり、犯罪行為となるのでやめましょう。親権者の同意を得ずにカードを作った場合は親権者がカードの契約を取り消す事もできるため、きちんと理由を説明して作るのが一番です。

嘘がバレると欲しいカードが2度と作れなくなるかも

親権者のふりをして申し込むとカード会社の信頼を失い、同じ会社のカードが作れなくなる可能性があります。

そればかりか、カードの申し込み履歴は個人信用情報機関に記録されるため、他の会社のカードを作る際の審査にも影響してきます。今後の事を考えてもリスクを冒してまで親権者のふりをするのは賢明ではありません。

クレジットカードの親権者の同意は連帯保証人と同じ?

よく誤解されるのですが、親権者の同意は連帯保証人とは異なります。連帯保証人であればカードの支払いが滞った場合に本人に代わって保証しなければいけませんが、カード契約でいう親権者の同意はカードの申し込み(契約)に同意しているかを確認するためのものです。

このため、未成年が申し込んだカードの支払いが滞っても支払いの義務は申込者本人にあり、親権者が支払う必要はありません。例え未成年であっても料金の滞納を起こした場合、個人信用情報機関に事故情報として記録されてブラックリスト入りの状態となるため注意しましょう。

未成年におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードには、学生向けの「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」と18歳から25歳専用の「三井住友VISAデビュープラスカード」があり、どちらも高校生を除く18歳以上であれば作れます。

初年度年会費無料(翌年度は前年1回以上の利用で無料)で、いつでもポイント2倍・入会後3か月は何と5倍の高還元率が魅力です。最高100万円のショッピング補償もあり、インターネットから申し込めば最短3営業日のスピード発行も可能です。

学生向けカードと18歳から25歳専用カードの大きな違いはショッピング枠とキャッシング枠を合わせた総利用枠で、学生向けは30万円まで、18歳から25歳専用は80万円までとなっています。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

8秒に1人申し込んでいるという人気カード。通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

CMでもお馴染みの楽天カードは、年会費永年無料でポイントが貯まりやすいカードとして人気があります。

高校生を除く満18歳以上であれば作れるカードで、ポイント還元率は1%ですが楽天市場はいつでもポイント3倍となり、効率よくポイントを貯める事ができます。最高2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が利用付帯となり、カードの不正利用や盗難対策も充実しています。インターネットから申し込み、約一週間程度で届きます。

学生に人気の「楽天カード」と「三井住友VISAデビュープラスカード」比較

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

カードの特徴

18歳~29歳以下の若い人向けJCBカード。5年間年会費無料で海外旅行保険、ショッピング保険付帯と安定した機能のカード。

発行会社 ジェーシービー ポイント還元率 0.5%(入会から3か月はポイント3倍)
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー QUICPay ポイント Oki Dokiポイント

JCB Card EXTAGEカードはお得にポイントが貯められるカードで、入会後3カ月間は3倍となり、4カ月後以降も1.5倍と貯まりやすくなっています。
ETCカードの発行にも対応していて、条件付きで最高2,000万円までの海外旅行傷害保険も適用されます。
年会費無料ですが、5年後の更新時にJCB一般カードへと切り替わり、税別1,250円の年会費が発生する点は注意が必要です。

JCB CARD EXTAGEは初めてクレジットカードを利用する人におすすめのカード

-学生や未成年向けのクレジットカード
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.