クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

更新日:

三井住友VISAプライムゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行する20代の方だけが持てる若年層向けのゴールドカード。通常のゴールドカードよりも安い年会費で、空港ラウンジサービスや充実した国内外旅行傷害保険など、ゴールドカードならではのサービスを受けることができる

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、翌年度以降5,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

ここでは、三井住友VISAプライムゴールドカードのメリットやデメリット、審査などについて詳しく説明していきます。

年会費について

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は初年度無料、2年目以降5,000円(税別)です。
5,000円でもゴールドカードとしては十分安いのですが、さらに年会費が安くなる年会費特典もあります。

支払方法を「マイ・ペイすリボ」にすることで半額

支払方法を「マイ・ペイすリボ」にすることで、年会費が半額になります。マイ・ペイすリボとは、あらかじめ指定した毎月の支払金額を超えた利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。
リボ払いの手数料を支払いたくない場合は、毎月の支払金額を高めに設定しておくと、翌月以降に支払いが持ち越されずに手数料が発生しないためおすすめです。

WEB明細書で1,000円割引

カードの利用代金を、郵送ではなくWEB明細書にすることで、翌年度の年会費が1,000円(税別)割引になります。

年間利用金額に応じて翌年度の年会費半額

三井住友VISAプライムゴールドカードを年間100万円以上利用すると、利用金額に応じて翌年度の年会費の割引を受けることができます。

年間利用金額 100万円以上300万円未満 300万円以上
翌年度年会費 20%割引 半額

家族会員は1人目まで無料

家族会員は1人目年会費無料、2人目以降は年会費1,000円(税別)で発行可能です。
家族会員もゴールドカードのサービスを十分に受けることができるため、1人まで無料で発行できるのはうれしいですよね。

ポイントについて

ポイント

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントサービスについて説明します。

基本還元率は0.5%

三井住友VISAプライムゴールドカードを利用すると、1,000円につき1ポイントがたまります。
貯めたポイントは1ポイント=5円相当で商品と交換できるため、基本的なポイント還元率は0.5%です。

有効期限は2年

三井住友VISAプライムゴールドカードを利用して貯めたポイントの有効期限は2年間です。
2年経つと自動的に失効してしまうため、使い忘れのないように注意しましょう。

年間利用金額に応じてボーナスポイント

三井住友VISAプライムゴールドカード会員は、前年度年間利用金額と今年度年間利用金額に応じてボーナスポイントを受け取ることができます。
年間利用金額が多いほどお得にポイントが貯まります。

前年度年間利用金額 ステージ 今年度利用金額とボーナスポイント
300万円以上 V3 50万円で300ポイント
以降10万円ごとに60ポイント
100万円~300万円 V2 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
50万円~100万円 V1 50万円で100ポイント
以降10万円ごとに20ポイント

ポイントアップモールでポイント最大20倍

ネットショッピングの際に三井住友カードが運営するポイントアップモールを経由すると、ポイントが2~20倍貯まります。
ポイントアップモールでは、楽天市場やAmazon、ZOZOTOWN、Yahooショッピング、ベルメゾンなど、主要な通販サイトはほとんど利用できるため、ネットショップをよく利用する方は非常にお得です。

ポイントアップモールにアクセスした後にいつも通りネットショップで買い物をするだけで簡単にポイントがお得に貯まるので、ぜひ利用してみてください。

「ココイコ!」でポイントアップまたはキャッシュバック

三井住友カードが提供するココイコ!というサービスは、事前にエントリーした街の対象店舗でカードを利用すると、ポイント獲得率アップやキャッシュバックなどの特典が受けられるものです。
スマホからエントリーするだけで簡単にポイントが通常より多く獲得できたり、キャッシュバックを受けられるため非常にお得です。

主なポイント交換商品

三井住友VISAプライムゴールドカードを使って貯めたポイントは、以下のような商品と交換することができます。
ポイント還元率が0.5%以上の商品が損をせずに交換できるものなのでおすすめです。

商品名 必要ポイント数 ポイント還元率
WAONポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
Tポイント
900円分
100ポイント 0.45%
楽天スーパーポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
au WALLETポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
VJAギフトカード
5,000円分
1,000ポイント 0.5%
nanacoポイント
600円分
200ポイント 0.3%
suicaポイント
600円分
200ポイント 0.3%

ポイント関連記事

三井住友VISAカードのポイント「ワールドプレゼント」を効率よく貯める方法!実はポイント高還元率

審査について

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査について詳しく説明していきます。

申し込み資格

三井住友VISAプライムゴールドカードの申し込み資格は、満20歳以上30歳未満で本人に安定継続収入のある方とされています。
20代限定の若年層向けのカードで、安定した収入がある場合や将来の安定した収入が見込める場合は学生でも持つことができます。

満30歳以上になった後、最初の更新時に自動的に通常のゴールドカードにランクアップします。

審査難易度について

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査は、三井住友カードが発行する通常のゴールドカードよりも非常に審査難易度が低く、20代で収入が少ない方でも審査に通ることができるカードです。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、カード会社が将来通常のゴールドカードを利用してくれる優良顧客を囲い込むために年齢を設けて若年層向けに発行しているカードのため、審査基準を下げてより多くの若者をゴールド会員にしようとしているのです。
しかし、審査難易度が低いとはいえ、申し込み資格に「安定継続収入のある方」とある通り、誰でも審査に通るわけではありません。

確実に三井住友VISAプライムゴールドカードを持つためには、同じように若年層向けに発行されている三井住友VISAデビュープラスカードからの切り替えがおすすめです。
三井住友VISAデビュープラスカードは安定継続収入がなくても申し込めるため、18歳~25歳の学生の方であればほとんど審査に落ちることはありません。

満26歳になった後の最初の更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードに自動的にランクアップされるため、確実にプライムゴールドカードを取得することができます。

最短3営業日で発行可能

三井住友VISAプライムゴールドカードは、インターネットから申し込み、オンラインで引き落とし口座を設定することで、最短3営業日で発行可能です。
申し込みから自宅にカードが到着するまで約1週間のスピード発行なので、急いでいる方にとってはありがたいですね。

審査関連記事

三井住友VISAカードの審査に通る人の属性(年収や職業)


三井住友VISAカードの審査落ちになる理由と通過のためのコツ

電子マネーについて

続いて、三井住友VISAプライムゴールドカードで利用できる電子マネーについて説明していきます。

Apple Payに登録可能

三井住友VISAプライムゴールドカードは、iPhone7に搭載されているApple Payに登録することができます。
Apple Payに登録したクレジットカードは、iDまたはQUIC Payのどちらかとして扱われますが、三井住友VISAプライムゴールドカードの場合はiDとして扱われるため、店頭で利用する際はiDで支払う旨を伝えましょう。

iD、WAON、PiTaPaを利用可能

三井住友VISAプライムゴールドカードを持っていると、iD、WAON、PiTaPaを以下の年会費と発行手数料で利用することができます。
どの電子マネーも幅広く利用できるため、便利です。

電子マネー 年会費 発行手数料
iD 無料 無料
WAON 無料 300円(税込み)
PiTaPa 無料(※) 無料

※1年間に1度もPiTPaの利用がない場合、維持管理料1,000円(税別)が必要

付帯保険について

飛行機 空港

続いて、三井住友VISAプライムゴールドに付帯している海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の内容についてみていきましょう。

海外旅行傷害保険

三井住友VISAプライムゴールドカードには、以下の海外旅行傷害保険が付帯しています。

補償内容 補償限度額(本人) 補償限度額(家族)
死亡・後遺障害 自動付帯分1,000万円
利用付帯分4,000万円
1,000万円
損害・疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 500万円 200万円

死亡・後遺障害の補償額の利用付帯分4,000万円以外は全て自動付帯のため使い勝手がよく、補償の内容も非常に充実しており、海外によく行く方はお得です。
また、家族特約も付帯しているため、家族で海外に行く機会が多い方はさらにお得です。

国内旅行傷害保険

三井住友VISAプライムゴールドカードには以下の国内旅行傷害保険が付帯しています。

補償内容 補償限度額
死亡・後遺障害 自動付帯分1,000万円
利用付帯分4,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

海外旅行傷害保険と同様、死亡・後遺障害の利用付帯分4,000万円以外は全て自動付帯のため、便利です。

割引特典について

続いて、三井住友VISAプライムゴールドカードを持っていると受けることができる割引について説明していきます。

全国のホテル・旅館宿泊代金割引

三井住友VISAプライムゴールドカードを持っていると、一流旅館やホテルの宿泊予約サービス「relux」を、提供価格から3,000円割引の価格で利用できます。対象のホテルや旅館をよく利用する方はお得です。

ユニバーサルスタジオジャパンのチケット割引

USJのチケットを購入する際に三井住友VISAプライムゴールドカードを利用すると、スタジオ・パスの料金の割引を受けることができます。

定価 割引価格
大人 7,400円 7,030円
子供 4,980円 4,730円

※税込み

なお、2017年4月からはUSJのチケットの価格改定に伴い、割引価格も以下の通り変更されます。

定価 割引価格
大人 7,600円 7,230円
子供 5,100円 4,850円

※税込み

デメリットについて

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリットは、ポイントの基本還元率が0.5%と低めである点です。
他のカード会社が発行するカードの中には還元率1.5%と高いものもあるため、とにかくポイントを貯めたいという方にはデメリットになります。

三井住友VISAプライムゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行する20代の方だけが持てる若年層向けのゴールドカード。通常のゴールドカードよりも安い年会費で、空港ラウンジサービスや充実した国内外旅行傷害保険など、ゴールドカードならではのサービスを受けることができる

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、翌年度以降5,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

-おすすめクレジットカード
-,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.