クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

未成年でも作れるおすすめクレジットカード

更新日:

最近ではクレジットカードを持つ未成年の方が増えていますが、同じ未成年でもクレジットカードが作れるケースと作れないケースがある事をご存知ですか?

今回は、クレジットカードが作れる未成年と作れない未成年の違いや、親権者の同意とは?という疑問に答えながら、未成年でも作れるおすすめクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードを作れる未成年・作れない未成年

クレカを作れる未成年者、クレカを作れない未成年者

クレジットカードを作れる未成年者と、作れない未成年者の違いについて説明します。

クレカを作れる未成年者

クレジットカードを作れる(申し込める)未成年者は、高校生以外の18歳か19歳です。
カードによっては20歳以上からという場合もありますが、ゴールドカードなどのステータスカードではない「一般カード」であれば、ほとんどが「高校生を除く18歳以上」となっています。

未成年者の場合は親権者の同意が必要にはなってきますが、審査にはほとんどの場合通過できるので、申し込み内容にミスがないようにだけ注意して申し込んでください。
学生や若い人の場合、三井住友VISAデビュープラスカードのように機能が優遇されたカードを利用するのをおすすめします。

クレカを作れない未成年者

多くのクレジットカードは年齢的には18歳から申し込み資格がありますが、家族カードを含むすべてのクレジットカードにおいて「高校生を除く」という記載が各カード会社の申し込み条件には記載されています。
そのため、高校生という肩書の方はクレジットカードを申し込むことができません。

高校生なのに嘘をついて申し込んだ場合、そのカード会社で二度とクレジットカードを作れなくなる可能性もありますので、どうしてもクレジットカード決済をする必要がある高校生の方は「デビットカード」か「プリペイドカード」を申し込むのをおすすめします。

中学生・高校生の未成年でも作れるデビットカード

留学を控えていれば高校生のうちに家族カードが作れる

高校生でも、クレジットカードを作れる例外があります。
「卒業後に留学をする」という条件であれば、親などの生計を同一とする家族が持っているクレジットカードの追加カードとして発行できる「家族カード」を多くのカード会社が発行してくれます。

クレジットカードは高校卒業後すぐに作れる?海外留学を控えていれば高校生のうちに作れる?

未成年の審査関連ページ

学生や未成年者のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

未成年者は親権者の同意が必要

未成年の方がクレジットカードを申し込むには親権者の同意を得る必要があります。クレジットカードの契約は法律行為となるため、未成年者が単独で契約を行う事はできません。

未成年者が単独で行った法律行為は後から取り消す事ができると民法で定められているため、カード会社にとってはリスクを背負う事になってしまいます。

このため、申し込み時にカード会社では電話や書面で親権者の同意確認を行い、未成年者がカードを作る事に異議がないかを確かめた上でクレジットカードの契約を取り消せないようにしているのです。

18歳~19歳の未成年がクレジットカードを作るなら親権者(親)の同意が必須!

電話で同意確認を行う場合

電話で親権者の同意確認を行う場合、親権者のもとに直接カード会社の担当者から電話がかかってきます。同意確認の電話の内容は「未成年者がカードを持つ事を許可しますか?」という簡単な質問だけなので時間はかかりません。

書面で同意確認を行う場合

書面で親権者の同意確認を行う場合は、カードの申し込み書に親権者が自筆でサイン(署名)と捺印を行います。

同意確認で親権者になりすますとカード会社の社内ブラックになる恐れも

電話・書面を問わず、親権者になりすまして同意確認を行う事は犯罪です。カード会社の社内ブラックになって、半永久的にその会社でカードを作れなくなる恐れもあるため絶対にやめましょう。

未成年におすすめのクレジットカード

ここでは未成年でも申し込めるおすすめのクレジットカードを3枚ピックアップしました。どのカードも通常ポイント還元率は同じなので、ポイントの貯めやすさや交換先、付帯保険、ETCカードの年会費などを比較して選ぶと良いでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

デビュープラスカードの申し込み資格

申し込み資格は高校生を除く満18歳~25歳の方となり、未成年の方やPiTaPaカードを同時に申し込む25歳未満の方は親権者の同意が必要です。学生向けカードの場合は学生である事が条件で、一部の専門学校生は対象外となるため注意しましょう。

デビュープラスカードの年会費

年会費は初年度年会費無料で、2年目以降も前年に1回以上の利用があれば無料で持つ事が可能です。通常年会費は税抜1,250円となっています。

デビュープラスカードの通常ポイント還元率

三井住友VISAデビュープラスカードの通常ポイント還元率は1.0%です。1,000円の利用につき2ポイント(10円相当)が貯まります。

三井住友VISAカードの一般向けカードの還元率は0.5%なので還元率が倍になっていてお得です。ポイントの有効期限は、ポイント獲得月から2年間となっています。

入会後3か月間はポイント5倍・ポイントUPモール利用でポイント最大20倍

三井住友VISAデビュープラスカードは、入会後3か月間はポイントが5倍になる特典があります。5倍=還元率2.5%の超高還元率になるので、大きな買い物は入会後3か月間のうちにするのがおすすめです。

また、ポイントサイトの「ポイントUPモール」を経由してAmazonや楽天市場などのネットショッピングを利用するとポイントが最大20倍付与されます。

デビュープラスカードのポイント交換先

カード利用で貯めたポイントは、商品券や雑貨など景品への交換・マイレージ移行・キャッシュバック・他社ポイント移行・オンラインギフトカードなど豊富に交換先が用意されています。

他社ポイントに移行する場合は、楽天スーパーポイントなど1ポイントが5円相当のポイントになる移行先を選びましょう。nanacoポイントを選ぶと3円相当に減ってしまうので要注意です。

デビュープラスカードの付帯保険

年間100万円までのショッピング保険(お買物安心保険)が付帯していますが、海外利用分および国内でのリボ払い・3回以上の分割払いのみ対象となっているため、国内で一括払いをした場合は補償がありません。

デビュープラスカードのETCカード

追加カードとしてETCカードが発行できます。ETCカードの年会費は、初年度無料で2年目以降も前年に1度以上ETC利用があれば無料となります。ETCカードの通常年会費は税抜500円となっています。

デビュープラスカードの電子マネー

電子マネーはiD(専用カード・携帯型)・PiTaPa・WAON・Apple Payに対応しています。

デビュープラスカードの国際ブランド

カードの国際ブランドはVISAの1種類となっています。世界シェアナンバーワンの国際ブランドなので、国内でも海外でも加盟店が多いのがメリットです。

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳~25歳の方限定のカードですが、満26歳以降に迎える更新時には「プライムゴールドカード」に自動的にランクアップするのが特徴です。

プライムゴールドカードになると2年目以降は年会費が発生しますが、最高5,000万円補償の国内・海外旅行傷害保険が付き、ショッピング保険も300万円までにグレードアップして空港ラウンジサービスが利用できるようになります。

プライムゴールドカードへのランクアップを希望しない場合は、クラシックカードを選ぶ事も可能です。銀行系カードでセキュリティもしっかりしているので、大人になってからも使い続けられるカードです。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットは旅行保険がない点です。
ショッピング保険こそ付帯していますが、国内の場合はリボ払いや分割払いを利用しないと補償の対象とならない点もデメリットといえるでしょう。

▼カードの詳細はこちら

学生・未成年のはじめてのクレジットカードは「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめ

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

▼カードの詳細はこちら

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

楽天カードの申し込み資格

楽天カードの申し込み資格は高校生を除く18歳以上となっていて、学生やアルバイトでも申し込めるカードです。

楽天カードの年会費

年会費は永年無料です。カードを持っている間、ずっと年会費は発生しません。

楽天カードの通常ポイント還元率

通常ポイント還元率は1.0%です。100円の利用につき1ポイントが貯まり、1ポイントは1円相当として利用できます。100円単位でポイントが貯まるので、コンビニなど少額の支払いでもポイントを貯めやすいのがメリットです。

通常ポイントの有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間となり、期間内にポイントを獲得すると有効期限が延びます。キャンペーンなどでもらえる期間限定ポイントは期限が短い事が多く、個別に有効期限が設定されているので要注意です。

楽天カードは楽天ポイントカードとしての機能もあるため、お店で提示するだけでもポイントが貯まります。

楽天市場の利用でポイント最大3倍

楽天カードは楽天関連のサービスで還元率がアップするのが特徴です。楽天トラベルは2倍・楽天市場は最大3倍・加盟店で最大3倍となるため、楽天のサービスを頻繁に利用する方ほどお得になります。

楽天カードのポイント交換先

カード利用で貯めたポイントは楽天サービスで利用するほか、出光やくら寿司・マクドナルドなど街のお店で使ったり、電子マネーの楽天EdyやANAマイルなどに交換する事ができます。

楽天カードの付帯保険

楽天カードには最高2,000万円補償の海外旅行保険が「利用付帯」となります。利用付帯とは出発空港までの交通費や海外旅行代金をカードで支払う事によって補償の対象となる保険で、カード利用がなければ補償は受けられないので注意しましょう。

楽天カードのETCカード

楽天カードは追加カードとしてETCカードが発行できます。ETCカードの年会費は税込540円で、楽天ポイントクラブの会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナであれば年会費が無料になります。

楽天カードの電子マネー

楽天カードは楽天Edyが一体型になっています。

楽天カードの国際ブランド

カードの国際ブランドはVISA・MasterCard・JCB・AMEXの4種類で、JCBとMasterCardなら楽天イーグルスやFCバルセロナのデザインカードが選べ、JCBなら人気のディズニー・デザインも選べます。

楽天カードのメリット

楽天カードのメリットは、年会費永年無料で還元率1.0%のカードが学生でも持てるという点です。利用付帯ですが海外旅行保険も付き、手荷物宅配優待サービスや、携帯・Wi-Fiルーターのレンタル割引もあるので海外旅行や留学の際にも重宝します。

また、不正利用補償や楽天市場で購入した商品が届かない場合の請求取り消しなど、万が一のトラブルにも安心です。

楽天カードのデメリット

楽天カードのデメリットは、ポイントを貯めやすいカードとしてのイメージがあるためステータス性がやや劣る点です。

カードを申し込む際に登録したメールアドレスに広告メールが頻繁に届く事がありますが、これはフリーメールやフィルタ機能、メールの配信設定を利用すると軽減できます。

通常ポイント還元率は高いカードですが、楽天市場よりAmazonをよく利用する方にとっては魅力が少ないと感じるでしょう。

JCB CARD W

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)

カードの特徴

最大11,000円分のポイントプレゼント中!(2018年9月30日(日)まで)国内唯一の国際ブランドであるジェーシービーが発行する、ポイント高還元率が魅力の39歳以下・WEB入会限定の年会費無料カード

発行会社 ジェーシービー ポイント還元率 1.0%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー - ポイント OkiDokiポイント

▼カードの詳細はこちら

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)/JCB CARD W plus Lの特徴

JCB CARD Wの申し込み資格

JCB CARD Wの申し込み資格は、高校生を除く18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入がある方・18歳以上39歳以下で学生の方となっていてWEB申し込み限定です。

申し込み資格は39歳以下限定ですが、対象年齢のうちに申し込めば40歳以降も持ち続ける事ができます。

JCB CARD Wの年会費

JCB CARD Wは年会費無料のカードです。持っている間ずっと年会費はかかりません。

JCB CARD Wの通常ポイント還元率

通常ポイント還元率は1.0%です。これはJCB一般カードの倍の還元率となり、1,000円の利用につき1ポイント(5円相当)が貯まります。

ポイントの有効期限はポイント獲得月から2年間となっています。キャンペーン適用なら入会後3か月間はポイント4倍になるため見逃せません。

スタバが還元率5.5%・Oki Dokiランドでポイント最大20倍

JCB CARD Wは、JCBオリジナルシリーズパートナーという特定の加盟店を利用したり、ポイントサイトを経由してネットショッピングを利用するとポイント還元率が20倍にアップするのが特徴です。

例えば、スターバックスは5.5%・セブンイレブンで2%・エッソなどのガソリンスタンドではガソリン代も1.5%となります。ポイントサイトの「Oki Dokiランド」を経由したネットショッピングなら、Amazonで2%となるほか最大20倍のポイントが貯まりお得です。

JCB CARD Wのポイント交換先

カード利用で貯めたポイントは、JCBギフトカードやAmazonポイント(他社ポイントへの移行)・ディズニーリゾートのパークチケットなどに交換できます。

JCB CARD Wの付帯保険

JCB CARD Wには、年間最高100万円までのショッピングガード保険(海外のみ)と、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険(利用付帯)が付いています。ショッピングガード保険は海外利用分のみが対象で、リボ払いや分割払いなど支払い方法の制限はありません。

JCB CARD WのETCカード

追加カードとしてETCカードが発行できます。ETCカードも年会費無料で持てるのでお得です。

JCB CARD Wの電子マネー

電子マネーはQUICPayが利用可能です。iPhoneで支払いができるApple Payに対応しています。

JCB CARD Wの国際ブランド

カードの国際ブランドはJCBのみとなっています。

JCB CARD Wのメリット

JCB CARD Wのメリットは、JCBオリジナルシリーズパートナーという加盟店で利用すると還元率がアップする点ですが、セブンイレブンやAmazonなど日常的に利用しやすい加盟店が多いのでポイントも貯まりやすくなります。

「JCB CARD W plus L」なら、キレイのプロが情報発信する「LINDAリーグ」が利用できたり、女性向け保険をトッピングできるようになり、蜷川実花のデザインカードも選べます。

JCB CARD Wのデメリット

JCB CARD Wのデメリットは、国際ブランドがJCB一択という点です。

国内では加盟店が多いためそれほど不便を感じるシーンはありませんが、海外ではVISAやMasterCardが圧倒的なシェアを誇っているので、海外旅行や留学の際はもう一枚別のブランドのカードを持って行く事をおすすめします。

-学生や未成年向け

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.