クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

三井住友VISAカードのポイント交換先で最もお得なものは何?損をしないポイント交換先を解説

更新日:

ポイント

クレジットカードを利用する大きなメリットがポイントです。ポイントを貯めると好きな商品に交換できたり、他社のポイントに交換できる事もありますが、交換先によっては損をしてしまう事もあります。
三井住友VISAカードの場合、ポイントをお得に交換するには何を選べば良いのか解説していきます。

三井住友VISAカードのポイント還元率

基本的に三井住友VISAカードでは、1,000円の利用につき1ポイントが貯まるようになっている通常還元率0.5%のクレジットカードです。

0.5%という還元率は一般的なクレジットカードの還元率ですが、デビュープラスカードのみポイント還元率が2倍の1.0%となっているのが特徴です。
三井住友VISAカードのポイントは「ワールドプレゼント」と呼ばれ、1ポイント最大5円相当として好きな商品に交換したり、他社のポイントへと交換する事もできます。
主な三井住友VISAカードのポイント還元率を以下にまとめました。

カード名 還元率
三井住友VISAクラシックカード 0.5%
三井住友VISAクラシックカードA 0.5%
三井住友VISAアミティエカード 0.5%
三井住友VISAエグゼクティブカード 0.5%
三井住友VISAデビュープラスカード 1.0%
エブリプラス 1.5%
三井住友VISAプライムゴールドカード 0.5%
三井住友VISAゴールドカード 0.5%
三井住友VISAプラチナカード 0.5%

お得なポイントの貯め方についてはこちら

三井住友VISAカードのポイント「ワールドプレゼント」を効率よく貯める方法!実はポイント高還元率

貯めたポイントのおすすめ交換先

三井住友VISAカードで貯めたポイントは、商品への交換・電子マネーへの交換・マイレージへの移行(ANA、クリスフライヤー)・ポイントへの交換・キャッシュバックなど多くの交換先が用意されています。

1ポイントを5円分で交換できる他社ポイントがお得

ポイント交換先の中でも特におすすめなのが他社のポイントへの移行です。
三井住友VISAカードで貯めたポイントは、ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ジョーシンといった大手家電量販店のポイントや、TポイントやPontaポイントに交換する事もできます。

キャッシュバックを選ぶと1ポイントが3円相当になるため損をしますが、ポイントへの交換なら1ポイントを5円分として交換できるためどのポイントに交換しても損をする事はありません。
ポイントへ交換(移行)する場合は、移行先によってポイントが移行されるまでの所要時間が異なるので、移行したポイントをすぐに使いたい時は前もって手続きをしておく必要があります。

■主なポイント交換先

商品名 必要ポイント数 ポイント還元率
キャッシュバック 200ポイント 0.3%
WAONポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
楽天スーパーポイント
1,000円分
200ポイント
au WALLETポイント
1,000円分
200ポイント
VJAギフトカード
5,000円分
1,000ポイント
Tポイント
900円分
100ポイント 0.45%
nanacoポイント
600円分
200ポイント 0.3%
suicaポイント
600円分
200ポイント

商品との交換はおすすめできない

ほとんどのカード会社でポイント交換先として用意されているのが商品への交換ですが、選ぶ商品によっては1ポイント5円を下回ってしまうためおすすめできません。
基本的に交換商品は定価で計算されているため、家電量販店で安売りされている電化製品を交換商品に選んだ場合、1ポイント1円弱相当になってしまう可能性もあります。

それなら楽天スーパーポイントなどのポイントに交換して、割引されている商品を買った方がお得です。
家電量販店のポイントに交換してポイントで支払う場合、商品購入時の家電量販店のポイントはつかない点は注意しましょう。

ポイントの確認方法

三井住友の会員サービス「Vpass」

貯まったポイントを確認するには、三井住友カードの会員サービス「Vpass(ブイパス)」が便利です。

会員登録を行うと、ログインするだけでカード情報の紹介や各種申し込みが可能です。
Vpassのメニューにある「ポイントサービス ワールドプレゼント」から現在のポイントや有効期限の確認ができます。

三井住友VISAのスマートフォンアプリ

「Vpass」にはスマートフォンアプリもあり、iPhone・Androidの両方に対応していてパソコン版より手軽にポイント残高の確認ができます。
アプリは無料で、お得な情報も掲載されているので三井住友VISAカードをお使いであればダウンロードしておいて損はありません。

ポイント交換の方法

三井住友の会員サービス「Vpass」

「Vpass」からはポイント交換も可能です。

インターネットサービスVpass(ブイパス)

ポイント交換の方法は、Vpassのトップページから「ポイントサービス」へと進み「ポイントの交換」を選びます。
すると交換先の一覧が出てくるので、お好みのものを選択し「お申込みはこちら」のボタンをクリックしてログインを行い、案内に従って手続きを行います。

三井住友VISAのスマートフォンアプリ

スマホアプリからのポイント交換方法は、アプリを起動して表示されるトップページをスワイプして「ワールドプレゼントポイント」を選び、交換の手続きを行います。
オートログインに対応しているので、起動の度にログインする必要はありません。

書面

三井住友VISAカードのポイントは、電話で応募用紙付きの景品カタログを取り寄せて交換する事もできます。
自動音声案内の0120-919-324に電話をして、ガイダンスに従って会員番号と資料番号の「8114」を入力します。

ポイントへの交換(移行)に対応しているのはVpassのみとなり、書面では対応していません。

ポイントが付与されるタイミング

三井住友VISAカードを利用してポイントが付与されるタイミングは、ポイントの種類によって異なります。

カード利用で貯まる「獲得ポイント」の場合は、毎月の支払い日が10日であれば原則として支払い月の前月25日頃となり、毎月の支払い日が26日だと支払い月の当月10日頃に付与されます。
分割払いの利用分は、請求書に記載される最初の月に一括でポイントが付与されます。

「ココイコ!」や「ポイントUPモール」で付与されるポイントは、通常の1倍分は請求時に付与されますが、上乗せ分は1倍分が付与されてから2、3か月以内の付与となっています。

三井住友VISAカードのポイント有効期限

三井住友VISAカードのポイント有効期限は獲得から2年間となります。

ポイント交換を行うと有効期限が早いポイントから使われていくので、少なくとも2年おきにはポイント交換を行いましょう。
前年度の利用金額に応じてボーナスポイントも貯まるため、メインカードとして頻繁に利用すると実質的にポイント還元率もアップします。

三井住友VISAカードの種類と特徴

もっともベーシックな三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード

カードの特徴

国内で5人に1人が持っているベーシックなカード。世界シェアNo.1のVISAブランドで、初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる高セキュリティの「銀行系カード」

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

学生や若い人限定でお得!「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

旅行好きにおすすめの女性向きカード「三井住友VISAアミティエカード」

三井住友VISAアミティエカード

カードの特徴

三井住友VISAアミティエカードは、三井住友カード株式会社が発行する専業主婦や学生でも作れる「女性向けクレジットカード」旅行保険が自動付帯ということで旅行好きにおすすめ

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,500万円
国内旅行傷害保険最高2,000万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

若い人限定のゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」

三井住友VISAプライムゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行する20代の方だけが持てる若年層向けのゴールドカード。通常のゴールドカードよりも安い年会費で、空港ラウンジサービスや充実した国内外旅行傷害保険など、ゴールドカードならではのサービスを受けることができる

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、翌年度以降5,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

旅行サービスが充実!「三井住友VISAゴールドカード」

三井住友VISAゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行しているゴールドカードで、手厚い国内・海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの充実した付帯サービスと、どこで利用しても恥ずかしくないステータス性が魅力

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降10,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

-お得なカード活用方法, 三井住友VISAカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.