クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

三井住友VISAカードは学生や未成年でも作れる?審査対策についても

更新日:

三井住友VISAカードは安心と信頼のブランドとして根強い人気があります。ネットショッピングやアプリの課金、街中での買い物や旅行の際にも便利なクレジットカードですが、三井住友VISAカードは学生や未成年、無職でも作れるのでしょうか。

今回は三井住友VISAカードの審査対策についてもまとめてみました。

三井住友VISAカードの特徴

三井住友VISAカードは創業50年の歴史があり、世界ナンバーワンのシェアを誇るVISAブランドで5人に1人が持っているほどクレジットカードの中でも人気があります。幅広い年齢層やニーズに合わせて豊富なバリエーションがあり、選べるカードは209種類にも上ります。

カードの紛失時や盗難に備えたサポートサービスや、スキミングや不正利用対策として全てのクレジットカードにICチップを搭載し、24時間体制でカードの利用チェックを行うなど、セキュリティ面も充実しているのが特徴です。

三井住友VISAカードは学生や未成年でも作れる

三井住友VISAカードには様々な種類がありますが、カードによって申し込み条件が異なるため、学生や未成年が作れるカードと作れないカードがあります。

学生や未成年でも申し込み資格のある三井住友VISAカード

初年度年会費は無料で翌年度以降も年一回の利用で無料の「デビュープラスカード」は満18歳から25歳までの方、女性に嬉しい特典や充実の旅行保険が魅力の「アミティエカード」は満18歳以上の方、年会費が永年無料でワールドプレゼントのポイントが3倍貯まる「エブリプラス」は満18歳以上の方、年会費無料(翌年度は条件付きで無料)でサポートが充実した「クラシックカード」と「クラシックカードA」は満18歳以上の方となっていて、未成年や学生でも申し込み資格があります。(高校生は不可)

「クラシックカード」と「クラシックカードA」では満18歳以上で学生の方は在学中の年会費が無料になる「学生カード」が推奨されていて、ここまでが学生や未成年でも作れるカードとなっています。

学生や未成年に申し込み資格がない三井住友VISAカード

全国主要空港のラウンジが利用でき旅行やショッピング保険が充実している初年度年会費無料の「プライムゴールド」は満20歳以上30歳未満で本人に安定継続収入のある方、インターネット入会で初年度年会費無料となり空港ラウンジサービスや一流旅館やホテルの割引が嬉しい「三井住友VISAゴールドカード」は満30歳以上で本人に安定継続収入がある方、年会費税抜50,000円で空港ラウンジやコンシェルジュサービスが利用でき旅行保険も最高1億円まで補償される「三井住友VISAプラチナカード」は満30歳以上で本人に安定継続収入がある方となっています。
ゴールドやプラチナでは独自基準の審査が行われます。

未成年者は親権者の同意が必要

未成年者がクレジットカードを申し込む際には親権者の同意が必須項目です。多くのカード会社では親権者自筆の署名や電話で意思確認を行っていて、三井住友VISAカードの場合は同意書の提出や電話で確認が行われ、親権者の同意なき契約は無効となります。

親権者の同意とは未成年者がクレジットカードの契約により不利益を被らないように保護する民法に基づくもので、親権者の同意を得た契約は後から取り消せないためカード会社の利益を守る事にも繋がっています。ただし、未成年であっても結婚している既婚者の場合は成年として扱われるため、親権者の同意を得る必要はありません。

20歳未満の未成年で働いている人(社会人・フリーター)の場合

未成年でも働いていて収入がある場合は問題なくカードが作れます。社会人と学生では限度額が異なり、三井住友VISAカードの「デビュープラスカード」を例とすると、学生の未成年者の場合はカード利用の限度額は30万円ですが、社会人の場合は10万円から100万円となっています。

未成年で働き始めた社会人やフリーターでもクレジットカードは作れる?

20歳未満の未成年で無職の場合

三井住友VISAカードの「クラシックカード」の入会申し込みページにある職業選択欄には「無職(年金やパート・アルバイトで収入のある方を除く)」という項目があるため、実質的にカードの申し込み自体はできるようになっています。

ただし、一人暮らしで世帯収入もない場合や預貯金額が少ない場合、カード発行は難しいと思われます。また、過去に分割払いにしている携帯料金を滞納した事があるなど、クレジットヒストリー(クレヒス)に問題があり、ブラックリスト入りしているケースも同様に審査をクリアするのは厳しいでしょう。

審査で重要なクレジットヒストリー(クレヒス)とは?良いクレヒスと悪いクレヒス


ブラックリスト(金融事故)状態でも作れるクレジットカードはある?ブラックの条件や掲載期間も解説

未成年や学生でも作れる三井住友VISAカードの中でおすすめは?

デビュープラスカードがおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

未成年や学生の方におすすめしたいのが18歳から25歳限定の「デビュープラスカード」です。入会キャンペーンとしてキャッシュバックが実施されている事も多く、ポイントもいつでも一般カードの2倍、入会後3ヵ月は5倍も貯まります。
ポイントUPモールを利用すれば最大で20倍もポイントが貯まるのでお得です。初年度年会費無料で、翌年度以降も年一回の利用で税抜1,250円の年会費が無料。利用可能枠の総枠は10万円から80万円で、ショッピング補償も付いている安心の一枚です。

デビュープラスカードには学生向けの「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」もあり、その他の項目に大きな違いはありませんが、学生向けのため利用可能枠の総枠は10万円から30万円となっています。

大学生や未成年に人気のカード「三井住友VISAデビュープラスカード」の特徴

海外に行くのならクラシックカードAがおすすめ

三井住友VISAクラシックカードA

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランドの国内・海外旅行保険が付帯したカード。学生限定で卒業予定年まで年会費250円(税抜)

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,500円+税)
【学生】初年度無料(2年目以降250円+税)
付帯保険 最高2,500万円(自動付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

旅行や留学などで海外に行く機会がある方には「クラシックカードA(学生)」がおすすめです。よく似たカードとして「クラシックカード(学生)」がありますが、両者の違いは年会費と旅行傷害保険の付帯条件です。

「クラシックカード(学生)」の場合、在学中の年会費と家族会員の年会費が無料で、旅費などのクレジット決済により最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いてきます(利用付帯)。それに対して「クラシックカードA(学生)」は、初年度年会費は無料で翌年度以降は卒業予定の年まで税抜250円の年会費がかかり、家族会員も初年度年会費無料、翌年度以降は税抜125円(3回以上の利用で無料)です。

最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険が付いていて、クレジット決済による利用付帯に加えて、カードの利用有無に関わらず補償される自動付帯も付いているのが強みです。どちらのカードもショッピング補償があり、電子マネーにも対応。カードの利用可能枠の総枠は30万円となっています。

-クレジットカード審査, 三井住友VISAカード

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.